• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月15日

パスタを茹でるとき

村上春樹さんの小説『ねじまき鳥クロニクル』の冒頭で、主人公がFM放送から
流れてくる曲を聴きながらスパゲッティを茹でると云う一節があります。



曲はロッシーニの「泥棒かささぎ」序曲、曲の演奏時間は9分ちょっとなので、
スパゲッティを茹でるのにちょうどいい音楽だそうです。



パスタを茹でる時など好きな歌を聴きながら、その曲のタイミングで茹であがりを
計るのも楽しいものです。イタリアオペラの大家ロッシーニの序曲やアリアはそんなときに
うってつけの曲です。曲の短いフレーズを何度も繰り返し、徐々に音の高さを上げて
盛りあげていく独特の「ロッシーニ・クレッシェンド」と呼ばる楽曲は聴きながら、茹で
ながら理屈無しにワクワクしてきます。

『ねじまき鳥クロニクル』の主人公が聴いていたロッシーニの序曲「泥棒かささぎ」や
運動会でよく使われる「ウイリアム・テル」序曲は、序曲のみが有名になり過ぎ
本編のオペラを聴く機会があまりありません。


同じロッシーニのオペラ『チェネレントラ』は、序曲もクラウディオ・アバド/ミラノ・スカラ座管の
演奏で8分弱、パスタの種類にもよるがこちらも茹でるときのタイミングに丁度いい。


『チェネレントラ』とは、童話シンデレラのイタリア語です。ロッシーニのチェネレントラでは
魔法使いや意地悪な継母も登場しませんが、代わりに賢者と意地悪な継父、ガラスの
靴の代わりのアイテムが腕輪となります。超絶技巧の早口言葉アリアなど、ストーリーを
追うよりか純粋に楽曲を楽しめるオペラです。
CDだとディスクを入れ替えるのが面倒なので、DVDを買ってしまいました。

ジャン=ピエール・ポネル演出でアバド指揮ミラノ・スカラ座管の演奏、チェネレントラ役
フレデリカ・フォン・シュターデが全盛期の1981年に作成されたオペラ映画ですが
舞台風のシーンが多いのもお気に入り。

このオペラのフィナーレ、チェネレントラが歌う
「Nacqui all'affanno... Non più mesta, 悲しみと涙のうちに生まれ」 




ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/04/15 21:02:14

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ニューイヤーコンサート 2017 ...
ボケンタさん

ニューイヤーコンサート 2016 ...
ボケンタさん

バッティストーニ 来仙!
バルジ隊長さん

この2週間、色々有りました・・・ ...
しんげん神奈川さん

柳の下に,そんなにいるわけがないか
tetsunobuさん

音楽日和~JAF会員のための音楽会~
Koji GSⅡさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「農道をゆく http://cvw.jp/b/2145439/41519958/
何シテル?   05/24 19:24
 ご覧いただきありがとうございます。 jumar です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

 
1 人のお友達がいます
ekカスタム8219ekカスタム8219 *

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

スバル ステラ 呑龍丸 (スバル ステラ)
富士重工 太田のステラ最終型に乗っています。 太田市押切町の中島知久平邸にて、
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.