• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

D3_plusのブログ一覧

2016年01月19日 イイね!

水中撮影:151011-12-10 敢えて言おう!大団円であると!/利島クルージング行 の事

<さるびあ丸・東京湾>

浦賀水道通過。



151011-12
東海汽船で伊豆七島の利島へのNoドルフィンスイミング行の第10回です。

と、いうことで見事な日没の東京湾を眺めつつ、
さるびあ丸は竹芝桟橋に無事到着したのでした。
いやー海って、船って、本当に素晴らしいですね!
良かった良かった。



東海汽船の夜行船で伊豆七島の利島へ。
野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムに向かいました……が……


結論から申しましょう。
イルカには会えませんでした!

現地の業社の方のお話しですと、
野生のミナミハンドウイルカが利島に住み着き、
ドルフィンスイム事業がはじまってからかれこれ6年間。
ドルフィンスイム船が出港できる海況で
イルカが見つからなかったことはなかったそうです。
つまり遭遇率100%だったということで…
それがまたなんでこんなことに……


ちなみに、この日から半月ほどイルカは利島から離れており、
その後しばらくの間は戻ってきていましたが、
現在ではまた姿が見えなくなっているとのことです。

ドルフィンスイムのシーズンは4〜11月末まで。
来シーズンには是非ともリベンジしようと思うのですが。
場合によっては20頭1グループの利島ではなく、
100頭以上複数グループの御蔵島にするかもしれません。


まあ、それはそれとして、
貴重な離島の雰囲気と優雅な船の旅とを
贅沢に楽しめた二日間であったのだ!
魂の洗濯だったのだ!と強弁したいです!

いえ、泣いてなんかいませんw


水中撮影:151011-12-09 Explode!/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-08 篁/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-07 木洩れ陽/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-06 No DT/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-05 第三海舟丸/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-04 望利島/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-03 朝赤富士/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-02 東京湾前祝い/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-01 エスペランサ/利島クルージング行 の事


flickrアルバム:151011-12 Cruising @ TOSHIMA TOKYO Bay


ブログカテゴリー:シュノーケリング@その他


動画:youtube DIRU1974


撮影:NIKON D700 with TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD他



<さるびあ丸・東京湾>

を、あれは久里浜=金谷間の東京湾フェリーですね。


<さるびあ丸・東京湾>

さすがは浦賀水道は海の銀座。


<さるびあ丸・東京湾>

船が大小ひっきりなしです。


<さるびあ丸・東京湾>

たしかあれは自動車運搬船のレア・リーダー丸。


<さるびあ丸・東京湾>

横須賀あたりに太陽が引っかかり始めました。


<さるびあ丸・東京湾>

富士山も浮かび上がってきました。


<さるびあ丸・東京湾>

しかし船が多い。


<さるびあ丸・東京湾>

サンピラーが現れた。


<さるびあ丸・東京湾>

そろそろ完全に沈みますね。


<さるびあ丸・東京湾>

頭だけ。


<さるびあ丸・東京湾>

17:09日没です。
ん?


<さるびあ丸・東京湾>

よく見たら潜水艦が三隻もいる!


<さるびあ丸・東京湾>

この日は横須賀港にロナルド・レーガンが寄港して、
一般公開していたのでした。
それを守る潜水艦だったんですね。


<さるびあ丸・東京湾>

ということで終了です。
最後にいいものが見られました。


次回は151017-18の北陸行…はGWのとかぶるので、
少し飛ばして151025のひたち海浜公園のコキアの丘行ですね。



水中撮影:151011-12-09 Explode!/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-08 篁/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-07 木洩れ陽/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-06 No DT/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-05 第三海舟丸/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-04 望利島/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-03 朝赤富士/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-02 東京湾前祝い/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-01 エスペランサ/利島クルージング行 の事


flickrアルバム:151011-12 Cruising @ TOSHIMA TOKYO Bay


ブログカテゴリー:シュノーケリング@その他


動画:youtube DIRU1974


撮影:NIKON D700 with TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD他



Posted at 2016/01/20 00:52:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | シュノーケリング@その他 | 旅行/地域
2016年01月16日 イイね!

水中撮影:151011-12-09 Explode!/利島クルージング行 の事

<さるびあ丸・大島>

外国の方が多い。



151011-12
東海汽船で伊豆七島の利島へのNoドルフィンスイミング行の第10回です。

大島でジェット船に乗られる長野組の殿下ご夫妻をお見送りして、
関東組の我々はそのまま大型船でゆったり半日クルーズを続行。
相変わらず最高の好天のデッキで島ソーダを呑んだり、
異常なハイテンションのメリケン国のリア充の皆さんを眺めたり…
船の旅も良いものです。



東海汽船の夜行船で伊豆七島の利島へ。
野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムに向かいました……が……


結論から申しましょう。
イルカには会えませんでした!

現地の業社の方のお話しですと、
野生のミナミハンドウイルカが利島に住み着き、
ドルフィンスイム事業がはじまってからかれこれ6年間。
ドルフィンスイム船が出港できる海況で
イルカが見つからなかったことはなかったそうです。
つまり遭遇率100%だったということで…
それがまたなんでこんなことに……


ちなみに、この日から半月ほどイルカは利島から離れており、
その後しばらくの間は戻ってきていましたが、
現在ではまた姿が見えなくなっているとのことです。

ドルフィンスイムのシーズンは4〜11月末まで。
来シーズンには是非ともリベンジしようと思うのですが。
場合によっては20頭1グループの利島ではなく、
100頭以上複数グループの御蔵島にするかもしれません。


まあ、それはそれとして、
貴重な離島の雰囲気と優雅な船の旅とを
贅沢に楽しめた二日間であったのだ!
魂の洗濯だったのだ!と強弁したいです!

いえ、泣いてなんかいませんw


水中撮影:151011-12-08 篁/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-07 木洩れ陽/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-06 No DT/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-05 第三海舟丸/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-04 望利島/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-03 朝赤富士/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-02 東京湾前祝い/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-01 エスペランサ/利島クルージング行 の事


flickrアルバム:151011-12 Cruising @ TOSHIMA TOKYO Bay


ブログカテゴリー:シュノーケリング@その他


動画:youtube DIRU1974


撮影:NIKON D700 with TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD他



<さるびあ丸・大島>

松本の殿下ご夫妻は当初の予定通り、ジェット船にお乗り換え。


<さるびあ丸・大島>

御座船はあれではなくて…


<さるびあ丸・大島>

こっちだ!


<さるびあ丸・大島>

セブンアイランド虹丸。


<さるびあ丸・大島>

さすがのジェット噴射。
ジェット船は東京=大島間1時間45分。


<さるびあ丸・大島>

大型船の我々はのんびり五時間。


<さるびあ丸・大島>

船の旅を楽しみますか。


<さるびあ丸・大島>

熱海行のジェット船が行く。


<さるびあ丸・大島>

気がつけばデッキはアメリカの兵隊さん?がたに囲まれていました。


<さるびあ丸・大島>

注)自棄酒ではありません。


<さるびあ丸・東京湾>

それにしても天気は本当に最高。


<さるびあ丸・東京湾>

気がつけば東京湾に入っていました。


<さるびあ丸・東京湾>

良い日没が楽しめそうです。



続きます。



水中撮影:151011-12-08 篁/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-07 木洩れ陽/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-06 No DT/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-05 第三海舟丸/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-04 望利島/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-03 朝赤富士/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-02 東京湾前祝い/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-01 エスペランサ/利島クルージング行 の事


flickrアルバム:151011-12 Cruising @ TOSHIMA TOKYO Bay


ブログカテゴリー:シュノーケリング@その他


動画:youtube DIRU1974


撮影:NIKON D700 with TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD他



Posted at 2016/01/16 19:34:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | シュノーケリング@その他 | 旅行/地域
2016年01月14日 イイね!

水中撮影:151011-12-08 篁/利島クルージング行 の事

<利島港>

天気晴朗ナレドモ浪高シ。



151011-12
東海汽船で伊豆七島の利島へのNoドルフィンスイミング行の第8回です。

ということで楽しかった…楽しかった!!利島を撤収。
午後一番の大島経由竹芝桟橋行に乗船します。
しかし予報通りの強風で、接岸できるかギリギリのコンディション。
なんともダイナミックな操船を目の当たりにできました。
そして、当初の予定で乗るはずだった船は欠航になったのでした…



東海汽船の夜行船で伊豆七島の利島へ。
野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムに向かいました……が……


結論から申しましょう。
イルカには会えませんでした!

現地の業社の方のお話しですと、
野生のミナミハンドウイルカが利島に住み着き、
ドルフィンスイム事業がはじまってからかれこれ6年間。
ドルフィンスイム船が出港できる海況で
イルカが見つからなかったことはなかったそうです。
つまり遭遇率100%だったということで…
それがまたなんでこんなことに……


ちなみに、この日から半月ほどイルカは利島から離れており、
その後しばらくの間は戻ってきていましたが、
現在ではまた姿が見えなくなっているとのことです。

ドルフィンスイムのシーズンは4〜11月末まで。
来シーズンには是非ともリベンジしようと思うのですが。
場合によっては20頭1グループの利島ではなく、
100頭以上複数グループの御蔵島にするかもしれません。


まあ、それはそれとして、
貴重な離島の雰囲気と優雅な船の旅とを
贅沢に楽しめた二日間であったのだ!
魂の洗濯だったのだ!と強弁したいです!

いえ、泣いてなんかいませんw


水中撮影:151011-12-07 木洩れ陽/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-06 No DT/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-05 第三海舟丸/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-04 望利島/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-03 朝赤富士/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-02 東京湾前祝い/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-01 エスペランサ/利島クルージング行 の事


flickrアルバム:151011-12 Cruising @ TOSHIMA TOKYO Bay


ブログカテゴリー:シュノーケリング@その他


動画:youtube DIRU1974


撮影:NIKON D700 with TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD他



<利島港>

チケットの再発行をお願いします。


<利島港>

15:30のさるびあ丸到着。


<利島港>

ギリギリのコンディションです…
あ、富士山も入った。


<利島港>

こんなに大きいのに、タグボートとかではなく、さるびあ丸単体で岸壁ギリギリでぎゅばっと90度方向変えて横付けしてます。


<利島港>

お見事!


<利島港>

ということで船上の人に。
ドルフィンウォッチのご家族がお見送りして下さいました。


<さるびあ丸・利島>

そして空は非情の好天。


<さるびあ丸・利島>

さらば利島!


<さるびあ丸・利島>

こうなると…


<さるびあ丸・利島>

もう摂取するしか無いでせふw


<さるびあ丸・利島>

サルビアマルノ井戸水ディスネー。


<さるびあ丸・利島>

エビフライカレー大ボリューム。


<さるびあ丸・大島>

さくっと大島到着。
楽しいと時間の経過が早いのです。



続きます。



水中撮影:151011-12-07 木洩れ陽/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-06 No DT/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-05 第三海舟丸/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-04 望利島/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-03 朝赤富士/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-02 東京湾前祝い/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-01 エスペランサ/利島クルージング行 の事


flickrアルバム:151011-12 Cruising @ TOSHIMA TOKYO Bay


ブログカテゴリー:シュノーケリング@その他


動画:youtube DIRU1974


撮影:NIKON D700 with TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD他



Posted at 2016/01/15 08:44:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | シュノーケリング@その他 | 旅行/地域
2016年01月12日 イイね!

水中撮影:151011-12-07 木洩れ陽/利島クルージング行 の事

<利島港>

失意の…



151011-12
東海汽船で伊豆七島の利島へのNoドルフィンスイミング行の第7回です。

Noドルフィンスイムも無事終了。
実はお昼を食した後、帰りの船の前にもう一度出港する予定だったのですが、
折からの強風がさらに激しくなり、お昼の船に乗らないと帰れないことが判明…
いやー持ってない人はやっぱり持っていませんw

ということで駆け足で利島を散策して、その後速やかに撤収することになりました。



東海汽船の夜行船で伊豆七島の利島へ。
野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムに向かいました……が……


結論から申しましょう。
イルカには会えませんでした!

現地の業社の方のお話しですと、
野生のミナミハンドウイルカが利島に住み着き、
ドルフィンスイム事業がはじまってからかれこれ6年間。
ドルフィンスイム船が出港できる海況で
イルカが見つからなかったことはなかったそうです。
つまり遭遇率100%だったということで…
それがまたなんでこんなことに……


ちなみに、この日から半月ほどイルカは利島から離れており、
その後しばらくの間は戻ってきていましたが、
現在ではまた姿が見えなくなっているとのことです。

ドルフィンスイムのシーズンは4〜11月末まで。
来シーズンには是非ともリベンジしようと思うのですが。
場合によっては20頭1グループの利島ではなく、
100頭以上複数グループの御蔵島にするかもしれません。


まあ、それはそれとして、
貴重な離島の雰囲気と優雅な船の旅とを
贅沢に楽しめた二日間であったのだ!
魂の洗濯だったのだ!と強弁したいです!

いえ、泣いてなんかいませんw


水中撮影:151011-12-06 No DT/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-05 第三海舟丸/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-04 望利島/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-03 朝赤富士/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-02 東京湾前祝い/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-01 エスペランサ/利島クルージング行 の事


flickrアルバム:151011-12 Cruising @ TOSHIMA TOKYO Bay


ブログカテゴリー:シュノーケリング@その他


動画:youtube DIRU1974


撮影:NIKON D700 with TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD他



<利島>

15:00の船まで散策に。


<利島>

天気はねーホントに最高なんですけどねー。


<利島>

富士山もクッキリ。


<利島>

植生は関東とそんなに変わらないかな。


<利島>

Hydrangea.


<利島>

緑の濃さ元気さは強烈です。


<利島>

良い石垣。


<利島>

羊歯?


<利島>

島で唯一のガソリンスタンド。
ちなみにリッター250円とか……


<利島>

住宅地以外の島の大部分がツバキ畑です。


<利島>

そして椿の木が巨大。


<利島>

こちらなんかは畑ってより森ですね。


<利島>

鬱蒼。


<利島>

良い木洩れ陽。



続きます。



水中撮影:151011-12-06 No DT/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-05 第三海舟丸/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-04 望利島/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-03 朝赤富士/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-02 東京湾前祝い/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-01 エスペランサ/利島クルージング行 の事


flickrアルバム:151011-12 Cruising @ TOSHIMA TOKYO Bay


ブログカテゴリー:シュノーケリング@その他


動画:youtube DIRU1974


撮影:NIKON D700 with TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD他



Posted at 2016/01/13 09:01:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | シュノーケリング@その他 | 旅行/地域
2016年01月09日 イイね!

水中撮影:151011-12-06 No DT/利島クルージング行 の事

<利島沖>

いざ入水!



151011-12
東海汽船で伊豆七島の利島へのNoドルフィンスイミング行の第6回です。

ドルフィンスイムに出港!
小一時間ほど島をめぐり捜索したのですが…
みつかるのは息継ぎに浮上したウミガメのみ。
結局あきらめて、普通のシュノーケリングを楽しみました。

ちなみに…水中にもウミガメは沢山いたらしいのですが、
私個人はこれまた運悪くあうことができず……
でもいいんです……

ヒリゾ浜で三回あったしさ……orz



東海汽船の夜行船で伊豆七島の利島へ。
野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムに向かいました……が……


結論から申しましょう。
イルカには会えませんでした!

現地の業社の方のお話しですと、
野生のミナミハンドウイルカが利島に住み着き、
ドルフィンスイム事業がはじまってからかれこれ6年間。
ドルフィンスイム船が出港できる海況で
イルカが見つからなかったことはなかったそうです。
つまり遭遇率100%だったということで…
それがまたなんでこんなことに……


ちなみに、この日から半月ほどイルカは利島から離れており、
その後しばらくの間は戻ってきていましたが、
現在ではまた姿が見えなくなっているとのことです。

ドルフィンスイムのシーズンは4〜11月末まで。
来シーズンには是非ともリベンジしようと思うのですが。
場合によっては20頭1グループの利島ではなく、
100頭以上複数グループの御蔵島にするかもしれません。


まあ、それはそれとして、
貴重な離島の雰囲気と優雅な船の旅とを
贅沢に楽しめた二日間であったのだ!
魂の洗濯だったのだ!と強弁したいです!

いえ、泣いてなんかいませんw


水中撮影:151011-12-05 第三海舟丸/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-04 望利島/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-03 朝赤富士/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-02 東京湾前祝い/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-01 エスペランサ/利島クルージング行 の事


flickrアルバム:151011-12 Cruising @ TOSHIMA TOKYO Bay


ブログカテゴリー:シュノーケリング@その他


動画:youtube DIRU1974


撮影:NIKON D700 with TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD他



<利島沖>

水中はこの透明度。
コンディションはさすがの離島の海です。

場 所:伊豆七島・利島
日 時:151012 10:00〜11:00
天 候:晴れ
気 温:24℃
水 温:25℃
波 高:有り
 風 :北東
透明度:15m以上
撮 影:水中:NIKON 1 J4 + WP-N3 + 1 Nikkor 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
    陸上:NIKON D700 + TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD


<利島沖>

キンギョさんの群れ。


<利島沖>

ベラのygもいますね。


<利島沖>

を、一抱えもあるハリセンボン。


<利島沖>

この透明度。


<利島沖>

オヤビッチャと…
キホシスズメダイかな?


<利島沖>

イサキの群れ。


<利島沖>

縞のあるのが若い個体です。


<利島沖>

オヤビッチャも大きい。


<利島沖>

それにしても水質良好。


<利島沖>

これで彼らに会えていたら……


<利島沖>

を、ウミスズメ。


<利島沖>

これも大きいなぁ。


<利島沖>

と、いうことで、Noドルフィン、Noタートルで終了です。



続きます。



水中撮影:151011-12-05 第三海舟丸/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-04 望利島/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-03 朝赤富士/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-02 東京湾前祝い/利島クルージング行 の事
水中撮影:151011-12-01 エスペランサ/利島クルージング行 の事


flickrアルバム:151011-12 Cruising @ TOSHIMA TOKYO Bay


ブログカテゴリー:シュノーケリング@その他


動画:youtube DIRU1974


撮影:NIKON D700 with TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD他



Posted at 2016/01/09 22:01:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | シュノーケリング@その他 | 旅行/地域

プロフィール

「('A`) <対酒当歌 人生幾何 譬如朝露 去日苦多 慨当以慷 幽思難忘 何以解憂 唯有杜康」
何シテル?   08/17 11:14
いや、そんな! あの手は何だ! 屋根が! 屋根が!………無い
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

せんべいさんのブログ 
カテゴリ:海関係
2010/12/01 11:19:32
 
中木へ行こうよ!!(南伊豆・ヒリゾ浜)HP 
カテゴリ:海関係
2009/09/30 10:12:18
 
ボディ・ショップ・カミムラさん 
カテゴリ:ビート関係
2008/07/28 09:46:35
 

お友達

あ、そ、その、で、できれば…お友だちから…
102 人のお友達がいます
まさ 。まさ 。 * t-shint-shin *
車イジリおじちゃん車イジリおじちゃん 16~16~
sshzesshze kikujiroukikujirou

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート フジウルクォイグムンズハー号 (ホンダ ビート)
 1991年から1996年にかけて、本田技研工業が生産した、幌型二座の軽自動車。型式はE ...
スズキ その他 デ・ウェルミス・ミステリイス号 (スズキ その他)
ジャイロさん没後、やはり原付がないと何かと不便なのでお迎えしました。 遅いし小さいしで ...
ホンダ ビート アウエボティアバタバイトベウエエ号 (ホンダ ビート)
ボロで遅くて屋根が無くて小さくて黄色くて楽しいです  2011年10月8日に、伊豆の ...
ホンダ その他 ウルムアトタゥイル号 (ホンダ その他)
実質上こちらがメインですね。 リアのトレッドを若干広げて、ミニカー登録になっております ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.