• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

B3雪風のブログ一覧

2014年08月31日 イイね!

Tetsuya Ota Sports Driving School に参加しました!

Tetsuya Ota Sports Driving School に参加しました!太田哲也 スポーツドライビングスクールに参加しました。

賞品(タイヤとジャガーの写真とアバルトのキャップは別です)も頂き、殺風景だったガレージに置くものが少し増えました。

盛りだくさんのイベントだったので、全部を網羅できませんが、お時間があればお付き合いください。







ドライビングレッスンの概要はこちらをご覧ください。(さっそく手抜きですな)

セーフティ&マナーを基本テーマに、ドライビングのスキルアップだけでなく安全運転の重要さを伝えるのが趣旨というスクールです。
まあ、硬いことは抜きで参加することを楽しんできました。(主催者様、すんません。)


毎回自動車メーカーとのコラボで開催されますが、今回は、な、なんとメルセデス・ベンツ(MB)でした。
さっそくC-class(C200)を試乗しました。

駐車場の一画を利用した小さな試乗コースで、あっという間の一周です。助手席には「まるも亜希子」さんが、、、。シートアジャスターの位置(ドアにある)やステアリングコラムのシフトレバーの使い方など教えて頂き、早速、発進!。
のっけからスラロームとなっており、大丈夫か?のコースでしたが、Sportに設定されたC200は思いのほか軽快で扱いやすく、スムースに運転できました。

講師の齊藤慎輔氏にC-classの印象をお聞きしましたが、扱いやすくお買い得感が高く好印象を持たれている感じでした。ただ、エアサスなど、LCI後にさらに洗練されてくる可能性があるので、自分が買うとしたらそのころかな、との事。
C-classの軽快感(アジリティー・テクノロジー)に関して、MB・メディア向け広報担当の嶋○様のスライドを使用したプレゼンテーションでは、軽量化にもだいぶ力を入れているそうで、ボディーパネルのほとんどがアルミで構成されています。

軽量化を進める上で、鋼鉄とアルミニウムなどの異種金属を接着・接合する技術が欠かせないのですが、MBではImpAct接合方式(高速で特殊なリベットを打ち込む)を用いてこの問題を解決しているとのことです。講師の方が、ドイツ本国へ取材したときに入手したリベットを見せていただきました。

BMWのM3/M4などでも、カーボンと鋼鉄を接着する独自の技術が用いられているようですね。

さらに、こーんな、試乗車によるサーキットサファリも行われていました。

M-Classですね。
左はまるも亜希子さん、右がRQ藤崎理香さん。
(画像はお借りしました)


って、ちょっと半端じゃないオーラを放っているヤツが、、、。
これ、乗っていいんですか? あ、触るだけですか、、、。

色は黒ではなく、独特な色調で紫がかった海老茶でしょうか。オブシディアンブラックとかペリドットブラウンとかなのかな、、、

S63AMG long。

運転しますか?

それとも後部座席で、、、

ショーファードリブンのシートレイアウト。おみ足はMB広報の嶋○嬢です。失礼しました。

さらにこんなコラボも。
おもいやりライト運動」のライティングガールさん。

ヘッドライト点灯は早めに、、、。
(画像はお借りしました)


さて、走行は、スパタイGPクラスへ応募しました。
2回のフリー走行の後、タイムの早い順で一台ずつ、一周入魂(?)のタイムトライアルです。一発勝負、結構、緊張します、、、。
今回は、レギュレーションによりSタイヤを使えず、ラジアルタイヤで参加。また、直前に、エンジンオイルを5W-40から15W-50に変えたことも関係したのか、以前他の走行会で袖ヶ浦を走った時の2秒落ちの結果でした。
また、天敵の腰痛も続いており、根性もなく、自分としてはトホホな結果でした。


ところが、同じクラスではS2000の方が圧倒的に速かったのですが、何がどうなったのか、結果をみたら賞品を頂いてしまいました。前回の優勝者にはハンディが付いたりするためでしょうか。ビギナーズラックという感じでしょうか。なんか恐縮です・・・


VWで参加された方の賞品です。これ、USBなんですよ!



最後に、太田哲也さんが東北復興のサポートに力を入れている事もあり、チューブの前田亘輝さんからのビデオメッセージ+みんなでお歌(震災復興応援チャリティーソング、RESTART)を歌って終了となりました。
普段だったら爺さんはテレもあって声をださないで口パクとかだったと思いますが、疲れていたためか何の抵抗も無く歌ってしまいました。はっはっはっ。


まとまりのないブログになってしまいました。読んで頂きましてありがとうございました。

Posted at 2014/09/03 14:03:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | Abarth500 | クルマ

プロフィール

ゆるいアクセルで進行。 こちらはAbarthとTR3Aを中心にアップしたいと思います。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/8 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

つまんない奴です。メンドクサイ奴です。人畜無害を心がけてます。

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

フィアット アバルト・500 (ハッチバック) フィアット アバルト・500 (ハッチバック)
2012年、500 esseesse
トライアンフ TR3A トライアンフ TR3A
1959年 TR3A フロントがスモール・マウスに換装されている
BMWアルピナ B3 BiTurbo リムジン BMWアルピナ B3 BiTurbo リムジン
F30 Alpina B3 BiTurbo S/N 41
BMWアルピナ B3 S BiTurbo リムジン BMWアルピナ B3 S BiTurbo リムジン
BMW E90 Alpina B3s BiTurbo Limousine 3333 Li ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.