• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

moro2014のブログ一覧

2017年06月25日 イイね!

昭島モリパークアウトドアビレッジへジムニーで出掛けました

昭島モリパークアウトドアビレッジへジムニーで出掛けました関東地方も、いよいよ本格的な梅雨が始まり、本日も朝は結構雨が降っていました。が、昼間は雨が降らないようなので、昭島のモリパーク内にある、アウトドアビレッジへ出掛けました。

望遠レンズを入れていたバックパックがいよいよ壊れてきたので、新たに専用に使うバックパックを購入することにし、昨日購入しました。
先般ダッフルバックの代用として購入したバックパックと同じメーカー、ミステリーランチ社製のものです。
ハンティング用に作られた、獲物を挟んで搬送可能な、バックパックとしては特殊な部類に入るものですが、この獲物の代わりに望遠レンズと三脚、更に折りたたみチェアを挟んでそのまま担げそうだったので、昨日原宿にあるこのミステリーランチの製品を輸入している商社が展開するミステリーランチ専門ショップで、実際にフィッティングしてもらって担いで、非常に具合が良かったので、購入したものです。
自宅に戻り、ウォーターボトルホルダーが無いのに気づいたので、この商社の昭島店があるアウトドアビレッジにでかけ、貰ったポイントを利用して、無料購入してきました。



1)昭島にあるアウトドアビレッジに到着。ここは国内の最大アウトドアブランドモンベルや、ノースフェース、コールマン、コロンビア等のブランドショップが集合したモールのような構成になっています。


2)屋内イベント会場では昨日、本日と昭島ハンサムジャンクと称する多摩エリアのハンドメイド・ワークショップ・アンティークショップ等80組の出店が行われていました。


3)そして、購入したバックパックを扱うA&Fカントリーのショップ。各メーカーのショップが並ぶ中、珍しく、アウトドア製品を輸入する会社のショップです。バックパックでは、ミステリーランチの他グレゴリーなども扱っています。


4)今回わざわざ出掛けて購入したボトルホルダー。と言っても昨日購入したパックの購入ポイントで、無償購入できました。


5)パックのウエストベルトにホルダーを取り付け、ウォーターボトルも入れてみました。


6)パックを側面から見たところ。背負子にパックが括り付けられた構造になっています。背負い心地は、フィッティングが正しくされていれば、しっかりしたウエストベルトとショルダーベルトで最適にパック重量が分散され、すこぶる良いです。


7)背負子には左右にチューブポケット付いている背面シートがかぶせられている。この背面シートとU字構造でパック気室本体が接続されているので、ここに望遠レンズ、三脚、折りたたみ椅子等の重量物をそのまま挟んで固定できる。背負子部分は分離されたフレームで構成されているため、挟んだものや気室内のものによる影響を受けにくいです。この程度の重量物は全く問題なく運べます。


8)アウトドアビレッジ内にはクライミングウォールも設置されています。


9)各ブランドショップを一回りして、最後にコーヒー屋さんでコーヒーブレイク。余りにも人が多く、どうしても顔が写り込んでしまうため、各ブランドショップの写真は撮りませんでした。


10)駐車場に戻ってきました。日曜日で非常に人出が多く、通常の駐車場が満杯で、臨時駐車場に駐車しました。そのせいか駐車料金は無料でした。おっと・・・背後になにやらフォード車が・・・・。



11)フィエスタがいました。ダッシュボードにぬいぐるみが置かれていることから、オーナーは女性の方かもしれません。


12)それでは自宅に戻ります。25km程度の距離ですが、来る時は渋滞でノロノロがつづき、1時間半、帰りはさらに渋滞が酷く、2時間程掛かってしまいました。



一般的なバックパックは、車のモノコック構造の様に、気室そのものがバックパックの構造体を形成しているため、数日間の行程で食料や飲料水、燃料等が減ってくると、パッキングの状態が大きく変わり、背負い心地も大きく変化するのが欠点の一つです。
しかし、今回購入したバックパックは言ってみれば、ジムニーのように、ラダーフレームにボディが乗っているが如く、背負子にパック本体を括り付ける構造になっているのために背負うもののパッキング状態が変化しても、背負い心地が変わりにくいのが特徴です。また、重量物が容易に背中近くにパッキングできるので、重心の関係から、実際に背負った時の重量感が軽く感じられるのも特徴です。
これで、ジムニーをデポして、そこから撮影トレッキングにも出かけやすくなりそうです。夏だと日陰が前提になりますが、秋から冬にかけての野鳥撮影などでは行動範囲が広がりそうで今後に期待です。
Posted at 2017/06/25 19:08:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月16日 イイね!

ジムニー奥多摩林道ツアー2

ジムニー奥多摩林道ツアー2昨日ジムニーのホイールとタイヤの交換をしたので、さっそく東京、奥多摩町の林道を走りに出かけました。
既に梅雨の期間に入っていますが、本日も晴れの天気。これを逃す手はありません。少し早起きして、前回走れなかった林道を走ることにしました。
天気予報では、午前中は晴れるものの、午後からは不安定になり、奥多摩でも雷雨となるとなっていましたので、全て午前中に済ます行程としました。

平日の午前中で、1時間半もあれば帰宅できます。10時半までに切り上げれば、お昼には帰宅できるはずなので、林道川乗線、林道日向沢線、林道倉沢線、林道入川線、林道真名井線の5本を走ることに決定。



動画①




1)最初に奥多摩駅の先の日原街道から林道川乗線へアクセスします。入口は柵で閉じられていますが、カギはかかっていないので、入ることができます。柵にも進入禁止とは掛かれていません。開けたらちゃんと閉めてから走り始めます。


2)暫くは舗装路が続きますが、切通しがあったり、薄暗く、深い森の中も走るなど、中々趣のある林道です。


3)暫く走ると、川苔山への登山道があります。林道入口の柵の脇にはバス停があり、土日は、沢山の登山者がこの林道を歩いているので、注意が必要です。自分も昔このバスとこの林道を使って川苔山登山をしたことがあります。


4)舗装路が終わってダートとなってからしばらく進むと、分岐点があり、左折すると林道川乗線、直進すると日向沢線です。先ずは左折して川乗線を進みます。


5)林道川乗線の終点に到着。わさび田へ続く作業用モノレールが設置されていました。


6)先ずは終点の広場でUターン。




動画②




7)今来た道を戻って、先ほどの分岐を林道日向沢線方向へ向かいます。


8)分岐に到着。ここを進みます。




9)林道日向沢線の現在の終点踊平トンネル。


10)踊平トンネルを出てすぐ日向沢線は終わります。


11)それは、大規模崩落による通行止め。これからも、この状態で放置されたままとなるようです。




動画③




12)それでは、広場まで戻って一休み。直ぐに今来た道を戻ります。




動画④




13)林道川乗線の入口まで戻ってから日原鍾乳洞方面へ向かい、林道日原線との分岐を右側に進むと林道倉沢線となります。


14)切通しが数か所あり、沢に沿って進む急な登りが続く林道です。路面もウネっていて、走るのが楽しいです。


15)林道倉沢線の現在の終点魚留橋。橋の入口左側部分の路面が陥没していて、四輪車が走行可能なのは此処までです。この先も、崩落が続き、歩行でも結構きつそうです。


16)ジムニーも走行可能なのは此処までです。




動画⑤




17)さて、それでは今来た道を戻ります。その後は林道入川線へ向かいます。




動画⑥




18)林道入川線の終点部。珍しい、渡河林道です。ここを越えます。


19)終点の広場にはたき火をした跡が何か所もあります。


20)さて、もう一度川を渡って戻ります。




動画⑦




21)R411から川井の交差点を左折してK202を進み、そして、本日最後の1本林道真名井線に入ります。


22)走り出し部分は、緑深い林道です。


23)どんどん高度を上げていくと、開けた部分に出ます。良い眺めです。


24)林道真名井線の終点到着。


25) 規制線の先も林道は続いていますが、4輪で走れるのは此処までです。



動画⑧




26)元来た道を折り返し、林道真名井線の入口に到着。本日はこのまま自宅へ戻ります。




東京の林道の地形的特徴として急坂を登るものが多いようで、ダートの路面も適度にうねっている場合が多いようなので、距離は短くても、走っていて楽しいです。
ただ、本日だけでも、落石をどけないと走行できない部分が2か所あり、今回は往路の時点で遭遇しましたが、新しい落石のようでした。完抜けせず、折り返しとなる林道が殆どのため、復路で大きな落石に会うと閉じ込められるリスクが倍になるので、その部分が気になりました。

予定通り、10時半に5本の林道を走り終え、そのまま12時に帰宅できました。
兎も角、不安定な天気になる前に戻ってこられました。
全走行距離170km程度でこれだけ楽しめたので、満足です。
今後も東京の林道を走るのが楽しみです。
Posted at 2017/06/16 20:59:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月15日 イイね!

ジムニーのホイールとタイヤ交換完了

ジムニーのホイールとタイヤ交換完了先般の奥多摩の林道走行で破損したホイールとそれに併せたタイヤの交換を、本日タイヤ屋さんで済ませてきました。
ホイールについては、結果的に純正ホイールとの交換で1本3万円強、タイヤについてはA/T-Sが廃品となったことから、新グレードA/T G015 4本交換で6万円弱の出費となりました。

パターンが少し細かくなったように感じました。乗り心地は大きくは変わりませんが、舗装された一般道では、少ししっとり感が出た(ダートも併せて走る前提のマイ・ジムニーでこんなこと言ってもあまり関係ないかもしれませんが、)感じです。スペアタイヤについては、全然使っていないので、鉄ホイールにA/T-Sを履いた現状品をそのまま使います。

ついでに冬タイヤについても確認してきました。今まで履いていたI/T-Sは、5シーズン目なので今秋交換予定なのですが、こちらはジオランダー自体が廃番になり、アイスガードSUVに統一されるようです。今は、スペアタイヤ含めて5本全てがI/T-Sですが、こちらもスペアは全く使用していないので、緊急用と割り切って現状のまま使用予定(雪道でスタッドレスがパンクした経験は無いですが、春先の林道で使用する場合のリスクはあります・・・・)です。

1)タイヤは4本全て新品。ホイールはこの1本が新品となりました。傷のないホイールはこれだけ、他の3本、割れは無いものの、全て林道走行で傷だらけ。これも直ぐ傷だらけになるのは間違いないでしょう。タイヤ側面には、A/Tの外、G015の文字が見えます。パターンに小変更がある度に品番が変わるのだろうな。

2)パターンが変わりました。少し細かくなったように見えます。舗装路でしっとり感が少し出たのは、このためかも。ダートでの土詰まりや食い付きを考えるとどうなのかな。



これで、タイヤとホイールが直り、走行可能になりましたので、近く、再び奥多摩方面の林道へ出掛けようと思います。本日は天気が良いので、そのまま出かけようかとも思いましたが、所要があるのであきらめました。
Posted at 2017/06/15 12:14:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月08日 イイね!

KUGAに車内温度計を取り付け

KUGAに車内温度計を取り付けKUGAには元々車外温度計が付いていて車外温度表示が行われますが、車内の温度表示についての機能はありません。
そこで今回アマゾンで購入した安い温度計を車内に取り付けました。

通常の状態では、年間常に設定している23℃にしておけば特段問題はありません。
しかし、真夏の晴天の状態で、自分が良く行くような標高の高い場所では、車外温度が設定温度に近いかそれ以下になることが結構あり、この状態ではエアコンの稼働が弱くなり、車内温度は相当暑くなります。

エクスプローラーの時から同様な状態であり、このような時は設定温度を低くするなどして対応していますが、実際にどの程度まで温度が上昇するのか知りたいという単なる興味が取り付け理由です。

1)元々、機器内組み込み用の温度計のようなのですが、穴をあけるのが嫌なので(加工が面倒というのが正しいかも)、両面テープで固定しました。


2)Accに連動したUSBコネクターで電源を供給しているので、エンジンのON/OFFに連動して電源が入ります。


3)センサーは、人の座る位置に近いことを考慮してセンターコンソールのひじ掛け蓋を閉めると隠れる部分に取り付けました。


4)エアコンを作動していると、表示温度が下がってきました。


5)やがて設定温度とほぼ同様の温度になり、安定してきました。




テストで、ほぼ設定温度に近い室内温度表示がされるのを確認できたので、取り付けはこれで良しとします。
それでは、標高が高く真夏の晴天状態で気温が低い場所ではどのような室内温度が表示されるのか、遊びに行ったときにでも確認することにします。
Posted at 2017/06/08 23:20:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月08日 イイね!

ジムニー奥多摩林道走行の顛末

先日の林道走行で変形したホイールの修理についてタイヤ屋さんから連絡が着ました。

やはりホイールにクラックが発生しているので、修理は不可。さらにタイヤについても、ゴムには大きな傷は無いが、大きな力が掛かって内部スチールが切れている可能性があるので交換した方が良い(後で膨れが出る可能性あり)との診断でした。
ホイールについては、純正を1本購入した方が激安4本より多少安いとのことで、変形した1本を交換することになりました。





ここで、タイヤですが、運悪く、モデルチェンジになっていて、現在履いているA/T-Sは廃品となってしまったとのこと。新たにA/T G015というモデルになったそうなので、タイヤ1本だけの交換だとバランスが悪いので、前側2本購入と考えましたが・・・・4年目で、結構減っていて、そろそろ交換をと考えていたので、結局4本購入することにしました。緊急用スペアは新品状態なの今のものを使います。更に運悪く今月からタイヤは値上げ・・・・。

結局9万円弱の出費となってしまいました。痛い!! 

Posted at 2017/06/08 13:09:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「XBEE用パンク時対応タイヤ&ホイール http://cvw.jp/b/2154124/41744230/
何シテル?   07/20 22:02
moro2014です。よろしくお願いします。 今までは、フォードクーガと、林道での遊び道具として、近場の買い物の足として、スズキジムニーに乗っていました。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

KUGA Morning Cruise 5th at Mt.Fuji Return にXBEEで参加しました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/21 21:44:54
CCAテスター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/13 21:28:29
セミ。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/02 15:36:17

お友達

今度のメイン使用車となるクロスビーは、色々な情報が巷に出てくると思います。皆さまとお友達になって、色々情報交換させて頂ければと思います。

33 人のお友達がいます
ロボ部長ロボ部長 * asagiasagi
kuro_gokuro_go ブルーベリーなカーライフブルーベリーなカーライフ
がっちょ!がっちょ! scottieescottiee

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ クロスビー スズキ クロスビー
小型で楽しい車を探していたところ、新たに発売されたクロスビーを見て気に入り、乗ったら楽し ...
フォード クーガ フォード クーガ
フォード クーガに乗っています。 フォードのSUVは2000年の初期型エスケープ(V6 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
過去所有のエクスプローラーのサブとして購入しました。高速道路走行、渋滞時走行を想定してA ...
フォード エクスプローラー フォード エクスプローラー
初期型クーガから乗り換えました。 販売を知って、スタイルを見て、これしかないという気持ち ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.