• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

人も車もポンコツのブログ一覧

2014年09月30日 イイね!

道北・道東 5日目

道北・道東 5日目今日も気持のよい朝です。

朝日がまぶしいです。
今日も無事を祈ってご挨拶です。






オートバイのナンバーも、遠いところは沖縄なんてありました。
車も内地ナンバーが多いですね。







キャンプ場から羅臼町に降りて、知床のはずれまで行ってみます。
途中にある露天風呂、瀬石温泉ですです。




男性2人気持ちよく入っていました。
私も入りたかったのですが。





もう一つの秘湯、相泊温泉です。
こちらの方が入り易そうです。





下の降りてみてびっくりです。
分かりますか、回りは昆布だらけなんです。
湯船の中にもいっぱい入っています。
昨日海が荒れたようです。

周りは熊の巣だし、こんなコンブ出汁のお湯につかっているとまるで熊のエサにしか見えませんね。
今回はパスします。(また来る気ですね?)





そして、知床の行き止まりです。
ポンコツ2人旅、思えば遠くに来たもんですね。
そういえばウトロのホテル、名前が「地の涯」でした。





途中にあった気になる滝、無名ですがきれいでした。
道路わきの白い電線見えますか、動物よけ(熊だと思いますが)の電気線です。
なんせ熊の巣ですから。





こんな家もあるんですよ。(写真見づらくてすいません、「熊の入った家」と書いてあります)





けして、熊の家では有りませんよ。
お隣りの民宿の名前も「熊の入った家」でした。

途中標津に有るSL C11 224を見ていきます。
屋根が無いのでちょっと傷んでいますね。





野付半島に行きます。
途中から雲行きが怪しくなってきました。





こんな雨の中をトドワラ目指して、走っていきます。

途中にあるナラワラです。
ミズナラなどの樹が、地盤沈下で海水につかり枯れたものですね
ちょっと高いところはまだ青々としています。






ネイチャーセンターで雨宿りをして、小雨になってからトドワラを見に行きます。
沢山の人が雨宿りをしていました。
観光バスのお客さんは時間が決まっているので、可哀そうですがトドワラには行けそうもないですね。
カミナリも激しいので、傘をさすのも気持ち悪いし。
1時間ほど待っていると、少し小雨になったので行ってきます。
30分ほど歩いてようやく着きました。





トドワラはトドマツが海水で枯れたものですが、長い時間がたっているのでかなり風化が進んでいるようです。
この風景もいつまで見れるか分かりませんね。





帰りはまた雨が降ってきました。
傘はさせないし、結局濡れてしまいました。

明日の朝は根室半島の納沙布岬で、日本一早い朝日を見たいので雨の中頑張って走ります。
着いたら真っ暗でした。
Tには今日も無理をさせてしまったようです。


今日の走行距離277㎞です。

Posted at 2014/09/30 06:30:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | 家出 | クルマ
2014年09月29日 イイね!

道北・道東 4日目

道北・道東 4日目今日も良いお天気です。

朝起きて天気が良いとホッとしますね。







今日も無事を祈って、朝日に挨拶をします。
朝日もサロマ湖から出ます。






サロマ湖から能取湖に出ます。
ここはもう網走なんですね。
そしてもう一つのサンゴソウの景勝地、卯原内です。
ここ、卯原内交通公園にもSLが静態展示してあります。
暗くて見ずらいですが、型式は9600です。




客車の中は平らになっていて、宿泊出来ます。
ここもライダーに人気が有ります。
雑魚寝なので、男性専門かな。





すぐ裏に有るサンゴソウの群生地日本一だったんですが、数年前にさらに規模を拡大しようと手を入れたら、残念なことに枯れてしまいました。
自然に手を加えると「だめ」と言う見本ですね。
現在ではかなり回復していますが、元に戻るのは数年後でしょうネ。





能取湖を一周して能取岬へ。
途中からTの後ろに付いて岬まで来て頂いた方、有難うございます。
色々お話させて頂き、日本語思い出しました。





田舎者は都会が苦手なので、網走では燃料補給と道の駅にちょっとおじゃましてあとはスルーします。
網走もゆっくり見学すると一日かかりますよ。
刑務所に入るとしばらく出れないので?。

そんなんで、斜里町に行きます。
ここにもSLが有ります。





詳しい事はこれで、





斜里町では精霊に会ってきました。
コロポックル?クマ?フクロウ?の精でしょうか。
天空へのお誘いです。





天空への道。





オホーツクへのジャンプ台。
Tのあまいブレーキでは下るのが怖かった。





斜里を過ぎて知床へ。
入口のオシンコシンの滝。





知床自然センターでバスに乗り換えようかと思いましたが、Tも行きたいというので知床5湖フィールドハウスまで行くことにしました。
坂がきつくてちょっと後悔です。
駐車場整理の方に、「三輪車は開設以来初めて」と言われました。
フィールドハウスでレクチャーを受けてから5湖を歩きます。
膝が心配なので、1湖と2湖だけの小ループにします。
天気もいいし、最高ですね。

2湖に映る知床連邦。





1湖にもきれいに映っています。
全部回れば良かった、ちょっと後悔です。




散策路で千葉のご夫婦に再開しました。
知床観光船が強風のため、午前の部が中止になったそうです。
午後は満席なので、明日の予約をし時間が有ったので5湖に来たそうです。
もう会えないと思っていたので嬉しかったですね。
フィールドハウス、写したはずなんですが無い。
時々記憶が飛んでいます。

そしてオホーツク海側から、太平洋側に峠を越えます。
紅葉、期待していましたがまだ早かったですね。





知床峠から見える北方領土、本当に目と鼻の先なんですね。
カメラがバカチョンなので写りがいまいちです。
海のように見えるところがそうなんですが・・・・・・・・・。





下りの方がきつかったですね。
ブレーキ焼けるかと思いました。
知床国立公園羅臼温泉野営場(熊の湯の上のキャンプ場です)に泊まります。
もちろん温泉は熊の湯です。
ここはたくさんの方が居ました。
バイクだけで30台近く、車は10台程でしたがこんなに人が居るところは初めてですね。


今日の走行距離、226㎞です。
山坂超えたのでちょっと疲れ気味ですね。



Posted at 2014/09/29 09:46:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | 家出 | クルマ
2014年09月28日 イイね!

道北・道東 3日目

道北・道東 3日目今日は良いお天気です。
風も治まり、走り易そうですね。

「日の出岬」なので日の出は見ないと、早起きしました。






ちょっと雲が有って本当の日の出ではありませんが、今日の無事を祈って。





朝日に照らされたラ・ルーナ、素晴らしい景色でした。





こんなきれいなキャンプ場、貸切でした。





興部の港、朝の水揚げ風景です。
船の水槽にはシャケがびっちり入っています。





船のクレーンですくい上げて、





選別台の上に降ろします。
ちょっと昔のお嬢さんが、テキパキと選別します。
台に人が入れるように四角い穴が開いていて、その中に入って選別するんですね。
モグラたたきが出来そうですね。(失礼)





国有鉄道時代は、北海道至る所に鉄路が有りました。
人口減・赤字等でどんどん廃線になっていきました。
名寄本線もそんな一つです。





名寄本線、渚滑駅跡に有るSLです。
紋別市の運動公園に有ったSLですが、いつの間にかここに居ました。
一人で来れたのでしょうか、今はパークゴルフ場の中でおじいちゃんやおばーちゃんと一緒に過ごしています。





9600型です。





紋別は流氷の町、冬になって流氷が来ればガリンコ号で流氷を見に行けます。
初代ガリンコ号です。
先端に氷を砕くローラー?見えますか。
ドリルのようなものです。
右が船首です。





今は2代目にバトンタッチしていますが、構造は同じですね。
少し大きくなっています。
春にはこの船で、カレイ釣りが出来たはずですが。





紋別港から1㎞程先にオホーツクタワーが有ります。
水面下7,5mに水族館が有り、冬は流氷の下を見ることが出来るそうです。
タワーに行く通路、お金掛かっていそうですね。
黄金通路?。





先週ここで旧車の集まりが有ったそうです。
見たかったですね。
そしてこの上も歩けます。
ずーと先に、オホーツクタワーが見えます。






サロマ湖畔に有る、計呂地交通公園。
SLと客車が有ります。
ここは、客車と駅長の家に宿泊出来るんですね。
しかも安いので、ライダーに大人気だそうです。





いつものように説明板です。





計呂地にもサンゴソウは有りますが、ちょっと小規模なのと色づきが早かったようです。
キムアネップに行きます。
入口通り越してしまって、戻った道が、





木のトンネル、いい雰囲気です。
トンネルを抜けるとそこは、
今回の目的、サンゴソウです。(アッケシソウが本当?)
きれいですね、本物のサンゴソウです。








ゆっくり見させて頂きました。

今日はここ、キムアネップに泊まります。
サンゴソウの中ではないですよ、ちゃんと離れてキャンプ場が有ります。
しかも無料・夕日付、オホーツク海側で夕日が見れるとは思いませんでした。






今日も一人かと思いましたが、千葉からご夫婦で道内観光をされている方とご一緒させていただきました。
お二人で仲良くお話をされている姿を見ると羨ましいですね。
ま、私は家出ですから仕方ないですが。
オートバイで来られた方は、テントなので少し離れていましたが、周りに人が居ると何となく嬉しいですね。

今日の走行距離、144㎞














Posted at 2014/09/28 12:13:57 | コメント(4) | トラックバック(0) | 家出 | クルマ
2014年09月27日 イイね!

道北・道東 2日目

道北・道東 2日目昨夜は強風と豪雨で道路脇で野宿?をしました。
朝、目が覚めてびっくり、牧草畑か何かの入り口と思っていましたが、普通の道路だったんです。
入ってすぐカーブしていたので、奥が見えなかったんですね。
通りがかりの方に、不審な目で見られました。
雨はほとんど上がっていますが、空はくらいですね。




風はまだ強いですが、走れない事はなさそうです。
ナビで見ると抜海駅はすぐ傍です。
最北の無人木造駅、ちょっと覗いていきます。
多少手直しはされていますが、大正13年に建てられたままです。





稚内まではもう一息です。
燃料計の針がもう動かないので、GSを探して給油します。
燃料切れは心細いですね、予備で携行缶は積んでいますが昨夜のような天気では使用したくないですね。

観光コースで、ノシャップ岬から見ていきます。
ここは夕日のポイントなんですが、朝に来てしまいました。
計画では、夕方に着く予定だったんですが。
みんな雨が悪い。
おまけに雨模様なので、利尻島・礼文島も見えません。





北防波堤ドーム、昭和6年から5年間をかけて作られたそうです。
当時の技術もすごかったんですね。
北海道遺産になっています。
奥に小さく見えるのは、巡視船れぶんです。





昨日の写真ですが。





強風の中、日本最北端の宗谷岬へ。
北風なので、まともに横から受けます。
ハンドルを取られて、気持ち悪いぐらいです。

たどり着いた宗谷岬、若者は元気がいいですね。
海も荒れています。
ここも天気が良いと、樺太が見えるはずなんですが。
周りには日本最北端のGS・郵便局・民宿等色々な看板が有りますが、すべて最北端ですから。





日本海にさようならをして、オホーツク海へ出ます。
昨日は天気が悪く海岸には人影も無かったのですが、オホーツク海はシャケ釣りで賑わっていました。
さすがに風が強いので実際には釣っていませんが、場所取りだけはしています。
こんな風景が延々と続きます。
この人たち、シャケ(アキアジ)が熊と同じくらい好きなんですね。





このあたりから南下しますので、風は追い風になります。
ギヤをニュートラルにしてもスピードが落ちないくらいの風です。
空気抵抗が大きいので、帆立船なみですね。

これも北海道らしい風景、広大な牧場です。
柵近くに寄っていくと、牛さんも興味津々で寄ってきます。
でも、牧場敷地には入らない方がよさそうです。
口蹄疫予防で、皆さん神経を使っていますので。





昨日も利用したパーキングシェルター、ここは屋根タイプですね。
昨日のは、トンネルタイプでしたが、写真は撮っていませんでした。(風雨でそれどころではなかった)






こんな感じで避難します。
ついでに小休止。





国道を離れて、のんびりと走ります。
友達のお気に入りの道路、アップダウンも無くちょっと退屈ですが気持ちいいですよ。

前も、





後ろも、

広い牧草畑の道、良いでしょう。
貸切で、対向車1台も来なかった(笑)。





今日の宿泊地、雄武町の日の出岬キャンプ場。
ひょっとして貸切ですか?。
受付のきれいなお姉さん、料金は受け取ってもらえませんでした。(有難うございます)
ポンコツ車で、お金がないと思ったんでしょうネ。





展望台、ラ・ルーナ。
暗くなるとライトアップされます。
ご近所の方が、愛犬の散歩に見えられてました。
キャンプ場の中が散歩コース?ですか。





入ってみましたが、回りは真っ暗で何も見えませんでした。(笑)

今日の走行距離、260㎞です。
昨日は330㎞でした。












Posted at 2014/09/27 09:05:56 | コメント(2) | トラックバック(0) | 家出 | クルマ
2014年09月26日 イイね!

道北・道東 1日目

道北・道東 1日目こんにちは、ポンコツです。

いよいよ今日から秋の家出です。
朝から雨模様、小雨になるのを待って荷物の積みこみです。

稚内方面は午前中雨の予報なので、付く頃には雨も上がるでしょう。
(大雨警報も出ていますが、多分お昼まででしょう)

ここは北海道の大河石狩川の河口です。
昔は橋が無く渡し船でした。





雨はまだ残っていて、走行中はこんな天気です。





それでも増毛近くになると雨も上がって、青空も出てきました。
日本最北端の蔵、国稀酒造。(旭川にも男山酒造が有ります?)
何とも風情のある建物ですね。
ここの駐車場に、井戸水を頂ける場所が有ります。
タンクに8分目頂きました。(満タンにするとこぼれるので)





増毛は毛が増えると書くので、ここの切符が何の薄い方に人気が有ったようです。
あと、銭函・母恋・愛国・幸福等も人気が有りましたね。

増毛の隣町留萌です。
ここに珍しいSLが有ります。
D61、多分現存しているのは、この1台だと思います。





私のつたない説明より説明板の方がわかり易いですね。





留萌港では、こんな物が有りました。
海の取り締まりは、海上保安庁とか海上警察?と思っていましたが、普通にパトカーと同じに有るんですね。
知らなかった。





秋なんですね、港の見える公園のコスモス。





日本海沿岸は昔ニシンで栄えた場所が多いですね。
小樽から留萌沿岸、鰊御殿や番屋が至る所に有ります。
改修工事中でちょっと見苦しいですが、「日本最北の国指定重要文化財旧花田家番屋」です。





羽幌を過ぎると大きな繁華街は無く、のんびりとした田舎の風景が続きます。
旧羽幌線の線路跡や、





離農された屋敷跡のサイロ等が、あちこちに有ります。
胸躍らして開拓者として入ったけれど、北海道の厳しい自然に負けたのでしょうか。
走っていても侘しいですね。




天塩町を過ぎると、利尻富士が見えてきます。
天気が良いとくっきり見えるんですが、残念ながら今日は霞んでいます。





ここは天塩町に有るオトンルイ風力発電所です。
風力発電はあちこちで有りますが、これほど並んでいるのは珍しいと思います。
かなり遠くから見えるんですが、なかなか近づけません、風車近くで見るととんでもなく大きいんですね。
3.1㎞の間に、28基有ります。
この写真もかなり離れて撮っているんですが、すぐそばに見えます。





日本海オロロンラインから抜海に出、道道を稚内に向かいます。
途中からこんな雲行きです。
稚内方面、お先マックラです。





それでも、抜海近くまでは天気も持ってくれました。

本州からのお客さんに人気のあるスポット。
北海道らしく?なんにもない道路。
(吉幾三さんの、「俺こんな村いやだ」思い出してください)
テレビもねえ、ラジオもねえ、電話もねえ、電気もねえ、とにかくなんにもねえ世界ですね。





この後予感が当たって、土砂降りになりました。
雨漏りはするは、風が強くて真直ぐ走れないわでパニック状態。
タオルで天井を拭きながら走っていると、パーキングシェルター発見。
冬期間吹雪の時に、遭難しないように避難する場所です。
ここで休憩します。
大型が通過すると音が大きく、トイレも夏は使用不可になっています。
朝まで過ごすのは無理みたいです。
休んでいると雨風も少し治まったので、出発。
しばらくすると、前よりひどい状態に。
これ以上の走行は危険ですね。
車を停めれそうな場所が有ったので、走行はあきらめてここで車中泊します。
こんな事なら、パーキングシェルターに居ればよかった。

1日目はとんでもない天気に振り回されました。
でも、小屋の屋根は修理してあったので、こちらは雨漏りなし。
風で揺れながらも何とか寝れました。
しかし、枕が・・・・・







Posted at 2014/09/26 13:51:46 | コメント(4) | トラックバック(0) | 家出 | クルマ

プロフィール

「[整備] #T1500 ウォーターポンプ分解 https://minkara.carview.co.jp/userid/2088008/car/1589545/4819384/note.aspx
何シテル?   06/03 22:48
札幌在住の人も車もポンコツです。 名前の通り、昭和43年のマツダT1500と軽免許・三輪免許があった時代の人間です。 宜しくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/9 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

~リニア見学旅~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/22 05:00:10
自衛隊一般開放・・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/29 13:14:29
一応(; ̄ー ̄A 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/17 19:26:42

ファン

1,199 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ T1500 T1500 (マツダ T1500)
黄色いマツダT1500に乗っています。歳なのでゆっくり走っています。遠慮しないでお先にど ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
足車です。
メグロ Z Z1 (メグロ Z)
父の乗っていたメグロです。 変速ギヤ手動、点火位置調整手動、エンジンオイル垂れ流し等知ら ...
マツダ キャロル キャロル360 (マツダ キャロル)
キャロルは昔乗っていましたが、一度手放してしまい(40数年前)10年ほど前に売っているの ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.