• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

D3_plusのブログ一覧

2018年02月14日 イイね!

水中撮影:160614-03 無料SUP/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行の事

<アオウミウシ/荒井浜/三浦半島>

綺麗なアオウミウシ。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3



160614
三浦半島・荒井浜シュノーケリング行の第3回、最終です。

午後のシュノーケリングはウミウシやニジギンポ、大きなマダコなどが見られました。

入水後はカメハメハさんでSUPをお借りして水上散歩で終了。
初心者の方にはお店の方がレクチャーしてくださいます。
しかも無料でというのがありがたいです。



あまりに良いお天気なので、有給を取って三浦半島の荒井浜へシュノーケリングに。

三浦半島の油壷にある荒井浜は、三浦でも屈指の水質を誇る、美しい小さな入り江です。
ワンは北西を向いていて、強い西風以外には割りと強く、いつでも泳ぎやすい良いポイントです。

沖に向かって中央(西)は砂地、左(南)に古い桟橋の跡、右(北)には広大な岩場。沖に出ると小さな島があります。
魚影は右の岩場が濃く、通常魚種以外に、ツノダシや各種チョウチョウウオyg、カンパチなどの回遊魚も見られます。
砂地と岩場の境目のホンダワラの林をよく探すと、タツノオトシゴが見つかることも。

また一年中、海の家が三つも営業しているのもとても助かります。
真冬でも温水シャワーが浴びられるのはありがたいものです。
今回お邪魔した「カメハメハ大王の渚」さんは、海の家利用者にSUPやカヤックを無償で貸し出してくれます。
トイレもすぐ近くにあるので、ご家族連れに最適のビーチだと思います。


場 所:三浦半島・荒井浜海岸
日 時:160614 10:30〜17:00
天 候:晴れ
気 温:27℃
水 温:20℃
波 高:なし
 風 :東北
透明度:5m前後
撮 影:水中:NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3
    陸上:NIKON D700


水中撮影:160614-02 King KAMEHAMEHA/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行の事
水中撮影:160614-01 新井城故事/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行の事


flickrアルバム:160614 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


動画:youtube DIRU1974

撮影:NIKON D700 + レンズ色々



<ニジギンポ/荒井浜/三浦半島>

漂着瓶のニジギンポさん。


<ニジギンポ/荒井浜/三浦半島>

おや?


<ニジギンポ/荒井浜/三浦半島>

思ったより大きかったです。


<荒井浜/三浦半島>

妹氏チャレンジ。


<荒井浜/三浦半島>

自分チャレンジ。


<荒井浜/三浦半島>

成功。


<荒井浜/三浦半島>

SUPをお借りしてみました。


<荒井浜/三浦半島>

穏やかなので転落無しで行けました。


<荒井浜/三浦半島>

一応私も。


<荒井浜/三浦半島>

ちなみに3年前に半日6千円のレッスンを受けていました。
しかしカメハメハさんですと一人2,000円の海の家代でレンタルできるという…
しかもカヤックや巨大浮き輪なんかもあります。


<荒井浜/三浦半島>

在りし日のノーマル・Mew.
このあと破れて現在はSuper Mewになっています。


<シロウミウシ/荒井浜/三浦半島>

日没前にラスト入水へ。


<マダコ/荒井浜/三浦半島>

良い警戒色。


<マダコ/荒井浜/三浦半島>

CTHULHU Fthagn!!


<荒井浜/三浦半島>

ということでなかなか楽しいシュノーケリングとなりました。
NIKON D700 with Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D


<荒井浜/三浦半島>

もうちょっと晴れていたら最高の上に最高だったのですが。


<荒井浜/三浦半島>

古い桟橋。


<荒井浜/三浦半島>

お世話になりました〜


<荒井浜/三浦半島>

終了です。




水中撮影:160614-02 King KAMEHAMEHA/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行の事
水中撮影:160614-01 新井城故事/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行の事


flickrアルバム:160614 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


動画:youtube DIRU1974

撮影:NIKON D700 + レンズ色々



2018年02月07日 イイね!

水中撮影:160614-02 King KAMEHAMEHA/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行の事

<カメハメハ大王の渚/荒井浜/三浦半島>

トロピカル〜
NIKON D700 with Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D



160614
三浦半島・荒井浜シュノーケリング行の第2回です。

海の家「カメハメハ大王の渚」さんでランチを頂いて、午後もまたシュノーケリングへ。


あまりに良いお天気なので、有給を取って三浦半島の荒井浜へシュノーケリングに。

三浦半島の油壷にある荒井浜は、三浦でも屈指の水質を誇る、美しい小さな入り江です。
ワンは北西を向いていて、強い西風以外には割りと強く、いつでも泳ぎやすい良いポイントです。

沖に向かって中央(西)は砂地、左(南)に古い桟橋の跡、右(北)には広大な岩場。沖に出ると小さな島があります。
魚影は右の岩場が濃く、通常魚種以外に、ツノダシや各種チョウチョウウオyg、カンパチなどの回遊魚も見られます。
砂地と岩場の境目のホンダワラの林をよく探すと、タツノオトシゴが見つかることも。

また一年中、海の家が三つも営業しているのもとても助かります。
真冬でも温水シャワーが浴びられるのはありがたいものです。
今回お邪魔した「カメハメハ大王の渚」さんは、海の家利用者にSUPやカヤックを無償で貸し出してくれます。
トイレもすぐ近くにあるので、ご家族連れに最適のビーチだと思います。


場 所:三浦半島・荒井浜海岸
日 時:160614 10:30〜17:00
天 候:晴れ
気 温:27℃
水 温:20℃
波 高:なし
 風 :東北
透明度:5m前後
撮 影:水中:NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3
    陸上:NIKON D700


水中撮影:160614-01 新井城故事/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行の事


flickrアルバム:160614 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


動画:youtube DIRU1974

撮影:NIKON D700 + レンズ色々



<荒井浜/三浦半島>

SUPも楽しそう。


<チャガラyg/荒井浜/三浦半島>

午後のシュノーケリングへ。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3


<キヌバリ/荒井浜/三浦半島>

三浦と言えばチャガラとキヌバリ。
昭和天皇陛下の研究によりますと、チャガラからキヌバリが分岐したそうです。
天皇陛下のご研究のご著書などについて - 宮内庁



<ナベカ/荒井浜/三浦半島>

Elegant Blennyことナベカ。


<シロウミウシ/荒井浜/三浦半島>

綺麗なシロウミウシ。


<イソギンチャク畑/荒井浜/三浦半島>

ニシキベラさんと。


<チャガラyg/荒井浜/三浦半島>

濁った分雰囲気出ました。


<アオリイカ卵のう/荒井浜/三浦半島>

アオリイカの卵のうです。


<マダコ/荒井浜/三浦半島>

マダコ多し。


<ホンダワラ/荒井浜/三浦半島>

ホンダワラ林。


<ハコフグyg/荒井浜/三浦半島>

ガンガゼバック。


<ソラスズメダイ/荒井浜/三浦半島>

ぼんやりソラスズメ。


<アナハゼ/荒井浜/三浦半島>

アナハゼ先輩。


<マダコ/荒井浜/三浦半島>

いい色です。


<マダコ/荒井浜/三浦半島>

しかし急速離脱。


<マダコ/荒井浜/三浦半島>

すぐ横にまたマダコ氏。


<マダコ/荒井浜/三浦半島>

警戒色ですいません。


<ウミスズメ/荒井浜/三浦半島>

こちらも警戒中。


<ウミスズメ/荒井浜/三浦半島>

でも可愛い。



続きます。



水中撮影:160614-01 新井城故事/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行の事


flickrアルバム:160614 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


動画:youtube DIRU1974

撮影:NIKON D700 + レンズ色々



2018年01月31日 イイね!

水中撮影:160614-01 新井城故事/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行の事

<荒井浜/三浦半島>

「油壺」のいわれ…はじめて知った時は結構ショックでした。
NIKON D700 with Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D



160614
あまりに良いお天気なので、有給を取って三浦半島の荒井浜へシュノーケリングに。

三浦半島の油壷にある荒井浜は、三浦でも屈指の水質を誇る、美しい小さな入り江です。
ワンは北西を向いていて、強い西風以外には割りと強く、いつでも泳ぎやすい良いポイントです。

沖に向かって中央(西)は砂地、左(南)に古い桟橋の跡、右(北)には広大な岩場。沖に出ると小さな島があります。
魚影は右の岩場が濃く、通常魚種以外に、ツノダシや各種チョウチョウウオyg、カンパチなどの回遊魚も見られます。
砂地と岩場の境目のホンダワラの林をよく探すと、タツノオトシゴが見つかることも。

また一年中、海の家が三つも営業しているのもとても助かります。
真冬でも温水シャワーが浴びられるのはありがたいものです。
今回お邪魔した「カメハメハ大王の渚」さんは、海の家利用者にSUPやカヤックを無償で貸し出してくれます。
トイレもすぐ近くにあるので、ご家族連れに最適のビーチだと思います。


場 所:三浦半島・荒井浜海岸
日 時:160614 10:30〜17:00
天 候:晴れ
気 温:27℃
水 温:20℃
波 高:なし
 風 :東北
透明度:5m前後
撮 影:水中:NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3
    陸上:NIKON D700


flickrアルバム:160614 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


お出かけ:160611 フルーツ王国/山梨サクランボ狩り行の事
生業:1607-08 最近のお仕事/山梨さくらんぼ狩り行 の事


flickrアルバム:160611 Cherry Picking @ KOSHU City, YAMANASHI Pref


動画:youtube DIRU1974

撮影:NIKON D700 + レンズ色々



<荒井浜/三浦半島>

看板を目印に、バス通りから路地に入ってちょっと歩きます。


<荒井浜/三浦半島>

天気最高…


<荒井浜/三浦半島>

綺麗な入り江です。


<カメハメハ大王の渚/荒井浜/三浦半島>

今回はカメハメハ大王の渚さんにお世話になりました。


<荒井浜/三浦半島>

入水GO!


<シロウミウシ/荒井浜/三浦半島>

いきなりシロウミウシさん。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3


<メバル/荒井浜/三浦半島>

向かって左手の古い桟橋跡へ。


<ニシキハゼ/荒井浜/三浦半島>

立派なニシキハゼが多かったです。


<荒井浜/三浦半島>

砂地はやや透明度が悪かったので、向かって右手の岩場に移動。
マダコ獲りの罠があります。


<クロアナゴ/荒井浜/三浦半島>

クロアナゴが入っていますね。


<クロアナゴ/荒井浜/三浦半島>

60cmオーバーの見事なサイズでした。


<キタマクラ/荒井浜/三浦半島>

昼寝中。


<ウミトサカ/荒井浜/三浦半島>

ソフトコーラルも結構多いです。


<カサゴ/荒井浜/三浦半島>

越しのカサゴ氏。


<イソバナ/荒井浜/三浦半島>

イソバナは畑になっています。


<イソバナ/荒井浜/三浦半島>

パステルで良い感じ。


<アオウミウシ/荒井浜/三浦半島>

綺麗なアオウミウシ。


<カメハメハ大王の渚/荒井浜/三浦半島>

お昼はロコモコとタコライス。
お味もばっちり、器も雰囲気あります。
NIKON D700 with Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D


<カメハメハ大王の渚/荒井浜/三浦半島>

夏ですね〜



続きます。



flickrアルバム:160614 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


お出かけ:160611 フルーツ王国/山梨サクランボ狩り行の事
生業:1607-08 最近のお仕事/山梨さくらんぼ狩り行 の事


flickrアルバム:160611 Cherry Picking @ KOSHU City, YAMANASHI Pref


動画:youtube DIRU1974

撮影:NIKON D700 + レンズ色々



2017年11月01日 イイね!

水中撮影:160505-05 海の美術館/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事

<タツノオトシゴ/荒井浜海岸>

騙し絵。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3



20160505
GWの三浦半島・荒井浜海岸シュノーケリング行の第5回、最終です。

15時過ぎでシュノーケリングを切り上げて、黄昏の海を楽しんで撤収です。



電車とバスで三浦半島の荒井浜海岸へシュノーケリングへ。
GWとあって道中はかなり混んでいましたけど、海はのんびり。
荒井浜は通年リゾート風の海の家が三軒もオープンしているナイスなビーチです。
水質も三浦屈指!
この日はお目当てのタツノオトシゴも見れて素晴らしい一日になりました。


場 所:三浦半島・荒井浜海岸
日 時:160505 10:30〜15:30
天 候:晴れ
気 温:26℃
水 温:19℃
波 高:なし
 風 :東北
透明度:5m前後
撮 影:水中:NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3
    陸上:NIKON D700


水中撮影:160505-04 イクメン/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-03 DNA Analyses/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-02 Goby/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-01 KQB/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:160505 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


撮影:NIKON D700 レンズ色々



<マダコ/荒井浜海岸>

マダコ多し。


<海の美術館/荒井浜海岸>

わかめラーメンでランチタイム。
NIKON D700 with Ai AF Nikkor 50mm


<ニシキベラ/荒井浜海岸>

午後の海へ。
切れて水中に残った仕掛けに引っかかったベラをレスキュー。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3


<ニシキベラ/荒井浜海岸>

針を外したら元気に泳いでいきました。


<サンゴイソギンチャク/荒井浜海岸>

綺麗なイソギンチャク。


<サンゴイソギンチャク/荒井浜海岸>

夏になるとミツボシクロスズメダイygが付きます。


<ケヤリ/荒井浜海岸>

砂地のケヤリ。


<ネズミゴチ/荒井浜海岸>

完全に溶け込んでいます。


<ソラスズメダイyg/荒井浜海岸>

輝くソラスズメ。


<アナハゼyg/荒井浜海岸>

珍しくホバリングしているアナハゼ先輩。


<荒井浜海岸>

漂着ボトル。
いい感じに石灰藻がついてます。


<海の美術館/荒井浜海岸>

ということでシュノーケリング終了〜
海の美術館さんでラムベースのキューバン・スクリューで一息。
NIKON D700 with Ai AF Nikkor 50mm


<海の美術館/荒井浜海岸>

絵になりますが…海の美術館さんは先日の台風21号で大変な被害を受けられたそうです。
お早いご回復を…


<海の美術館/荒井浜海岸>

水温は18℃ぐらいでしたけど、気温は26℃の夏日。
我々以外にも泳ぐ方が。


<海の美術館/荒井浜海岸>

磯遊びのご家族連れも多いです。


<海の美術館/荒井浜海岸>

油壺マリーナの隣なのでヨットの往来もあります。


<海の美術館/荒井浜海岸>

夕暮れ前に撤収しました。




と言うことで終了です。
次回は20160515の静華堂美術館他をちょこっと。



水中撮影:160505-04 イクメン/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-03 DNA Analyses/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-02 Goby/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-01 KQB/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:160505 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


撮影:NIKON D700 レンズ色々




2017年08月08日 イイね!

水中撮影:160505-04 イクメン/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事

<荒井浜海岸/三浦半島>

マダコ一杯。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3



20160505
GWの三浦半島・荒井浜海岸シュノーケリング行の第4回です。

右手の岩場と砂地の境界あたりのホンダワラ群生地をうろうろしています。
お目当てはタツノオトシゴ…いました!
ペアをなんとか発見できました。



電車とバスで三浦半島の荒井浜海岸へシュノーケリングへ。
GWとあって道中はかなり混んでいましたけど、海はのんびり。
荒井浜は通年リゾート風の海の家が三軒もオープンしているナイスなビーチです。
水質も三浦屈指!
この日はお目当てのタツノオトシゴも見れて素晴らしい一日になりました。


水中撮影:160505-03 DNA Analyses/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-02 Goby/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-01 KQB/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:160505 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


撮影:NIKON D700 レンズ色々



<荒井浜海岸/三浦半島>

イイ目。


<荒井浜海岸/三浦半島>

未知との遭遇。


<荒井浜海岸/三浦半島>

ネズミゴチ。


<荒井浜海岸/三浦半島>

アオリイカの卵のうもかなりありました。


<荒井浜海岸/三浦半島>

揺れるケヤリムシ。


<荒井浜海岸/三浦半島>

これが虫の触手というか鰓冠とは思えないですね…


<荒井浜海岸/三浦半島>

メバルの目にはコズミック。


<荒井浜海岸/三浦半島>

イターッ!!


<荒井浜海岸/三浦半島>

今回のお目当てのタツノオトシゴのペアに遭遇。


<荒井浜海岸/三浦半島>

お腹の大きい方がオスです。
メスがオスの腹部にある育児嚢に産卵。孵化までオスが育てるシステムです。


<荒井浜海岸/三浦半島>

見合っていると鏡のようですね。


<荒井浜海岸/三浦半島>

分身!


<荒井浜海岸/三浦半島>

メスの腰が赤いのは産卵待ちの卵かな?


<荒井浜海岸/三浦半島>

しかし魚にはとても見えません。


<荒井浜海岸/三浦半島>

よく見ると胸ビレ、背ビレがあるのがわかります。


<荒井浜海岸/三浦半島>

移動を始めるとまあまあのスピードが出ます。


<荒井浜海岸/三浦半島>

そしてちょっと目を離すとすぐ周りに紛れてわからなくなります。



続きます。



水中撮影:160505-03 DNA Analyses/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-02 Goby/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事
水中撮影:160505-01 KQB/三浦半島・荒井浜シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:160505 Snorkeling @ Beach ARAIHAMA, MIURA Peninsula


撮影:NIKON D700 レンズ色々




プロフィール

「('A`) <対酒当歌 人生幾何 譬如朝露 去日苦多 慨当以慷 幽思難忘 何以解憂 唯有杜康」
何シテル?   08/17 11:14
いや、そんな! あの手は何だ! 屋根が! 屋根が!………無い
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

せんべいさんのブログ 
カテゴリ:海関係
2010/12/01 11:19:32
 
中木へ行こうよ!!(南伊豆・ヒリゾ浜)HP 
カテゴリ:海関係
2009/09/30 10:12:18
 
ボディ・ショップ・カミムラさん 
カテゴリ:ビート関係
2008/07/28 09:46:35
 

お友達

あ、そ、その、で、できれば…お友だちから…
102 人のお友達がいます
車イジリおじちゃん車イジリおじちゃん * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認
MDiエンドウMDiエンドウ * MGOMGO *
輝哉輝哉 sshzesshze

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート フジウルクォイグムンズハー号 (ホンダ ビート)
 1991年から1996年にかけて、本田技研工業が生産した、幌型二座の軽自動車。型式はE ...
スズキ その他 デ・ウェルミス・ミステリイス号 (スズキ その他)
ジャイロさん没後、やはり原付がないと何かと不便なのでお迎えしました。 遅いし小さいしで ...
ホンダ ビート アウエボティアバタバイトベウエエ号 (ホンダ ビート)
ボロで遅くて屋根が無くて小さくて黄色くて楽しいです  2011年10月8日に、伊豆の ...
ホンダ その他 ウルムアトタゥイル号 (ホンダ その他)
実質上こちらがメインですね。 リアのトレッドを若干広げて、ミニカー登録になっております ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.