• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

cwr3072 (シーダブ)のブログ一覧

2011年02月26日 イイね!

NO.570 『あんなの飾りです』  バーチャルタイムトライアル-4

NO.570 『あんなの飾りです』  バーチャルタイムトライアル-4 今日はcw号を4ヶ月ぶりに洗車しました。 (下回りは月1ですが)
 汚れの目立たないシルバー色だから良いものの、これがホワイトやガンメタだったら恥ずかしくて乗れない程の汚れ具合でした。 で、次の洗車はゴールデンウィークかな? それとも・・・? (笑)

 今では手入れが大変な下回りを汚さない様に気を使っている僕ですが、若い頃はオフロードもガンガンに走っていました。
 その相棒が今回登場する“ランサー 1600 GSR '74”です。
 前回登場した“エスロク”、ある日アルバイト先のガソリンスタンドで仕事の合間に磨いていると興味を持った通りがかりの人に話しかけられ、「出来れば売って下さい」「実はまだ買って6ヶ月なんです」「では売却する時は是非私に」とやり過ごしたものの・・・。  その後頻繁に通われてしまいそれから2ヶ月後には僕も根負けしてしまいました。 たったの8ヶ月でしたが、学生生活最後の夏休みを“エスロク”で過ごせた事はとても大切な思い出となりました。 そしてその売却したお金で購入したスナップオンツールが今も我箱にある訳です。

 当時アシ車“シビック5ドア”は健在でその点での不便は無かったのですが、やはりと言うか当然の様に次の道楽車を物色し始めるまでたったの1ヶ月しかかかりませんでした。
 その頃僕のバイクライフはオフロードに熱中していて、モトクロスや林道ツーリングを楽しんでいた事も影響して「4輪でも走ってみたい」と思い白羽の矢を建てたのが1974年に『デビューのサファリラリーでポルシェ911を破って初優勝する』という偉業を成し遂げた“ランサー1600GSR”です。
 4年落ちの中古車で外装の程度はその使用目的から気にせず、それなりのお手頃価格が決め手の次ぎの相棒が納車されたら早速改造にとりかかります。
 後部シートの取り外しやカーペットまで撤去して車体の軽量化、フロントガラス以外はアクリル製にしてロールバーも装着。 フォグ/ドライビングランプの追加とマッドガードでお約束のスタイルに。
 エンジンは“コルトスピード”(ラリーアートの前身)のスポーツキットを装着した4G32C-II改、出力は140PS位だったでしょう。 (フルチューンだと165PSですがそこまでは金欠が邪魔しました)
 この『RACING SATURN』を積んだ車体は700キロ台と超軽量で、5速クロスミッションとLSD付デフの最終減速比が低い事も相まって中々豪快な加速をしました。 1500rpmでするアイドリング時にも身震いする車体は「ただ者では無い」雰囲気に溢れていたと思います。 (悪友曰く、フライホイール軽すぎとか)
 ルーフキャリアに競技用スパイクタイヤを積んでまだ東松山までしか開通していなかった関越道を飛ばして群馬まで(無意味でも使ってみたかった(笑))氷上タイムトライアルに出かけたり、雑誌主催のPDラリー(タイム不問)に参加したり、林道を攻めたりと大活躍。 又ライセンス講習会にもこの車で参加しました。
 そして何人かのお友達にはお話しした悲しい結末が・・・、この僕の人生で車体/エンジン共に一番手を加えたクルマともお別れです。

 【グランツーリスモ5】内の中古ディーラーで入手した“ランサー1600GSRラリーカー”はワークスバージョンです。 流石に僕の愛車はそこまでフルチューンでは無かったのでバランスウエイトを積んで馬力補正(160→140PS見当)して調整。 当時を再現する為にサスセッティングをオフ仕様に合わせます。
 (安定したドリフト、若しくはコントロールし易いドリフト用に基本アンダーセッティングします)
 ゲーム内のダートコースで「こんな感じだったかなー」位まで煮詰めたらいよいよコースイン!

 例によって筑波サーキットから。
 リアルでそうだった様にこちらでも舗装路用にはスポーツタイヤ(ハード)を履かせたランサーはオフ用セッティングのままのサスではどうにもド・アンダーで、グリップしてしまうタイヤをパワーでスライドに持ち込めません。 本来サーキットでは行わないサイドブレーキまで使ってしまう始末。 最終コーナーに至っては逃げるフロントの為に中々アクセルを踏み込めないうちにストレートに入ってしまいます。
 やはり幾ら軽量な車体にパワーが有っても足が決まっていないとダメだなー、の1分14秒でした。

 次ぎはアベレージ速度が段違いのニュルブルクリンクです。
 スタート地点からつづく中速コーナーでは筑波と同じでアンダーとの戦い、高速域に入るストレートではすぐに最高速(190キロ)の頭打ちでもどかしくなります。 しかし高速コーナーになるとアンダー傾向も影を潜め、車高を上げた高重心にも関わらず、固めたダンパーによって中々の安定コーナリングが出来ました。
 そんなこんなで何とかつじつまを合わせた感がある数ラップの平均が9分14秒でした。
 “117クーペ”より4秒、“ハコスカGT-R”より11秒遅れです。
 とても当たり前ですがオフ用の足まわりでサーキットを攻める事に無理が有る訳でランサー君に言わせれば「今度はダートでやろう」って悔しい気持ちでしょうネ。 

 ※ このランサーの下回りは今見たら熱が出そうな程の汚れ具合でしたが、『あんなの飾りです』とも言われかねないcw号とは違ったホンモノのウエポンでした。 【^_^】

○画像左上 4ヶ月ぶりの洗車で綺麗になった『飾り物』 (笑)
○画像右上 ゲーム内ダートコースでセッティングを確認するランサー。 現車は2ドアでルーフキャリア付でした。
○画像左下 筑波サーキットダンロップ下を通過するランサー。 高車高とマッドフラップがミスマッチ。
○画像右下 ニュルの連続S字ホーホアイヒエンの最後のコーナーを駈け下る。 流石に前荷重でフルパワーだとテールスライドします。


 
 
 
Posted at 2011/02/27 04:19:04 | コメント(12) | トラックバック(0) | その他 | クルマ
2011年02月21日 イイね!

NO.569 今度はどうだ!?  バーチャルタイムトライアル-3

NO.569 今度はどうだ!?  バーチャルタイムトライアル-3 先週末の日曜日は久々の複数台ハイエースが来箱されました。
 エボメンの“ジロー号”にお友達の“HARLEY号”と“kabamaru号”、少し後から“save9号”も到着です。 日曜日でもお仕事だった“ジロー”さんと「これから仕事なんです」の“HARLEY”さんが帰ったあとも残りの3人は話続けます。 話題は勿論ハイエースの事は元より仕事の事等、そしてゲームの方に振られるともう殆どがそっちだけ状態です。 (笑)
 しかしインフルエンザで寝込んでいるウチの娘を自宅に搬送する時間が迫った所で解散となりました。
 そうでなければあと2時間は続いたで有ろうゲーム話、そろそろ飽きてきたお二人さんには丁度良い頃合いだったかも? 

 さて第三回目となるバーチャルタイムトライアルは“ホンダ S600 '64”の登場です。
 前回のハコスカHT・Rを乗り回す苦学生?(笑)僕でしたが、ローン支払いの為にアルバイトに明け暮れたツケが回ってきました。 どうにもこのままでは卒業が危ない! そう、出席日数が足りないのです。
 アルバイトを減らす事は自動的に売却せざるを得ない状況です。
 父から半ば奪い取った“117クーペ”を勝手に売り飛ばしてバイクを買ってしまった手前もあって、もう助け舟を出してもらう訳にも行かず・・・泣く泣くのお別れと成りました。
 そうして何とか卒業の目処が立ってくるとやはりと言うかしょうも無いというかまたムラムラと。(笑)
 ある日、当時アルバイトしていたガソリンスタンドのお客さんが乗っていた“エスロク”が下取りに出されるとの事。
 ちょいちょいオイル交換や整備をさせて貰っていて僕にも多少の愛着が有ったので試しに下取り価格を聞いてみると丁度手持ちの金額で足りるではありませんか!  こうして僕の道楽クルマ3代目がやって来たのです。
 このクルマ、大きさも排気量も現在のKカーより小さくとても可愛らしいのですがその内に秘めたメカニズムは素晴らしく、特にエンジンはホンダ二輪技術そのままの高回転型でレッドゾーンの9500rpmまで軽々と吹け上がる気持ちの良いものでした。  そろそろ入手が困難になり出した有鉛ハイオク仕様だったのでとても狭い後部トランクにガス携行缶を積んでしまうともう殆ど荷物が乗らない不便さも何のその、トラックの排気ガスで顔を真っ黒にしながらアチコチと走り回りました。 たったの57psでも700Kgにも満たない車重が持たらす軽快な操縦性とビュンビュン回るエンジンを駆使して峠を駆け回る喜びは丁度小排気量バイクの様な『使い切る楽しさ』に溢れていました。 (確か1速で9500まで回しても40キロも出なかったと思います(笑) )

【グランツーリスモ5】で手に入れた“エスロク”は愛車と同じ赤、特別なチューンは無しでタイヤのみスポーツ・ハードに履き替えて試しに走ってみると?  なんかギヤ比が違う! 筑波サーキットでは走り出したら2速のみで周回してしまいます。  「これって実車と全然違うじゃん」ってことで不本意ながら5速クロスミッションに換装して減速比合わせて最高速を150キロにすると僕の記憶に近くなりました。
 しかし、このクルマ独特なチェーン駆動による加速時のリア上がりはゲームでは再現されていないのが残念ですが、こんなマイナー車が収録されているだけでも有り難いと許す事にします。

 まず筑波サーキットをアタックします。 今までの2車と違ってブレーキは1コーナーと第1/第2ヘアピンのみで、それも余り速度の低下しないライン取りをして立ち上がってもバックストレートで145キロ位しか出ません。
 ホンの少しのミスでも致命傷になり、この少ないパワーではリカバリーできません。 そうして神経をすり減らして出したタイムが1分21秒と何とも平和な記録に留まりました。 でもきっとこんなもんだったでしょう。

 次ぎは“ニュルブルクリンク”ですが、ここは今までの2車が相当パワー不足で泣かされたのでそれなりの覚悟が必要です。 走り始めの中速S字の連続は気持ちよく走れますが、最初(4箇所有ります)のジャンピングスポットを過ぎてからの高速区間はもう絶望的で、特に登り勾配がきついとこ等は3速では吹け切り4速では減速してしまうと言うジレンマに陥ります。 「ここってこんなに登っていたんだ!」なーんて発見をしながら最後のストレートで最高速の155キロを記録、このとき回転計は10000rpmに届いていました。
 結果タイムは11分32秒、勿論今までで最低記録ですがそんな事は一切気にならない爽快なドライビングでした。  5周したと言う事は小一時間も頑張った訳で・・・流石に脳が疲れたのでもう寝ます。 

※ 前回の長文が思ったより読破されたので今回はもっと読み辛くしてみました。
 今度はどうだ!? 【^_^】

○画像左上 日曜日に来箱の“kabamaru号/HARLEY号/ジロー号”
○画像右上 筑波サーキットメインスタンド前から計測スタートするエスロク
○画像左下 ニュルのアレムベルクは最高速からフルブレーキングでほぼ直角に右ターンします。
○画像右下 最初のジャンピングスポットになるクイデルバッヘルが迫るのですが、エスロクはここで100キロ位しか出ないので飛びません。
 
Posted at 2011/02/22 04:53:37 | コメント(14) | トラックバック(0) | その他 | クルマ
2011年02月17日 イイね!

NO.568 目指すのか?4000曲  iPod nano/16GB

NO.568 目指すのか?4000曲  iPod nano/16GB 以前2000曲超えした僕のiTunesライブラリに同期させるとiPod nanoが一杯一杯になりました。
 それでもまだまだ楽曲は増え続ける訳で。
 そこで今までの8GBから16GBに乗り換えました。
 と言うか買い足しました。
 
 しかしまあ、4センチ角・厚さ5ミリのこれに音楽が4000曲の他に画像も入り、ラジオも聞けて歩数計にも成るなんて!  今更ながらに驚きです。 
 勢い余って2台買ってしまったので1台はウチのオカミさんに。 【^_^】

 明日は早起きなので今日はこれまで。

○画像 売れ筋なんでしょうかねー、近くの家電量販店では在庫少なで色も選べずシルバー2台です。
Posted at 2011/02/17 22:28:05 | コメント(20) | トラックバック(0) | その他 | クルマ
2011年02月15日 イイね!

NO.567 暇なヒト向け長文(笑)  バーチャルタイムトライアル-2

NO.567 暇なヒト向け長文(笑)  バーチャルタイムトライアル-2 こんばんは。 「義理だからね!」って念を押されてチョコを渡されたcwです。
 ま、結婚30年も経って本気でもらっても・・・。 
 それすらも毎年減り続けて今年は2個。 (笑)

 またまた脱線、バーチャルタイムトライアルの第二回目、今回はKPGC10型、そう“ハコスカGT-R”の出番です。
 1代目の愛車“117クーペ”を売却して“DUCATI 750SS”を買ってしまったものの、やはり四輪無しでは不便だし丁度僕の妹も普通車免許を取得した事も有り、「取りあえず足に成ればいいや」って事で初代ホンダ”シビック”1500/5ドアを購入してお茶を濁していました。
 でもやっぱり『我慢出来ない虫』が湧いてくるのです。(笑)

 昭和51年ではすでにスカイラインは4代目の“ケンメリ”が現役でしたが、学生の分際で新車など買える筈も無く当然の如く中古車センターを渡り歩く訳です。 お目当てはハコスカGT-R!ですが生産台数が少ないせいも有って中々良い出物が見つかりません。
 結局“117クーペ”を売却したスポーツカー専門店に探してもらって見つかったのが昭和47年式(最終年度)のシルバーで走行が4万キロ位だったと思います。
 流石にオプション!(笑)のヒーターは付いていてもラジオは無しのスパルタン仕様、外観はそれなりの輝きを保っていて機関も調子良さそうです。  結局学校へ行く暇も惜しんでしたアルバイトで貯めた頭金と残りは分割で支払う事になり、ここからローン地獄が始まる訳です。 (当時は金利が8%!)

 そんな訳で買ったは良いが何も弄れない状況はご多分に漏れず・・・それでも何とかタイヤ/ホイールだけは交換したい、で又アルバイトが増える訳です。  
 タイヤは“117クーペ”に履かせていたミシュランXWXには手が届かずXASの185/70/14に、ホイールはクロモドラ(マグ)Aタイプ6Jにした訳ですが、今から見ると何と貧弱なスペックでしたね。
 当時僕の知ったかぶりで弄ったソレックス3連キャブは完調とはほど遠く、240ZGやRX-3にも置いてきぼりにされる位、しかしパワーバンドに入ってからの加速感と胸のすく様なサウンドに独り悦に入っていたものでした。

 【グラツーリスモ5】内の中古ディーラーで手に入れたシルバーのハコスカRは走行距離が7万キロで馬力は149PSしか有りません。 そこでインテークマニホールドとエアクリを換えて161PSにしてタイヤはスポーツハードを履かせたのですが、この車種はホイール交換が出来ずにテッチンのままです。

 まず筑波サーキット、前回の“117クーペ”よりパワーも有るので期待して周回してみたのですがどうしてもタイムが上がりません。 原因はタイヤスペックが一段劣るのとギヤレシオがコースに合わずに5速に入らない程。 結局タイムは1分08秒がやっとこで、バワーを使い切れない歯痒さったらじれったい位です。

 つづいて“ニュルブルクリンク”を攻めます。
 スタート後の中速区間を過ぎればジャンピングスポット後の高速区間、さすがに“117クーペ”よりは速度が乗ります。 加速も一段上で低グリップのタイヤが恨めしくなりながらリズミカルにコーナーをこなして最後のストレートへ、ここはアップダウンがかなり有り初めの下りで最高速210キロ(5速8500RPM)を記録しました。
 期待のタイムは9分03秒で思った程では無かったのが残念です。
 ハコスカRの名誉の為に付け加えると、足回りがほぼノーマルな事とやはりギヤレシオが合わせられないのが影響大で、最高速を捨ててでも大半を占める中速コーナーに焦点を絞ればかなりタイムアップする事は間違い無いと思います。

 ※ もう一台ガレージに同車が有るので今度はそっちをフルチューンして憂さ晴らししてあげようと思います。 【^_^】

○画像右上 筑波の第一ヘアピンを立ち上がるGT-R
○画像左上 ニュルのメッツゲスフェルト付近。 この斜め後ろからの眺めが一番好きです。
○画像右下 同じくアデナウアーフォルストを縁石走りで攻めます。 激低だと亀になる?
○画像左下 ニュル最後の3キロ直線は一旦下って登ります。ここで最高速。 山の上には古城ニュルブルク城。

PS. ハコスカに詳しい“きよMAN”さん曰く、「今持っていたら1000万近い」とか。
  でも30年以上も維持するにはもっと必要だったかも? 

 結局最後まで読んでしまったアナタ、暇ですネ! 【^_^】
Posted at 2011/02/15 01:27:50 | コメント(21) | トラックバック(0) | その他 | クルマ
2011年02月08日 イイね!

NO.566 「こんなに速かった?」  バーチャルタイムトライアル-1

NO.566 「こんなに速かった?」  バーチャルタイムトライアル-1 おはようございます。 
 ってまだ誰も起きている訳も無く・・・。(笑)
 最近ではcw号に乗るどころか触りもしていません。
 したがってネタも無い、ということで又脱線します。
 【PS3・グランツーリスモ5】に収録されたクルマの中に僕の愛車と同型が数多くあります。
 「当時あのクルマであのサーキットを走ったら一体どれくらいのタイムが出たのだろう?」
 これからその挑戦(大袈裟?)の記録を度々紹介します。

 走るサーキットは実際に走行経験がある“筑波サーキット”と各メーカーが足回りの開発にも利用するドイツの“ニュルブルクリンク北コース”です。
 まず第一回目は僕の愛車一号の“いすゞ 117クーペ '68”です。 詳しくはココ
 僕が乗り回していた頃、昭和49年当時は首都高速は250円で6号線はまだ向島まで、そしてガソリンは98円位(意外と高い?)でこの車は有鉛ハイオク仕様でした。  モモのステアリングを購入するにも都内を駆けずり回って探していた頃です。

 では。
 ゲーム内で乗るのは実際の僕の愛車とはエンジンが違っていて少し馬力が足りないので吸排気系だけのライトチューンで136PSに調整しました。
 足回りは車高調整式のサスペンションで10ミリローダウン、ショック減衰も上げて実車に極力近づけました。 タイヤはスポーツ・ミディアムで合わせましたが、この車種は『スタンダードカー』なのでホィール交換は出来ないので諦めるしかありません。 

 まず“筑波サーキット”、今までゲーム内でとてつもないハイパワー車を操っていた感覚からすると気が抜けるほどの速度で当初はライン取りもへったくれも無い有様です。 数周練習したらペースアップ、段々とタイムが揃ってきた所でゴール。 
 ベストタイムは1分10秒台!?  当時僕が乗ったB110サニー・プロダクション仕様で確か18秒位だった筈・・・。  あの頃とはコースレイアウトも変わっているとは言え少々速すぎる気がします。
 そうか! 僕のウデが上がったのか! 【^_^】
 
 つづいて“ニュル”、このコース知っているヒトは判ると思いますがトンデモナイ難所で、まず一周が20.8kmもあり高低差は300m、コーナー数は172カ所でそれも低速から高速まで、しかもバンク/逆バンクも出現するテクニカルな面と超高速ストレート(車種によっては350キロ出ます)も待ち構えていて一瞬も気が抜けません。
 “ニキ・ラウダ”が大やけどを負った事故もここで起きました。
 かつてホンダのNSXの開発時にここをテストコースとした事は有名です。
 さて走り出して見ると“いすゞ 117クーペ '68”は4速しかギヤが無いので高速区間等は殆ど変速無し、バワーも無いのでいかに速度を低下させないかのコース取りに集中します。
 僕の愛車はもっとド・アンダーだった思い出が有るのですが、コイツは思いのほか良く曲がります。
 ブレーキもこんなに効いたかな?と攻めているうちに最後のストレート、最高速は194キロでした。
 「うーん、ちょっと違うなー」と思いながらゴールしたタイムは9分10秒でした。

※ これが速いのか遅いのかは今は謎なのでこのあと挑戦する僕の歴車と比べて見たいと思います。

○画像上 筑波の最終コーナーをテールスライドで立ち上がる117クーペ。 実はこのあとスピン!
○画像下 ニュルの有名なカルッセル(回転木馬)コーナーを攻める僕(の夢) 【^_^】
Posted at 2011/02/09 05:06:10 | コメント(16) | トラックバック(0) | その他 | クルマ

プロフィール

埼玉県三郷市で建築金物製作工場を営んでいるバイク乗りです。 2012年にリターンライダーとなり、家族には年寄りの冷や水と言われています。 GSX-R750R...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/2 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     

愛車一覧

オペル スピードスター オペル スピードスター
歳を取ったらスポーツカーでしょう!【^_^;】 やっと手に入れた老後のオモチャ? 20 ...
ホンダ フリードハイブリッド ホンダ フリードハイブリッド
少し我慢するとその分だけ用途が広がる便利なクルマです。【^_^】 2013年2月初年度 ...
ホンダ CRF230F ホンダ CRF230F
ブラジルホンダ製の逆輸入車です 軽量コンパクトな車体に使い易いパワー ストリート仕様とし ...
スズキ GSX-R750R スズキ GSX-R750R
新車購入から33年も経ってしまいました。 2012年12月に復活させるまでの走行距離が9 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.