• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
オーテックジャパン公式facebook Page も見てね!

すて☆るび夫のブログ一覧

2018年08月02日 イイね!

ノートe-POWER 4WDは想像以上に凄いらしい。

ノートe-POWER 4WDは想像以上に凄いらしい。先日発表になった「ノートe-POWER 4WD」。 
この猛暑の時期の発売ながら、好調な滑り出しをみせています。

いや、滑ってはいないです。。

4WDの売り文句といえば「滑らない」ってのが定番ですが、エクストレイルみたいな本格4WDは別として、特にコンパクトカー系なんかでは、厳密に言うと「前輪の空転を感知すると速やかに後輪に」とか「前輪のスリップ量に応じて後輪に」ってのがほとんどです。

ですが、e-POWERのモーターアシスト式4WDはちょっと違ってて、停止状態で前輪がスリップする前から効くんです。

『ノートePOWER 4WDってモーターアシスト方式の4WDでしょ?モーターアシスト式4WDの説明には「前輪のスリップ量に応じて」って書いてあったじゃん』 という声が聞こえてきそうですが、e-POWER 4WDは、前後輪ともにモーター駆動で、後輪も前輪モーター用と同じ強電バッテリーから電力を供給する方式なので、プロアクティブな制御ができるのです。

100%電気自動車のリーフもノートセレナのe-POWERも、日産の電子制御技術ならではのきめ細かい制御によって、滑りやすい路面での走りはFFであってもかなりのモノでしたが、今回それに後輪アシストが入ったことで、オールシーズン安心で楽しい性能を手に入れることができました。

たとえば、交差点での右折待ち、坂道での再発進、などで、その実力を発揮することでしょう。いまから雪の季節が待ち遠しいですね

グレードバリエーションとしては、X、メダリスト、のほか、AUTECH、Cギアでe-POWER 4WDが選択です。

AUTECH
http://www.autech.co.jp/sv/note_autech/index.html


Cギア
http://www.autech.co.jp/sv/note_cgear/index.html

Posted at 2018/08/02 14:12:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産 | クルマ
2017年02月28日 イイね!

『やりたいこと全部、この一台で。』を実践。 ノートで車中泊にチャレンジしてみませんか?

e-POWER搭載で俄然盛り上がりを見せるノートですが、この車・・・実は実用性という面でも非常に優れた車なのであります。

エコカー/コンパクトカーって、燃費を稼ぐために、車高を低くし、車を小さくし、ドアやハッチゲートの開口を小さくし、燃料タンクを小さくし・・・など、本当に涙ぐましい努力をしています。 

ノートの燃料タンクは41リットル、H社のFは40リットル、T社のAが36リットル、S社のSが37リットル。 

車の室内を広くしたい、高速直進性をよくしたい、乗り心地をよくしたい(前後にピコピコ揺れる=ピッチングを減らしたい)・・・なんてのはホイールベースを伸ばすのが一番効くのですが、ながい物干し竿よりも短い物干し竿のほうがたわみにくいのと同じように、ホイールベースを伸ばすとボディ剛性に不利になります。

逆に言うと、軽くて剛性の高いボディを作るのに、いちばん手っ取り早いのは、ホイールベースを短くすること。 

ノートってホイールベースが2600mmもあるんですよ。

M社のDが2570mm、T社のAが2550mm、H社のFは2530mm、T社のVが2510mm、S社のSは2450mmとマーチと一緒です。

もちろん、ホイールベースを短くすることで小回りが効く、というメリットはありますし、どのバランスにするかは商品コンセプト次第ということです。

まぁ、コンパクトカーとしての利便性や燃費を追及して、各社いろんなアプローチをしているのがわかりますね。


さて、ノートですが、ホイールベースの数値からしてもわかる通り、この車、室内がめっちゃ広いです。 後席も十分実用になる(頭上も広く、足元も広い)し、以前試してみたら、身長175㎝の人間が横になれることも確認しました。


ディーラーオプションのマルチラゲッジボードがお勧めです。灯油を買いに行くのにも便利ですし。

こんな感じ。


さあ、ノートで旅に出かけましょう♪
Posted at 2017/02/28 11:36:43 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日産 | クルマ
2016年11月08日 イイね!

ノートe-POWERの走りの気持ちよさがカクベツな理由。

ノートe-POWERの走りの気持ちよさがカクベツな理由。ノートe-POWERが発売になり、かなり盛り上がっている。

すでにディーラーで試乗した方の多くがその走りに感動しており、コンパクトカーの定番になりつつあったフツーのハイブリッドが太古の車のようだ、なんて言ってる人もいる。


僕もホントにそう思った。

はじめて試作車に乗せてもらったのが去年の10月。

うちの実家でE12ノートライダーに乗ってるのは知ってる人も多いと思うが、乗る前はその延長くらいに考えていた。あれとモーターが組み合わさったもんか・・・と。

そしたら、全然違った。 

エンジンは(発電用として)発動するんだけど、その駆動力はまったくタイヤに繋がっていないので振動が全く違う。 そして、タイヤはステアリングにもつながっているので、ハンドルから伝わってくる振動もまるで違う。

3気筒よりは4気筒、4気筒より6気筒、6気筒より8気筒、8気筒より12気筒・・・贅沢を言えばキリがないけど、そりゃあマルチシリンダーの気持ちよさは格別だ。コクがあり芳醇なフィーリングで車を転がしてくれる。

リーフもノートe-POWERも、この駆動感というか、転がり感に関していえば、大排気量の超マルチシリンダと同じような感覚だと思いました。

そりゃそうでしょモーターは連続回転してるんだし・・・
って思うかもしれないけど、そこには大変な日産の制御技術が詰まっているのです。

リーフに乗って『滑らかだなー』と思って、EVならみんな一緒でしょ?と思って、いろんなEVに乗ると、かなり差があることに気付くと思います。

モーターのトルクというのは、停止状態から回り始める際に最大が出る、というのを聞いたことがあると思うが、この強大なトルクが、モーターからギア、車軸、タイヤまでの経路にねじれを発生させて、ねじれが戻ろうとする力などが合わさって、振動を起こす。 発進時も、加減速時もそれが出る。 

リーフを知る前の僕のEVに対する感覚は、どうせゴロゴロガクガクグシャングシャンするんでしょ、みたいな感じしかなかった。 お恥ずかしい話、友達の作ったコンバージョンEVの出来のいいのくらいに考えていたので(笑)

ところがリーフは違った。そう、まるで違った。

いろいろ調べてみたら、モーターからの駆動力がどのように伝達していくのかを解析し、インバーターからの電流を制御。 またギアや駆動シャフトのガタ、路面からの外力などの影響も、モーター内の角度センサーからの情報を利用して、除去するしくみになってるとのこと

それをどれくらいのきめの細やかさかでやってるかというと、内燃機の出力制御がせいぜい数百ミリ秒くらいでしか出来ないのに対して、リーフは数ミリ秒単位でやってるらしい。 つまりガソリンエンジンの100倍以上の速度で制御をいれていることになる。

だから、リーフは魔法の絨毯のように滑らかに走る。
(残念ながら本物の魔法の絨毯に乗ったことはないですけどね。)

このリーフで培った日産のモーター走行技術が、ノートe-POWERにも生きているってことなんだろうなぁ~、としみじみしたのでありました。

あとね、ブレーキフィールもいいんだよね~、ノートe-POWER。
なので、スポーティに走るときにもリズムを狂わされないですむと思いました。


っつーことで、ぜひ試乗してみてくださいね~。
その際、リーフもぜひセットで。
Posted at 2016/11/08 17:24:06 | コメント(14) | トラックバック(0) | 日産 | クルマ
2016年10月18日 イイね!

ブレンボ女子 NISSAN CROSSING に行く。

ブレンボ女子 NISSAN CROSSING に行く。夏休み前にウチの会社にいるブレンボ女子の話をしたの・・・ご記憶にありますでしょうか?

そうです、この写真の『R35用ディスクローター&ブレンボキャリパー』のケーキを作った彼女です。





彼女が、銀座4丁目の交差点にリニューアルオープンした 『NISSAN CROSSING』 にある 『CROSSING CAFE』 で面白いものを作ってもらった、といって写真を見せてくれました。 

ずっと 『4丁目ギャラリー』 って呼んでたけど、住所は5丁目なのね。

『NISSAN CROSSING』は、お客さまに「日産のワクワクする未来のドライビング体験」をお届けする、『ニッサン インテリジェント モビリティ』の発信拠点で、CROSSING CAFEは2Fにあります。

そこでは日産車の画像や、iPadでその場で撮った顔写真をマキアートにしてくれます。

今回彼女は、ここでもブレンボ愛を発揮し、バリスタさんに熱く語りまくり、自分のスマホの中にあるこのR35のブレンボの画像・・・

を見せ・・・

こんなのを作ってもらったそうです。


銀座の真ん中で、ブレーキキャリパーについて熱く語ってる若い女子って、すばらしいですよね(笑)


みなさんもぜひ 『NISSAN CROSSING』 へ。
Posted at 2016/10/18 15:48:46 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日産 | クルマ
2016年07月26日 イイね!

6年前のデジカメの笑顔認識のエラーをしのびながら、エマージェンシーブレーキやオートパイロットのセンシングアルゴリズムのことを思ふ。

6年前のデジカメの笑顔認識のエラーをしのびながら、エマージェンシーブレーキやオートパイロットのセンシングアルゴリズムのことを思ふ。今、新型セレナの発売に向けて、猛勉強中です(笑) オートパイロットってのは

いろんなメーカーが採用を進めていますが、その中身を突き詰めていくと、おそらくセンサーやカメラ、CPUなんかはどこのメーカーもいっしょなんでしょう。

で、何で勝負かというと識別のためのアルゴリズム。


冒頭の写真、ご記憶にありますか?

2010年のとある展示イベントで、会場の写真を撮ろうとしたら、僕のデジカメの笑顔認識が起動して『日産シンボルマークをスマイル(強)』と判断した、というネタでした。

それ以降に買ったカメラでは、同じことやろうとしても、そもそも顔としてすら認識してくれませんでした。

顔認識のアルゴリズムが一気に進化したのでしょうね。


自動ブレーキや自動運転が広がりだしたのは、こういうセンシングや解析アルゴリズムが進化したことがあると思います。 ついに使い物になる時代がきた。

エマージェンシーブレーキやオートパイロットも、いろんな判断条件をもとに、先行車だとか、高速道路だとか、一般道だとか、なんやかやを判断しており、その判断ロジックこそが、各メーカーの超ウルトラ秘匿技術になっているわけです。

たまに、車の写真などを貼った『的』を用意して、ちゃんとエマージェンシーブレーキが効くか、なんてテストをやってるのを見かけますが、『的』でOKだったからといって実車でOKになるとは限らないし、『的』でNGだったからといって実車でNGとは限らないのが恐ろしいところです。

というのは、『的』はあくまでも先行車の代用品にすぎず、それが実車を忠実に再現していない場合があるからです。 逆に、テスト機関などが使用する『的』でいい成績を出すようにアルゴリズムを作ってしまうと、実車で性能が発揮できない可能性もあります。

いくら聞いても詳しくは教えてもらえないのですが、おそらく、テールランプなどの配置、先行車の大きさの変化、白線の幅、信号の間隔などはもちろん、現代のOCR識字率からしたら、道路標識、速度規制標識なんかも読み込んでいるに違いありません。

ホント凄い時代になりましたね~。
Posted at 2016/07/26 19:04:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産 | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「トミカ博 in YOKOHAMA http://cvw.jp/b/210503/41812896/
何シテル?   08/09 14:45
(株)オーテックジャパンの すて☆るび夫 です。 オーテック? そう、日産直系のカスタムカーメーカーのオーテックです。 メルマガでは新商品情報や、オフ会...

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

試乗車・展示車検索 
カテゴリ:日産自動車HP
2006/07/05 15:40:58
 
商品の情報はこちらから 
カテゴリ:オーテックジャパンHP
2006/07/05 15:31:52
 
オーテックって何? 
カテゴリ:オーテックジャパンHP
2006/07/05 15:29:54
 

お友達

オーテック車オーナーの方に限らず、どなたでも大歓迎です。

私からお誘いするのは控えていますが、こんな私でよかったらお友達になってくださいね~♪
1174 人のお友達がいます
☆GE90仝☆GE90仝 * あうてち@AUTECHあうてち@AUTECH *
PistonBoysPistonBoys * Jun@SKYACTIVJun@SKYACTIV *
鉄仮面鉄仮面 * ねこばす@神奈川ねこばす@神奈川 *

ファン

969 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ セレナ AUTECH (日産 セレナ)
新たな個性 セレナ AUTECH 関連URL:セレナ AUTECH WEBカタログ
日産 セレナ セレナNISMO (日産 セレナ)
ニスモロードカーシリーズに共通した、デザイン/ハンドリング/加速感を、セレナに注入しまし ...
日産 ノート eパワー ノート シーギア (日産 ノート eパワー)
ノート シーギアです。 オーテック扱いディーラーオプションのデカールキット(ドアミラー ...
日産 ノート eパワー ノート モード・プレミア (日産 ノート eパワー)
ノート モード・プレミアです。 カラーバリエーションはこちら 関連URL:ノート モ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.