• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2021年03月11日

10年目の3.11

10年目の3.11 深夜夜勤明けだった10年前の3月11日。家族の携帯からけたたましい緊急地震速報のアラーム、ほどなくして襲ってきた今まで体験した事の無い揺れ。

全てが揺れたあの日。


生まれて3ヶ月くらいの姪、義妹、母親を雪が舞う寒空の外に逃がした。
時間が経つにつれ、雪が降り、寒さが増した。

ようやく皆帰宅して、途方に暮れながらも安否を喜んだ。
しかしいつ解消するか解らない停電。情報も暖も取れなく、クルマのテレビで全てを知ることになった。
全てを押し流す津波。
まるで作り物のような、嘘みたいな光景。

新聞での情報でなぜかリアリティーを知った気がした。




給油の列があちこちに見られた。
夜勤あがりガソリン確保に一晩費やしたこともあった。
会社からの社命みたいなものだった。

しばらくこの光景もあちこちで見受けられた。

あの時乗っていたレガシィ、ほんとよく耐えたよな。



計画停電もあった。
エヴァになぞらえた、〖ヤシマ作戦〗


日に日に明るみに出る、被害状況、犯罪状況。
中には人格を踏みにじるものもあった。表だったのは風評被害、差別。
実際もっと禍々しいものさえあった。
最大の敵は同じ人間だったのかと落胆さえ覚えた。

震災後数ヶ月して、茨城県へ出向した。
内陸部の埼玉、群馬、栃木寄りだったが、それでも瓦の無い屋根、路面の損壊等が見受けられた。
お世話になった茨城スバル下館店、ショールームのガラスがやられて補修工事の真っ最中だった。

一年後くらいに宮城県沿岸部にお邪魔させていただいた。
やはり自分で感じなければ解り得ない部分もあった。
しかし、それは逆にタブーとさえ思ったくらい。

きっかけは東北モーターショー。
会場周りにあちこちに瓦礫の山とだだっ広くなってしまった街が突き刺さってきた。

以前レガシィのオフ会に参加した帰り、陸前高田にお邪魔したこともあった。
街が少しずつ形作られ、奇跡の一本松に会うことができた。







あれから10年。
もう10年でもありまだ10年。

世の中コロナ禍一色になっていた。
予想もしない災害だ。

東日本大震災発生日でもある3月11日に近づくにつれ、なぜか余震が頻発したり、雪が舞ったりと当時を思い出す光景になったりしたな。

そして記憶に新しい2021年02月13日 23時08分頃、福島沖を震源地とする、いわゆる東日本大震災の余震発生。







以前ほどではないにせよ、揺れの特性が10年前を思い出させる。

うちは幸い何事もなかったが、一部地域で結構な被害が発生した。
しかも震源地が福島沖、背筋が凍る思いがした。
今回は使用済み核燃料プールの近くで、水たまりを確認したと発表した。13日深夜に起きた最大震度6強の地震で冷却水がプールからあふれたとみられるが、もちろん冷温にて安定化図っていた燃料棒が10年目にしてふたたび危険にさらされた形だ。

地形が変わるほど復旧はある程度進んだが、復興となるとまた話は別。
復興は前の生活に戻ること。
きっと阪神淡路で被災された方々も、限りなく復興に近づいた、だろうか。

本州の半分を壊滅に追いやった東日本大震災、この10年はどのような意味を持っているのか。

皆にそれぞれの10年目がある。

10年、しかし、特に東北の人には昨日位に思う。

沿岸部から徐々に人が去るようになった。
やむを得ない選択だったのかと。

地方の人口減少の10年早く加速してしまった東北。

街と人々の復興、原発廃炉、人口流失を食い止める。
まだ道半ばの10年。

未曾有の大災害、理不尽、なす術がない、それを題材にしたアニメが劇場で上映されたのを見て、
歯をくいしばって前向くしかないし、
始まりと終わりは同じところにあるが、
開けない夜はないし。




昔の形にならずとも。
新しい形はこれからの防災となることを信じて。


頑張ろうニッポン、頑張ろう東北。



ブログ一覧 | 日記
Posted at 2021/03/11 23:38:48

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

10年ぶりの大地震。
I・DA・TENさん

東日本「余震」見直しへ
Thomas_さん

今回の地震で感じたこと # ...
どんみみさん

((((;゚д゚)))) 祟りじゃ ...
☆大佐☆さん

浪江で稲刈り(´・ω・)これほど嬉 ...
waiqueureさん

この記事へのコメント

2021年3月11日 23:46
忘れられない出来事ですよね

都内でもかなり揺れました
本当に怖かったです
福島や宮城、岩手の人々の事を考えると本当に胸が痛いです…
未だに震災は終わっていないような気がします
絶対に忘れません!
コメントへの返答
2021年3月12日 0:39
なんか地震来るたび過ってしまいますよね~

宮城県沿岸部の中央あたりが震源地ですが、都内にまで揺れが来るわけですから、半端ない規模なのが信じられませんでしたよね。
きっと原発廃炉がなし得て終わりなのかもしれません。

意識して寄り添ってくれること、後世に伝えることが我々の責務ですね。
2021年3月12日 2:02
全く被災とは縁遠いあっしでも、津波の被害を見て未だに震え上がります。
(海に慣れてない海なし県民だから尚更かもですか💦)

亡くなられた方々にご冥福を祈る事と…
後世に「あっしが感じた恐怖」を、少しでも伝えられるのが供養だと思っております。


節目の年として、コメントさせて頂きました。
コメントへの返答
2021年3月12日 23:48
ありがとうございます!

そういえば長野も地震で結構な被害出てましたが大丈夫でしたか?

同じ東北でも中央の奥羽山脈を境にまるで違いますし、被災3県の内陸部と沿岸部でも違いますから、津波の恐怖は内陸部の我々も同様でしたよ…

誰しもが、その瞬間に立ち会ったしょうにんでもありますよね。
伝承と言う責務を我々でやらなきゃ行けませんね。
2021年3月12日 9:30
(*´-`)…おはようございます。

10年前の3.11は、大変でしたね…

今も完全復興にまだまだ時間掛かる、東北…

私も、毎年あの時思い出し、物資運び被災品回収のピストンに走ってた頃を、思い出します。

まだまだ、元の状態まで永遠と続きますが、私の出来る復興支援は、東北に行く事です!

応援してますから、毎日笑顔で、過ごしましょう!
コメントへの返答
2021年3月13日 5:38
お疲れさまです!

当時はこちらにいろいろご尽力いただきありがとうございます!

山を崩して高台を整備したり、防潮堤を旧式より更にかさ上げしたりは、まさに地形が変わる復旧でした。

ハード面の復興は、廃炉も含めてどこかで線引きするなどすれば完了とはなるでしょうね。
しかし人々の復興はきっと本人たちが亡くなるまで続く気がします。
復興は昔に戻すと言う意味もありますからね。
だからこそ復興に限りなくちかづけられたらと願わずにはいられません。

そうですね!
天災はどこにでも起きうる事なので、東北に限らずオールじゃパンで、ですね(^-^)













2021年3月12日 17:53
こ ん ぬ つ o(^ヮ^)o

地震や津波、恐いね。。
無防備の時にドカンってきたらどうしようと
いつも思いますっ(トイレとか風呂とか)

防災用具もその時は必死にそろえたりするけど
時間が経つとほったらかし。

だから、3.11は戒めにも思い出す日としています。

コメントへの返答
2021年3月13日 8:49
おはやうございます( ^∀^)

セイラさんの無防備な………

イカン、つい……( ̄□ ̄;)!!笑

実際そうなんですよね、ましてや間接的に被災という形ゆえなのか。

余震が続くのも、天からの戒めととるようにしてます。





2021年3月12日 19:58
こんばんは。
あの原発事故で最悪、北は盛岡から南は横浜まで、円を描くと山形もすっぽり入る危険性があったようでした。
やはり我々はこの教訓を後世にしっかりと伝えていく義務があると思います。
コメントへの返答
2021年3月13日 8:57
おはようございます!
かつての三陸の被災状況は家屋倒壊や津波によるものが大多数でしたが、今は石油関係の漏れやらもありますが、更に原発事故が一番足かせになってしまいましたね。
しかも最短50年でしょうか?
フクシマ50にも出てましたが、もしかしたら1000Km超が被曝で終わってたも知れないんですよね。
水蒸気爆発のとき、だめかなと思ったくらいです。
しかもまだ現在進行、燃料棒が福島第一から無くならない限りはまだなんですよね。
それも含めて伝承していく責務はあります。



2021年3月12日 20:49
こんばんは~。
青森市では震度4くらいで済みましたが、「災害復興車」の許可をもらい、アチコチへ出張が一気に増えた時期でした。
山形~岩沼,多賀城、石巻、大船渡など、アチコチへと。
いや、ホントにガレキだらけで、被災者の気が気でない状況に対して・・・出張ながら帰れる家がある私自身の心持は~・・・「申し訳ない!」という気持ちでした(;・∀・)

そして、ガソリン行列ありましたね!・・・田舎の青森市の~、更に田舎なので普通に給油出来て驚きましたが。

「奇跡の一本松」も何度も拝見しました。

いやいや、自然災害なのでどうにも予防方法なんて無いと思いますので、被災されてさまざまな傷を負った方々には申し訳ないですが、地震が絶えない日本という国なので、風化させずに「引き出し」にしまっておかないといけないですね~。
コメントへの返答
2021年3月13日 18:22
お疲れさまでした!

それでも復興の一端を担ってたわけですから、ワタスのそれとは、それこそ言葉の重みが違います。

たまたま何ともなかっただけ。
日本はプレートの境目にありますからね、避けられない運命ではありますが、免震とかいかに被害を最小にするかが課題だったりしますね( ̄▽ ̄;)


おすすめアイテム

プロフィール

「@まんじゅさん オギカオスっすね笑」
何シテル?   06/13 22:50
天スバ STI ver. 555です。 名前の通り、出身地が山形県天童市のスバリストです(そのまま笑)。 ハンネなのにいつしか天スバってあだ名が出来、あだ名で...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

愛車一覧

スバル WRX STI ブルーインパルス 555号機 (スバル WRX STI)
アプライドE型 The final of EJ20 SUBARU BOXER. 型 ...
三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
社会人となって初めて所有したクルマ。 当時としては斬新な、ワイドボディと化した車体にV型 ...
ホンダ CBR250R ホンダ CBR250R
初めての単車猫2 シングルピストンではあるが、車体の軽さが武器で燃費も某HVを越えるウッシッシ ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
人生で二台目のクルマ、WRCが好きで迷いに迷いM菱からスバルへ。 このBH5はマッキン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.