• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
オーテックジャパン公式facebook Page も見てね!

すて☆るび夫のブログ一覧

2008年09月30日 イイね!

G6ジムカーナ@清里

G6ジムカーナ@清里おとといの日曜日は、ジムカーナをやりに清里まで日帰りで行ってきました。茅ヶ崎→清里は、片道200キロもないくらいなのですが、うちからは中央道に乗るまでが遠い・・・。朝7時のゲートオープンに間に合わせるべく、3時半に出発しました(超尊法運転なのよ、当然)。

茅ヶ崎近辺ですら冷え込んだこの週末、標高1700mのスキー場が寒くないわけがありません。気温は8℃。たしか先週半ば頃は30℃とか言ってたよなぁ・・・。

さて、ジムカーナの話。

6月末にも日記で書いたけど、12SRはいままでいろんな自動車専門誌に取り上げられてきてるのですが、ひょんなことから、せっかくだから競技でも走ってみては?ってことで、J'sティーポの編集長さんらと意気投合しまして、G6ジムカーナ関東シリーズ#3富士、#5浅間台へ一緒にエントリー。今回はその3回目、#6清里ラウンドだったわけです。

SRは全国の日産ディーラーで通常の保証付で買えるフツーのクルマですが、あくまでも改造車なので、G6のレギュレーション上は、買ったままであってもノーマルクラス(NFF1)ではなく、給排気を改造したクラス(FF1)になります。
(それでも出させてもらえるだけうれしいです(T T))。

J'sさんとはノーマルでどれくらい楽しめるかやってみましょうよ、という話をしており、まったくの市販状態で出場してます。でも正直、ジムカーナは車速は低いけど荷重移動のスピードは速いし、細かいターンはLSDがないと話にならない。事実、出場している人たちは、ほとんどがLSDも組んでるし、サスもジムカーナ用、タイヤも低温からグリップを発揮するタイヤを使用してますね。それに引き換えSRは、かなりハードなチューンをしているとはいえあくまでもストリート用。

でも、この超オールマイティなスポーツマーチ=12SRというクルマで、この競技ならば、市販状態でも十分楽しめるし、とにかく『安全な環境で思い切り走ってみよう!』っことをアピールして、もっと仲間を増やしたい、なんて話をしてるんです。で、そうこうしているうちに、もっといろんなテクを身に付けたくなり、チューニングもしたくなるだろうから、業界全体にとっても悪い話ではないと(笑)。

だって、今回のNFF1で優勝したデミオは、タイヤとパッドのみの変更でLSDもなし。今後はジムカーナ車両として熟成していく予定、とのことでしたが、すばらしいドライバーが乗れば、ほぼノーマルでもこんな『結果』も出せるのですよね~(遠い目)。

ちなみに同じくLSD無しのJ 's号で挑んだおいらは、その方の約1秒落ち。う~ん、300ccの排気量差ってだけでは説明がつきません(泣)

ということで、我こそは!っていう12SR乗りの方、ぜひG6ジムカーナでもSRの魅力をアピールしてくれませんか?














・・・って、なんと他力本願な自分。もう敗北宣言か(核爆)


なお、J'sティーポの編集長さんらがどんな戦いをしたかは11月16日発売号をお楽しみに。

主催者/オフィシャルのみなさん、いつもながら楽しいイベントをありがとうございますm(_ _)m
Posted at 2008/09/30 21:06:37 | コメント(4) | トラックバック(0) | SR | クルマ
2008年09月26日 イイね!

パフォーマンスダンパーの使い方

ご案内)オーテックでは、ヤマハ製パフォーマンスダンパーを、当社のコンプリートカスタムカーの一部品として採用していますが、補修用以外の目的(標準車への装着や他車種への流用)のための部品単体販売はしておりません。また、補修用部品をご自分で調達された方への取り付けのアドバイス等は行っておりません。

オーテックでは、フェアレディZ(Z33)バージョンニスモ、エル/セレ/ノートのライダーパフォ/ハイパフォ、ティアナアクシスに、ヤマハさんのパフォーマンスダンパーを採用させてもらってます。



パフォーマンスダンパーの話はかなり関心が高いようで、ブログのアクセスも多いです。そんなこんだで、単品で買えないか?という質問もいただくのですが、僕たちはコンプリートカスタムが商売のスタイルなので、パフォーマンスダンパーを後改造のためとか、流用チューンのためには販売していません。すみません m(_ _)m

でも、そんな話をしてても面白くないので、パフォーマンスダンパーの使い方についてコネタを出します。

図1-1を一般的なノーマルボディとします。まぁ、どこの部分を絵にしたのかは別にどうでもいいのですが、クルマのボディにはこんなふうになっている部分がそこいらじゅうにあるということで。こういう構造体は、図1-2のように変形します。

ここに棒を渡して補強すると当然変形は減ります。ストラットタワーバーなどがいい例ですね。あ、ノーマルボディだと変形するからダメとかいう話ではありません。この変形は計算された変形であって、タイヤやサスペンションなどとの関係からもバランスされた変形です。なので棒のように変形しない(少ない)もので繋ぐデメリットもあるわけで、これをある程度ストロークさせれば?という発想が出てきます。

下の図は、以前紹介したパフォーマンスダンパーの有無での振動の大きさの差を計測した例ですが、これを見ると全般的にパフォーマンスダンパー付きのほうが振動レベルが抑えられているものの、周波数の低い(ゆったりした振動)領域では逆に振動が大きくなっています。

これは、パフォーマンスダンパーも文字通りダンパーなので、速く動かすときとゆっくり動かすときで減衰力が違い、補強部品として効くピストンスピード領域と、振動減衰部品として効くピストンスピード領域があるということになります。

玄関扉などは、ドアから手を離したときに『バッタンッ!』ってならずに上品に閉まるようになってますが、ドアをゆっくり開け閉めするときと、速いスピードで開け閉めするときでは重さが違うのを感じたことがあると思います。これは、ドアの上にあるダンパーのせいであり、あれと似たようなもんです。

ってことで話をもとに戻しますが、パフォーマンスダンパーの使い方はざっくりと下の図2-1、図2-2のような大別できると思います。装着方法-Aのほうは前述したダンパーの特性を応用して補強と振動減衰の両方を使い分ける発想。そうでなく、変形防止は棒(青)で行い、そこにパフォーマンスダンパー(赤)を付けるという方法が装着方法-B。

オーテックのやり方は基本的には全部Bのほうになります。補強とセットでやっていない場合でも変形の極少ない部分に装着しています。

剛性を上げるということは変形を抑えるということですが、ここでいう変形は荷重を抜けば元に戻る範囲の変形で、荷重を抜かれたボディはバネのように振動します。オーテックではパフォーマンスダンパーには変形の抑制は担わせず、主に振動の減衰にだけ使っているっていう感じです。
この装着方法は、設計思想みたいなものであり、どっちが優れた考え方かってこともないと思います。つくづくクルマというのは面白いですねぇ。

装着方法-Aの場合に比べてBのつけ方だと全然ストロークしないから、ダンパーとしての効果が使えていないんじゃないか?ということをよく聞かれますが、以前ヤマハの技術者の方が『鉄の塊から削りだしてボディを作っても分子レベルではプリンみたいなもの』って話をされた通り、ガッチガチに固めたところにつけても変化が出るんです。

パフォーマンスダンパーをつけると車庫入れ程度の極低速でもハンドルが重くなるのがわかります。でも、人によって走る場所も違えば走り方(スピードやハンドルの切り方)も違うので、パフォーマンスダンパーがないほうがいい、とおっしゃる方もいます。

カスタマイズをすると、大抵なんかしら変化があらわれます。それが単なる変化なのか自分の狙った効果なのかは、やってる本人が完成した姿を描けていないと判定できません。でも、行き着く先なんて見えてなくても、延々と変化を楽しむのもカスタマイズのひとつの楽しみですよね。
Posted at 2008/09/26 14:05:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | ファクトリーカスタム | クルマ
2008年09月19日 イイね!

デュアリスのショックってザックスだったよね?

デュアリスのショックってザックスだったよね?デュアリスクロスライダーは、外観内装だけでなく足回りにも手が入っているのはすでにご紹介したとおり。


で、足回りのメニューは、指定タイヤとバネ&ショックアブソーバーの変更です。足回りのチューニングを担当したのは、ハイパフォ系を担当したのと同一人物、オーテック商品開発実験部CEVマイスターのY崎。




タイヤは静粛性と乗り心地のよさで定評のあるヨコハマのDNA dB ES501。サイズは標準車の17インチと同サイズで、もともとデュアリスはサマータイヤを使っている車であり、SUVとしてみるとオンロード寄りの特性なのですが、クロスライダーはココからもうちょっとオンロードに振っています。

バネは標準車に対して若干のレートアップ(詳しくはそのうち自動車専門誌などで紹介される・・・はず、されなかったらもう一回書きますw)。

ショックアブソーバーは、そもそもどれくらいのピストンスピードのときの数値を説明するのかが微妙ではあるのですが、7~8割ほど高い減衰力の数値になってます。

ショックアブソーバーを変更している・・・というと、デュアリスってザックスだったよね?って聞かれることがしばしばあります。そうです、デュアリス(実はエクストレイルも)にはF1でもおなじみ、ドイツのザックス製のショックアブソーバーが採用されており、これがデュアリスの走りのよさを力強くサポートしていることで有名です。

でもって、前述の『ね?』は、せっかく評判のいいザックスを使ってるのにオーテック専用品にしちゃうわけ?っていう疑問の『ね?』なのですが、実はクロスライダーのショックアブソーバーもザックス製。これを、クロスライダー用に減衰力特性を変えてもらっているのです。

おそらく来月末ころから自動車専門誌にも試乗記事が出始めると思いますし、販売店には来月頭には試乗車も何台か出回るはず。ぜひ試乗車検索して試乗してみてくださいね~。インプレお待ちしています m(_ _)m


追記・注意)
この日記は9/19時点に書いたものであり、仕様ならびに装備、あるいは部品サプライヤーは予告なく変更されることもあります。
Posted at 2008/09/19 16:43:50 | コメント(5) | トラックバック(0) | クロスライダー | クルマ
2008年09月17日 イイね!

ゼッケン22

ゼッケン2222・・・といえば、今日は誕生日なんです。オイラはこのブログのプロフィール上、今日を誕生日にしていますが、これは自分の誕生日ではなく、オーテックの創立記念日なんです。ことしで22歳。実ちゃんも22歳。モチュールオーテック号は22号車! つながってるなぁ。

で、今日話すのはもうひとつのゼッケン22。

F・マリノスのホームページを見ると、た~くさんあるオフィシャルスポンサーが次々に表示される窓があります。じ~っと見ていると、シュウマイで有名な崎陽軒さんの次にAUTECHのロゴがきら~ん。ロゴ色は黒ですが・・・w。

そう、以前もお話したとおり、オーテックもF・マリノスのオフィシャルスポンサーのひとつなんです。

そんなこんだで、日産スタジアムの中ではマリノスの選手とオーテック商品とのコラボCMも流れているんですが、昨日は新しいバージョンのCM撮影用にデュアリスクロスライダーを持ち込みました。お相手は中澤選手!背番号22。

コラボCMは残念ながらスタジアム内限定だし、スポーツ選手の写真って肖像権などで取り扱いが厳重なため、2ショット写真とかはなかなか出てこないのです。でも、中澤選手クロスライダーのことを、なかなか気に入ってくださったみたいで、ご本人がブログに写真を載せてくれましたよん♪ びっくりしたぜ。
http://www.bomber22.com/blog/index.html

でもって、今オーテックのHP上で、中澤選手のサイン入りユニフォームをプレゼント中。ゼッケン22です、22!。これだけで欲しくなるでしょ? 締め切りは9月21日なので、お見逃しなく!
http://www.autech.co.jp/JP/MARINOS2008/present.html
Posted at 2008/09/17 19:01:40 | コメント(5) | トラックバック(0) | クロスライダー | クルマ
2008年09月16日 イイね!

インテリキーケースの話

え~っと、もてぎの話を書こうかとも思ったんだけど、あまりに複雑な気持ちになってしまったので、書かないことにします。

で、今考えてるインテリキーケースの話を書きます。

・・・でも、もてぎの話もこれだけは書いておこう。
長谷見さん、優勝おめでとうございます!




あとは22号車が優勝すればGT-R勢コンプリートなわけです。ここまで応援ありがとうございます。そして残りあと2戦、最後までご声援のほど、よろしくおねがいします。 m(_ _)m



さて、インテリキーケースの話。

日産のインテリキーは紆余曲折をへて今のフォブタイプになってますが、以前からオーテックでオリジナルのキーケースを作って欲しいって声があったのです。むき出しにしてカバンに入れていると傷がつくし、かといって伝統的なキーケースには入らない。インテリキーのフォブを入れられる(伝統的な形の)キーケースを試作してもらったことがあるんですが、あまりにでかくて使い物になりませんでした。

で・・・探すこと幾年月(ウソ、数ヶ月)、ヨサゲなモノにたどり着いた。

右の写真みたいにオーテックロゴを入れてもらいます。

ってことで、現在AOG内で数量集約中ですよん。
Posted at 2008/09/16 17:12:22 | コメント(9) | トラックバック(1) | オールスターズ | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「トミカ博 in YOKOHAMA http://cvw.jp/b/210503/41812896/
何シテル?   08/09 14:45
(株)オーテックジャパンの すて☆るび夫 です。 オーテック? そう、日産直系のカスタムカーメーカーのオーテックです。 メルマガでは新商品情報や、オフ会...

ユーザー内検索

<< 2008/9 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

試乗車・展示車検索 
カテゴリ:日産自動車HP
2006/07/05 15:40:58
 
商品の情報はこちらから 
カテゴリ:オーテックジャパンHP
2006/07/05 15:31:52
 
オーテックって何? 
カテゴリ:オーテックジャパンHP
2006/07/05 15:29:54
 

お友達

オーテック車オーナーの方に限らず、どなたでも大歓迎です。

私からお誘いするのは控えていますが、こんな私でよかったらお友達になってくださいね~♪
1174 人のお友達がいます
ぼっくん☆☆ぼっくん☆☆ * サムライプロデュースサムライプロデュース *みんカラ公認
りっくE12りっくE12 * shizunobu1020shizunobu1020 *
NA好きNA好き * Ken Go!Ken Go! *

ファン

969 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ セレナ AUTECH (日産 セレナ)
新たな個性 セレナ AUTECH 関連URL:セレナ AUTECH WEBカタログ
日産 セレナ セレナNISMO (日産 セレナ)
ニスモロードカーシリーズに共通した、デザイン/ハンドリング/加速感を、セレナに注入しまし ...
日産 ノート eパワー ノート シーギア (日産 ノート eパワー)
ノート シーギアです。 オーテック扱いディーラーオプションのデカールキット(ドアミラー ...
日産 ノート eパワー ノート モード・プレミア (日産 ノート eパワー)
ノート モード・プレミアです。 カラーバリエーションはこちら 関連URL:ノート モ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.