• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

SU-MOのブログ一覧

2018年08月17日 イイね!

【半年ぶり】Wakanaの歌声は健在だった

8月11日土曜日、東京ペラシティコンサートホールにて行われた
『Kalafina“Wakana”・龍真咲シンフォニーコンサートwithローマ・イタリア管弦楽団』を鑑賞してきた。

ここにくるのは昨年末のアコースティックライブ以来で、懐かしい気持ちに。
ライブに行くという活動も1月23日の武道館ぶりで、少し緊張した。
もうあの頃から半年以上が経過し、Kalafinaも私も、取り巻く環境が大きく変わってしまった。
この日の目的はただ一つ、「Wakanaさんに会う」こと。
失礼ながら、龍真咲さんのことは存じ上げず、イタリア管弦楽団も料理で例えるなら豪華な皿だと思っている。私にとってメインディッシュではない。

コンサートの構成は一部、休憩、二部、アンコールといった流れだ。
一部の冒頭ではオーケストラのみの演奏で一曲披露された。
曲が始まる前の調整、overtureの時間が結構好きだったりする。
演奏も荘厳であった。
しかし音楽に疎い私はその曲が『ニュー・シネマ・パラダイス』だとは知らず、
目の前で知らない人たちが知らない曲を演奏しているのを観て
「自分は誰のライブに来たのだろう」という不安や緊張が胸に小さく渦巻いた。

曲が終わるとステージ袖から白いドレスを着た女性が歩いてくるのが分かった。
私はその女性を知っている。
Wakana登場である。
安堵。
優しい口調で話し始めたWakanaの柔らかい表情を見て
「ああ…Wakanaさんだ…」と当たり前のことを強く噛みしめた。

Wakanaが指揮者に視線を送ると、聴き覚えのある旋律がはじまる。
しかし、それは全く新しい『oblivious』だった。
オーケストラを背負いながら一切の引け目をとらない歌唱を披露するWakana。
壮大なアドベンチャー。冒険のスペクタクル。そんな言葉が頭に浮かぶ。
その後も『君が光に変えて行く』、『傷跡』を披露した。
素晴らしいパフォーマンスであることに間違いないが、
歌詞の抜けた部分に2人の影を見た気がして切ない気持ちになったり
逆にそれを埋めようとする管弦楽団側のコーラスに違和感を覚える瞬間もあった。

交代するようにステージへ登場したのは龍真咲だ。
はじめまして。
ひだひだの黒いドレスはブラックスワンを彷彿とさせる妖艶で力強いイメージ。
そのイメージは歌唱にも表れており、特に一曲目『My Favorite Things』が顕著だった。
レンガ造りの酒場で男共を魅了しては手のひらで転がして遊ぶダンサーのよう。
その後も映画音楽やミュージカル曲を5曲披露した。
中・低音域を朗々と歌い上げ、海を波立たせるようなビブラートが耳に残る。
ほぼKalafinaしか耳に入れない私には新鮮な刺激だった。

休憩をはさんで二部がスタートする。
Wakanaと共に登場したのは小川真奈。
1曲目『Jupiter』と、続く2曲目『水の証』で明るく澄んだ歌声を披露した。
12年もの付き合いがあるという二人は顔を見合わせながら微笑む。
Wakanaの笑顔が印象的だった。
小川真奈が早々に歌い終え再びソロでKalafina楽曲を奏でるWakana。
『灯影』、『夏の朝』、『明日の景色』、『I have a dream』バラード曲を立て続けに披露する。
切ない魅力のある曲たちを悲劇的に美しく歌い上げた。
からの『believe』、『光の行方』ではパワー感が炸裂して興奮した。
終演のムードを醸しながら『夢の大地』、『むすんでひらく』。

アンコールでは9月から始まるソロにライブツアーについての告知があり、
さらに新曲『時を越える夜に』が披露された。
Wakanaが初めて作詞したというこの曲、会場にいた多くのファンがその歌詞に注目していたはずだ。
聴けば聴くほど思い当たる節のある歌詞というか、
ここ数か月ファンたちが悶々としていたことに、歌でもって答えてくれたような。
歌唱にも熱がこもっていたように感じた。

終演。
このコンサートを成り立たせてくれた多くの人に感謝。
「Wakanaさんに会うこと」だけを目的に参加したが、それ以上の実りがあった。

おわり。
Posted at 2018/08/17 16:12:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | Kalafina | 日記
2018年08月11日 イイね!

RDR2の最新映像によだれを垂らす



待ってました!
ずっと待っていましたとも!ええ!

遂に公開されたプレイ動画…たまらんね。
こりゃー「じゅるり」(興奮を意味する形容詞)ですわ。

まるで実写のような、空気感すら感じる美しい背景が遠くまで続いてるし、
おっさんの髭、しわ、シャツの繊維感、ホルスターの汚れまで描写されているし、
馬のたてがみをブラッシングした時に埃がたつ感じとか、もはや変態!

あー早くプレイさせてくれ!!

Posted at 2018/08/11 11:17:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2018年08月06日 イイね!

【クラッチ】ストッパーラバーが破損した時の応急処置

【クラッチ】ストッパーラバーが破損した時の応急処置ユーノスロードスターのあるあるトラブルのひとつとして
「クラッチストッパーラバー」の破損があります。

クラッチストッパーラバーとは、クラッチペダルの根元についている水色の樹脂パーツで
「今クラッチペダルが踏まれていますよ、踏まれてないですよ」という情報を
クラッチスイッチ(からコンピューター)に伝える役割を持っています。

そのため、破損するなどしてその役割が働かなくなると
コンピューターに正しい情報が送られなくなり
最悪の場合、走行中にエンストしてしまうことがあるそうです。

クラッチストッパーラバーが破損すると
・クラッチペダルを踏んだ時に異音がする
・粉々になったクラッチストッパーラバーが足元に散らばっている
などの症状が出ます。

…ここまでの情報は、「ロードスター クラッチストッパーラバー」で検索すると
大体ヒットする内容です。

しかし、エンストという致命的なリスクをはらむトラブルでありながら
応急処置というか、その場しのぎというか、そういった手段はあまり紹介されていません。

以下は、絶対にエンストさせたくなかった私が咄嗟に閃いたアイデアです。


任天堂の携帯ゲーム機、DSのタッチペンです。
もともとクラッチストッパーラバーが刺さっていた場所にタッチペンを挿入すると、
これが、ちょうどいいんです。
異音もなくなりました。

クラッチストッパーラバーの代替品として、DSのタッチペン、使えます。(あくまで応急処置です)

まあ、さすがに使い続ける気はなかったのでディーラーにて新品に交換しました。
おわり。

※実際にエンストしたという話は私が調べた限りではヒットしませんでした。
Posted at 2018/08/06 22:42:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2018年08月03日 イイね!

同じ銘柄の靴を10年ぶりに買い替えてみた

同じ銘柄の靴を10年ぶりに買い替えてみた「オシャレは足元から」なんてよく言いますが、
車好きの皆様は靴にこだわりってありますか?

履いている靴によって、運転って全然違ってくると思うんです。
ゴリゴリの革靴で愛車ロードスターを運転した時なんて、2本のペダルを同時に踏んでしまったり…。
なので、「運転するときはこれ以外絶対に履かない!」という靴を用意しています。
私が愛用するドライビングシューズ、それも、かなり長い期間使用してきました。
プーマ社製の「ドリフトキャット」シリーズです。



画像は2008年の冬、
小学生だった私が近所のゲーセンから帰る途中に野良猫と遊んでる写真です。
靴をご覧ください。
黒地に白のラインが超かっこいいでしょう?
これが、「ドリフトキャット」です。

当時はゲーセンにある頭文字Dで公道最速を夢見ていたキッズでした。
筐体クラッシャーのイキり中学生が乱入対戦してきたときは
「下手そう」という理由でバトルを断った思い出があります。(口には出しませんが)

そんな私がゲーセンで遊ぶとき、いつも付いてきてくれたのが父でした。
プレイ中、後ろからアドバイスをくれる父は、ドライバーである私にとって監督のよう。
立派な英才教育ですね。
「将来は走り屋になるんだ」と痛いことを言う私にドライビングシューズを買ってくれたのです。
免許もなければ車もない私が、初めて手に入れたドラシューこそ、ドリフトキャットなのです。


…そして10年の時を経て、社会人となった私は再びドリフトキャットを入手します。



まず一番最初に驚いたのが、ドリフトキャットっていう名前が今も続いていることですね。
ドリフトキャット5コアというのが正式名称の商品です。
黒いロードスターに合わせて、カラーも黒をチョイスしました。



サイズは26センチ。
タイトな作りになっているので自分の足よりワンサイズ大きいものを選ぶのが良いとされています。
私が普段履いている25センチの靴はつま先が少し余るのですが、
この26センチのドリフトキャットでは一切の隙間もありません。
むしろ、足が横に太い私にとって、この細身のデザインは結構窮屈です。
しかし、履き続けることで靴が足に馴染み、横に伸びることを知っています。



お伝えし忘れていましたが、10年前のドリフトキャット、我が家には2足あったのです。
父は私のためだけでなく、自分用にもドリフトキャットを購入していました。
しかし、なぜだかほとんど履かずに箱に入れたまま放置していたんですね。
ゲーセンに行くたびドリフトキャットを履いていた私も成長と共にサイズが合わなくなって、
履かなくなってしまっていたんですが…。

大学に入学して免許を取って私がロードスターに乗り始めた時に思い出したんですね。
今の自分の足にぴったりで、ほぼ新品未使用のドライビングシューズが家にあることを。
大学生活の中でロードスターを運転するときは絶対に欠かせないアイテムとして、
何年も前に父が買っていたもう一つのドリフトキャットを、サイズ違いで再び履くようになるわけです。

ゲーセンで履くより実際に車を運転して、たっぷり酷使しまくったので、
いよいよくたびれて、「買い替えるか~」となったのがこの記事の発端ということですね。



こちらが10年前から家にあってここ数年使い倒したドリフトキャットです。



アルバイトでヘマしまくって散々怒られた夜に、屋根開けて、夜景を眺めながら
首都高を流した時もこれを履いていたなぁ。



仲間と隊列作って旅行に出かけて、缶コーヒーを飲み交わしたあの日も、履いてたなぁ。



自動車部部長を務めていた時に参加した耐久レースで表彰台にのぼったときも、履いてたなぁ。

…めちゃくちゃ汚いけど、思い出がたっぷりこびりついた最高のドラシュー。
いままでありがとう。
(洗った記憶が全然ない)



新旧比較!
比べてみると、やっぱり汚いなぁ。
そしてやっぱり、新しいドリフトキャットに比べると古い方は足に合わせて横に伸びている。

いよいよ世代交代。
明日からは新しいドリフトキャットで運転します。
ガンガン履き慣らして、横に伸ばして、体の一部にするぞ!

※この記事を読んでうっかり感動してしまったプーマ社員の方はご一報ください。
 たくさんの広告料をお待ちしております。
Posted at 2018/08/03 23:47:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月01日 イイね!

滑るなら後ろがいい

翌日が連休の初日とかだと、大胆にも寝ないで朝までドライブに行ってしまう事が増えるようになった。
連休が頻繁にあるわけでもなく面倒で寝てしまうことの方が多いが
月に一度くらい出掛けている計算になる。

通勤の運転と、深夜のロングランは全く違う。

行きつけの道路は一時間に一台すれ違うかどうかの閑散とした道で
メディアの常套句「我が物顔」をまさに満喫できる。
せいぜい出会いがあるとすれば野生動物くらいのもの。

そんな道路に遊びで出かけたのはこれで4回目だが、夜露で濡れているパターンは今回が初。
せっかく遠路遥々やってきたのに残念…と落ち込みつつ安全運転していると
まさか、という速度域でケツが出た。
咄嗟にカウンターを軽く当ててやる。
流れる景色はスローで(錯覚ではなく)ヌルヌルと滑ったまま、おさまらない。
こういう時にアクセルを戻すと不意にグリップが回復して危険なのは知っていたし
「…まだ滑ってるわ」と脳の片隅に浮かぶくらいには冷静だったので、実験したくなったのだ。

少しずつアクセルを踏み込んでいくと濡れた路面の上で駆動が横に逃げていくのが分かった。
増えていく角度をカウンターで打ち消すように当てていく。
どんぴしゃり。
手と足の操作が完璧にハマって、狙ったラインを滑りながらなぞっていく。
最後こそカウンターを戻すのが遅れてぎこちなかったが、それ以外は最高の数秒間。
4年近くロドスタに乗ってきたくせに、人馬一体を今更味わった気がした。

この記事はアウト?セーフ?

もし今履いてるディレッツァが終わったらエコタイヤもいいかなって思った。

(異音はすっかりなくなった…自然治癒?)
Posted at 2018/08/01 01:24:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記

プロフィール

「[パーツ] #ユーノスロードスター エアコンディフューザーリング https://minkara.carview.co.jp/userid/2140863/car/1795586/9091038/parts.aspx
何シテル?   03/25 23:22
ロードスターと一緒に低いカーライフを楽しんでいます。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

キーレスエントリー 準備編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/16 13:39:57
キーレスエントリー取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/16 13:35:58
キーレスをつけよう♪① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/16 13:35:08

お友達

情報交換してくださる紳士淑女を大募集中です。
14 人のお友達がいます
OKASHINOKASHIN * masukiyomasukiyo *
shinsanshinsan みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
kuroyukuroyu みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
子供の頃から憧れていた「イチバン好きなクルマ」がユーノスロードスターです。 わけあってデ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.