• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

へろしーがのブログ一覧

2014年04月26日 イイね!

ディーラーへ点検修理に預けていたナビが戻ってきました

ディーラーへ点検修理に預けていたナビが戻ってきました先日、純正ナビ(ZH-09)のヒューズが飛んでしまったのでディーラーに寄って見てもらったところ、ヒューズ交換で様子を見ようということで、その日はそのまま帰宅しました。

その翌日、会社出勤時に再度ヒューズが飛んでしまったため、これは何かおかしいということで、相談を兼ねて再度ディーラーへ。状況を説明したところ、「もしかしたらナビ側がおかしいかもしれないから、保証期間内だし一度メーカーへ預けてみてはどうか?」と提案してくれました。私もヒューズが飛んでしまった原因を知りたかったので二つ返事で了承し、ナビ本体のみをディーラーへ預けて帰宅。
保証期間内だとこういう対応をしてもらえるのでありがたいですね。

その後暫くして、「ナビがメーカーから帰ってきた」とディーラーから連絡があったので、今日になって受け取りに行ってきました。メーカーでの状況を聞いてみると、「ヒューズ飛びは再現しなかった」とのこと。なるほど…そうなると私の方で取り付けた機器(フロント・リアスピーカー、サブウーファー、オーディオデッキ)か、それに関する配線のどちらかが原因ということになります。
メーカーでは現象未再現とのことだったので作業工賃の請求を覚悟していたのですが、支払い関係を確認したところ、「保証期間内なので無償」。さらに「現象は再現していないけど、ユニット交換している」とのことで至れり尽くせり。と同時にメーカーに申し訳なく思えてきました…。

帰宅後、ナビが帰ってきたこともあり、私が今まで行ってきた配線関係の直しを行いました。
ハーネスやその他配線状況を含め、多少でも純正状態に近づけるため、行った内容は下記のとおりです。

・ナビとオーディオデッキとで共用状態にあるフロントとリアの各スピーカーをナビのみに接続
・サブウーファーとオーディオデッキの各電源をナビののれんわけハーネスから切り離す
・サブウーファーの電源はバッテリ直に変更
・オーディオデッキを撤去

まず、ナビとオーディオデッキとで共用状態にあったフロント・リアの各スピーカーをオーディオデッキから切り離し、ナビにのみ接続します。スピーカーが共用になったことでヒューズが飛ぶようなことはあまり聞かないようですが、フロントスピーカーを共用にしていたときは問題なかったものの、リアスピーカーを共用にしたあたりからどうも調子がおかしいような印象なので、まずはこれを行いました。なお、リアスピーカー単体ではナビ・オーディオデッキのどちらに接続しても問題ないことは確認済みです。

次にナビののれんわけハーネスから電源を取っていたサブウーファーとオーディオデッキを切り離します。これもナビのヒューズに直接影響は無さそうに思われますが、負荷を考慮して切り離します。(必要電源容量を再度確認してみたところ、サブウーファー14A、オーディオデッキ10Aでした)

次はサブウーファーの電源を切り離したので、新たに電源を確保するためにバッテリから直接電源を取るように配線を行います。配線は、サブウーファー購入時に付属していた電源ケーブルを使用しました。

最後にオーディオデッキを撤去します。オーディオデッキそのものは、ナビをディーラーに預けている期間中も、各スピーカーやサブウーファーを含めて問題なく機能していましたが、スピーカー類をナビのみに接続する関係で、設置してあっても使う機会がないので撤去します。

ひとまずこの状況で様子を見て、問題なければまた改めて考えようと思います。
Posted at 2014/04/27 10:47:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 電装系 | クルマ
2014年04月23日 イイね!

エンジンルームから車内への配線引き込みについて

電源に関して、のれん分けハーネスからの電源容量では今後不足することが懸念されたため、先輩方の整備手帳を参考に、エンジンルームから車内へ電源を引き込みました。その際、私が先輩方の記事を上手く解釈できなかったがために時間を掛けてしまったので、これは今後のために覚書として残します。

エンジンルーム側のグロメット(ブッシング?)を一旦外し、そこから通線棒などを突っ込んで貫通させるわけですが、その貫通位置がよく理解できていませんでした。

位置は、パーキングブレーキの直上にある金具(固定金具)の更に上になります。
目印は、パーキングブレーキ裏のプーリーです。このプーリーから上に辿っていくと、貫通位置があります。

なお、貫通は車内側からは見づらい位置にあるため、手探りでの通線となる可能性があります。
Posted at 2014/04/23 20:37:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 電装系 | クルマ
2014年01月18日 イイね!

バッテリ交換による音質向上について

社外バッテリではPanasonicのブルーバッテリがメジャーですが、このバッテリは音質向上を謳っています。私も音質向上と電源強化を狙ってバッテリの換装を検討していますが、この音質向上がどれほど効果が出るものなのか、気になっています。というか、「ほんとにそこまで音質が変わるほどのものなのか?」と懐疑的に捕らえています。

みんカラの先輩方の記事をいくつか拝読した限りでは、音質の変化がわかるという記事とわからないという記事が半々くらいで、正直なところ先入観もあるのかな…とも思っています。

--------------------

そもそもバッテリを換装すると何故音質が向上するのか、バッテリの数値の見方を調べ、またPanasonicのWebページを見たりして自分なりに考えてみました。

例えば私が乗っている2.0GTモデルの場合、標準では「65D23L」というバッテリが搭載されているようです。これは、性能ランクが65、大きさがD23、ターミナル端子が左側であることを示しています。
この中で特に重要なのは性能ランクで、この数値が大きいほど性能が高い(より大電流を安定して供給できる)ことを示しています。バッテリの容量(ooAh)そのものが大きくなるわけではなく、あくまでも供給できる電流の最大値が拡張されます。

※バッテリ容量そのものを大きくしたければ、よりサイズの大きいバッテリ(D26など)に換装すればいい話ですが、そうすると既存のバッテリよりもサイズが大きくなるためエンジンルームが手狭になり、搭載が難しくなってきます。

仮にこのバッテリをもっと上の性能のものに換装した場合、例えば100D23Lなどに換装した場合、性能ランクが65から100に変わるので、この分供給できる最大電流値が拡張され、既存のバッテリではなかなか供給できなかった大電流が、安定して供給できるようになる可能性があります。
また性能ランクが向上することで、より細かに電流制御できるようになり、そのおかげでオーディオなどの「頻繁に変化する、とても細かい電流要求」に対応できるようになります。

結果、純正のバッテリよりも性能が高い分、細かな電流変化に安定して対応できるので音質向上に貢献する。

ただ、上記の考えが正しかったとしてもあくまで理屈の話なので、実感できるかどうかはまた別の問題なんですよね…。とりあえず、バッテリの表記の読み方を理解したうえで「こんな解釈もあるんだ」程度に捕らえていただければ。




蛇足

現状ディーラーからはバッテリ電圧は正常値なので交換の必要はない旨の案内をいただいていますが、昨今の寒冷時にエンジン始動する際、多少モタつきを感じるようになっています。これは寒冷時にバッテリ内部で電圧値が低下するためで、不具合ではないことは承知していますが、「もしバッテリを換装したらこのような状況と無縁になるのかも」という期待感から、バッテリ換装の検討は継続しようと思います。
Posted at 2014/01/18 22:11:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 電装系 | クルマ
2014年01月15日 イイね!

ボクサーサウンドへの憧れ

そのうち、マフラーをHKSのES-PREMIUMに換えようと考えています。

FUJITSUBOのAuthorize Sと悩みましたが、通勤で早朝に出掛けて夜間に帰宅する関係上、近接騒音値などからHKSを選択しました。なお、センターパイプは含まず、リアピースのみの交換を予定しています。

関連情報を調べると、既にマフラー交換されている方の中には、車内に音が籠るなどの関係で排気音が煩すぎ、純正に戻された方もいらっしゃるようです。

それでも、私にはスバルのあの特徴的なボクサーサウンドへの憧れが強いので、何とかマフラー交換を実現したいところです。

----------------------

私がスバルという自動車メーカーを知るきっかけとなった、高校時代に見かけたレガシィツーリングワゴンから響いてきたあのボクサーサウンド。未だにあの音の虜になっています。

ただ現行車種では等長エキマニの採用が進み、不等長エキマニを採用するエクシーガのターボモデルを含め、極一部の車種でしかボクサーサウンドを聴けないという情報や、仮にボクサーサウンドを復活できたとしても昔ほどの音量は期待できないということも承知しているつもりです。その中で、みんカラの先輩方のレビューや、youtubeに投稿されている動画やを見る限りでは、音量は必要にして充分だと判断しました。

自分のクルマのボクサーサウンド…。想像しただけでニヤニヤしちゃいます。
Posted at 2014/01/15 22:35:55 | コメント(1) | トラックバック(0)
2014年01月15日 イイね!

補強パーツの効果を実感

先月の下旬に、ディーラーでSTIの補強パーツ(フレキシブルタワーバー、フレキシブルロアアームバー、サポートフロントキット、フレキシブルサポートリア)を取り付けてもらいました。

結果、コーナリング時のロールが大幅に改善し、タイヤのグリップが以前より明確に実感できるようになりました。

限界性能が上がるわけではないと取説に書いてあるので無茶は厳禁ですが、それなりにコーナーをキュンキュン曲がりたい人には良いかもしれませんね。

私はとても満足しています。
Posted at 2014/01/15 12:57:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | オプションパーツ(STI) | クルマ

プロフィール

「[整備] #インプレッサG4 アウターバッフル化 その2 https://minkara.carview.co.jp/userid/2089666/car/2614739/4891374/note.aspx
何シテル?   07/26 21:10
へろしーがです。エクシーガからインプレッサG4に乗り換えました。運転しやすく、また運転することがとても楽しい車なので、もっと車を楽しみたいと思っています!
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

記事や車に興味を持たれた方、たまたまふらっと立ち寄られた方、どなたでも結構です。
よろしくお願いします!
2 人のお友達がいます
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
一昨年の7月に契約して、10月初めに納車されたインプレッサG4。写真右奥に写っているのが ...
スバル エクシーガ スバル エクシーガ
スバル エクシーガに乗っています。 エクシーガが初めてのマイカーなので、舞い上がって色 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.