• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

jumar1827のブログ一覧

2018年02月27日 イイね!

桜開花

通勤道路脇の河津桜が咲きだしました。





桜守のおじさんが、剪定した枝を桜見物に訪れた人へ頒布していたので
いただいてきた。 花瓶に挿して毎日お花見です。





昨年秋ハタケで発芽したワスレナグサ(勿忘草)を鉢に植えたが、こちらも青い小花が
たくさん咲きだした。



ワスレナグサの英語名は、《forget-me-not 》 Don't forget me.ではないんですね。
Wiki で知りました。
中世ドイツの悲恋伝説に由来する„Vergiss-mein-nicht!“(僕を忘れないで)
の直訳が英名になり、日本でもそのまま「勿忘草」「忘れな草」と呼ばれるように
なったようです。



Wiki にもでていたが、ワスレナグサの含まれる歌詞または題名の歌はたくさん
あるんですね。

ワスレナグサではありませんが、バッハのシェメリ讃美歌集にも”Vergiss-mein-nicht”
があります。
Bach: Vergiss mein nicht BWV 505 from the Schemelli-Songbook.




昔買ったシェメリ讃美歌集、ペーター・シュライヤー(テノール)、カール・リヒター(オルガン)
を20年ぶりに聴いてみた。マタイ受難曲やロ短調ミサのような荘厳な曲ではなく、とても
親しみやすく優しい曲です。

Posted at 2018/02/27 21:52:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年02月25日 イイね!

今週の赤城

所用で千葉県松戸市まで妻と出かけました。早々に用事を済ませて、
かねてより乗ってみたいと思っていた「流鉄」に乗車してきました。


JR常磐線馬橋駅の歩行者連絡橋を渡ると流鉄流山線の馬橋駅の改札口です。
松戸市の馬橋駅から流山市の流山駅間の全長5.7kmを運行する都心に近いが
流鉄利用者と流山市と松戸市の沿線住民、そして多分鉄道ファンしかその存在は
知られていないと思われるローカルな私鉄です。


一日フリー乗車券を購入、流山駅までわずか12分ほどで到着です。 
現行車両の5000系は、西武鉄道からの譲渡車の新101系です。


流山電車庫で車体毎色違いなカラフルな車両を洗車中でした。


流山駅の側線にあった懐かしい転轍機

ビンテージなレールも健在です。

米国ラッカワンナ Iron & Steel Co.1906年製の60ポンドレール(上)とU.Sスチール
テネシー製 のA.S.C.Eレール(下)が確認できます。どちらも明治後期から大正時代の
今では見る事が少なくなった貴重なレールです。


行き先駅名ボタンは5駅





流山駅の周辺の散策をします。歩いて数分のところに新撰組ファンにとっては
とても大切な場所があります。

新選組流山本陣・近藤勇陣屋跡




戊辰戦争の鳥羽・伏見の戦い、甲州勝沼の戦いで新政府軍に敗れた近藤勇ら
甲陽鎮撫隊(新撰組)は劣勢を建て直すため1868年4月流山へたどり着きこちらへ
陣を置きます。しかし新政府軍に知られるところとなり、流山の民を兵火にまきこむ
ことを嫌った近藤勇は新政府軍に自首します。

近藤勇陣屋跡から北へ500メートルの江戸川に昭和35年頃まであった「矢河原の
渡し」跡に立って見た。



新政府軍に出頭した近藤勇は盟友・土方歳三とこの渡しで今生の別れをしたという。



新撰組本陣から目と鼻の先にある浅間神社(せんげんじんじゃ)を参拝する。
こちらの境内裏に新撰組と対峙する新政府軍は仮本陣を構えたといわれています。

今回近藤勇と新撰組ゆかりの地を訪問して、激動の幕末の歴史に重要な役割を
果たし、終焉を迎えた新撰組の往時がしのばれてなりません。



浅間神社は、江戸時代初期の創建の富士山信仰の神社です。
社殿の裏には見事な富士塚があり、合目が記された石柱と山上には富士浅間大神の
石宮が建てられています。これに登り参拝すれば富士山に登ったと同じ御利益が得ら
れるというパワースポットです。
 


再び流鉄に乗車してお隣の平和台駅へ



平和台駅は流鉄開業時は「赤城駅」でした。電車のヘッドマークには「あかぎ」が
今も健在です。

流山街道の先の大型家電量販店の裏に小高い丘が、

この丘が赤城山です。



お椀を伏せたような小山の山頂には赤城神社が祀られています。赤城神社の石碑には
上州群馬の赤城山が噴火し、土塊がここに流れ着いたと記されており、”山が流れてきた”
から流山という地名がついたという伝説があります。
鳥居の前に数百キロもありそうな見事な大しめ縄は、毎年10月氏子や自治会総勢
300人で作られるそうです。






Posted at 2018/02/25 23:41:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年02月25日 イイね!

先週の赤城

大沼でもマイナス8度、黒檜山では風も強く体感温度はかなり寒く感じられた
先週の赤城山でした。





駒ケ岳から大沼へ下って大洞赤城神社へ今年2度目の参拝です。全面結氷
した大沼を渡っておのこ駐車場方面へ、




ワカサギ釣りのテントがたくさん出ています。釣ったワカサギは湖畔のお店で天ぷらに
調理していただけます。


帰り道、前橋市三夜沢町にある赤城神社のもう一つの本宮、三夜沢赤城神社へ
も参拝する。赤城山の山腹、杉の大樹の奥に厳かな雰囲気の社殿が鎮座
しております。




手水舎は神池の中にへせり出した場所にあり、手水舎で清めている際足元で
鯉が泳いでいるという他ではお目にかかれない手水舎です。周囲の木々が水面に
映りとても神秘的です。




拝殿の石段から振り向くと鳥居の先に続く松並木の彼方に富士山が望める筈ですが、
この日は生憎の空模様で見えませんでした。次の参拝のときはポリタンク持参で
やって来よう。神池へ注ぐ湧水(御神水)がお目当ての参拝者もいらっしゃいました。

Posted at 2018/02/25 23:21:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年02月01日 イイね!

simple gifts

28日日曜日、桐生市民文化会館の4階から撮影した赤城山です。
右の峰から、主峰の黒檜山、駒ケ岳、地蔵岳、荒山、横を向いたゾウのような
形の鍋割山です。こちらからは富士山も見えます。


↑が、 桐生市の富士山(ふじやま)標高164m です。 以前チャリを担いで
登頂した事があります。こちら→上電@以前のブログ


群響の第44回東毛定期を聴いてきました。


 ジョン・ウィリアズ;映画《ハリーポッターと賢者の石》組曲から
 プロコフィエフ;ピアノコンチェルト 第3番 ハ長調 作品26
       休憩
 コープランド;バレエ組曲《アパラチアの春》
 ガーシュウィン;パリのアメリカ人

ジョン・ウィリアズと云えば映画音楽の巨匠、「スターウォーズ」シリーズ、「ET」
「インディジョーンズ」「スーパーマン」などの映画の音楽でお馴染みの作曲家・
指揮者。群響の定期演奏会プログラムを見た時からこのアメリカ音楽の公演は
とても楽しみでした。バレエ組曲《アパラチアの春》もガーシュウィン《パリのアメリカ人》も
アメリカ音楽、プロコフィエフもこの曲を初演したのは亡命先のアメリカのシカゴだから
アメリカ音楽にしまいましょうか。

そのプロコフィエフの協奏曲の中でいちばん有名な第3番 ハ長調、そしてこの日の
目玉は、”ピアノ王子”こと牛田智大クンの群響との共演です。 前日の定期も
すごい評判だったようです。
プロコフィエフはどうも苦手でしたが、評判どおりの力強く素晴らしい演奏で聴き
入ってしまいました。アンコールはプーランクの即興曲「エディット・ピアフを讃えて」
王子は現在18歳ですがその表現力はずば抜けてすばらしいですね。 
https://www.youtube.com/watch?v=PhJFY9ekTzM



休憩後の後半プログラムは、コープランド《アパラチアの春》、ガーシュイン《パリの
アメリカ人》どっちも好きな曲です。バレエ組曲《アパラチアの春》はアパラチア山地で
キリスト教プロテスタントの一派シェイカー教を信奉しつつましく暮らす開拓者たちの
祈りと生活を抒情豊かに描いたバレエの音楽。その7曲目ではシェイカー教の聖歌
としてお馴染みの"simple gifts"が演奏されます。

神様からのささやかな贈り物とでも訳されるのでしょうか。最近ではオバマ大統領の
就任式におけるイツァーク・パールマン(vn),ヨー・ヨー・マ(チェロ)らの演奏が記憶に
新しいですが、アメリカの偉大なフォークソングです。



《アパラチアの春》の終曲は讃美歌のような静かな祈りの調べで終わります。マエストロ
が指揮を終えると、飛び出し拍手も無く1秒ほど感動的な静寂がありました。ちょっと
判りにくい曲の終わりかただからかもしれないが、この静寂は予想外の感動でした。素晴
らしい演奏後の余韻も音楽の一部ですからね。


こちらのダンスパフォーマンスも”simple gifts"の旋律に新たな歌詞が付けられた
賛歌がアイルランド・リバーダンスのショーで演奏されています。マイケル・フラットレー
の《Lord of the Dance》です。

アイリッシュダンスのダンサー、マイケル・フラットレーは昔ザ・チーフタンズのツアーの
メンバーでした。頂き物の青いディスクなのでずっと観る事ができません。DVDディスクは
もっぱらPCのDVDドライブで観ているが、TVの傍にあるレコーダーの操作がさっぱり
わからないアナログジジイです。

Posted at 2018/02/03 23:32:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

 ご覧いただきありがとうございます。 jumar です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

お友達

 
1 人のお友達がいます
ekカスタム8219ekカスタム8219 *

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

スバル ステラ 呑龍丸 (スバル ステラ)
富士重工 太田のステラ(RN 2)最終型とGH 8に乗っています。 太田市押切町の ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.