• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月14日

昨日の日記

 ・今日はユンボ使っていて、気がついたら何か液体が出ている。オイルを疑ってみたが、エンジンオイルは規定量あり作動油もそんな垂れてはいない。良く見るとラジエターのキャップ横のホースから出ているのでLLC漏出のようだった。その時はさほど気にしなかったが、昼に再び作業していて「そういや」と思ってラジエター出口を触っても熱風が出てきてない。ボンネットあけたらファン回ってなかった。という事で作業はすぐやめて(その時はLLC沸騰してなかったのでセーフ)、ファンベルト外し。オルタを移動させれば簡単に抜けたのだけれど、ここからが結構面倒だった。外したベルトはリブ(というかコグドベルト?)が飛んで、部分的に摩擦で痩せた貧弱なベルトだった。
  外したベルトはリブ付きのでFM2*  **** year Made in USAの文字。おそらくグッドイヤーでFM2*が型式だと予想。サイズは縦横7.5㎜ぐらい、周長68cmぐらい。そこで検索するもVベルトやVリブベルトでこのサイズの物が見つからないし、FMという規格も見つからず(この時は)。しゃあないので現物持ってホムセン行くももちろん無し。農機に行ったらベルトを手に取る前におやっさんから「FMのは在庫してないよ」と言われる。この時はまだFMが規格か分からなかったので、ほんとびっくりした。在庫のM規格を調べてくれたが、恐らく無理だろうと言われて引き下がる。が、うちのユンボは調整幅目一杯でありMサイズでも入りそうな感じだった。
  どうせもう一台も同じぐらいのアワーだから注文するならまとめてと思い、もう一台をチェックするも、こっちのベルトはテンションもビンビンで外すのに苦労するほどタイトだった。ただ、刻印が付けた状態だと読めなかったので外して見たら BANDO RPF 2290  9.5×740の文字が。これで検索すると無事バンドー化学にそういう商品がある事が分かった。これで互換性は大丈夫・・・なんだが気になる事が沢山ある。
  まずどっちが標準なのか?メーカーが2種類混ぜて使っているとは考えづらいし、FMは細すぎ長すぎなので、恐らく2290か2295(ちょい長いはず)が正規だと思われる。でもなんでFMを入れたのか不明。そしてFMという規格が検索でヒットしなかった事、RPF2290も実は汎用規格品ではない事なども更に混乱の元である。恐らくだが、バンドー化学が汎用じゃない特殊規格のベルトを作る(そもそも規格があっても三つ星とバンドーでサイズが違うなど、ベルトはかなり滅茶苦茶らしい。バンドーがこの規格を出せば三つ星は出せないとか寡占の規格乱立状態)。IHI,そんなのを使いやがる。ベルトが駄目になってメンテしたメカニックが汎用規格のFMのストックから近いサイズを無理に入れる、そんな感じだったんじゃないかと。農機でもストック無かったようにFMの出番は今は少なく、メンテ時は恐らくメーカー発注の部品と同じ感じでRPF2290が出るような状況なんかも。実際、メーカーサイトでもこの商品のサイズ表記などは一切出て来ない。つまり互換品とか探るな!って態度な訳だ。
  と文句もあるが、実はRPF2290は特に高い訳ではなく、入手性に目をつぶれば今でも普通に手に入る。外した奴はFMが入っていた奴に付けて動作確認して新品を一個買えばいい感じ。
  
  仕事は他にB園のシャイン誘引、トップロープが終わった。あとは苗に潅水して終了。カップリングによってホースに色付けておいた方が見分けが付きやすいな。実際、一本間違えた規格の持ち出して一輪車往復する事になった。まあ雨が降ったたので追加はしばらくいらないだろうけど。

 ・英国が輸送揚陸艦を北東アジア方面で展開というニュースがあり、その艦名が「アルビオン」だった。就航は2003年だが企画自体は1988年頃からあるので、ガンダム0083とどちらが先なのか微妙な所。アルビオンはイギリスの古名なので、艦名に不自然さはない(日本で言えばヤマトとか武蔵とかそんな感じか)。にしても、北東に揚陸艦ってのは穏やかじゃないわね。シリアへの軍事行動もあったし、通常兵器に対しても決議違反に対し英米の単独行動がありそうな感じを匂わせている。まあ圧力かけるのは必要だろうけどさ。

 ・久々にヨウツベで面白そうな車の話題が出ていた。スイフトスポーツなんだが、今度からターボになって140馬力23.4kgというスペックを出している。ベースのスイフトの評価も高いし、1t切ってる6MTというのも貴重。早さ的にはジムカーナのクラスだとロドやZあたりと同じクラスという事だが対等以上であり、86あたりよりは速いという声も。値段は200万近く幅は1735㎜もあり燃費も16,4kmあたりと素のスイフトとの差も激しいが、まあ本当のホットハッチとして貴重で正しいのだろう。ただアルトワークスでも言われていたが電子制御の介入がうるさくキャンセル出来ないようなので、それがどの程度なのかは気になる。ま、私には買えないけどね。

 ・宮沢賢治 「猫の事務所」の最後はこうなっている
「お前たちは何をしてゐるか。そんなことで地理も歴史も要(い)つたはなしでない。やめてしまへ。えい。解散を命ずる」
 かうして事務所は廃止になりました。
 ぼくは半分獅子に同感です。>

 この「半分」に関しては色々な解釈がある。それほど奇抜な意見ではなく、大同小異ではあるけれど、「獅子に頼らず自分達で解決すべきであった」「獅子が解散させていじめられていた窯猫も無職になってしまってかわいそう」「解散という解決方法が妥当だったのか」などなど。他には賢治の宗教観や226事件などと絡めた解釈もありました。
  これは草稿の結びだと「みんなみんなあはれです。かあいさうです。かあいさう、かあいさう。」になっていたそうです。みんなとは何でしょうか?窯猫は無論そうでしょうが、じゃあ黒猫はどうか?確かに讒言に引っかかって窯猫排斥に動いた事は非難に値しますが、情報の正誤は世の中では分からない事が非常に多い。小説だと神の視点で客観視出来ますけど、実際は主観で見るしかない中で讒言か誹謗中傷か真実からの評価か分からない。じゃあ黒猫と窯猫でみんなと言えるか?いや、心が狭い白猫や虎猫や三毛猫にしても、生まれや育ちや環境、そもそも健全な社会を作る意識がない愚かな存在として「かわいそう」ではあるのです。ただ、そうやって人類の原罪や諸行無常という方向に向かってしまうと、小説というより説話っぽくなってしまう。それはドグマの押しつけであり自分で考えて読む事にはならない。あるいは、作者の心情の吐露であり半分日記になってしまいます。
  そこらへんが弱い物への同情とか、社会への嘆きではなく、獅子への半分の同感という表現なのではないでしょうか。つまり獅子の行為自体は作者も完全に認めているんだと思います。あるいは仕方ないと思っている。半分がかかっているのは獅子の行為ではない、獅子の行為でも裁けない部分があるよね、そういう「半分」ではないかと。じゃないと「同感」という表現と「半分」って表現は相容れないと思うんですよね、同意してるのに同意してないって感じになってしまえば「是々非々です」とかだから。

 ・国会では公文書書き換え、隠蔽などの問題が話題になっている。正直私もこれで時間が食われすぎだと思うのだが、この問題自体を軽視している人が長すぎると言うのとは意味が違う。ここまで明かな問題が出ているのに責任者が腹を切ってないから長引いてるんであって、普通の恥の感覚があれば見苦しく言い訳せずに謝罪すべきだろうと。一方で、これ聞いてる側にもそれなりに問題ある議員がいるというのも別問題ではあろうけど心理的には分かる。例えば二重国籍の誰かとかね。
  民主党が政権を取ったとき、今はまるで全てが悪かったかのように語られているけれど、思い返してみるといい事も沢山あった。高速道路が限定的に無料や1000円乗り放題になり、ガソリンも安くなったなぁと思い出したし、コンクリートから人間へという話も出ていた。今度68歳から支給とかオプションで超高齢者になるまで支給しないとか言ってる破綻した国民年金に関してもベーシックインカムに切り替えるとかの議論も出ていた。確かにスパイ天国問題や無能傀儡首相の摂関政治、下手に中韓に取り込まれる危険もあった(何しろ小沢が国会議員をシュウキンペーとの目通しに連れてったりしてる、お前ら属国かよと)のだが、それは政策で選んだ場合に分からなかった問題であるし、じゃあ自民政権がそこらへんしっかりしているかと言うと・・・って部分もある。原発事故で全てが悪かった、みたいに印象操作された感がある(対応は確かにまずい部分もあった、松本龍議員とか。でも当時の枝野は良く仕事してたと思う)。

  ・あと政治家もまともな合理的答弁を出来る人は向かない、というのも感じる。私が比較的好きな自民党の総裁は福田さんや谷垣さんなんだが、彼らは政策の非は責任の所在に関わらず割と認めていた方だ。穏健かつ理知派で、国難を強引に引っ張るアジテーターや戦時内閣的な強さはないが、本来はそういう政権が続く方が異常である。ところが対抗勢力の印象操作や非協力的な対応に対して弱いし、有権者からの支持も得づらい。結局国民がこういう政治家を評価出来ないという事に尽きるか。
  日本は経済力が先行した先進国入りではあったが、政治力で見れば結局韓国とか東南アジアらへんと蓄積でも本質でもそんな変わらないから、短期政権がボコボコ出来たかと思うと強権政権が長続きするみたいな事になってしまう。周辺の要素もあるからアレだけど。




ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/04/15 13:15:49

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

構って!ライオンも猫のように人間様 ...
きゃのん@2008さん

三越の猫像
どんみみさん

岩合光昭写真展『ネコライオン』
トコ兄貴さん

富士サファリパーク2017
三毛猫@山梨さん

The Difference
neutoxinさん

猫写真展へ
ヒロ@1483さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「播種機改造 http://cvw.jp/b/217764/41534264/
何シテル?   05/27 22:44
 書く日記がほとんど車関係なのでみんからに登録してみました。少しでも他の役に立つ記事が書ければいいと思います。  車歴はAE100カローラ>CL21Vアルト>...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

 申し訳ありませんが、友達リクエストする前にはなんかコメントください、お願いします。
12 人のお友達がいます
かずやんですかずやんです * らすかる壱号らすかる壱号
KOAKOA 銀トラ銀トラ
迷い犬迷い犬 としき@worksとしき@works

ファン

24 人のファンがいます

愛車一覧

その他 その他 その他 その他
 農機具の整備をここにまとめて置く事にしました。写真はクボタのT7というテーラーです。現 ...
三菱 ミニキャブトラック 三菱 ミニキャブトラック
 農家の必需品、軽トラです。この年式のも減少中ですが、まだまだ現役で頑張ってもらいます。 ...
三菱 その他 三菱 その他
 ぎゃあ、誤作動でカートと耕耘機が混じった・・・って事で耕耘機の方です。三菱のCT532 ...
ホンダ VT250F ホンダ VT250F
 一桁万円でやってきたVT250F2Hです。VT系最強の43馬力のエンジンとMC15系最 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.