• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

cwr3072 (シーダブ)のブログ一覧

2013年07月24日 イイね!

NO.785 3年ぶりの製作 cw・Rバー

NO.785 3年ぶりの製作 cw・Rバー 今日で暑さと戦いながらの本業製作作業も一段落してヤレヤレです。
 そうなれば兼ねてから製作依頼を頂いていた“cw・Rバー”を仕上げないと。
 暇を見ては少しずつ加工は進めてあるので今日は完成まで頑張りました。

 前回製作したのがもう何年前になるのか忘れてしまっているのでブログを遡って確認したらもう3年以上も経っていました。

 角パイプの捻れ剛性を上げる為に貫通穴に嵌め込んだ丸パイプを全溶接。
 形状を車体取付け部フレームの角度に合わせたブラケットはレーザー切板で組み立てます。


 ヘアライン研磨仕上が終わったら養生します。
 車体フレームに仕込むナット組も出来上がって完成しました。
 

※ 今回製作した二本、日本の北と西のハイエースのリヤでしっかりとお仕事をしてくれる事でしょう。
 早速西の一本は旅立って行きました。 【^_^】
Posted at 2013/07/24 23:34:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | ハイエース 補 | クルマ
2010年03月19日 イイね!

NO.458 急いでもキッチリ cwRバー加工

NO.458 急いでもキッチリ cwRバー加工 今日は本業終了後にcwRバー残り分の製作をしました。
 22日には早速1台が取付けに来箱するので急ぎます。
 また今回もヘアライン最終仕上はプロにお願いするので角パイプに丸パイプを仕込んだら荒仕上げまで、早速研磨屋さんに持ち込みました。 帰箱したら明日の引き取り後に溶接付けする取付けブラケット部材の切り出しです。 ブラケット後付けの理由はそれを付けてしまうと巧く研磨出来ない箇所が有るからで、その後の仕上げは僕がやる事にしました。 
※ 21日はお彼岸と言う事で長野県まで出掛ける為にどうしても明日中に完成させねば! でも手は抜きません。 【^_^】

◯画像上 角パイプに丸パイプを7箇所埋め込みます。 捻り強度が飛躍的にUPします。
◯画像中 両端部も3ミリ板でみっちりと溶接、丸パイプ部と合わせて水密性を持たせます。
◯画像下 車体取付け時に強度を求められるブラケット部。 12枚位が手加工の限界です。
Posted at 2010/03/19 23:59:51 | コメント(25) | トラックバック(0) | ハイエース 補 | クルマ
2010年03月14日 イイね!

NO.455 ポカポカ陽気の作業 ワンオフ/量産型 

NO.455 ポカポカ陽気の作業 ワンオフ/量産型  ポカポカ陽気の今日はお友達の“1000敗“親子さんと“雪天“さんが作業に来箱でした。
 “甲斐の子連れ狼”が“雪天号”の足回り作業に取りかかるのを横目に僕は量産型cwRバーの最終仕上をします。
 そして僕の出番が来ればアッという間に取付け完了。 あまりスンナリだと物足りません! (笑)
 続いて“クルリン号”が入箱、こちはバンザイアーム用のワンオフリバンプブラケットの製作です。
 車高によって変化する『待ち受け角度』を測定したら材料の切り出し、車体に当てがって仮溶接すれば殆ど完成です。 もう五台目にもなれば作業時間も約半分の3時間位に短縮されました。
 作業中に“Tテスター/まさパパ”コンビが来箱、“雪天“さんが帰路つくと入れ替わりに“赤鬼”さんが加わってしばらくワイワイやって解散は早めの午後八時過ぎでした。 
 各車の作業内容や画像はオーナーさんに任せる事にします。

※なんか、『いつもの二人組』が居ない休日も平和で良いもんだなー。 が、全員の感想でした。    そしてブログも短文?で終れます。 【^_^】

◯画像上 “雪天号”に潜って作業する“1000敗”を心配そうに覗き込むオーナー。
◯画像下 仕上研磨と焦げ取りを済ませて出番を待つcwRバー
Posted at 2010/03/14 22:31:00 | コメント(30) | トラックバック(0) | ハイエース 補 | クルマ
2009年10月06日 イイね!

NO.385 時間は有っても材料が無い お茶濁し

NO.385 時間は有っても材料が無い お茶濁し 今月は本業が非常に暇です。 【~_~''】
 「じゃー、早くリヤスタビやれ」って? それが煮詰まっちゃってます。 cw号専用品ならどんどん突っ走っちゃえますが、多少の変更で各仕様に応用できるベースにとなると問題が山積みです。 ここでひとつ気分転換。 丁度去年の今頃に作業していたcwリヤバーを又作ってみようと思います。
 ”エボリューション200”さんの有名3車には装着済みです。
 3種類有って各仕様で強度の方向と強さに違いが有り、また重量にも差が有ります。

 画像上は手前から”まさパパ号” ”シキチャン号” ”Tテスター号”に装着した物の製作途中です。
 画像中は今回製作予定の図面ですが、フレーム取付け部のサイド補強板が変更に成っています。
 画像下は”シキチャン号”への装着した画像です。

 この時のMTS各車はどれもマフラー交換をしてある為にサイドブラケット部の寸法に余裕があります。 しかし,ノーマルマフラー車には画像中の様な形状に変更する必要が有ります。
 材質はオールステンレス、丸穴に同径のパイプを挿入/溶接して捩じれ強度を出します。
 また、取付け位置が車体フレームより下がらないのでスペアタイヤへの干渉も有りません。
 装着することによって何が体感できるかは鈍感な僕には良くわかりませんが、良く見る他の物よりは数倍の強度が有ると思うのでそちらで変化がわかる人なら・・・。 【^_^】

 今回は残材使用ではなく材料を仕入れするので費用も掛りますし、それも製作本数によって(歩留まり)変化します。 (勿論、シロウト細工なので市販品よりは安価でないと意味が有りませんが)
 ここで少し皆さんの意見を御聞きしたいと思います。「どんなもんでしょうかね〜」
 これで傾きに補強が出来るほど我社は軽傷ではないのだが・・・。 (笑)

 ※ と、お茶を濁しているうちにリヤスタビにも良い案が浮ぶ事を願って。 
Posted at 2009/10/06 02:44:23 | コメント(29) | トラックバック(0) | ハイエース 補 | クルマ
2009年06月13日 イイね!

NO.327 ワイドは効果無しかも・・・ 初断念? 

NO.327 ワイドは効果無しかも・・・ 初断念?  今日夕方、先日の”エボリューション200”さんの定例でお話しをした”ジロー”さんがお仕事帰りに立寄ってくれました。
 納品時間までの余裕が無い時だったので余り長くお話しは出来ませんでしたが、『めったに集まりには出掛けないcw号』をセルフで見て頂きました。
 足立区にお住まいの来箱NO.66号車は良く工場周辺を通るそうで、今度は暇な時(いつもですが)にゆっくりとお話しましょう~。  (慌ただしくって写真忘れました)
 その後約2時間ほど納品で不在中に空振った人もいる様ですネ。 (笑)

 さて、あれだけ苦労したのに肝心なcw号には付けないのも悔しいパーツ
 ”まさパパ”さんが寸法取りした型板を使ってワイド用の形状を考察してみました。
 ところがナント、と言うか当たり前ですがやはり『ワイド』でした。
 コーナーパネル側はナロー用と同寸で収まるのですが、センター寄りの利用出来る車体側ボルト位置が約90ミリも離れています。
 横バーをそこ迄延長すると当然強度も落ちる訳で、かといって車体側に新規に穴を開ける気にもならないし・・・。

 ※ 今迄のcwパーツ、必ず自車にも装着してきましたがついにそれも断念か?
   悔しいのでいっそ無かった事にしてT号のも回収してしまおうか! 【^_^】
 
 ◯画像上 テスッタ号 ナローディーゼル
 ◯画像下 cw号 ワイドガソリンだとナロー用型板の長さが足りません 
Posted at 2009/06/13 01:07:11 | コメント(15) | トラックバック(0) | ハイエース 補 | クルマ

プロフィール

埼玉県三郷市で建築金物製作工場を営んでいるバイク乗りです。 2012年にリターンライダーとなり、家族には年寄りの冷や水と言われています。 GSX-R750R...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

愛車一覧

オペル スピードスター オペル スピードスター
歳を取ったらスポーツカーでしょう!【^_^;】 やっと手に入れた老後のオモチャ? 20 ...
ホンダ フリードハイブリッド ホンダ フリードハイブリッド
少し我慢するとその分だけ用途が広がる便利なクルマです。【^_^】 2013年2月初年度 ...
ホンダ CRF230F ホンダ CRF230F
ブラジルホンダ製の逆輸入車です 軽量コンパクトな車体に使い易いパワー ストリート仕様とし ...
スズキ GSX-R750R スズキ GSX-R750R
新車購入から33年も経ってしまいました。 2012年12月に復活させるまでの走行距離が9 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.