• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

jumar1827のブログ一覧

2015年05月31日 イイね!

薔薇を買う

 毎年のことですが、妻と群馬県前橋市にある敷島公園へ出かける。

 敷島公園の中には、日本における口語自由詩を確立した偉大なる詩人、
前橋市生まれの萩原朔太郎の記念館があります。



 市内千代田町にあった生家の建物三棟(書斎、離れ屋敷、土蔵)が移築復元
されています。書斎は当時味噌蔵であり、朔太郎の代表作『月に吠える』や
『青猫』はこちらで書かれました。マンドリン演奏にも秀でていた朔太郎はレッスン
場としても使い北原白秋、室生犀星も訪れたという。
土蔵には現在、原稿や書簡、ノートなど貴重な資料が展示公開されています。
戦時中空襲による焼損を免れたのはこの蔵があったからだという。

 公園の松林の中には萩原朔太郎の「帰郷」の詩碑があります。朔太郎は生前
しばしばこの松林へ散歩に訪れたという。


「帰郷」

わが故郷に帰れる日
汽車は烈風の中を突き行けり。
ひとり車窓に目醒むれば
汽笛は闇に吠え叫び
火焔は平野を明るくせり。
まだ上州の山は見えずや。

 文中の「上州の山」とは、赤城山のことですね。


敷島公園ばら園のバラが最盛期は過ぎたようですが、とても綺麗です。








園内の直売コーナーで今年はこれだけ、


ラダメス丸の後席シートバックを久しぶり起こしバラが倒れないように登山用の細引き
で縛って固定する。山道具や三脚などガラクタが常に積んだままなので置き場が無い。
トランポ化してしまったがハッチバックはこんなときとても便利です。


早速鉢に植えて楽しむ。秋になったらニワに定植します。


Posted at 2015/05/31 17:56:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2015年05月31日 イイね!

華氏

 妻の愛車eKカスタムのオイル交換を済ませてちょっと一回りしてきたら、

ふと、メータパネルに変な表示が、オドメータの上に、”86F”

これは何の表示かな? と、 マニュアルを開いてみたら 外気温の表示。
多分、華氏表示に替ってしまったようだ。華氏86度は摂氏30度くらい。

 摂氏の表示に戻す方法がマニュアルのどこにも書いてなさそうなので、変更
方法がさっぱりわからない。面倒だがDらぁ行ってみた。
Dらぁへ行ったら何のことは無い。トリップのノブを長押しすれば、摂氏表示と
華氏表示が交互に切り替わるだけ。

気温を華氏で表記するのは、米国以外にあるのだろうか。
この車って北米にも輸出しているのだろうか。などと、ふと思ってしまった。

レイ・ブラッドベリのSF小説で「華氏451度」というのがあったが、トリフォー監督が
映画化もした。 だいぶ昔この映画をみたが、華氏451度は本の素材である紙が
燃え始める温度だという。本の所持や読書が禁じられた架空の社会における人間
模様が描かれている。本を所持しているの分かるとファイヤマン(本来は消防士)が
出動して焼却処分するといういわゆる焚書、そして所有者は処罰されるという。
当局の言論統制、盗聴など相互監視される近未来社会が描かれたSF映画。
撃ち合いこそあまりなかったが、怖いSF作品だったと記憶している。


海外のニュースによると、インドでは今年熱波で多数の死者が出ているという。
ここに来て急に暑くなってきた。明日から6月、当地では2011年6月には
39,8度にもなった日があった。体が暑さにまだ慣れていない。くれぐれも熱中症
には気をつけたい。

eKカスタムの車内音楽は、
現在こんな曲を聴いているみたい

チャイコフスキー : 3大バレエ名曲集 | ラザレフ指揮ボリショイ交響楽団
と、
ドリーブ : バレエ組曲「コッペリア」、ショパン : 「レ・シルフィード」
カラヤン指揮ベルリンフィル.

バレエ(舞踏)音楽は、舞踏のリズムを取りやすくするために使われる伴奏の
音楽ですから、人間の五感に作用し、運転中のストレスも和らげるような曲も
多く割とイイ。特にカラヤン指揮ベルリンフィルのコッペリアは名演奏

 ”まずるか” ぼりしょい の こっぺりあ

 
Posted at 2015/05/31 17:42:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2015年05月27日 イイね!

供給不足




純白(太白)胡麻油をバターの代わりに使ってみた。なんといっても
ノンコレステロールですから、


パートシュクレ(タルト台生地)にはバターの代わりに使って、台の底には刷毛で塗る。
この工程はバターよりずっと簡単に出来ます。アルミのタルト石をのせて生地を焼く。


胡麻油、グラニュー糖、ラム酒でキャラメリゼしたリンゴのフィリングをアーモンドクリームを
のせた上に並べて、じっくり焼く(うっかり焼き過ぎて焦がした)

焼き上がったら、シエラカップにアプリコットジャムを裏ごしして、ラム酒を加え湯煎する

>
刷毛でフィリングの表面に塗る。りんごのタルトのできあがり。。

ニワから取って来たバラを添えて完成写真
(バラが挿してあるのがビーカーだったりするところがgood センス)

Barry Lyndon の Soundtrack を聴きながら、
"Saper bramate" Il barbiere di Siviglia, Giovanni Paisiello

Posted at 2015/05/27 20:47:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2015年05月25日 イイね!

久しぶりの

震源は埼玉県北部だった。

久しぶりにたまげた。スマホがウイン・ウイン吠える前から
足元が揺れだした。何も出来ずその場にしゃがみこんでしまう。

当地では、震度4のようでした。


写真は今朝の空、

空を眺めながら、今日は暑くなりそうだ。ビールの泡のような雲だ。
とか思っていたのですが、
Posted at 2015/05/25 20:51:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2015年05月23日 イイね!

The Nose

 キーボードの埃汚れの掃除を久しぶりにやる。
Mac のキーボードそれも旧タイプのやつ、出番は少なくなったがまだ現役です。

 クルマ用のクリップ外し工具を使ってキートップを外しますが、後で取り付ける時の
ためにキーの配列を撮影しておきます。ボードは歯ブラシや綿棒を使用して汚れを
ふき取り、外したキートップを洗剤で擦り洗いしてザルに入れてよく乾燥してから取
り付けて清掃完了です。

 先月、かねてより探していた大画面のデスクトップPCをゲットしました。
馬流 星の23inchモニタ、Core i7 2.93GHz CPU, メモリ8GBのスペック。OSはメイン
ストリーム サポートが終了した窓7Pro、窓8アップグレートも付いてきた。

ソフトウェアはとりあえず使うfirefoxとiTunesとiCloudを入れます。ブルーレイ・ドライ
ブも付いているので、これでブルーレイディスクが見られる環境が出来ました.画面
が大きいのでGoogle Art Projectで世界の美術館巡りが一番の楽しみです。


 ずっとサブ機になっているMacですが、お絵かきソフトやアナログ音楽データを取り
込んだのがMacだったので、今はほとんどオーディオ・プレーヤーになってしまって
います。
Mac OSは8.5からずっとOS Xまで自分用のメインで使っていたので、my iMacには
今でもユキヒョウがいます。


先日、アップルのOS Xのサイトを訪れたら、


画面にドーンとヨセミテ渓谷のエル・キャピタン(El Capitan)の南西壁、それまでネコ科
Bigcatsのコードネームを使っていたMac OS は、いつの間にか米国の地名シリーズ
になっていました。

早速、壁の壁紙をダウンロードしてPCに設定しました。

エル・キャピタン 世界最大の一枚岩、壁の標高約900m 写真の南西壁、右リッジ
の頂上までほぼ真っすぐ引かれているルートが有名な”THE NOSE ” 取り付きから
登攀終了まで3~5日ほど要しますが、最近の最短スピードクライミングタイムは2時間
半ほどで頂上台地まで駆け登ってしまうという。ありえないようなスピードです。

アブミなど人工の登攀手段を使わないで登るフリークライミングで”The Nose”を初登
したのは、日本の機械メーカーのCMにも登場したリン・ヒルという女性です。それも
2度目(1994年)はわずか23時間というワンデイ・フリークライミングを成し遂げた。
Youtubeにリン・ヒルのThe Noseのすばらしいクライミング動画です。


20年前のThe Noseのフリー化記録、これはヨセミテクライミング史上最も重要な
功績のひとつだと思う。

最近ではこの壁に10日間張りついて完登した80歳のクライマーもいるそうです。

The Nose の隣には、「パタゴニア」の創業者・イヴォン・シュイナードらが1965年初登
したルート、Muir Wall(ミューア壁)がある。シュイナードは当時ロイヤル・ロビンスや
トム・フロストらのクライマーとヨセミテのビッグウォールクライミング黎明期に偉大な
足跡を残したクライマーであり、優れた登攀用具のサプライヤーでもあった。

こちらは著書と
捨てるに捨てられないG・P・I・W(Great Pacific Iron Works,シュイナード・イクイプメント)の
ナッツやピトンの登攀具と、今も日曜大工に大変重宝している頑丈な造りシュイナードの
チョックハンマーです。



ミューア壁のMuirとは、米国の「自然保護の父」と呼ばれるジョン・ミューアのことです。
シエラカップでお馴染みの自然保護団体「シエラクラブ」は、1982年カリフォルニア州
サンフランシスコで、ジョン・ミューアによって設立されました。ミューアの偉大な功績と
して、テディ・ルーズベルト大統領と共に現在につながる米国の国立公園の基礎を
確立させるなど今日の自然保護に多大な足跡を残しています。

アメリカ史上最も重要なキャンプ




野外食では定番のカップ、シエラカップ(シエラクラブのオリジナルではありませんが)と
ハーフドームとセコイア杉をデザインしたシエラクラブメンバーのパッチです。

The Noseのスピードクライミングの記録保持者でもあるAlex Honnoldの
クライミングスタイルは"Free Solo" つまり、ザイル無し・最小限のギアでの
単独登攀、強靭な精神力と勇気がなければ絶対不可能な登攀。これは
とても人間業とは思えない。


先月のヨセミテ渓谷です。左の壁がエル・キャピタン、右はカシードラル・ロックスと
ブライダルベール滝、ハーフドームが中央彼方に、


El Cap.

(画像は何時もバッジ処理で790ピクセルに一括リサイズしてしまってからアップして
いますが、この壁はちょっと大きめで貼ってみました。great roof やSalathé壁が良くわかります)
Posted at 2015/05/23 22:19:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

 ご覧いただきありがとうございます。 jumar です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

 
1 人のお友達がいます
ekカスタム8219ekカスタム8219

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

スバル ステラ 呑龍丸 (スバル ステラ)
富士重工 太田のステラ(RN 2)最終型とGH 8に乗っています。 太田市押切町の ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.