• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

D3_plusのブログ一覧

2012年04月27日 イイね!

ビート徘徊:1204-02 桜のトンネル突破、そして五里霧中/箱根・沼津行 の事

CANON PowerShot G12
<死屍累累>

 桜花の屍を踏み締め、撮影会は続くよ。


 120421
 Twitter関係の皆さんと、早朝箱根・沼津行の続きです。
 ターンパイクの桜のトンネルを通過、沼津港でぬまづ丼他を食して、富士山経由で山中湖→道志みち→宮ヶ瀬湖→帰宅という行程。
 天気はぎりぎりでしたが、色々とナイスなツーリングでした。


 HEPさん「桜のターンパイク、沼津丼、そして道志みち その1」
 HEPさん「桜のターンパイク、沼津丼、そして道志みち その2」

 ビート徘徊:1204-01 ターンパイク名物、桜のトンネルへ/箱根・沼津行 の事

 120421 Touring @ Hakone Turnpike Cherryblossom & Numadu Ricebowl etc

 ブログカテゴリー:ビート徘徊2012
 ブログカテゴリー:ビート徘徊2011
 ブログカテゴリー:ビート徘徊2010
 ブログカテゴリー:ビート徘徊2009以前
 ブログカテゴリー:ビート徘徊@BRT



CANON PowerShot G12

CANON PowerShot G12

CANON PowerShot G12
<桜三昧>

 さすがにお腹いっぱい。


CANON PowerShot G12
<散るこそ花と>

 来年も、また。
 次は青空の日に挑戦いたしましょう。



<‪桜のトンネル/後半、そして五里霧中@箱根ターンパイク‬(動画)>

 そして再進発。
 桜のトンネルを抜けると…そこはザ・フォッグの世界。


CANON PowerShot G12

CANON PowerShot G12
<重なる相似形>

 大観山はまさに五里霧中。
 そんな中でも、さすがに聖地。ナイスな乗り物が多くていらっしゃる。


CANON PowerShot G12

CANON PowerShot G12
<ミッド兄弟>

 一応同じミッドシップではございますが…


CANON PowerShot G12

CANON PowerShot G12
<ミッド格差>

 型式 F458Spider:E-PP1
 排気量 4,499cc:656cc
 最高出力 578PS/9,000rpm:64PS/8,100rpm
 最大トルク 55.1kgf-m/6,000rpm:6.1kgf-m/7,000rpm
 車両重量 1,430kg:760kg
 価格 3,060万円:138万8千円

 わお!排気量7倍、馬力トルク10倍、車重倍、値段にいたっては20倍以上!
 凄すぎて絶句します(笑


CANON PowerShot G12
<天下の険>

 箱根を越えて静岡県側へ。
 霧も晴れ、若干晴れ間も出てきました。

 沼津港も見えてきた!


 続きます。


 ビート徘徊:1204-01 ターンパイク名物、桜のトンネルへ/箱根・沼津行 の事

 120421 Touring @ Hakone Turnpike Cherryblossom & Numadu Ricebowl etc

 ブログカテゴリー:ビート徘徊2012
 ブログカテゴリー:ビート徘徊2011
 ブログカテゴリー:ビート徘徊2010
 ブログカテゴリー:ビート徘徊2009以前
 ブログカテゴリー:ビート徘徊@BRT



D
Posted at 2012/04/27 15:05:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | ビート徘徊 2012 | 旅行/地域
2012年04月26日 イイね!

ビート徘徊:1204-01 ターンパイク名物、桜のトンネルへ/箱根・沼津行 の事

CANON PowerShot G12
<桜のトンネル@ターンパイク>

 桜のトンネル、赤青黄色シグナルカラーのジェット・ストリーム・アタックやー!



 120421
 Twitter関係の皆さんと、早朝より箱根方面へ。
 ターンパイクの桜のトンネルを通過、沼津港でぬまづ丼他を食して、富士山経由で山中湖→道志みち→宮ヶ瀬湖→帰宅という行程。
 天気はぎりぎりでしたが、色々とナイスなツーリングでした。


 HEPさん「桜のターンパイク、沼津丼、そして道志みち その1」
 HEPさん「桜のターンパイク、沼津丼、そして道志みち その2」

 120421 Touring @ Hakone Turnpike Cherryblossom & Numadu Ricebowl etc

 ブログカテゴリー:ビート徘徊2012
 ブログカテゴリー:ビート徘徊2011
 ブログカテゴリー:ビート徘徊2010
 ブログカテゴリー:ビート徘徊2009以前
 ブログカテゴリー:ビート徘徊@BRT



CANON PowerShot G12

CANON PowerShot G12
<信号色>

 平塚PAで集合。
 ボッティチェリ・ブルーのCITROEN C3、チリ・レッドのBMW MINI Cooper、カーニバル・イエローのHONDA BEAT。
 曇天模様もパッと明るくなります。ナイスカラー!


CANON PowerShot G12

CANON PowerShot G12

CANON PowerShot G12
<C3さん>

 C3さんは、HEPさん宅の新旗艦。
 さすがに御仏のエスプリあふれる素敵な造形。全体のころんとしたまとまり感、そしてなによりこの各部のディテールの変態さ加減が…
 これがシトローエン・クォーリティー。神は細部に宿りますな。


CANON PowerShot G12

CANON PowerShot G12
<ゼニス・ウィンドウ>

 そしてC3最大の魅力、ゼニス・ウィンドウ。
 後部座席にまで届く、長大なフロントウィンドウ。前部座席のパッセンジャーは縦方向見渡す限り空になります。なんという開放感!
 こと視界という意味ではオープンカーを凌駕。今度体感させてください!


CANON PowerShot G12
<オサレ~>

 BMW MINIさんもまたやはり欧州の香り漂う素敵な造形。
 こういうステッカーが似合うのがまた憎いぜ!(笑



<桜のトンネル/前半@箱根ターンパイク(動画)>

 そんなこんなでサクッと箱根ターンパイクへ。
 濃霧注意の看板が気になりますが…ひとまずぐんぐん登ります。
 が、こちらは三速全開なのに、前走する二台にじりじり離される!

 Cooperが速いのは存じておりましたが、NA1.6のC3がまた速い!御仏車の常で、下のトルクに余裕があるとのこと。
 どちらのエンジンもBMWとPSAグループの共同開発の名機。なるほどさすがですな、と。

 まあビートさんがトルクなさ過ぎなんですけども。
 馬力は47kW(64PS)/8,100rpmと自主規制いっぱいでも、トルクが60N·m(6.1kgf·m)/7,000rpmでは…つうか高回転過ぎて、もうタイヘン。
 なところがまた楽しいのですけども(笑


CANON PowerShot G12
<満開です>

 そして、箱根ターンパイク名物、桜のトンネル。今花盛り。


CANON PowerShot G12

CANON PowerShot G12
<日本の春>

 当然始まる撮影会(笑


 続きます。


 120421 Touring @ Hakone Turnpike Cherryblossom & Numadu Ricebowl etc

 ブログカテゴリー:ビート徘徊2012
 ブログカテゴリー:ビート徘徊2011
 ブログカテゴリー:ビート徘徊2010
 ブログカテゴリー:ビート徘徊2009以前
 ブログカテゴリー:ビート徘徊@BRT



D
Posted at 2012/04/26 13:30:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | ビート徘徊 2012 | 旅行/地域
2012年04月25日 イイね!

生業:1204-2 最近のお仕事/野島崎陀金様詣行 の事

CANON PowerShot G12

 アレです、これは連載の予備原稿です。
 私が戦死したあとも、一ヶ月は敵に私の死を秘し、その間に後継者を定めるためのアレです<なんだそれ
 と申しますか、野島崎の陀金様の件をスペース的にそっくりカットせざるを得ないのが無念…
 いやスペースがあっても入れられませんけど!宇宙的制約があるだけに!<決して上手くはない
 ビート徘徊:1001 ぶらり独行@南房総-3/日本蔭洲升化計画 の事

 あ、そういう戯言はいいとして、GWに和田長浜あたりでBBQでもしようかと思うのですがいかがですか?
 変態な方は初入水もアリな方向で。




かわさき発! 日帰りぶらり旅 vol.00
房総半島・野島崎(千葉県)

関東最南端、絶景・朝日と夕日の見える岬
— 房総半島最南端・野島埼灯台、房総の海の幸とジャングル風呂 —


 さえぎるものない岬の突端。岩礁の上に据え付けられた白いベンチに座ると、270℃視界はぐるりと海。右手西方、遙か太平洋上に夕陽が沈んでゆきます。ここは関東の最南端、南房総の野島崎・朝日と夕日の見える岬。振り返ると、黄昏に染まり始めた灯台が、ひときわ明るく輝きました。

 今回は千葉県の房総半島へ。房総フラワーライン沿いの「野島崎」は、日本の灯台50選に選定された、「野島埼灯台」の建つ岬。灯台は高さ28.98m。明治2年点灯、日本の洋式灯台としては2番目の古さを誇ります。一般公開もされており、頂上展望台から眺めるパノラマはまさに絶景。ぐるりとひろがる太平洋の水平線、地球の丸さを体感できます。隣接した灯台資料展示館では、灯台の歴史・機能を学ぶこともできます。

 中央部には、岬を守る「厳島神社」、白浜の文物を展示する「白浜海洋美術館」等も。美術館では、江戸時代から栄えた、白浜近辺の漁業について扱われています。中でも大漁の年だけに作られる、贅沢な祭り半纏「万祝(まいわい)」のコレクションは必見です。

 岬一帯には遊歩道も整備されています。遊歩道沿いには、各所にアート作品・史跡が点在。巨石アート、裸婦像、頼朝公の隠れ岩、幸せを呼ぶ海神様、朝日と夕日が見えるベンチ、等々。不思議な雰囲気で歩む人々の目を惹きます。

 房総の海の幸を扱う、食事処・土産店も豊富です。現地ならではの美味をお得にいただけます。地魚海鮮丼にアジのなめろう・サンガ焼。名産のイセエビも是非とも食したいところです。

 野島崎から房総フラワーラインを少し戻ると、椰子の木が南国ムードを呼ぶ、白浜フラワーパークと白浜ジャングルパレスが並んでいます。南房総と言えば四季折々の花々。美しい花の楽園と、ジャングル風呂の日帰り温泉で、心も体もリラックス!



CANON PowerShot G12

キャプション
 メイン:黄昏の野島崎
 上:朝日と夕陽の見える岬
 下左:頼朝公の隠れ岩内、海神の大蛸
  (野島崎 南房総市役所:Tel.0470-20-4003、
   灯台入場料:200円、白浜海洋美術館入館料:500円) 
 下右:ゴージャス海鮮丼&イセエビの味噌汁
  (御食事処かーむ:Tel.0470-20-4003)
 ・白浜フラワーパーク:Tel.0470-38-3981、
  入園料:大人420円、中学生300円
 ・白浜ジャングルパレス:Tel.0470-38-3981、
  日帰り入浴料:大人800円、小人400円


Adobe Illustrator 10.0.3アクセス:
 〈電 車〉JR川崎駅→JR横須賀線→JR総武快速線→JR蘇我駅→JR内房線→JR館山駅→JRバス
 〈自動車〉川崎→浮島IC→アクアライン→アクアライン連絡道→館山道→富津館山道→富浦IC→国道127号→房総フラワーライン



文・撮影・構成:D

Posted at 2012/04/25 18:03:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 生業-D | 旅行/地域
2012年04月21日 イイね!

LIVE:1204 箱根・沼津行 その弐 の事











沼津港着
かもめ丸さんでブランチ

刺身盛り合わせ定食は
生桜エビ、生しらす、スズキ、まぐろ、
ムツ、メダイ、マダイ、イワシ、etc

おまけにさざえのかきあげなんかも
桜エビとしらすでミニぬまづ丼作ったり

まあどれも最高です








Posted at 2012/04/21 12:04:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | LIVE系 | 旅行/地域
2012年04月21日 イイね!

LIVE:1204 箱根・沼津行 その壱 の事









箱根ターンパイク、
桜のトンネル満開です


今日はミニ、C3、ビートの
シグナルカラー!

そして大観山のミッドシップ兄弟
まあ排気量五倍、馬力十倍、
お値段二十倍ですけども!


Posted at 2012/04/21 10:33:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | LIVE系 | 旅行/地域

プロフィール

「('A`) <対酒当歌 人生幾何 譬如朝露 去日苦多 慨当以慷 幽思難忘 何以解憂 唯有杜康」
何シテル?   08/17 11:14
いや、そんな! あの手は何だ! 屋根が! 屋根が!………無い
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

せんべいさんのブログ 
カテゴリ:海関係
2010/12/01 11:19:32
 
中木へ行こうよ!!(南伊豆・ヒリゾ浜)HP 
カテゴリ:海関係
2009/09/30 10:12:18
 
ボディ・ショップ・カミムラさん 
カテゴリ:ビート関係
2008/07/28 09:46:35
 

お友達

あ、そ、その、で、できれば…お友だちから…
102 人のお友達がいます
まさ 。まさ 。 * バブルバブル *
MDiエンドウMDiエンドウ みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
HIRO@typeSHIRO@typeS t-shint-shin

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート フジウルクォイグムンズハー号 (ホンダ ビート)
 1991年から1996年にかけて、本田技研工業が生産した、幌型二座の軽自動車。型式はE ...
スズキ その他 デ・ウェルミス・ミステリイス号 (スズキ その他)
ジャイロさん没後、やはり原付がないと何かと不便なのでお迎えしました。 遅いし小さいしで ...
ホンダ ビート アウエボティアバタバイトベウエエ号 (ホンダ ビート)
ボロで遅くて屋根が無くて小さくて黄色くて楽しいです  2011年10月8日に、伊豆の ...
ホンダ その他 ウルムアトタゥイル号 (ホンダ その他)
実質上こちらがメインですね。 リアのトレッドを若干広げて、ミニカー登録になっております ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.