• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年02月05日

シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ラランドを飲む会に行ってきた。

シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ラランドを飲む会に行ってきた。 めちゃめちゃ長いし舌を噛みそうですね。
偉そうに書いておきながら僕も昨日初めて飲むまで知らなかったわけでありますが、シャトー・ピション・ラランドは、名だたる1級格付けシャトーと比肩し、ボルドーファンから絶大な支持を集め続けるシャトーらしいです。
ボルドーワインが好きなら必須教科、一般教養と言ったところでしょうか。
とにかく、シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ラランド、最高でしたのでブログにしたためます。

というわけで事の発端はちょっと前にいつものマスターから電話がかかってきたこと。
「たつくん、ボルドー好きだったよな?良いのが入ったからワイン会やるんだけど、来ない? 2007年から92年、81年まで出すよ」
もちろん二つ返事で「はい、行きます!!」と電話口で即答する僕。
で、その後はマスターから今回準備されるシャトーの説明か何かがあったんですが、(あ・・・金額聞かずに行きますって言っちゃった・・・80年代のボルドーとかいくらすんだよ・・・)という考えが頭を支配し、マスターの説明なんて全く頭に入ってきません。
それを察したのかマスター、
「普通にやれば2万5〜6千円は取るとこだけど、料理もつけて今回は特別に*****円で。こんなのしょっちゅうはできないぞ? 何年かに1回だよ。楽しみにしてて!」

*の中は各位のご想像にお任せしますが、ビックリするほど破格でした。
僕は電話口で「マジスカ、マジスカ」とリピートするだけの機械になってしまったといえば衝撃は伝わるでしょう。
この金額で90年代と80年代のボルドー飲んで奥さんの料理も食べれるとか!!
ヤバイ。神かよ。というテンションで日曜の夕方を迎えました。


この日集まったのは本職のソムリエさんやワイン通の方など、そしてど素人の僕を含めて7名。
乾杯の前にマスターが珍しく真面目な顔で真面目にこの日のワインの話をしだします。
いつもと違う雰囲気に結構緊張しちゃいました。

乾杯は南フランス、リムーのスパークリングワインから。スッキリした飲み口。
前菜
前菜もとっても美味しかった。
レストランにも負けない料理です。

本日のワイン
この日のワイン会の趣旨はざっくり、ラランドをヴィンテージごとに飲み比べてみようということ。
縦に07年、92年、81年。
そして横には07年のシャトー・モンローズ(サンテステフ)。
確かラランドもモンローズもセパージュは同じような感じだったと思うんですが(うろ覚え)、最後にマスターからサービスでシャトー・カルルマニュス(2012年)。こちらはメルロー100%で、比較用に。

ラランド(92)/モンローズ(07)/ラランド(07)
左からラランド(92)、モンローズ(07)、ラランド(07)です。つよい。

ぶっちゃけ酸味がどうとか果実味がどうとかセパージュがどうとかはよく分からないのですが、こうやって比べてみるとそれぞれに味わいが違っているのがよく分かるし、面白くて楽しいです。
あと料理が美味い。

アナゴのフリット
アナゴのフリットとかプリプリで最高でした。写真はイマイチだけど。
日本人は絶滅危惧種のニホンウナギなぞ食べずにアナゴを食うべき。アナゴ美味い。

この後にエゾシカのラグーが出てきて、ゴロゴロしたエゾシカが贅沢で、ペンネによく合う。
写真は撮り忘れました。
ここでマスターから質問。
「このラグーに一番合うワインは、どれ?」
僕も、その他のほとんどのお客さんもモンローズ(07)と答えてましたがどうやら正解だったよう。
やっぱり強い料理には強いワインというのが定石ですね。

そしていよいよこの日の主役、81年のラランドが登場。
92年は薄っすらとレンガ色に変わり始めており、07年が酸味も渋みも強くボディがしっかりして若々しく、舌へのアタックがやや強い感じとしたら、92年は滑らかで上品な円熟味というような感じ。
時間が経つにつれて滑らかさが増して、ふくよかなワインだと感じました。
「ポイヤックの貴婦人」との別名は言い得て妙。
そこからすると81年はもっとレンガ色でもっと滑らかなのかな?と思っていると、
レンガ色は92年よりも若干強いか同じぐらい。そして味わいは92年より若い!
グラスに注いで時間が経つにつれその傾向はより分かりやすくなりました。
この日僕が一番美味しいと思ったのは92年のラランド。
こういうワインたくさん飲みたい(無理)。
92年のラランドは今が飲み頃で、もし手に入るならこの2年ほどのうちに飲むべきとのこと。
そして81年はまだ力が残っているので、熟成が進むだろうとのこと。
37年も経ったワインがこんなに若々しい味わいがするなんて、とちょっと驚き。

仔羊のロースト
そして運ばれてくる仔羊ちゃんのロースト。お目にかかるのは何度目か。罪悪感が薄らいでいる。
人は慣れると罪の意識が薄れる恐ろしい生き物です。でも美味いので仕方がない。

デザート
最後はデザート。
奥様特製のタルト・タタン。
美味しかったけど、既に酔いで写真が適当すぎですね。


ワイン会の後はマスターと奥さんもエプロンを外して食事会。
マスターと交流のある日本酒ソムリエのオーナーの居酒屋へ雪崩れ込み、それからこの日参加されていたソムリエさんの所属するお店へ移動してワインを飲んで、締めはカラオケ。
普段の2倍ほど飲んだんじゃないかというぐらい飲みました。
言わずもがな今朝は本当に辛くて眠くて会社休みたかった。
でも真っ当な社会人なので這って出社しました。えらい。
シャンベルタン
3次会で飲んだジュヴレ・シャンベルタン。もちろん美味しかったです。
ブログ一覧 | 酒と食事 | 趣味
Posted at 2018/02/05 22:17:25

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

甲州にごりワイン2015八幡
812さん

シャトー・フォンタナ2014
812さん

至福の時間2
じーてーあーるさん

【◎抜群の風味◎】ジャックカシュー ...
aoshunさん

解禁しましたね。
porschevikiさん

人は行きつけのお店に辿り着くべきだ ...
たつND5RCさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@poyoyon2 さん、喜びの悲鳴にしか聞こえません!!笑」
何シテル?   07/20 17:59
ソウルレッドのNDロードスターに乗って、i-DMとG-Bowlをお供にドライビング・スキルの向上に励んでいます。 マツダの第6世代商品群が大好きです。 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

鈴鹿稽古募集 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/04 20:07:41
GYEON SilkDryer(シルクドライヤー) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/03 01:01:49
タッチアップ 仕上げ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/23 01:45:19

ファン

87 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
ついに念願のロードスターを手に入れました。 ロードスターのことは一旦は諦めてたんですが ...
マツダ アテンザスポーツ マツダ アテンザスポーツ
最初の愛車、アテンザスポーツ23S/6MTです。 中古で購入。 自分には速すぎるクルマ ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
2代目の愛車、ジェットブラックマイカのアクセラスポーツ15S/6MTです。 人馬一体を極 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.