• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
カスタマイズの情報発信基地 「COCKPIT PRESS」も要チェック!
  • COCKPIT PRESS
  • カスタマイズカー検索
  • 店舗検索
  • 商品・サービス
  • SALE情報
  • KIZUNA STORIES
足回りの交換時にはぜひアライメントを

cockpitのブログ一覧

2018年07月24日 イイね!

まずはブラスト処理して作業進行。ブレーキ固着&ハブベアリングのガタ修理。

まずはブラスト処理して作業進行。ブレーキ固着&ハブベアリングのガタ修理。錆はやっぱり大敵だと思う、
こんにちは、
ブログ担当のピッ太です。

コクピットみんカラブログ、
さて今回は、
ムーブの修理を
コクピットエイジの
レポートでご紹介します。

ブレーキの固着と
ハブベアリングのガタを
新品パーツも使用して
修理していきますが、
なかなか大変そうですね。
それでは〜


「コクピットエイジ」より、
「ムーヴ、
 ブレーキの固着 and
 ハブベアリングのガタ」

本日ご紹介のお車は、
ちょっと古いお話ですが4
月にご来店いただいたムーヴでございます。
(車に雪が積もっておりますw)

alt

既に、ブレーキの固着と
ハブベアリングのガタがございまして

・ブレーキディスク

・ハブベアリング

・スライドピン

・キャリパーO/Hキット

等々を用意いたしました。

alt

早速作業に取り掛かりたいのですが
固着してしまっているキャリパーサポート。

alt

このままでは作業が進まないので
”ブラスト処理”です!

alt

ピストンブーツ取付部分も”ブラスト処理”。
O/Hキットを使い、
ピストンを戻しブレーキは完成です。

alt

お次は左右のナックルを取り外し
ベアリング交換ですが・・・

alt

“定番”のABSセンサーの固着ですw
小樽の車は“大概こんな”なんで
「またか~」って感じですw

“外れないのはしょうがないので”
このまま“強行突破”です!!ww
「ABSセンサーを傷つけないように」
“慎重に!慎重に!”
“ハブ”側が抜けまして

alt

”定番”の
“インナーレース”残りです。

alt

”タガネ”でコンコン叩きつつ
ストーブの上で”チンチン”に温めれば

alt

“あら不思議w”
キレイに”インナーレース”が取れまして
ナックルに残ったベアリングも
“慎重にプレスにかけ”取り外し♪

alt

続けて、新品の圧入!

alt

ナックルに組み込み完了し

alt

ハブを圧入すれば、ベアリングは完成!

alt

alt

ナックルを戻し
ブレーキローターやブレーキを戻し、
すべての作業が完了です!

alt

この度のご利用、誠にありがとうございました。

この記事紹介は
コクピットエイジのホームページ内のブログ、
「☆PIT作業レポート☆」からのピックアップですので、
そちらもごらんになってくださいね。
ちょこちょこ更新され、ほかにもおもしろいネタが
たくさん掲載されてますよ〜
お問い合わせもコクピットエイジへお願いします。

それとコクピットエイジのホームページでは
カスタマイズを施した魅力的なデモカーや
オーナーズカーを紹介しています。
メーカーや車種別に検索できますので
ぜひご利用ください。コチラからどうぞ。

こ〜んな作業や商品のお取り付けは
ぜひコクピットにお任せください。
お近くの店舗検索なら、こちらからですよ〜


コクピットエイジのホームページはこちらをクリック!
カスタマイズからメンテナンスまで、
役に立つ情報満載のコクピットのホームページ
「COCKPIT PRESS」はこちらをクリック!

Posted at 2018/07/24 20:01:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | サービス | 日記
2018年07月24日 イイね!

レクサスRC-Fにウワサのレイヤードサウンドを取り付け。ON/OFFスイッチが妙にカッコイイ!!

レクサスRC-Fにウワサのレイヤードサウンドを取り付け。ON/OFFスイッチが妙にカッコイイ!!
バックミュージックに合わせ
ときどきクルマの中で
大声で歌ってしまう、
こんにちは、
ブログ担当のピッ太です。

あ、もちろん
ひとりのときですよ。

コクピットみんカラブログ、
さて今回は、
純正オーディオに
組み合わせるだけで
さらなる上質な
リスニング空間を実現するという
レイヤードサウンドについて、
スタイルコクピットフィールの
レポートでご紹介します。

今回はレイヤードサウンドを
正しくインストールするための
研修のほか、
デモカーとなるRC-Fへの
装着を行いました。
見ためはまったく変わらないところも
レイヤードサウンドの魅力ですね。
それでは〜



「スタイルコクピットフィール」より、
「LAYERED SOUND取扱い開始
 & 試聴デモカー作成しました ♪♪♪」

フィール日記をご覧のみなさま、
こんにちは。

今 話題の音響システム
LAYERED SOUND(レイヤードサウンド) 

当店、スタイルコクピットフィールでも
LAYERED SOUNDの取扱いを開始しました。

alt

LAYERED SOUNDの取付およびサウンド調整は
「LAYERED SOUND Certification Program」
研修を受けて認定された
「インスタレーションマイスター」
「サービスクオリティマイスター」がいる
正規取扱店でなければ
その性能を最大に引き出す事が出来ません。

alt

今回は
「LAYERED SOUND Certification Program」
の研修とともに
その素敵なサウンドを
お客様に聞いて頂ける様
デモカーを作製します。

alt

取付する実車を分解しながら
理論や最適な取付位置や取付方法を
研修していきます。

alt

デモカーとして
LAYERED SOUNDを取付けするのは
LEXUS RC-F で
プレミアムサウンドシステム装着車両。

乗車時に音楽を聞いていても
特に不満は感じてはいません・・・
 ※舘の個人的な感想です。

alt

まずは必要な部位を分解していきます。

alt

車両の分解と配線の接続しながら
研修も同時に行っています。

alt

結構いろいろな場所をバラしていますネ・・・(汗

alt

今回のRC-Fはトランクからリアシート
フロントのオーディオ近隣も分解しています。

alt

取付はバッチリ完成。
フロントピラーに
サウンドドライバーが装着されていますが
組み立てちゃうと 全くの純正状態です。

alt

アンプ部は
セッティング時以外、あまり触らないので
グローブボックス内に収納しました。

alt

ON/OFFスイッチは
センターのリモートタッチ近隣に取付。
“ガッツリ”穴を開けています。

デモカーとして お客様に聞いてもらう場合、
切り替えのしやすい位置に
スイッチのある方がいいかなぁ・・・? と思い
思い切って“穴”開けちゃいました (笑

alt

取付作業の終了後、
作動をチェックしてから
セッティングディスクを聴き、
アンプ部の調整を触ってセッティング。

alt

セッティングの終了後、
フィール みんなで試聴会 ♪♪♪
・・・ !!
音の透明感が全然違う !!
文で表現するのは めっちゃ難しいのですが
素敵なサウンドに変化しています ❤

alt

最後に
LAYERED SOUND(レイヤードサウンド)
のステッカーを貼って・・・

alt

「LAYERED SOUND Certification Program」
の研修と デモカーの作成はバッチリ終了です。

alt

LAYERED SOUND(レイヤードサウンド)
実際に聴いてもらうのが一番!!
お気に入りの CD や DVD を持って来て
是非 その素敵なサウンドを体感してみてくださいネ ♪
 
 ※デモカーは個人所有の車両なので
  出勤日以外は店舗にありません。
  お手数ですが、
  事前にお電話でのお問い合わせ、
  試聴日のご予約をしてください。

よろしくお願い致します。

この記事紹介は
スタイルコクピットフィールのホームページ内のブログ、
「フィールの日記♪」からのピックアップですので、
そちらもごらんになってくださいね。
ちょこちょこ更新され、ほかにもおもしろいネタが
たくさん掲載されてますよ〜
お問い合わせもスタイルコクピットフィールへお願いします。

それとスタイルコクピットフィールのホームページでは
カスタマイズを施した魅力的なデモカーや
オーナーズカーを紹介しています。
メーカーや車種別に検索できますので
ぜひご利用ください。コチラからどうぞ。

こ〜んな作業や商品のお取り付けは
ぜひコクピットにお任せください。
お近くの店舗検索なら、こちらからですよ〜



スタイルコクピットフィールのホームページはこちらをクリック!
カスタマイズからメンテナンスまで、
役に立つ情報満載のコクピットのホームページ
「COCKPIT PRESS」はこちらをクリック!

Posted at 2018/07/24 17:01:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーディオ・ナビ | 日記
2018年07月24日 イイね!

アライメント調整、たくさん作業中です!!

アライメント調整、たくさん作業中です!!少し曇っていたので
油断して外に出ていたら、
頭がボーッとしてきて、
これはマズいと思った、
こんにちは、
ブログ担当のピッ太です。

やっぱり今日も暑いですね。

コクピットみんカラブログ、
さて今回は、
アライメント調整の様子を
コクピット荒井の
レポートでご紹介します。

おクルマの基準値に
しっかり調整するアライメントから
お客さまのこだわりを反映させる
独自の作業まで、
アライメント調整のことなら
コクピットにおまかせくださいね。

走りに気がかりなフィールがあるときも
ご相談いただきたいですが、
足回り交換や再セッティング、
修理などのあとはぜひ調整しましょうね。

そうそう、
ホイールエクステンダーによる
アライメント作業も好評ですよ。
それでは〜


「コクピット荒井」より、
「This Weeks アライメント」

メルセデス・ベンツEクラス、
足廻り交換後、仕上げのアライメント調整。

alt

クラウン、ローダウン車、アライメント調整。

alt

スズキ ハスラー、
鈑金修理後、仕上げのアライメント調整。

alt

サーキット走行を楽しむ86、
こだわりのアライメント調整。

alt

ランサー EVO X、
足廻り部品交換後、仕上げのアライメント調整。

alt

30プリウス、アライメント調整。

alt

スバル GD インプレッサWRX、
足廻り交換後、仕上げのアライメント調整。

alt

メルセデス・ベンツEクラス、
1G締め付け後、仕上げのアライメント調整。

alt

ホンダ DC5 インテグラタイプR
アライメント調整 ・・・のはずが、
タイロッドのガタありで、また後日!
トラブル解消してからアライメント調整を致します。

alt

納車間もないトヨタランクルプラド、
アライメント調整。

alt

ローダウン 50 プリウス、アライメント調整。

alt

JAOSのリフトアップキット装着済の新型ハイラックス!
仕上げのアライメント調整。

alt

トヨタ ノア、タイヤの偏摩耗にて入庫
アライメント調整。

alt

alt

こういったタイヤの内減りは危険です。
気が付かないとバースト事故の危険性が・・・

スバル GRB インプレッサ、
足廻り交換後、仕上げのアライメント調整。

alt

新型スイフトスポーツ ZC33S、
先日 CUSCO 車高調に交換後、
仕上げのアライメント調整。

alt

1台 1台丁寧に仕上げさせていただきます!
アライメント調整ご利用頂き
誠にありがとうございますꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
ご予約はお電話、またはご来店にて!!

この記事紹介は
コクピット荒井のホームページ内のブログ、
「メカニック日記」からのピックアップですので、
そちらもごらんになってくださいね。
ちょこちょこ更新され、ほかにもおもしろいネタが
たくさん掲載されてますよ〜
お問い合わせもコクピット荒井へお願いします。

それとコクピット荒井のホームページでは
カスタマイズを施した魅力的なデモカーや
オーナーズカーを紹介しています。
メーカーや車種別に検索できますので
ぜひご利用ください。コチラからどうぞ。

こ〜んな作業や商品のお取り付けは
ぜひコクピットにお任せください。
お近くの店舗検索なら、こちらからですよ〜


コクピット荒井のホームページはこちらをクリック!
カスタマイズからメンテナンスまで、
役に立つ情報満載のコクピットのホームページ
「COCKPIT PRESS」はこちらをクリック!

Posted at 2018/07/24 14:01:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | アライメント | 日記
2018年07月24日 イイね!

フェアレディZ Z34のトラスト・オイルクーラーキット取り付け物語。

フェアレディZ Z34のトラスト・オイルクーラーキット取り付け物語。こんなふうに
クールダウンできる
アイテムを身につけて
涼しく過ごしたい、
こんにちは、
ブログ担当のピッ太です。

コクピットみんカラブログ、
さて今回は、
少しでも涼しくなればと(!?)
Z34のオイルクーラー取り付けを
コクピット福島の
レポートでご紹介します。

イレギュラーなことも
ちょこっとあったようですが
無事装着。
それでは〜


「コクピット福島」より、
「フェアレディZ34に
 オイルクーラー取り付け物語!」

数日間にわたって行った、
Z34 フェアレディZに
トラストのオイルクーラー取り付けをしています。

alt

まずは1日目の様子をお伝えしますね。
Z34はマニュアルです。
今回はトラストのオイルクーラー
左右に付けるタイプをセレクトして頂きました。

名称はサーキットスペックで
コードは12024635 定価税別¥168000の商品です。

alt

13段のを左右に分けて設置しまして、
またサーキットスペックは
風がダイレクトに当たるように
導風板も付属となっております。
またオイルブロックもホースも専用ステーも
すべてついてこのお値段!
本格的なのに左右ダブルなので
かなりリーズナブルと思いました。
エレメントは別売りですね。

alt

ちなみにサーキットスペックでないタイプは
この導風板が無いので、
オーバークールを避けたい方は
導風板が無いタイプが良いかと思います。

また純正ウォッシャータンクは外してしまうので、
タンクが無くなってしまいます。
無くしてしまうと車検も通りませんし、
雨、泥、コースアウトした時などに
フロントガラスを洗えませんので、
そのまま外した状態で走っている方も
いるらしいのですが
ここは基本としてバッグ式のタンクを
空きスペースに付けることにいたしますね。

alt

alt

フェンダープロテクターも
加工しての取り付けとなりますので大工事の予感!

数日かけて、しっかりと取り付けしたいと思い、
スタッフと1レーンを専用にキープし
コツコツとやっておりましたので、
その様子をお伝えいたしますね。

一気にやればもっと早く仕上げられるのですが、
他の車両でタイヤ交換や整備なども
同時にこなしていたので、
Z34オーナー様にはお時間を頂いておりました。

というわけでは、始まりから途中までの画像です。

alt

alt

1日目はここまででした。

そして2日目です。
ちょっとPITが混んできてしまい、
スタッフが専属でつけなくなってきました。
2日目はちょっとだけの進行状況です。
オイルクーラーの取り付けは完了し、
導風板を組み立てました。

alt

風の気持ちになって、
通り道の画像を撮ってみました。

alt

それから、
ウォッシャータンクも外したので記念撮影。
かなり大きくて、これに満タンに
ウォッシャー液を入れたら相当重そう! 
3リッターぐらい入るのかな?

alt

ウォッシャータンクは
このような保冷パックみたいなのに変更して
バンパーの中に隠して付けます。

alt

次はオイルブロックをつけて、角度を調整。
ホース出口を直角にすると別のホースに当たるので、
30度ぐらい斜めにしてホースを逃がしました。

ホースはステンメッシュに耐火性の布で覆ってあるので、
このままでも心配ないのですが、
万が一クラッシュして下回りを引きずった時の為に、
オイル漏れ防止でコルゲートチューブでさらに補強しました。

チューブを巻かない方が、ホース自体も風で冷えるので、
冷却効果は高いのですが、クーラーが左右にあるので、
冷却はコアに任せて、
ホースはやはり事故の時の為に補強させて頂きました。
もっと冷やしたいときにはチューブは取りますね。

alt

alt

alt

スタッフTが写っております。
スタッフSのサポートをしていました。

オイルブロック画像がまだでしたね。
失礼いたしました。
美しいです。
オイルエレメントは
トラストの専用エレメントです。

alt

エレメント交換は必ずこれをチョイスしてください・・・
とトラストさんからのアドバイスです。
品番はOX-01となりますね。

こちらのオイルブロックには
センサーのサービスホールはありません。
あれば、同時進行だったので
油圧と油温のセンサーだけでも
取り付けておきたかったのですが
それは付いていなかったので、
今回はオイルクーラーのみの設定となります。

ちなみにこのオイルブロックには
サーモスタッドが付いているので、暖機運転で
温度変化もしやすくなっているので良かったです。

alt

以上、2日目の作業はここまでとなりました。

そしてとうとう仕上げの日になりました。
毎日少しずつの作業なので、本当は一気に仕上げたい・・・
とスタッフがこぼしていましたが
とうとうラストスパートとなりました。

しかーーし、そんな時に
「あれ?バンパー付かないじゃん!」
ということが起こりました。

alt

それはエアバッグセンサーの
左右のブラケットがぶつかってはまらないのです。
最初、オーナーさんがトラストさんを選ぶまえに、
各メーカーを調べたそうです。
導風板付きのオイルクーラーは
フォグランプ付きはNGということでした。

当初「なぜ?」と聞いても
各メーカーさんわからなかったらしいのですが、
このブラケットでさえ当たるので、
フォグランプなんで絶対NGですよね。

alt

またサーキットスペックはNGで
サーキットスペックでないのは大丈夫というのも
この導風板の有り、無しで逃げが全然ちがうので、
それで各メーカーはNGを出していたことが分かりました。

ただ、トラストさんは、実は当初
「フォグランプ付いていても大丈夫です」とのことでした。
なので、どっちにしてもフォグランプは無いし、
ただ、ブラケットでフタがしてあって、
その裏にはエアバッグのセンサーがついているぐらいだから、
大丈夫だろう・・と思ってトラストさんにしたのですね。

そうしましたら、このブラケットをとって、
エアバッグセンサーをどこかにまとめればOK///
すなわち、フォグランプを取って
取り付けと同じことになったので
やはりトラストさんのオイルクーラーサーキットスペックも、
他のメーカーさんと同じ・・ということがわかりました。

結果、バンパーのフォグの部分がガラーーンと開き、
また、センターダクトの両端も2cmぐらい広くなって
導板板にはいる風の量はかなり多くなるので、
クーリング効果は絶大となりますね。

ちなみにこのエアバッグセンサーは室内のではないそうで、
ポップアップエンジンフードのエアバッグのセンサーでした。
事故ったときにエンジンフードの
ガラス側の両端にあるエアバッグが膨らみ
人間がガラスに当たって受けるダメージを少なくしてくれる、
相手に優しいエアバッグですね。
そのセンサーでした。
このセンサーをブラケット無しで移動し、
ブラケットは外してバンパーを
空洞にして取り付けて完成となりました。

alt

エンジンもかけて、ジョイントのオイル漏れはなく、
また今回はオイルは交換せず補充しましたが、
1.3リッター追加となりました。
1リッターぐらいかな?と思いましたが、
やはり多めに入ってしまいましたね。

そしてバンパーを取り付けて実走し、
圧力や温度を上げて漏れや干渉を点検し
納車の運びとなって参ります。

実走してからの結果報告はまたいたしますね。
ちなみに、ウォッシャータンクはこんな感じに・・・
カバーに穴をあけて、ゴムキャップをつけて、
タンク兼バッグのふたには取っ手をつけてみました。

alt

alt

では、また。
毎日暑いので試乗後のインプレッションが楽しみです。

この記事紹介は
コクピット福島のホームページ内のブログ、
「☆メモらんだむ★」からのピックアップですので、
そちらもごらんになってくださいね。
ちょこちょこ更新され、ほかにもおもしろいネタが
たくさん掲載されてますよ〜
お問い合わせもコクピット福島へお願いします。

それとコクピット福島のホームページでは
カスタマイズを施した魅力的なデモカーや
オーナーズカーを紹介しています。
メーカーや車種別に検索できますので
ぜひご利用ください。コチラからどうぞ。

こ〜んな作業や商品のお取り付けは
ぜひコクピットにお任せください。
お近くの店舗検索なら、こちらからですよ〜


コクピット福島のホームページはこちらをクリック!
カスタマイズからメンテナンスまで、
役に立つ情報満載のコクピットのホームページ
「COCKPIT PRESS」はこちらをクリック!

Posted at 2018/07/24 09:37:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | カスタマイズ | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

こんにちは! コクピットです。どうぞよろしくお願いします。 コクピットは、全国各地に71店舗を展開するプロショップ。みなさんの愛車がさらに輝きを増すようお手伝...

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

このお年頃のクルマこそLEDヘッドランプがおすすめ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/20 11:53:42
BRIDGESTONE POTENZA POTENZA S001 245/35R20 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/23 20:02:03

愛車一覧

BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
VARIS(VRS)のカーボンボディパーツをボディにちりばめ、リアにはIDINGPOWE ...
BMW Z4 ロードスター BMW Z4 ロードスター
しっかり走れるクルマへ、というコンセプトに基づいて、SPOONリジカラ、CPM REIN ...
フィアット アバルト・595C (カブリオレ) フィアット アバルト・595C (カブリオレ)
細部まで手が入ったアバルト595Cのカスタマイズ・コンセプトは、モアパワーを獲得しつつも ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
実用性は犠牲にしないことを前提に、小技の利いたエクステリアのカスタマイズと、それに合わせ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.