• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年04月23日

♪屋根よりたかい こいのぼり ♪甍(いらか)の波と雲の波

♪屋根よりたかい こいのぼり ♪甍(いらか)の波と雲の波

こいのぼり、揚げました!


桜が咲くよりも早く、空に泳ぐ こいのぼり。
空の上から、春と初夏の訪れを見ていてくれるのね。

今日も、日本各地で、こいのぼりが泳いでいるのでしょうか。
それとも、あまり見かけなくなってしまったのかしら。



先日、下の息子の幼稚園に行った時、先生から
「お母さん、こいのぼりの2番、知ってますか?」と聞かれました。

-「たしか、♪みどりの風にさそわれて~、ではなかったかしら?」

「それとまたちがって、お母さんのこいのぼりが出てくる歌詞があるんだって!」

-「そういえば、まごいしかてでこないですね」


子供たちが弾いていたオルガンをかりて伴奏し、♪「こいのぼり」もみんなで歌って、帰ってきました。
またきてねヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ って言われながらww

どんな歌詞なのか気になって、調べてみました。


我が家のこいのぼりです!


こんな風にして、あげます。



気になる旬の情報局  より引用
http://トレンド旬情報.biz/2251.html

作詞/近藤宮子 作曲/作者不詳

やねよりたかい こいのぼり
おおきいまごいは おとうさん
ちいさいひごいは こどもたち
おもしろそうに およいでる



ご存知のとおり、「屋根より高い…」のこいのぼりの歌は、近藤宮子さんの作詞で有名なのですが、発表されている作詞は、1番の歌詞のみ なんです。

一般的には、「2番の歌詞はない」と言われているんですが、作詞者不詳なんですけど、まことしやかに言われている、2番の歌詞が、実は存在しているんです。

次の歌詞です。

みどりのかぜに さそわれて  ひらひらはためく ふきながし
くるくるまわる  かざぐるま  おもしろそうにおよいでる


もうひとつ、幻の2番?
 
5がつのかぜに こいのぼり  めだまをちかちかひからせて
おびれをくるくるおどらせて  やさしいそらをおよいでる


そもそも端午の節句は、江戸時代から武家の風習、節句としてはじまりました。

この頃のこいのぼりは、黒色の真鯉の1匹のみでした。

こいのぼりの鯉は、「登り龍」です。
鯉が滝をのぼって天へと飛翔すれば、龍へと变化するといわれている「昇竜」のたとえです。

武者人形や兜を飾ったり、菖蒲(勝負)湯に使ったりするのも、男の子に、「強くたくましく育って欲しい」という 親の願いや願掛けの意味があります。

明治に入り、黒色の真鯉と赤色の緋鯉と、初めて2匹の対になりました。

でも、家長制度が常識の世の中だったからか、お父さんの真鯉と長男の緋鯉という意味だったのです。

昭和の時代になって、家族が大事にされる世の中になりました。

そこから、初めて、お父さんは、真鯉、お母さんは、緋鯉、こども達は、小鯉となったんです。

小鯉も数が増え、3つのこいのぼりが飾られるようになったんです。

今では、かなりカラフルで、女の子に似合う色の緑やオレンジの子鯉もいるぐらいです。

1番の歌詞にお母さんが登場しないのは、故・近藤宮子さんが作詞した当時(昭和6年、24歳)の時代背景がかなり影響していると思われます。

まだ、その当時は、緋鯉がお母さんだというのが一般的ではなかったんですね。


ところが、お母さんが出ているバージョンの歌があること、ご存じですか?

教科書「しょうがくせいのおんがく1」(音楽之友社/昭和57年発行)で
2番の歌として載せられていいます。

………………………………………………………………………………
やねよりたかい こいのぼり
おおきいひごいは おかあさん
ちいさいまごいは こどもたち
おもしろそうに およいでる


作詞/近藤宮子 作曲/作者不詳
「しょうがくせいのおんがく1」(音楽之友社/昭和57年)より引用
………………………………………………………………………………

この教科書では、1番と2番で、家族全員がこいのぼりの歌詞の中に出ている事になっています。

いまの時代の風潮として、家族を大事にする という流れになってきているということが、 この歌詞に反映されています。

実際のこいのぼりも、いまの時代背景に沿ったものへと変化しています。

子鯉の色も豊富で、黒、赤、青、紫、緑、オレンジなど、たくさんあって、色彩ゆたかです。

こいのぼりも、お父さん、お母さん、こども達といます。
こどもが生まれるたびに、子鯉を1匹ずつ増やしている家庭もあるので、その家のこいのぼりを眺めて見るのも、樂しいかぎりです。

「あ!あの家は、1姫2太郎だ!」などと、眺めることもたまにあり、 少し心がホクホクします。


昔は、5月近くになると、男の子のいる家庭では、 たいてい空を大きく、
こいのぼりが、たなびいていましたが 昨今は、あまりみなくなりました。

大きな建物も増えてきて、こいのぼりを建てる場所も なくなってきたためなのでしょうか?

昔は平屋の家が多かったのか、 「屋根より高い」こいのぼりだったのも、
最近は、「ビルより低い」こいのぼり となってしましました。

今はあまり見かけなくなった分、こいのぼりを飾っている家を見つけると、
うれしくなって、ワクワクして 心もほころんでしまいます。

日本人の心は残ってるなぁと感じます。

<以上 引用終わり>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「こいのぼり」といえば、こちらも。
5年生の音楽の教科書に載っています。

作詞:不詳、作曲:弘田龍太郎

1.甍(いらか)の波と雲の波  重なる波の中空(なかぞら)を
橘(たちばな)かおる朝風に  高く泳ぐや、鯉のぼり

2.開ける広き其の口に  舟をも呑(の)まん様見えて
ゆたかに振(ふる)う尾鰭(おひれ)には  物に動ぜぬ姿あり

3.百瀬(ももせ)の滝を登りなば  忽(たちま)ち竜になりぬべき
わが身に似よや男子(おのこご)と  空に躍るや鯉のぼり



「タッカ タッカ」のリズムに合わせて、軽快に歌います。私の大好きな唱歌です。
教科書の歌詞には、必ず脚注が付いているのもポイント。
「甍」なんて、今の子供たちは知りませんものね。
」って、ご存じですか?ミカンの仲間、柑橘類の一種です。白い花が咲きます。

wikipediaより引用
日本では固有のカンキツ類で、実より花や常緑の葉が注目された。マツなどと同様、常緑が「永遠」を喩えるということで喜ばれた。
古事記、日本書紀には、垂仁天皇が田道間守を常世の国に遣わして「非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)・非時香木実(時じくの香の木の実)」と呼ばれる不老不死の力を持った(永遠の命をもたらす)霊薬を持ち帰らせたという話が記されている。古事記の本文では非時香菓を「是今橘也」(これ今の橘なり)とする由来から京都御所紫宸殿では「右近橘[2]、左近桜」として橘が植えられている。ただし、実際に『古事記』に登場するものが橘そのものであるかについてはわかっていない。

奈良時代、その「右近の橘」を元明天皇が寵愛し、宮中に仕える県犬養橘三千代に、杯に浮かぶ橘とともに橘宿禰の姓を下賜し橘氏が生まれた。

『古今和歌集』夏、よみ人しらず「五月待つ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする」以後、橘は懐旧の情、特に昔の恋人への心情と結び付けて詠まれることになる。

1937年に制定された文化勲章は橘をデザインしている。昭和天皇の意向で意匠が橘花とされたとする説については別記事「文化勲章」を参照のこと。



四季折々、季節ごとに、大切にされてきた文化。
昔から歌われてきた唱歌を、大切に残していきたいものですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歌詞が好き。曲が好き。声が好き。歌い方も好き。自由だけど切ないから好き。
素敵な無敵な林檎さんに欠かせないのは、あのアレンジとベースラインだと、3rdアルバムを聴いてから気付きました。師匠!
今、車の中でヘビロテなのは、椎名林檎さん。
私生活なんてどうでもいいから、生きていてくれれば、曲をつくってくれれば嬉しいという存在。
(誰と結婚しようと暮らそうと構わないし、幸せでいてほしい)


椎名林檎 - ここでキスして。


東京事変 - 幕ノ内サディスティック


椎名林檎 - ギブス




ブログ一覧 | 季節・風物詩 | 日記
Posted at 2014/04/23 06:44:13

イイね!0件



タグ

ブログ人気記事

2018/06/17◆飛客
pom☆さん

ミニジープのステアリング交換
@Yasu !さん

[SurLuster News]
シュアラスターさん

龍神デュエット祭り
manoueさん

車高調 装着
voxy@得さん

孫と鶏唐・・・(*^_^*)/
ピロリンちゃんさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@ritsukiyoさん 最後の10分のジュディ(ウサギの警官)の演説、ジーンと感動…。アホな野党やマスコミ、在日がほざく『自由』『権利』『マイノリティ』『平等』がバカらしくなる、本当に大切な『自己実現』『努力』『共存』『多様性』『寛容な社会』について考えさせられます。 」
何シテル?   06/15 23:43
青と緑の稜線(りょうせん) と申します。  稜線とは、空と山の境界線、「SKYLINE」を意味します。 ゴルフⅡ、現在はゴルフワゴン(2台目)に、殊...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

2018.5.20 GT-R Meeting♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/22 23:26:33
至福とは、「愛する人がいて、ただひたすらに愛することができること」。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/20 13:22:41
こういう日も悪くない 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/04 17:03:49

お友達

お車のことは、恥ずかしながら少しも詳しくありませんが、車の運転は大好きです♪

好きなもの、大切にしていることを同じくされる方、よろしければお友達としてお付き合いください。
23 人のお友達がいます
Thomas@20GThomas@20G * ホワイトコウキホワイトコウキ *
BriskenBrisken * ritsukiyoritsukiyo *
debirudebiru * セキュリティーのプロテクタセキュリティーのプロテクタ *みんカラ公認

ファン

85 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフワゴン フォルクスワーゲン ゴルフワゴン
質実剛健。剛毅木訥。 独特なエンジン音、ドアの開閉時の重厚な響き。飽きのこない鮮やかなグ ...
フォルクスワーゲン ゴルフワゴン フォルクスワーゲン ゴルフワゴン
質実剛健。剛毅木訥。 独特なエンジン音、ドアの開閉時の重厚な響き。 トランクの荷物も、驚 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.