• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

minminpapaのブログ一覧

2019年10月27日 イイね!

代官山CAR WEEK

代官山CAR WEEKFaceBookで気になっていた、代官山CAR WEEKの最終日へ行ってみました。


プリンス自動車が1964年の東京五輪に際しJOCに貸し出し、選手並びに各国記者団の送迎に使用された、東京五輪特別色のプリンスグロリア。


選手や各国の記者団の送迎に使用された実車で、東京五輪特別色として、ソリッドカラーのライトブルーで塗られている。


ランボルギーニ―ウラッコは、リアミッドにエンジンを搭載しながらも、小さいながらリアシートを設けた2+2シーターモデル。
ミウラに見られた1960年代的な曲線美から一転して、新世代にふさわしい直線基調のウエッジシェイプでまとめられている。


1973年、デビュー時は2.5L SOHCのV8エンジンを搭載し、1975年にチェーン駆動式の3L V8 DOHCへ、1979年で生産を終了している。
1976年からは、初期のコンセプトから逸脱はするが2シーターモデルの「シルエット」が加わり、その後継車となる「ジャルパ」も1989年まで細々と生産が続いた。


1972年、ポルシェは新しいFIAのレギュレーションに合わせるべく、ホモロゲーションモデル911カレラRS2.7誕生させた。当初500台の予定だった生産台数は3倍以上の1580台に上った。(カレラRS2.7にはツーリング、スポーツ、レーシングと3つのバージョンがあり、ツーリングが標準、スポーツは960kgに車重が抑えられたモデル、レーシングは足周りまで違うレース仕様。生産台数はツーリング1324台、スポーツ200台、レーシング56台、あわせて1580台とされる)
カレラとは「競争」という意味でRSはレンシュポルト(レーシングスポーツ)になり、このクルマがレースを想定していた。


コルベットC2型は、スティングレイ(StingRay:赤エイ)の名が付けられたモデルで、もっとも美しいコルベットのひとつであると言われる。
搭載するのは、5358ccV8エンジン。


重心位置を低くすることでミッドシップ・スポーツカーとしての機動性を追求したロン・ヒックマンの設計と、空力を何よりも重視したコーリン・チャップマンの求める理想と合致した結果、ヨーロッパの車高は1,092〜1,143mmと市販ロードカーとしては異様に低い。
歴代のロータス車には通し番号でタイプナンバーがつけられており、初代ヨーロッパS1がタイプ46、S2前期型がタイプ54、S2後期型がタイプ65、ツインカムとスペシャルがタイプ74。生産台数はタイプ54が2,750台、タイプ65が865台で、タイプ65の後半から右ハンドルモデルも製造された。

日本、イタリア、ドイツ、アメリカ、イギリス、いずれも個性のある車たちでした。
Posted at 2019/11/09 18:44:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2019年10月20日 イイね!

(MEGA WEB)ヒストリーガレージ

(MEGA WEB)ヒストリーガレージ仕事の都合でお台場へ行った帰りに、ちょっと寄り道してMEGA WEB & ヒストリーガレージへ立ち寄りました。
MEGA WEB は、10/24-11/4までの東京モーターショー2019の準備で、展示車両は殆どありませんでした。
ヒストリーガレージへ行ってみると、自分と同級生的なクルマが多数あって、テンションが上がりました。(恥)


カローラと言えば、やはりこのKE10型。すっきりした顔付が好きですね~
最新型が12代目。50年の歴史は、自分の歴史にも合致する気がします。
(小学生の時、自動車クラブ顧問の稲葉先生が乗ってました:個人的な話ですみません)


パブリカ(UP10型)は水平対向2気筒OHV697cc 、公募で名前が付けられたとのこと。この初期型は、殆ど見かけません。しかもコンバーチブル!


1965-69年まで生産された、トヨタ・スポーツ800(UP15型)。モノコック構造を採用し、車重は580kgと超軽量。パブリカ用のU型の排気量拡大とツイン・キャブレター装備。累計販売台数は3131台。 1967年の富士24時間レースでは、2台の2000GTと編隊を組んでゴールする“デイトナフィニッシュ”を飾る演出だった。


今回のお目当ては、2000GT。やはりこのボディーラインは格別の美しさ!
個人的には、フォグランプの大きな前期型の方が好きなんですけどね~
(前期型:1967年5月~1969年7月生産、後期型:1969年8月~1970年10月生産)


この2000GTは、通常のMF10型ではなく、MF12L型。2.0LのDOHCではなく、2.3LのOHCが積まれたモデル。北米輸出を念頭に置いたモデルだったため、左ハンドル仕様。生産台数337台中、MF12Lはそれに含まれず、9台製作されたとされているうちの1台。(諸説あり)左側のドアミラーがオリジナルなのか否か?


リヤレスレクターが大きくなった側面にもリフレクターがあるところが、北米仕様って感じですね~


TE27には、初代レビンと初代トレノがありました。ボルト留めのオーバーフェンダーが時代ですよね~(格好いい!)


後ろのST165型よりST185型の方が、より流面形に近ずいた気がして好きですね~
WRC用のホモロゲーションモデルGT-FOUR RCは、5000台中、日本国内では1800台が販売された。(ホモロゲーションという言葉に弱いんですよね~)


ST205型でリトラクタブルから固定ライトになって、個人的にはちょっとガッカリした気がしました。でも高々とした大型リアスポイラーが印象的で格好良かった。
カストロールカラーは、やはり似合いますね~

仕事の疲れが癒された、とても有意義な寄り道でした。
Posted at 2019/11/06 19:10:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2019年10月17日 イイね!

ジーライオンミュージアム

ジーライオンミュージアム仕事の都合で大阪へ行き、ちょっと時間が取れたので、ジーライオンミュージアムへ行って見ました。


前から見る分はジャガーですが、あまり記憶にないXK140フィックスヘッドクーペ。


いつ見ても綺麗な曲線の246GT。ドアノブの上品さもいい感じです。


A110は青以外は似合わない?見たことないかも?インテークがRRの証なのかも?


後期型の2000GTが2台も並んでいてビックリ!右の69年型の2000GTは、生産台数
337台中、17台しか造られなかったオートマモデル。
左の70年型の2000GTは、控えめなオーバーフェンダーやFスポイラー、手を加えた
モデル。


MGにこんなモデルあったっけ?TFというようです〜


初めて見ました〜


初めて見ました2〜


世界に3台しかない、ロールスロイス40/50HPファントムII


ロールスロイスは、このマスクがお約束な気がします。


61年型のビュイックエレクトラコンバーチブル。ザ・アメ車って感じです。

大阪港に面した赤レンガ倉庫のミュージアムは、大人のクルマ好き上級者向けな場所な気がしました。仕事の合間に、とても癒された感がありました。
Posted at 2019/10/20 17:55:58 | コメント(0) | 日記

プロフィール

minminpapaです。 クルマ&バイク&カメラ好きのいいオヤジですが、よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516 171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

トヨタ ウィッシュ トヨタ ウィッシュ
トヨタ ウィッシュに乗っています。 みんカラの先輩方を参考に、自分なりにアレコレと手を加 ...
ホンダ スーパーカブ90 ホンダ スーパーカブ90
16歳で原付免許を取得した際に、当時実家の兄が乗っていた行灯カブ50に乗った感動を35年 ...
ホンダ CB750 ホンダ CB750
16歳で原付免許を取得してから、いつかは限定解除したい〜 そんな思いで20年。 大型二輪 ...
ホンダ スペイシー100 ホンダ スペイシー100
ヴェクスター150から乗り換えましたが、街中を走るには十分なポテンシャル。 高速にこそ乗 ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.