• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月16日

オイルキャッチタンク取付けとインテークパイプ製作

今年に入ったあたりで思い立ったインテークパイプの自作、ひとまず完成しましたのでその記録です。本当は先週できていましたが、パイプが一本仮の状態でした。
それと、インテークパイプ製作に先立ってオイルキャッチタンクをつけましたので、まずはそちらから。

純正インテークパイプを採寸のために外したところ、ブローバイで結構汚れていました。
せっかくインテークパイプが新しくなるので、良い機会と思い取り付けました。

オイルキャッチタンクと一口に言っても色々と種類があり、競技車両としてはブロー時のオイル受け用、一般向けにはブローバイガス中のオイル分離が主目的とのこと。
今回は後者に当たりますので、出来るだけ分離性の良さそうなものを選んでみました。


選ばれたのは綾t…SARD製でした。ホースは車両側に合わせてφ15タイプです。CUSCO製と迷いましたが、内部にセパレータがあるとのことでこちらに決定しました。
付属のホースは普通のブレードホース…劣化で黄ばむのが目に見えている上リターンには足りない長さなので、ホースは別途用意。

そしてこちらが純正のホース。


ロッカカバーからサクションパイプまでの管です。
タンクの設置場所は色々考えましたが、


ここ…は運転席側ヘッドライトの後ろ。汎用ステーをベンダーで曲げています。上側にもう一本あるとより振れなくなりそう。
そしてこうなりました。


これはインテークパイプを作る少し前の写真で、純正インテークパイプの保護チューブでブローバイホースとの干渉部を仮に保護していました。
使用したブローバイホースはBSの耐油ホース。タンクを出た後とはいえ、落込勾配はどうだろう…検討事項でしょうか。ホース選びついては後述…


ここからはインテークパイプの話です。
きっかけは忘れましたが、「アルミなら自作できるかも」という事で段取りを始めました。TRUSTから配管製作用の部材が売られているので、それを組み合わせれば良さそうです。
アルミ・スチール・SUSと各種パイプがありましたが、抜け止めのビード加工も自力でやるならとアルミに決定。管の接続は同じくTRUSTの同径・異径シリコンパイプで…

という感じで、部材を発注したタイミングでご意見を頂きました。
アルミパイプだとエンジンの振動(ディーゼルなので)で割れる心配があることと、ブローバイガスをリターンする事から、シリコンパイプではどうなのでしょうかということでした。
アルミパイプについては、自家加工の制約上仕方がないので製作後に様子見するしか有りませんが、シリコンパイプは確かに疑問が出てきました。
上記オイルキャッチタンク用のホースを買った時の事ですが、素材を調べるうちに普通のシリコン製では耐油性に問題があることを知り、「耐油・耐熱・耐負圧…」と呪文のようにつぶやきつつ、結構じっくりと選んでいたのです。
ここで言う耐油とは、正に耐ブローバイガス・オイルの事。キャッチタンクも完全ではないはずですから、そこからタービンを通った後にシリコンパイプが居てもいいの…? という事です。すっかり意識から抜けていました。

と言っても部材は買ってしまったので一度は作るしかないわけですが、チューニングカーのエンジンルームには「金属管+赤や青のシリコンパイプ」の配管がつき物な印象も強い訳で。
また、さまざまなブランドから出ている車種別パイプキットも、特に耐油性や対油コーティングを明記せず「シリコンパイプ付属」と書いてあるものが多いように見受けられました。
価格的に見ても、内側耐油処理のシリコンパイプは高価かつ少数のようですし、それ以外(フッ素ゴムなど)ならシリコンとは書いていないはずなので、普通のシリコンパイプが多数派な気がします。
今回買ったTRUSTの部材にしても、想定されている代表的用途はインタークーラ周りだと思いますので…これは何とも疑問。

実際のところどうなのか、3月にマフラーを作ったショップがスポーツカー中心なので、機会を見つけて聞いてみました。すると、「素材そのものを意識した事は無いが、(上記のような組合せで)これまで問題が起きた事は無い」とのことでした。

…後は作ってみるのみ。ということで、加工するに当たり用意した工具がこちら。写真の他には金属用バリ取り工具など。


まずはパイプカッタ。今回のφ50と今後作りたいサクション用のφ60を見据えて単管用の大型タイプを選択。手入れ上等で中古を選んだため\1,500ほど。替刃も合わせて購入しました。
ところで、MCCなら知っていますがCMCって…? 替刃はMCC用がぴったり合いました。ローラが一個固着しており、軸ごと回すよう割りピンを抜いてありましたが、注油してしつこく回したところ復活。


こちらは今回の自分的力作、パイプビードフォーマ…という名の廃材利用。溶接技術は持っていないので、ボルト締結で何とかしました。ビードローラやビードフォーマといわれる専用工具は良いお値段で、今後いつ使うかも不明なので自作で対応します。
最初は手持ちの汎用ステーやスチールラックの余った柱を使いましたが、どこかしら盛大に曲がってしまうので素直に分厚い端材を使用。これをバイスに固定して使います。
実際にビードを出してみると、


カットの練習も兼ねてのお試しですが、2mm厚のパイプがこんな感じになります。オス型代わりの皿ビスの当たり位置に気をつける必要がありますが、慣れれば問題なしです。
ただ、M8の皿ビスを突き出しただけでは強度不足で曲がってしまうので、もう少し工夫の余地あり。


これはおまけ。採寸用に作ったパイプの模型です。どれだったか、少し曲げすぎで作ってしまいました。
加工したパイプを実際に組んでみますと、


おー。雰囲気出てます。
今回使用したのは、フロント側が90°と60°、リア側が30°と90°のパイプで、すべてバレル研磨仕様。上にも書きましたがφ50です。
後ろのパイプのゴムシートは、エンジンフード裏の遮音材を留めるピンに当たりそうだったので仮養生。もう少しかっこよくしたいところ。
オイルキャッチタンクへ行くホースは下側を通しました。パワステオイルタンクにインシュロックベースを貼って支持しています。
フロント側パイプの下に純正パイプが擦れた跡がついています。

テストは前回の記事にも書いた通り、郊外・坂道を織り交ぜて100km(+平日の通勤で山道を70km)ほど済んでいます。今のところ大丈夫です。
加速が少し良くなり、上り坂も4速で粘れる範囲が広くなりました。


次は連休中の工作ですが、まずはルーフランプの配線。それからサクションパイプに行ければ。
…そういえば、12月に注文した新ドラレコはどうなったんだろう。各通販サイトや実店舗では軒並み納期未定らしい。例の事件以前から考えていたものなので、もう少し早く発注すればよかったか。
ブログ一覧 | | クルマ
Posted at 2018/04/16 22:31:31

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

オイルキャッチタンクとブローバイガス
ikenomotoさん

【0.6Lオイルキャッチタンク★汎 ...
株式会社オクヤマさん

りふれーっしゅ その2
SENTRAさん

JW-5 S660RR ㉑
ピンケロ2号さん

右出しエアクリーナー(トゥデイ)
リセットさんさん

ダイハツ:コペンL880K マジッ ...
mayomayoさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「サクションパイプの自作・ドラレコリアカメラ用ステー製作 http://cvw.jp/b/2115746/41533790/
何シテル?   05/27 21:54
菊菱工廠と申します。 工廠なんて言いましても、車いじりは素人でございます。 電装系なら少しは… ナンバープレートでひらがなと数字を覚えたと(親から...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 パジェロ 三菱 パジェロ
自動車界のネコ科フレンズ、山猫パジェロの初代でございます。 88年9月MC版、4D56 ...
三菱 コルトプラス 三菱 コルトプラス
家族の車です。 私が免許を取った際の練習にも活躍しました。よって、免許取得以前からの付き ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.