• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

人も車もポンコツのブログ一覧

2014年02月26日 イイね!

冬タイヤ

冬タイヤ

いやー、暖かいですね、札幌は今日4℃まで上がりました。
4℃ですよ、ポカポカでコートを脱いで歩きました。
まるで春です、北海道の人ってこんな温度で春を感じるんですね。

春になるのに冬タイヤの話です。
スノータイヤが出てきたのは昭和38年前後だった記憶が有ります。
それまでは夏タイヤ(それもつるつる)にチェーンを履かせていました。
4輪車は、後輪2本、前輪1本(後輪駆動のため)、三輪車はあまり記憶がないんですよ。
冬は乗っていなかったんですかね。
履かすとしたら3本ですよね。
当時の車はチェーンでタイヤハウスを叩くので、ライトバンなどではタイヤハウスに穴が開き室内に泥水が入ってきていました。
スノータイヤが出てからも後輪はチェーン、前輪はスノータイヤと変則な時期もありました。
昭和43年前後になるとスパイクタイヤが出てきました。
昭和47年にチェリーを購入した時は、前輪がスパイクタイヤ・後輪はスノータイヤ(FFなので)の組み合わせでした。
そのあとは全輪スパイクタイヤの時代ですね。
昭和50年代後半になると春先の粉塵が問題になりだしました。
その頃からスパイクレスタイヤ、(スタッドレスタイヤですね)出てきて、札幌市も補助金を出していましたね。
当時のスタッドレスタイヤは性能が悪く、Y社のタイヤを付けていましたが凍結路面でブレーキをかると加速していくような感じで滑りました。
それがトラウマになっていて、今でもY社のタイヤは使っていません。
今のスタッドレスタイヤはどこのメーカーでも安心して使えると思いますよ。

写真は朝の冷え込みで、ダイヤモンドダストが雪上で光っているところですが分かりますか。(白い点にしか見えませんが)
キラキラしていますが写真ではいまいちですね。
昼間の暖気で雪が溶けてこんなツララもできますよ。
シロップをかけるとおなか一杯になるまで食べれます。


Posted at 2014/02/26 20:23:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | 昔話 | クルマ
2014年02月24日 イイね!

危ない車2

危ない車2西高東低の気圧配置もなくなり、今日の天気は快晴。
車の中にいると暑いくらいですね。(少し大げさですが)

前回バックファイヤーの話を書きましたが、なぜ車両火災になるか分かりますか。
エアクリーナーが無いのが一番の原因ですが、もう一つ原因が有ります。
ガソリンタンクから燃料がキャブに降りてきますが、フロートが有るので一定の所で燃料が止まります。
始動時には燃料を多めに送るので昔のキャブにはフロートを抑えるボタン(本当の名前は不明ですが)が付いていました。
写真はメグロですが、エアクリ無し、ボタン付き分かりますか。
2枚目の写真の方が分かりやすいと思いますが、真ん中にボタンの様な物があるのが。
これをポンポンと押すとガソリンが溢れてきます。
当然キャブはガソリンで濡れますので、バックファイヤーで火が付き運が悪いと車が燃えます。
キャブの吸気口を手で塞いでも、結構ガソリンで濡れます。

こんな危ない車が有ったんですよ。

今の車はエアクリーナーどころかキャブもないですね。
少し大きなオートバイはキックペタルも無くなっていますね。


Posted at 2014/02/24 20:25:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 昔話 | 日記
2014年02月23日 イイね!

危ない車

危ない車この頃、日が暮れるのが遅くなってきて、日差しが暖かい気がします。
雪はいっぱい有りますが、少し湿ってきています。
春が近いんですね。
雪が溶けると水にならないで、春になるんですね。(すいません)

さて、全車種ではないですが、昔の車はエアクリーナーが無かったって知っていました。
オート三輪・オートバイに多かったですね。(単気筒か2気筒)
昭和25年くらいまでだと思いますが。
あの砂利道で埃だらけの中を、エアクリーナー無しで走っていたんですね。
それより問題なのがバックファイヤーです。
キャブ後方に火炎放射器のように炎が出ます。(少しオーバーですが)
大排気量?(750ccとか500ccとか)のオートバイ・三輪車はケッチンとバックファイヤーに泣かされました。
ケッチンってわかりますか。
キックするとピストンが上死点になる前に着火して、エンジンが逆回転しキックペダルが跳ね返ってくることです。
同時にキャブから火をふきます。
思いっきりキックしないとよくなりました。
昔はセルモーターが付いてなかったんです。
陸王の750ccもメグロの500ccもケッチンで泣かされました。

子供のころ、愛車紹介のメグロもバックファイヤーで燃えた記憶が有ります。
父がそばにあったウエスで何とか消しましたが、それから車庫に消火器が常備されるようになりました。

ウエーバーとかは今でもエアクリーナーは付いていませんが、セルモーターで回しますのでバックファイヤーはおきないですね。

写真のキャブは古い三輪車の物です。
吸気口を手でふさいでチョークの代わりにしていました。
Posted at 2014/02/23 19:24:13 | コメント(3) | トラックバック(0) | 昔話 | 日記
2014年02月18日 イイね!

タイヤ

タイヤ
まだ除雪が追い付かず、開通出来なくて孤立している市町村がたくさんあります。
札幌も此処何日か雪が降って毎日除雪していますが、そんな方からみると除雪で足腰が痛いなんて言うのは贅沢ですね。

昔のタイヤはバイアスタイヤで、サイズの表示が6.00-16・5.20-10等と幅も径もインチ表示でした。
昭和45年ぐらいからラジアルタイヤが出始めたようです。
当時のラジアルタイヤはすごく固くて、砂利道を走るとガタゴトと振動がひどかったですね。
足回りも今と違うと思いますが。
もっとも砂利道ではラジアルタイヤの良さは発揮できませんね。
最近ではバイアスタイヤが少なくなって探すのに一苦労です。
T1500のタイヤはもちろんバイアス表示です。(使用説明書から)
車種別に細かく設定されています。

T1500では(T1500・T2000時代)
車種   前輪       後輪 荷台
 81   6.00-16-6P   6.50-16-8P      8尺1t標準
81N   6.00-16-6P   7.00-16-8P      8尺1t3方開
 85   6.00-16-8P   7.00-16-12P     8尺1.5t標準 
85N   6.00-16-8P   7.00-16-12P     8尺1.5t3方開
T2000では
 82   6.50-16-8P   7.50-16-12P     8尺2t標準 
82N   6.50-16-8P   7.50-16-12P     8尺2t3方開 
 12   6.50-16-8P   7.50-16-14P    10尺2t標準
12S   6.50-16-8P   7.50-16-14P    10尺2t高床3方開
32S   7.00-15-8P   7.50-16-14P    13尺2t高床3方開
標準は低床後ろ開きです。

私の車は81Nなので後輪は7.00-16だったんですね。
ずーと6.50-16だと思っていました。
オークションで6.00-16が出ていたので買いました。
6.50-16はまだありますが、6.00-16はもう作っていないようです。
せっかく買ったんですが、いたましくてまだ使っていません。
Posted at 2014/02/18 21:49:51 | コメント(3) | トラックバック(0) | T1500 | 日記
2014年02月17日 イイね!

水日本列島大荒れの天気ですね。
暦では春のはずなのに。

私が小さかったころの車のエンジンは(主に三輪車ですが)空冷が多く、ジャイアントあたりが早くに水冷になった記憶が有ります。
ブルーバード・コロナ等の乗用車は水冷でしたね。(高級車なので)
三輪車も昭和34・5年頃から水冷になっていきました。
その頃は(冬ですが)仕事が終わって家に帰ると、ラジエーターとエンジンブロックの水を抜きます。
朝出かけるときはラジエーターにお湯を入れてエンジンをかけます。
水抜きを忘れるとエンジンブロックが割れます。
ブロックにヒビが入ると鉄工場で鋳物溶接(低温溶接?)して直していました。
不凍液が出たのは昭和40年前後だったような気がします。
毎年春と秋にラジエーターの水を交換します。
毎日お湯を入れなくても良い代わりにエンジンが冷えるので、エンジンルームにあんかを入れて暖めていました。
その後昭和45年前後にはロングライフクーラントになっていきます。
2年くらい交換しないで、夏も冬も使えすごく便利になりました。
今はスーパーロングライフクーラント(会社で名前が違いますが)で10年10万㎞以上持つものが新車には入っているそうです。
すごいですね。

写真のコロナは水の時代の車ですね。
不凍液・LLCの年代はうろ覚えなので間違っているかもしれません。


Posted at 2014/02/17 20:53:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | 昔話 | 日記

プロフィール

「[整備] #T1500 ウォーターポンプ分解 https://minkara.carview.co.jp/userid/2088008/car/1589545/4819384/note.aspx
何シテル?   06/03 22:48
札幌在住の人も車もポンコツです。 名前の通り、昭和43年のマツダT1500と軽免許・三輪免許があった時代の人間です。 宜しくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/2 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 

リンク・クリップ

~リニア見学旅~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/22 05:00:10
自衛隊一般開放・・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/29 13:14:29
一応(; ̄ー ̄A 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/17 19:26:42

ファン

1,266 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ T1500 T1500 (マツダ T1500)
黄色いマツダT1500に乗っています。歳なのでゆっくり走っています。遠慮しないでお先にど ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
足車です。
メグロ Z Z1 (メグロ Z)
父の乗っていたメグロです。 変速ギヤ手動、点火位置調整手動、エンジンオイル垂れ流し等知ら ...
マツダ キャロル キャロル360 (マツダ キャロル)
キャロルは昔乗っていましたが、一度手放してしまい(40数年前)10年ほど前に売っているの ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.