• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

こおいちのブログ一覧

2019年08月18日 イイね!

北アルプス鷲羽岳・水晶岳

北アルプス鷲羽岳・水晶岳前回の続き

8月12日~13日(3日目~4日目)の内容です。
前日から三俣山荘のテント場で半日休憩していたので、早朝4時に出発しました。

1.へッドライトを点けて鷲羽岳を登ります。40分で三俣山荘が小さく見えます。
2.南側をみると槍ヶ岳がくっきり。手前下には鷲羽池が見えますね。


3.山頂で日の出を待っている人々
4.到着


5.ご来光と雲海


6.尾根伝いに、水晶岳へ進みます
7.水晶小屋の分岐より左折すると野口五郎岳に続く道。雲海がスゴイ


8.水晶岳に到着、日本百名山69座目
9.眼下に広がる台地「雲ノ平」、楽園のような風景に憧れます。はるか遠くに見える「白山」まで雲海が広がっている。


10.交差点から黒部源流へ。「高天原」は日本一行きにくい温泉があり、ここから3時間で行けます。
11.大きな黒部五郎岳、谷を下ります


12.長野・富山・岐阜の3県境にある三俣蓮華岳。
鷲羽岳をバックに、標識が反ってます。双六小屋に戻りテント3泊目、いい場所に張れず、傾いてて寝づらかった。
13.翌朝下山してフィールダーが待つ新穂高温泉に到着しました。4日間で周りのクルマが入れ替わってました。


初めて4日間登山して、50キロ歩きました。
盆休みのテント場の混み具合に驚き、場所取りに苦労しました。
日本百名山2つ登頂して69に。次はどこに登ろうか?
Posted at 2019/08/18 08:18:33 | コメント(3) | 山登り | 日記
2019年08月16日 イイね!

北アルプス裏銀座 テント泊

北アルプス裏銀座 テント泊盆休み8月10日~13日までの3泊4日のテント泊で北アルプスに登ってきました。

新穂高温泉から入山し”北アルプス裏銀座”、”黒部源流の山々”を巡り、新穂高温泉に戻る計画。
裏銀座といえば、烏帽子岳~野口五郎岳~水晶岳~鷲羽岳~三俣蓮華岳~双六岳~槍ヶ岳ですが、その一部の水晶岳、鷲羽岳を目的地にしました。

1.金曜日夕方に出発、新穂高温泉(鍋平園地登山者用無料駐車場)にフィールダーを駐車して車中泊。翌朝6時に出発します。
2.新穂高登山指導センターで登山届を出す。これから林道を歩き始める。


3.林道を歩いて1時間、ワサビ平小屋で休憩し、キュウリ百円を美味しくいただいた
4.”小池新道”という登山道を5時間歩くと「鏡池」が現れる。槍ヶ岳は見えなかったが、夏空が池に映りこむ


5.途中、ブロッケン現象が…初めて見ました。
6.山の合間に、広く平らな場所にある「双六小屋」が見えてきました。スゴイ数のテントが…。到着が16時となったため、ここで1日目は終わります。


7.テント場宿泊代千円を支払い、テントを張りました。夕食を作ったり、小屋の施設をチェックしてたら、19時半には真っ暗に…
8.翌朝3時ごろの星空。テントの周りで朝飯を準備し、ヘッドライトを点けて登り始める人もいましたが、私はもう少し寝ます。


9.双六小屋は水が豊富で、トイレも環境が整っており、テント利用者にも多種の食事を提供できる。他の登山者遅れること7時半に次の目的地へ
10.双六岳と双六岳巻道の分岐がある。巻道ルートを選んだが、アップダウンが無駄にあって、昨日の疲れもあり、足が前に出ない。


11.三俣山荘に到着。2階の食堂は、昼間は喫茶店になるようです。
奥にそびえる鷲羽岳、鷲羽岳に登る予定でしたが、2日目はここで終わり。
12.テント場宿泊代千円を支払い、テントを張りました。鷲羽岳の景色を見ながら、近くを流れる川で涼を感じつつ、半日過ごす。


2日間登って、まだ山頂に登っていません。山の日なのにね。


後半に続きます…
Posted at 2019/08/16 21:56:40 | コメント(1) | 山登り | 日記
2019年07月16日 イイね!

大雪渓から白馬岳へ

大雪渓から白馬岳へ北アルプス白馬岳に登ってみました。

フィールダーを八方第二駐車場に停めて、すぐ
隣の白馬八方バスターミナルから登山口の猿倉まで
バスに乗車します。


1.バスの終点猿倉から登り始め、1時間歩き白馬尻小屋に着くと、大雪渓の始まり
2.霧の中から時折聞こえる落石音に注意しながら、2時間雪上を進みます


3.アイゼンを外し大雪渓を振りかえると、雲海のような風景が広がる
4.小雪渓ではトラバース、落ちたら死ぬ区間のため、アイゼンを付け慎重に


5.宿泊地の白馬山荘は霧に覆われる。受付とリュックを置いて
6.山頂に到着したが何も見えない。百名山67座目であと1/3


7.翌朝、白馬大池へつながる尾根道を歩くと、時折晴れ間が
8.小蓮華岳で休憩


9.オスの雷鳥が現れた
10.隣にメスも、ツガイですね。メスの方が「ふくよか」


11.白馬大池が現れる、まさに天空の池ですね。


白馬大池山荘で飲み物を買って最後の休憩。テント泊にも良い場所です。
2時間半かけて栂池のロープウェイ駅まで下山。バスで白馬八方バスターミナルへ戻る。
2日間ほぼ霧のなかでしたが、大雪渓とツガイの雷鳥が印象的でした。
Posted at 2019/07/16 20:46:35 | コメント(1) | 山登り | 日記
2019年05月27日 イイね!

北アルプス 燕岳

北アルプス 燕岳晴天の土曜日、長野県安曇野市の中房温泉から燕岳に登り始めました。

GW北海道の十勝岳が登れなかったのが悔しくて…その代わりとして。

上り4時間、下り3時間、休憩1時間半、計8時間半を、新調した登山靴は靴ズレも無く、調子が良く登ることができました。今回はアイゼンを装着、非常に人気が有る山ですが、残雪が多く人が少な目。

①中房登山口から2時間半登って合戦小屋に着くと、周りは雪景色
②スキー場ではありません!青空に飛行機雲が…


③尾根道にある燕山荘で休憩すると、北アルプスの山々が全部見えてきます。
④テント泊はこんな場所ですか…、奥にそびえる燕岳に向かいましょう。


⑤燕岳の象徴「いるか岩」と槍ヶ岳
⑥山頂からの眺望、尾根が伸びる方向に、立山三山や剱岳も見えてきます。


⑦安曇野に向かって下山します。決して斜面の下を見てはいけない。
⑧夕方になり第三駐車場のフィールダーに戻る
Posted at 2019/05/27 20:53:54 | コメント(1) | 山登り | 日記
2018年08月16日 イイね!

立山三山

立山三山盆休みは、立山三山に登ってきました。

立山登山の拠点、室堂までは富山県側から向かいます。

14日の午後、立山駅P にフィールダーを停めて、アルペンルート(ケーブルカーとバス)に乗っていきます。

室堂から宿泊地である雷鳥沢キャンプ場まで45分下ると、テントがたくさん見えてきます。1泊500円を管理人に渡し、テントを張ります。キャンプ場から歩いて2~3分の場所にある「ロッジ立山連峰」で温泉に入りました。硫黄臭がする乳白色の温泉で、かけ流しです。
迫力のある背景、豊富な水量、そして良質な温泉も有って、素晴らしい環境で驚きました。


翌朝に登っていきます。室堂まで戻るルートですが、登りがツライ。
室堂から浄土山を経て、立山三山の雄山(写真右上)に登っていきます。


雄山山頂(3,003m)の祠で、登山安全の御祈祷を、山頂社務所では、御朱印もらいました。


500メートル上から見下ろす室堂平、奥には富山湾と能登半島まで。


立山三山(雄山→大汝山→富士ノ折立)と尾根を歩くと、霧に覆われてきました。
霧の合間から劔岳が見えます。その険しさから、はるか遠くに感じます。


鳳凰三山の次は、立山三山となりましたが、次回は…
北アルプス白馬三山、南アルプス白峰三山、いずれも厳しいルートばかり。
Posted at 2018/08/16 21:14:10 | コメント(1) | 山登り | 日記

プロフィール

「昨日朝の鬼無里」
何シテル?   11/03 14:47
山道ドライブ、登山が趣味で、 休日は山に居ることが多いです。 いい風景を求めて、山道を走ります

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

愛車一覧

トヨタ カローラフィールダーハイブリッド トヨタ カローラフィールダーハイブリッド
◇納車:2014年12月 ◇グレード:WxB ◇色:パールホワイト ◇OP:スペアタ ...
トヨタ ラッシュ 山行用 (トヨタ ラッシュ)
◇納車:2006年2月 ◇グレード:X 4WD 色:オフホワイト OP:リアLSD 寒 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.