• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年02月24日

雑感。女子フィギュアスケート。

雑感。女子フィギュアスケート。 昨日の五輪フィギュアスケート女子FPは、所用があり外出していたので、出先の町の電気屋さんの大型テレビで見させてもらいました。
男子フィギュアの時のように8Kテレビで、とも考えましたが、目の前に誰もいない環境で集中して観たいと思って電気屋さんへGo!


案の定、誰もいません(笑)
電気屋さんの平日昼間は、こんな感じなの?(心配…)

見るだけなのは図々しいので、いつか買い換える時のために、どのメーカーのどのサイズのテレビがよさそうか、ゆっくり回りながら、店員さんに会釈して、60インチの4Kアクオスの前の長いすに座りました。
(ソニー・ブラビアの前には椅子が置いていなかったので断念☆)



さあ、最終組が始まります。

前回、前々回の五輪は、浅田真央ちゃんが出場していたため、競技が始まるまで何も手がつかず、全神経を集中させて正座して応援していました。

今回は、ただひとつ。


「全選手、自分の力を無事に発揮できますように」


宮原、坂本両日本人選手も出場しますが、二人の応援もしつつ、すべての選手が持てる力、技を出し切って、その上でフェアに審査されることを願いました。



もし。
誰も失敗せずに滑り終えたら、結果はこうなると予想しました。


ザギトワ
メドベージェワ
オズモンド 宮原知子
坂本花織
コストナー
長洲未来



60インチの4K、大型画面のテレビで見るフィギュアスケートは、素晴らしいプログラムでした。

この世の中で、CGとか使わず映像ではなく、生身の人間が表現する手段として、一番美しく感動的なのは、フィギュアスケートかもしれない・・・。
オーケストラ生演奏のバレエもミュージカルも素晴らしいけど、広いリンクの上を、ものすごいスピードで舞い、高く早く回転するスケートの表現力は、それを凌ぐかもしれない。

そんなことを思いながら、テレビを見ていました。

電気屋さんのテレビだから、テレビの上の方にたくさんの蛍光灯が映り込んでしまうのは仕方ないことですが(笑)
altalt



19番目に登場した宮原知子選手(19)。

いつものコーチとおでこでごっつんこの挨拶。

ジャンプの失敗もなく、指先まで行き届いた丁寧な滑りでした。
演技後には、ガッツポーズ!
自己ベストのスコアが出ました。
彼女の実力が十分に出せたのはよかったです。


20番めのカロリーナ・コストナー(31)。

あの、荒川さん金メダルの地元イタリア・トリノ五輪から出場しているベテラン選手。
しなしなっと、色気の粉を振りまきながら三回転ジャンプもきれいに跳ぶ演技は彼女ならでは。
ごめんなさい。
ちょっと中座して、お手洗いへGo!


21番目。坂本花織選手(17)。

大きな画面で見ると、緊張している表情もよくわかる。
我が家では、坂本選手はにこっと笑う仏像のような尊顔だと話題に。

コミカルな振り付け。日本人だと17歳は高校生で充分に若々しいけど、ロシアのザギトワは15歳か…。
日本人の表現力は、日本の中で生活していれば「優美」より「シャープ」「ぞんざい」になりがちなんだな。
力強い三回転ジャンプを次々と決めて、がんばる、ガンバる!
最後の三回転はちょっとミスしたけど、それ以外はやりきったね。
いい経験になって、同年代の仲間、ライバルたちと凌ぎを削って、次のシーズンも大活躍することでしょう。


22番目。アリーナ・ザギトワ(15)。

15歳かあ。
もしも、トリノ五輪に真央ちゃんが出ていたら、ぶっちぎりの金メダルだったのになあ。
マトリョーシカ人形のような成長になりがちのロシア人女性にとって、15歳という若さは一番ジャンプが跳びやすい時期なのかもしれない。
それにしても。
なんて可愛らしい。なんて華麗で清楚な演技!なんてクリーンで美しいジャンプを跳ぶの!
SPの黒鳥のプログラムの瑞々しく繊細な演技に、息をのんだわ。
15歳。15歳でこの表現力。この美貌。おそロシア。

FPも、1.1倍の加点をねらって、ジャンプは後半に集めている。だから、前半は他の選手のようにジャンプを跳ばないから、なんとなくもてあまし気味。
でも、チュチュのようなバレリーナのような可憐な姿を見ているだけで、目が喜ぶ。
美しいもの、かわいいものを人は好むようにできているんだな。
後半の鬼のように跳ぶジャンプは、危なげなく、次から次へと繰り出される。軽やかな身体から高く美しく跳びあがる姿は、彼女の周りには重力が消えたのか、赤い鳥になっているようにさえ見える。
ミスもなく、最後まで自分の力を出し切った素晴らしい演技でした。

alt

今回の五輪代表から外れたアメリカのワグナー選手が、ザギちゃんのプログラムにイチャモンをつけてる。試合前からツイッターで疑問をなげかけてる。
金メダルが確定した後にもツイートしたそうな。


会場の一部でブーイングも。ザギトワ金、メドベ銀の採点を巡って議論沸騰!
2/23(金) 18:23配信


プログラム構成が今回の採点、評価を分けたようだけど、それはまたあとで。



つづいて、ケイトリン・オズモンド(22)。

SPプログラムでも、団体戦でも、高得点を出している彼女。
それまで、わたしはあまり注目していなかった選手だけど、美しい3回転ジャンプを跳び、ミスも少ない。
そして、長身でスタイルもよく容姿端麗。
ロシアの二人とならんで、正統的な美しいフィギュアスケートの選手だと、この演技をみて改めて感嘆・・・。

これは、宮原選手を、・・・こえてしまう・・・。



いよいよ最終滑走、エフゲーニャ・メドベージェワ(18)。

なんて、なんて美しく品がある衣装。もしも、おとぎ話のお姫様、妖精がいたら、彼女のような姿形をしているのではないかしら。
深くて品のある紫色のタイトな衣装と大きな瞳に目がくぎ付け。
演技が始まるポーズで、もうわたしのハートはがっちりつかまれ、彼女の世界へ。
ザギちゃんとは違い、前半からジャンプの入った構成。
これまでの見なれたフィギュアスケートのプログラムなのに、少し安心しながら、これが点数にはどう響くのか気になる。
手の動き、足の動き、身体の動き。
小手先ではなく、体中、全身で音楽と同調し、少しも飽きさせることもなく、美しい氷上の世界へ引き込まれていく。
素晴らしい。
見ているだけで、こんなにうっとりと幸せな気持ちになるなんて。
金メダルをかけた闘いをしているなんて思えないほど、素晴らしい世界。

表現(がより際立っている)のメドベか、技術(がスゴすぎる)のザギか。

alt


・・………………………………………………・・


改めて思うこと。


フィギュアスケートは、芸術でもあるけれどスポーツ競技。
ジャンプやスピン、ステップなど、高い技術を競い合い、得点を争うけれど、やはり、芸術でもある。

そこに佇んでいるだけで美しい、存在感がある。
そこで微笑んでいるだけで、見ている人に幸せな気持ちを届ける。
そして、そこで滑り、踊り、舞い、廻ることで、心弾ませ、驚かせ、美しさと共に力強い迫力、スピード、技のキレに心が躍らされ魅了される。

すべての要素が合わさってこそ、「フィギュアスケート」の魅力になる。
どの一瞬を切り取っても美しい。
どの表情も愛らしく、耽美で、ときには激しく、そんな選手が見ている人の心をつかむ。


今回は、得点の付け方、審査の基準を逆手に取り、ルールを順守しながら特性を生かしてポイントを重ねたザギトワ選手が金メダルに輝いた。

そういうルールを作っているのだから、仕方がない。

確かに、芸術性が優れているのはメドベージェワ選手だったかもしれない。
でも、ザギトワ選手の若々しく愛くるしさを生かしている振り付けも、表現力の一つ。

宮原選手がケガで滑れない時期に、バレエで手や指先の表現力を身につけて、以前に比べて丁寧に表現していたことも、充分伝わってきた。

ただ、151cmの身長、手や足の長さで表現できるスケール、ジャンプの高さは、他の選手に比べると見劣りしてしまうのは仕方のないこと。

生真面目に控えめに普段も生活している日本人にとっては、外国人選手のような華やかで派手な表現は、性に合っていないのかもしれない。
そこも含めて、外国人選手の容姿や性格とは一線を画す日本人選手のみなさんには、これから、どのようなスケーティングを目指すのか、「模倣」「物マネ」にとどまらない心に響く、その選手ならではの個性、性格が生きる滑りをしてもらえたらと嬉しいと思う。



そして、やはり、行きつくところは浅田真央さん。
わたしが尊敬し、心から愛する唯一無二のスケーター。


彼女の素晴らしさ、彼女の滑っていた時代。
それをリアルタイムで見続けて(テレビですw)、目に焼き付いて、いつまでも心に棲みつづけていてくれることに感謝。

いま、真央ちゃんが目指してきた「高い技術」「内面からあふれ出る表現」「スケートが好きでたまらない思い」、それらを世界のトップ選手たちがみな会得し、より磨き高め、より高いレベルで競い合っています。

真央ちゃんに不利になるルール改正(改悪)。
真央ちゃんに対する不正な採点。
反対に、不正している審判から不当な評価を受けた某選手。

それに対し、不平を言わず、自分の力で、死に物狂いの練習で誰からも文句を言われないクリーンで美しく圧倒的な技術で自分のスケートを深化、進化させてきた真央ちゃん。

それなのに、五輪ではやはり不正な審判が横行し、公正公平な審査が行われなかったことは、本当に残念無念。

今回も、男子フィギュアの審判員、中国とスペイン。
女子フィギュアでは、カナダと中国、韓国。

自国選手に著しく高い得点をつける中国とカナダ。

※男子 SP
alt


そして、日本人選手憎さに、日本人選手に不当に低い得点をつける中国、韓国。

※女子FP
1

昔っから、フィギュアの採点は透明性がなくて、自国に甘くて、買収があって、不正が横行して、頭に来るほど卑怯でずるいのは知ってた。
それで涙をのんできた選手もたくさんいた。
少しでも、少しずつでも「欧州スケート連盟」「IOC」「欧州貴族さま・世界支配層」が、正々堂々と競技する選手たちに恥ずかしくないように、自らを律し続けるように、見張り、おかしいことには声をあげていかなくてはいけない。

正々堂々と戦い、今も、日本スケート連盟の横暴からスケート選手たちを守るために闘っている真央ちゃんのためにも。



そして、やっぱり思うこと。


日本が一番つらかった時代。
底まで落ちて行ってしまった時代。
反日在日韓国人が横行し、その人たちニセの日本人が政権をとった民主党時代。

真央ちゃんの頑張りが、多くの日本人の目を覚ませてくれた。
真央ちゃんの黙って努力し続け、壁に跳ね返されても決してくじけず、自分の目指すモノにひたすら立ち向かっていった姿に、背中を押され、自分たちも闘わなくてはいけないと勇気をもらった。

真央ちゃんの中にある日本人としてのあり方、誇り。

真央ちゃんがわたし、わたしたちに教えてくれたことのかけがえのない価値。

真央ちゃんは、神様が遣わしてくださった、天女の化身。
もしかすると、ほんとうに、弥勒菩薩さまかもしれない。


真央ちゃんがいてくれてよかった。
真央ちゃんに会えて、スケートを楽しむことがができて、心から幸せ。


それを確かに感じ、改めて誇りに思うフィギュアスケート五輪大会でした。



浅田真央(mao asada) ソチ伝説のフリー ~ 演技中の実況解説無し 【疑似4K 高画質 高音質 永久保存版!】


ブログ一覧 | 所感・雑感 | 日記
Posted at 2018/02/24 07:49:27

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

心揺さぶられる感動した演技でした。
erlindeさん

好きこそ、無敵。【浅田真央】
青と緑の稜線さん

想像を遥かに超えた羽生選手
ROUSSILLONさん

浅田真央さんが闘ってきたもの。
青と緑の稜線さん

仙台も・・・涙雨・・・
JR120XEさん

「組織」「利権」「権力者」「在日」 ...
青と緑の稜線さん

この記事へのコメント

2018/02/24 08:48:14
おはようございます♪

日本税がメダルに届かぬ結果に終わった
ことは残念ではありますが、新潟を合宿
地に選んで本番に臨んだザギトワ選手及び
メドベージェワ選手がそれぞれ金メダルと
銀メダルを取れたのは喜ばしい話ですし、
SPの後に両選手とも合宿地の新潟に謝辞を
述べたところにちょっとばかりホッコリと
させられました♪(*´∀`*)

恐らくTVのニュースやワイドショーでこの
話は取り扱わないでしょうけど。
コメントへの返答
2018/02/24 11:14:33
紺ウサギさん、こんにちは♪

宮原さんも坂本さんも、ものすごい緊張感の中で自分の演技ができたこと、とても嬉しかったです。これまで重ねてきた努力の賜物ですね。
わたしも、ネットの記事でザギ&メドベたちが<韓国ではなく>安全で快適で、心優しい人たちが迎え入れてくれる新潟で直前練習していたことを知りました。感謝の気持ちを伝えてくれるところが、また可愛くて嬉しいですね♪

直前合宿で思い出すのは、ソチ五輪の真央ちゃん。団体戦の後SPまでの期間、愚かな日本スケート連盟の指示で、アルメニアの砂や石まじりのリンクでの練習を余儀なくされました。まさかそこが劣悪な環境だったなんて、わたしも想像もしせんでした。真央ちゃんは、前の師匠・タラソワコーチと練習していたモスクワでの調整を希望していたにも関わらず!
気温差も激しく体調を崩し、スケート靴のエッジもボロボロ。まさか、真央ちゃんのSPでの不調は、選手のことを全く考えず自分たちの利害だけで動くスケ連のせいだったなんて!悔しくて情けないです。
もちろん、真央ちゃんは演技の失敗を誰かのせいにしたりはしませんでした(泣)

今回の大会、もしも…。
<実力に差があり過ぎて本当は対等なライバルでなんてなかったあの>韓国選手を勝たせたい卑怯な輩、反日在日勢力の妨害がなければ、真央ちゃんは今もバリバリの現役で、さらに進化した演技を五輪代表としてわたしたちに見せてくれたはずです。
ほとんどの選手ができないし、危険で体力を消耗するため回避する3A(トリプルアクセル)の得点も不当に低く押さえられず、相応な配点となり、国別審判員の得点も公表されることから、露骨なダウンはされにくくなり、若くて勢いやキレのある演技の魅力だけでなく、円熟味を増した素晴らしいスケーティングを見せてくれたことでしょう。返す返すも残念なことですが、何度でも、真央ちゃんの正義と誇りを言わずにはいられなくなってしまいます。
2018/02/24 12:45:16
こんにちはー

ほぼ全て同じように思っています♪
坂本選手は妻が言うには仏像ではなく
「 弥次郎系 」ちゃん─ だそうですw
(毎年、全日本こけしコンクールを観に行っておるのですw)
コメントへの返答
2018/02/24 16:02:54
渦流さま、こんにちは♪

>坂本選手は妻が言うには仏像ではなく
「 弥次郎系 」ちゃん─ だそうですw
(毎年、全日本こけしコンクールを観に行っておるのですw)

アハハ―。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚―☆
たしかに、こけしちゃん!似てますね!
子供たち、他にも「おじぞうさん」も似てるね~って言ってます。でも、17歳の人に失礼かなって。
かわいらしい東洋的な雰囲気のお嬢さんですね。

>ほぼ全て同じように思っています♪

ある年代のフィギュアファンは、たいてい幼少期にスケート漫画も読んできた人たちですよね。

これからも、おそロシアがフィギュア界をリードしていきそうです。ふつうに滑れるだけでも尊敬するのに、踊って廻ってジャンプできるなんて、長い時間、ものすごい努力をつづけているみなさんをリスペクトしています。
努力するのはみな当たり前という世界で、さらに天賦の才能の持ち主だけが、栄冠をつかめるのですね。
2018/02/24 20:34:35
こんばんは♪稜センセー♪

私はセーラームーンのコスチュームを着たメドベージェワしか見えなかったデス(;´・ω・)
金メダル獲ったザギトワ選手は個人参加につき、国歌が流れず、笑顔も消えて・・。競技の世界に政治思考が入るという、残念な気持ちになりましたわ(;´Д`A ```
この二人は友人であり、ライバル、コーチが同じというこれまたスゴイ関係なんですね~。

>五輪ではやはり不正な審判が横行し、公正公平な審査が行われなかったことは、本当に残念無念。
今回も、男子フィギュアの審判員、中国とスペイン。
女子フィギュアでは、カナダと中国、韓国。
自国選手に著しく高い得点をつける中国とカナダ。

もう競技名目の侵略戦争と言えますねえ(;´Д`A ```
コメントへの返答
2018/02/25 00:52:57
ritsukiyoさん、こんばんは♪

>私はセーラームーンのコスチュームを着たメドベージェワしか見えなかったデス(;´・ω・)

あのコスプレは、めっちゃ可愛いくて萌え死にレベルです(笑)明日(もう今日ですネ)のエキシビションで『月に代わっておしおきよ!』、やってくれたら天使です!
ザギちゃんはリラックマ大好きっ子で、ぬいぐるみを可愛がっている姿は、萌え鼻血が出そうで困ります(爆)

ロシアはドーピングなんてしなくても、かつての共産主義下の養成学校が復活して、死角なしに思えます。バレエやサーカス、中国の雑技団のように、それだけを特化して集中的に特訓する環境は、もはや、一部の国でしか実現しません。
日本は、社会主義や共産主義体制の国とはちがったアプローチで取り組むべきですね。そのスポーツが好きで才能があり、真剣に取り組んで最高峰を目指したいという本人の意志を大事にしながら能力を伸ばし自己実現をはかることと、代表選手の頑張りを見て一般の人もやってみようと裾野を広げたり生涯スポーツに取り組んだり応援したりする人を増やしていく側面と、どちらも持てたらいいのですが。

スポーツが好きで、得意な人が懸命に頑張る姿を見せてもらうことは、同じ国に暮らす人同士の共感や応援しあうことで一体感を感じて、祖国に誇りを持つことに自然とつながっていきます。そこから得た感動を自分の生活にも生かそうとフィードバックすることも、ときにはあります。
愛国心、郷土を大切に思う心と、五輪や国際大会での日本人の活躍は切り離せない関係です。
2018/02/24 22:29:15
陵センセー、今晩は☆

ソチでの真央ちゃんの演技、何度見ても凄いですよね。

今も泣きながら見ましたよ。

真央ちゃんが昔キムヨナと競ってて、負けた時、日本の何処か局の女子アナが「足りないのはキムヨナの要素!(←色気?妖艶さ?)」とか、嬉しそうに連呼していましたが、日本の放送局のオマエが何故そんなに喜ぶ??

てか、足りないモノ・・・つまりは「不正や買収が足りなかった(しなかった)んだな」と思いましたよ。

不正に関わった奴らとあの女子アナ、纏めて全員地獄に墜ちれば良いと思います。

てなワケで、僕は神様が本当に居る事を願います。
(まあ、ワテも天国には行けんけどね^^;)
コメントへの返答
2018/03/01 14:01:51
しろにいさん、こんばんは♪

咳をしてもひとり。
何を見ても真央ちゃん、です。

真央ちゃんの魂の滑りを見ながら一緒に泣いてしまうしろにいさんにシンパシーを感じながら…。

実は明日の朝、ちょっと離れた町で少年団活動の大会があり、朝お弁当づくりやら準備をしなくてはいけないので、今夜はこれで寝ます。

しろにいさんのコメントに、(そうだそうだ、その通りよ!)と思うことばかりでもうちょっと書きたいのですが、つづきはまた明日ね!

寝坊すると困るから、これにておやすみなさいです。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@渦流さま おはようございます😃

ボブゲルドフ本人が、若作りして出てたのかと(^-^;)
ブログには書きませんでしたが、ボーナム君(もちろんエロイカw)が大量に出て来て,草生えまくりwww

そしてエンドロール「The Show Must Go On」で撃沈…」
何シテル?   11/19 10:01
青と緑の稜線(りょうせん) と申します。  稜線とは、空と山の境界線、「SKYLINE」を意味します。 ゴルフⅡ、現在はゴルフワゴン(2台目)に、殊...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

原爆投下、悪いのは誰なのか? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/08 20:23:10
73年後の「英霊に詫びる」~終戦の日に 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/08 20:16:01
至福とは、「愛する人がいて、ただひたすらに愛することができること」。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/20 13:22:41

お友達

お車のことは、恥ずかしながら少しも詳しくありませんが、車の運転は大好きです♪

好きなもの、大切にしていることを同じくされる方、よろしければお友達としてお付き合いください。
23 人のお友達がいます
Thomas@20GThomas@20G * ritsukiyoritsukiyo *
王子のひつじ王子のひつじ * debirudebiru *
TOSHIくんTOSHIくん * セキュリティーのプロテクタセキュリティーのプロテクタ *みんカラ公認

ファン

83 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフワゴン フォルクスワーゲン ゴルフワゴン
質実剛健。剛毅木訥。 独特なエンジン音、ドアの開閉時の重厚な響き。飽きのこない鮮やかなグ ...
フォルクスワーゲン ゴルフワゴン フォルクスワーゲン ゴルフワゴン
質実剛健。剛毅木訥。 独特なエンジン音、ドアの開閉時の重厚な響き。 トランクの荷物も、驚 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.