• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年12月02日

AlfaRomeo 146 Ti について(後編)

AlfaRomeo 146 Ti について(後編) AlfaRomeo 146 Ti について(前編)にて、
ほぼ諦めていた仕様の個体を発見し、

1)エンジンガラガラ
2)クラッチ切れない
3)埼玉育ち

以上を承知の上、乗って帰る決断をした所まで。

・・・・・・・・

そのお店から関越道ICまでほど近く、のってしまえばエンジン快調でいい気分。
途中でウインドウォッシャが出ないことに気付き、サービスエリアで天然水を飲み干す。
空いたペットボトルに、水道水を入れ、タンクに注ぐもいっこうに満タンにならず。
ふと、足元を見ると、水たまりができていた(笑)
窓の清掃は諦めて、コシヒカリのおにぎりで小腹を補い、走行再開。
その後もツインスパークエンジンは快調に、無事に埼玉県に入る。
クルマが増えてきたので花園IC近くのお友達を訪ね、井戸端会議。
薄暗くなってきたところで走行再開。ヘッドライトを点灯し走り慣れた埼玉県道を流す。
自宅にほど近くなったところで片目不灯。近所でバルブ入手し単なるバルブ切れを確認。
大きなトラブル無く、無事帰還に成功し、オドメータを記録。



この距離はちょうどクラッチ交換時期。
まずはクラッチマスターシリンダの交換にて正常走行可能に。無事に移転登録を完了。
その後にブレーキパッド表示灯が点灯。ぺったんこなパッドと耳の出たロータを交換。
更に、引きずりがありキャリパのオーバーホールとホース交換にて本来のタッチを得る。
15年間で、ラジエター周りとタイミングベルト関連は交換されている模様。
だが、逆にそれ以外は、ラインオフされた当初の部品がそのまま消耗しているようだ。
各部が相応に消耗していることから、クルマの性格とオーナーの乗りこなしを想像する。
走りながら、消耗品を交換し、その違いを味わえる。夢のコンディションであった。

さて、145/146で走り出すと、車両重量の8割が前にあるように感じる。
エンジンが走っていく、エンジンに箱が引っ張られていく、典型的な前輪駆動車の走行感。
しかし、水温、油温につれて軽やかになるエンジンは踏み込むと2500回転前後で変身。
エンジンを変身させ後輪に荷重をかけると、フロントヘビーが嘘のような気持ち良い旋回。
何かが起きても、右足への反応がよく、荷重移動に必要なトルク制御ができる。
この流れが145/146の最大の魅力ではないかと思う。
軽く踏んでいる限り大人4人を乗せる乗用車だが、エンジンは徐々に愉しみモードへ誘う。
乗ったことのある人はご存知の通り、操縦者をいつの間にかご機嫌にしてしまう。
クルマの運転に楽しみを盛り込むことの巧さ、その自然さでは最高級だと思う。

146の後継である147に乗って感じるのは、躍動感だ。
CF3可変吸気ツインスパークを踏み込むと、猛然と沸き上がるトルクがタイヤを使い切る。
145/146では低摩擦路で空転するが、防止装置付きの147では踏み込んだまま加速が続く。
そして重いのに速く快適なので、あっと言う間にご機嫌走行モード(笑)

どんな時にも、速やかで途切れないドラマを理想とするならば147のCF3は素晴らしい。
しかし、路面に合わせてドラマの脚色を楽しむならば、自然で応答の良いCF1は愉しい。



一方で、どちらのクルマも変わっていないのはブレーキのタッチ。
伊太利亜車の魅力は数多くあるが、純正ブレーキパッドのタッチが気に入っている。
エンジンはどんどん変わっているが、ブレーキはほとんど変わっていない。

そして、一番大切なのはタイヤ選びではないだろうか?
145にて、住友、ミシュラン、横浜各種、様々なタイヤを装着して走ってきた。
146と147、2台の乗用車の快適さに自然な走行感の愉しみを加える選択として、
15インチ60扁平の BS REGNO に辿り着いた。他には戻れないかもしれない。

時代遅れと言われるかもしれないが、僕にとって146と147は、どちらも高級車だ。
そして、これに換わるクルマが無いのが残念であり、心配だ。
ブログ一覧 | 世界乃名車 | 日記
Posted at 2017/12/03 03:00:10

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

AlfaRomeo 147 2.0 ...
ペペロンさん

AlfaRomeo Spider ...
ペペロンさん

AlfaRomeo 146 Ti ...
ペペロンさん

17th 14LoveDay その3
東次さん

17th 14LoveDay
東次さん

季節の変わり目に
ペペロンさん

この記事へのコメント

2017/12/03 10:43:04
やはり、アルファは良いよね。
弄り、走りで楽しめる。
コメントへの返答
2017/12/03 11:00:11
格別です、一般乗用車にこの深い味わい。
魂の込められたモノづくり。高級品。
2017/12/03 18:04:57
ご無沙汰しております。
「換わりがない」、まさに同感です。
コメントへの返答
2017/12/03 18:44:17
お元気そうで何よりです(^^)
当分、大切に乗り続けましょうね。
2017/12/05 01:22:14
今年は紅葉がきれいでありませんね。
先日、子供達とドライビーに行ってきました。
「タバコの先生のやつかけて」というもんですから
僕の好きな先生を聴きながらソフトクリーム目指して
行ってきました。
いいっすよね〜🎵
つい最近、サイドブレーキレバーがブレーカーのやうなクルマで少々悩んでます。
タレ目でボデーがカクカクしたやつです。
コメントへの返答
2017/12/05 21:28:38
スゴイなー
教育が行き届いてるー

紅葉はやはり雨の8月の影響でしょうか?
今年のウチは受験生がおります。
たまには温泉でもどう?
と誘っても乗り気でない様で。
ちょっと走り足りない今日この頃。

かくかくしたやつ、
屋根裏に窓操作があるやつですね。
クランクシャフトの背骨なやつですね。
アレなら146から乗り換えても良いな。
縁があったら乗ってみたい、数少ない一台。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「乗り物、飲み物、食べ物でフルハウス(松田、阪神、西武、ヤクルト、ロッテ、日ハム)」
何シテル?   07/23 00:14
ちょっと古い伊太利車を平凡に乗り、平凡な生活を心がける「人間のクズ」♪
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

へたり庵 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/23 17:35:04
 
役に立つ薬の情報 
カテゴリ:老いる話
2013/04/10 10:49:34
 
目安 
カテゴリ:老いる話
2013/02/22 18:41:11
 

お友達

一升入る壺、是是非非
59 人のお友達がいます
エルチェエルチェ * -かめ--かめ- *
パパンダパパンダ * 東次東次 *
鼠吉(ちぅきち)鼠吉(ちぅきち) * HataHata *

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
快適良い気分♪な4気筒のフェラーリ最終版 2015/10/17導入
アルファロメオ 146 アルファロメオ 146
Ti "97YM 67204 搭載 地味な外装色に煙草内装、 実用と官能を兼ね備え、 程 ...
アルファロメオ スパイダー アルファロメオ スパイダー
TS "97YM 16201 搭載 開放型柔らかのんびりクルーザー(^^) フルノーマル ...
アルファロメオ 145 アルファロメオ 145
"96YM AR67204 搭載車 全天候型柔らか通勤快速 外観よれよれ、骨格ふにゃふに ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.