• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

HIRO@旅人のブログ一覧

2018年07月19日 イイね!

新型クラウンの気になった点

新型クラウンの気になった点先日試乗した新型クラウン
あまりの走りの良さにビックリしました。

しかし時代はセダンが殆ど売れないと言われている冷遇期。
そのせいか新型クラウンではコストカットが露骨に判る部分がチラホラと…

まずは内装、フロント内装編。
alt
青丸部分、ドア内張なのですが17クラウンやゼロクラウンに比べると非常に簡素化されていると言いますか、高級感に何だか欠けてます。
これは200クラウン辺りから簡素化が始まったので今更ですけどね。
次に黄丸部分、アリストには付いていたドアチェックのキャップが省略されています。
※参考写真はアリストです。
alt
これを「軽量化の為」に省略したのか、「コストカット」の為に省略したのか…どちらの思想で省略したのか次第で考え方が変わりますが個人的には残念。
そして赤丸部分、ペダルの質感(プラスチック)がどうもチープになった感がぬぐえません。
まぁこれは社外若しくは流用でどうにかなりそうです。

お次はリア内装。
alt
こちらも黄丸部分、フロント同様にドアチェックのキャップがありません。
続いて赤丸部分、何とスカッフプレートが単なるプラスチック素材Σ(´∇`;)
これではクラウンというより、カローラですorz
更に続いて青丸部分、カーテシスイッチがドアロック一体ではなく外付けタイプ。
これはゼロクラ辺りからこうなりましたが、どうしてもチープに見えます。
あと、どうしても4ドアクーペ化したクラウンの宿命か、後部座席の足元が狭いです。
写真を撮影する前にフロントに長身の方が乗られてたので余計にシートが下がってますが、それでも私が昔乗っていた17クラウンより狭いです。
これは法人需要もあるクラウンとしては大丈夫なのか?と思ってしまいました。
以上の点を考えると、内装のクオリティはバブル崩壊後に設計された15クラウン並みのチープさに感じられました(T_T)

最後にブレーキ。
これはアリスト時代からのトヨタの悪い癖、スポーツセダンのブレーキを手抜きしてしまい走りが良いのにブレーキがプアすぎる片押しフロント2ポットキャリパーの採用。
alt
クラウンも車重がそれなりにあるので、安全マージンでの走行速度でもブレーキのショボさには萎えました。

以上、個人的に気になった点をまとめました。
とは言え新型クラウンは本当に走りが良い車に仕上がったと思います。
キャラ的にはかつてのアリストっぽいです。
alt

今後クラウンのGRバージョンが追加されるなんて話もあるので、パーツを流用する方が増えるでしょうね。

現状次期愛車候補は某輸入車か某国産高級スポーツクーペですが、この新型クラウンもなかなか悩ましいですねぇ。
Posted at 2018/07/19 18:20:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車ネタ | クルマ
2018年07月14日 イイね!

新型クラウンRSターボ 試乗

新型クラウンRSターボ 試乗先週日曜日のお話ですが、グランメッセ熊本で開催された新型クラウンの発表展示会へ行って参りました。






私とクラウンはイメージ付かないかもしれませんが、実は5~6年程前に17クラウン ロイヤルサルーンGに乗っていた時期がありました。
alt
まだ200クラウン後期がギリギリ現行車だった頃のお話、懐かしいなぁ。それ故クラウンには思い入れがあったりします。

会場に入ってすぐ、初代クラウンと
alt
クジラクラウンこと、4台目クラウンが展示されていました。
alt

そしてお待ちかねの新型220系クラウン。まずは旧ロイヤルサルーン系グレードの2.5S。
alt
旧ロイヤル系にしてはスポーティな見た目です。

そして旧アスリート系グレードのRS。
alt
グリルにRSのエンブレムが装着されます。当然今回の発表会ではこちらに人が集中していました。

それでは乗り込んでみます。展示車は3.5RS AdvanceというRS最上位グレード。
alt
いままでのクラウンとは異なり、アルカンターラ(エクセーヌ?)レザーを多用しレクサスっぽい印象。

ネット上では「安っぽい」と言われていた純正ステアリング。
alt
4本スポークから3本スポークになり、スポーティな印象で個人的には好きです。
握り心地も安っぽくはありませんでした。

そして個人的にインテリアで気に入ったドリンクホルダー。
alt
使用時はフタを押し込んでやり、使用しないときは赤丸のボタンを押して元に戻すという今までにないドリンクホルダーです。恐らくインテリアデザイナーの拘りでしょうね。

お次は足回り、フロントアッパーアームは最近の輸入車にも見られる2分割タイプ。
alt
これはなかなかイイ動きをしてくれそうです。

そして個人的にお気に入りのエクステリアアングル。
alt
どことなく現行ジャガーXFっぽい印象、いい意味でも悪い意味でもオッサン臭いイメージが無くなりました。

会場では新型クラウンのチーフエンジニアの方によるトークショーが開催されました。
alt
チーフエンジニアの方は、アリストの開発にも携わった方とのこと。

今回は試乗もさせて頂きました。
alt
もちろんグレードは2.0RS Advance。ターボ車ですね。
今回は法定速度内で走りを確かめられるよう、高速道路コースを選択。

早速クラウンの走りを試せる場所、会場すぐ隣の益城熊本空港ICにあるランプウェイ。
alt
私の車高調やピロテンを組んだアリストでも若干跳ねるこの場所、ノーマルの足のアリストでも跳ねる場所です。
早速走らせて確認…まぁ良く踏ん張る足です新型クラウンΣ(°ω°;)

あくまでも法定速度内での試乗なので全開加速等は行ってませんが、100㌔までの加速は悪くない様子です。
8速ATなので少しかったるい加速かも?と予想していましたがきちんとATの制御が効いているようです。
パドルシフトのレスポンスも良く、スポーツ走行もできそうです。
走行モードをスポーツ+にすると、ダンパーも固くなるのでギャップでの衝撃は強くなりますが車高調の乗り心地に比べれば全然いいレベルです。

そして試乗終了、いい意味で期待を裏切られましたね。
alt
これは走りがええわ!

すると「あら、若いお兄ちゃんが乗ってらしたのね」と品の良いマダムが突然話しかけてきました(; ・`д・´)
何でも私の前にクラウンに試乗していたマダムらしく、白か私が試乗したシルバーで悩んでいたそうな。
因みにそのマダム、その場でクラウンご契約していかれました`;:゛;`(;゚;ж;゚; )ブフォォ!!

現状トヨタのラインナップでアリストのポジションも担っているであろう新型クラウン、日本車もここまで来たかという感じですね。
ただ、気になった点もありました。それについては後日書きます。
Posted at 2018/07/14 16:53:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車ネタ | 日記
2018年07月11日 イイね!

梅雨は明けたけど…

梅雨は明けたけど…この度の平成30年7月豪雨(西日本豪雨)におきまして、被災された多くの方々へお見舞いを申し上げると共に、亡くなられた方々へご冥福をお祈り申し上げます。
また、現在行方が分からなくなっている方が一人でも多く無事であることを心より祈っております。

熊本は月曜日に梅雨が明けました。
しかし6月下旬頃から梅雨明けの日まで、雨が酷く大変でしたね。
今回熊本は南部の湯前町周辺や北部の菊池市周辺こそ酷い大雨でしたが、大きな被害はありませんでした。
しかし皆さんもご存知の通り、西日本を中心に甚大な被害がありました。

個人的に連絡を取っている福岡の陸☆亀さん、大阪のふくちゃん.さんの無事を確認(; ・`д・´)ヨカッタ
熊本地震の際、個人的に支援物資を送ってくれた岡山の友人や関西の弟氏の無事も確認。
しかし岡山県はあの状態です。
岡山の友人は今日、甚大な被害の出た倉敷市真備町にボランティアへ出撃したそうですが、暑さとドブ臭い土砂でシャレにならない状態だそうです。

自分もボランティア保険に加入済みなので、気持ちは行きたいのですが距離的に簡単に行けそうにないのが悔しいです。
その為、今後暑さで片付け時に体調を崩したり片付け時に負傷する方が増えると見越して少額ではありますが、災害人道医療支援会に寄付させていただきました。
現在、災害人道医療支援会は倉敷市で医療活動を始めたそうなので。
一日でも早く、今回の豪雨被害に遭った人たちの日常が戻ることを祈っております。
自分もせっかく掛けたボランティア保険を活用するよう、時間を見つけて九州内でボランティアに行こうと思ってます。
頼むぜ、ジムニー

P.S.
今回の豪雨で、弟氏のZ33の電気系統が逝きました。
alt

とりあえず直りそうです。
Posted at 2018/07/11 22:20:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2018年07月03日 イイね!

17万キロ突入

17万キロ突入こんばんは、7月に突入しましたね。九州は台風が近づいております。

さて、私のアリストが走行距離17万キロ突入しました。
alt

いや~、最近雨続きでジムニーでの通勤ができず(雨吸うとエンジンの調子が悪くなるw)、走行距離を稼いでしまいましたf^_^;)

16万キロを達成したのが昨年10月、約9か月で1万キロ稼ぐとは…車が無いと生活どころか仕事もできない田舎では仕方ないですねw

今後もジムニーと2台体制、続けれる限りは続けます。
alt



Posted at 2018/07/03 01:40:34 | コメント(4) | トラックバック(0) | アリスト | クルマ

プロフィール

HIRO@旅人と申します。 モータースポーツや峠道が大好きです。 しかしVIPセダンも大好きというワガママな性格なので、16アリストという走りに振った高...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

スズキ(純正) 劣化パーツ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/04 15:48:35
SJ30 ジムニー再生計画 ラジエーター取り外し及びサーモスタット交換 固着スタッドボルトとの闘い⑤ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/02 18:59:17
オリジナル 4灯ヘッドライト 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/09 21:29:22

愛車一覧

トヨタ アリスト GS300 CavallinoRossa (トヨタ アリスト)
VIP路線ではなく、ストリートやサーキットを気持ちよく走れる仕様に化ける予定ですw あえ ...
スズキ ジムニー 局地戦闘機SJ参零型 甲改 (スズキ ジムニー)
レストア中だったSJ30ジムニーに書類不備が発覚! 何をとち狂ったのか同じ昭和57年式S ...
スズキ ジムニー 局地戦闘機SJ参零型 (スズキ ジムニー)
長いこと放置されていたSJ30ジムニーを復活すべく、譲り受けました! ※2017年 書 ...
スズキ Kei スズキ Kei
不人気車ながら、K6Aターボ+5MTで痛快な走りでした♪ 車高調、マフラーまで取り付け ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.