• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Zakumaniのブログ一覧

2014年09月06日 イイね!

コレで良いのか自動車デザイン

あまりこういうネタは好きではないのですが・・・。
ちょっと最近思う事があるので、ちょっとネタにしたいと思います。

まず、見て頂きたいのが新型軽トラの画像です。


新型が出るのは良い事なんですが、気になったのがそのヘッドライトの高さ。
高すぎじゃないですか?
この高さ、意味があるのか・・・と思います。
デザインの重心的にも高すぎだと思います。

こんなヘッドライトを持つクルマが後ろに来たら、前のブログじゃないですが、眩しくて仕方ない。
少しは他のクルマの事を考えてほしいです。

そもそも最近のクルマはヘッドライトの高さが高いクルマが多いです。
で、なんでそんなクルマが多いか、ちょっと考えてみました。

■そもそもボンネットが高くなった■
最近、やたらと聞く衝突安全ボディ。
これ自体、まったく問題ない、むしろ良い事ではある。
そのため歩行者跳ね上げ防止の為、ボンネットの高さが高くなった。
前期のマークXのボンネットが不自然に分厚いのは、この基準を満たす為、というのはちょっと有名な話。

▲基準を満たすためにボンネットが不自然に分厚くなったマークX

その為デザイン的要素の大きいヘッドライトは、ボンネットにつられて高くなるのが一般的。
ボンネットの高さが上がるに連れてヘッドライトの位置が上がるのである。

■それ以外の要因もある■
ボンネットの高さもそうだが、デザイン的要素の大きいヘッドライトは視覚トリックにも使われるアイテムでもある。
一時期、流行したモノフォルム形状。
フロントバンパーの先端からリアバンパー後端まで撫でらかな輪郭を描くボディ形状だ。
この形状の一番のポイントは、ボンネットを短く見せる事。
ボンネットが長い(長く見える)のは、同じモノフォルムでも重心が後ろに来てどうもカッコ悪い。
特に車高が高い実用的なFFマシンでは、それが極端に出る。
それを防ぐために、ヘッドライトを上げて、しかも縦長にする。
その例が先代マーチである。

▲ヘッドライトを効果的に使った例

設計からして意外と長いボンネットを持つ先代マーチ。
だが、ヘッドライトをうまく使って短く見せている。
デザイナーの良い仕事だと思う。

このマーチが優秀なのはこの高さのヘッドライトでも遮光版をつかって極力他車に対して配慮した設計になっている事。
デザイナーのワガママを設計側で対処した、正にファインプレーだ。

■その逆を行く場合だってある■
その逆もある。
話題の新型ロードスターである。

長いボンネット、短いリアテール。
典型的なFRマシンのプロポーションである。
ロードスターは軽量にする為、なるべく無駄な造形は作りたくない。
前後の長さは最低限に抑えるべきだ。
だとすると、無駄にボンネットを伸ばすことは好ましくない。
ここで、視覚トリックの登場だ。
ボンネットを限りなく低く、ヘッドライトも低く横長に、デザイン要素の大きいグリルも低く構える事で巧みにボンネットを長く、そして重心を低く見せている。
これがロードスター特有のフロントデザインになった由縁だと思う。

■デザイン優先で良いのか?■
いかにヘッドライトのデザイン要素が大きいか分かって頂けたと思う。
だが、だからってこのままで良いとは思わない。
確かに売れるクルマとはデザイン的にもカッコイイのが大前提ではある。
だが他車に迷惑をかけて良い訳でもない。
歩行者を守るために高くなったボンネットは勿論、良い事ではあるが、ヘッドライトの高さを上げて、他車を眩しくしては、それで違う事故が起きる可能性だってある。
これでは本末転倒ではないか。
こんな言い方は誤解を招くかもしれないが、極端な話、人を跳ねるよりヘッドライトの位置が高いクルマに会う確率の方が極端に多い。
ヘッドライトを高くするなら、設計側で光源の位置、配光を考慮するべきである。

■残念ながら、ヘッドライトが高いと思うユーザーは少数派■
さらにたちが悪いのが「眩しい」と思うユーザーが少数派であること。
ヘッドライトの位置が高くなるクルマの大半がワンボックス車。
日本ではこの手のクルマが非常に多いのは承知の事実。
高いヘッドライトを持つ彼らだが、当然彼らから見れば、光源は下であって
ヘッドライトの光源の位置が刺さるクーペ乗りやセダン乗りは少数派なのである。
なんともやるせない。
クーペ、セダン殺しである。

■ヘッドライトの高さの規制自体も緩い■
法的にヘッドライトの高さに規制が無いのか調べてみた。
細かい条項はあるが、大雑把に言えば、ヘッドライト上縁が地上より120㎝以内にあれば問題ないらしい。
しかも、なんとハイビームに至っては年式によっては車体寸法内で無制限である。
一般的なセダンタイプのサイドミラーの高さが100cm辺りだと思うのだが、こうなると極端な話、光源と同じ高さになる。
こうなると、左右確認は眩しくて不可能になる。
危険極まりない。
この範囲に入るリフトアップ車はメーカー側の配慮が届かないので、さらにたちが悪い。

■結局、モラル、マナーの問題■
結局、法的にも問題はない眩しいヘッドライト。
残念ながら「眩しいよね。」としか言えない現状である。
決してラインオフのワンボックス車に乗っているユーザーを悪と言ってる訳ではない。
というか、言える訳がない。
これがまたやるせない。

でも、分かって欲しいのは「眩しい」と思っている他車が居るという事。
その配慮が欲しいのである。

作ってしまったものはもう構わない。
これからメーカー側は、この他車に配慮したクルマ作りをして頂きたい。
特にセダンやクーペ、スポーツカーを愛するメーカーなら、そのユーザーから今の業界を見て頂きたい。
Posted at 2014/09/06 21:07:31 | コメント(3) | トラックバック(0) | デザイン論 | 日記
2009年10月11日 イイね!

86ではありませんが・・・。

86ではありませんが・・・。以前、イラストを描いたのりで、新作のクルマを書き下ろしてみました。
っといっても雛形は以前描いたイラストなんですけどね。
だから、フロントのデザインはブラックマスクだったり、リアテールもそのまんまだったりしてます。


トヨタがこんなマシンを出したら本当に嬉しんですが・・・。
でるんでしょうかね。

そんな要望を込めて、このデザイン画をUPしてみました。

どうでしょう?
Posted at 2009/10/11 21:39:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | デザイン論 | 日記
2009年05月30日 イイね!

やっぱりC4が好き♪

やっぱりC4が好き♪間も無く、日本でもリリースされるVolkswagenのScirocco。
AUDIのTTに次ぐ、真面目に欲しくなったクルマの一台であります。
もうね、ディーラーに行ってカタログを貰うほどですから・・・。
その点では、TTより上を行ってる訳ですよ。

じゃぁ、乗り換えるのか?
って聞かれると、答えは迷わず「NO」を選んでしまう。
なんでかと言いますと。
Sciroccoのエクステリアはグラマスで素直にカッコイイので文句の言い用が無い訳ですが、問題はそのインテリア。
TTもSciroccoも実用性を考えてなのか至って「普通」だから。
外装は「特別」なのに内装は「普通」、極論になるが100万クラスの「日本車」となんら違いのない「普通」。
買ってしまうと一番長く付き合う事になるインテリアが「普通」なら個人的には「特別」感が薄らいでしまう。

よって、個人的な見解ではあるが、やっぱり内装が「特別」なC4が圧勝を収めて、やっぱり「C4が好き」というめでたい結論がでました。

内装、やっぱり重要ですよね?
Posted at 2009/05/30 18:14:29 | コメント(3) | トラックバック(0) | デザイン論 | 日記
2009年01月17日 イイね!

賞の品格

賞の品格おなじみ、カーオブザイヤーを獲得したトヨタIQってグットデザイン賞も獲得していたんですね。
知りませんでした。

先日、偶々同時に新型フェアレディZとトヨタIQの実車を見る機会があったんですが、なんというか両極端な仕上がりのように感じてきた訳です。
どういうことかというと、Zは実車を見ると意外とカッコイイ、IQは実車でみると意外とカッコ悪い。
と言うことです。

で、なんでこんな事が起きるかと考えると、恐らくクルマの作り方が違うからだと思うんですよね。
Zは造形でクルマを仕上げた、IQは絵で仕上げた。
こういう事だと思うんです。

じゃぁ、どっちが正しいのか・・・。
って聞かれると上手く答えられない訳ですが、こうも作り手の考え方が違うと見え方というか、魅せ方の手段がこうも違う物なのかなと思った訳です。

ただ、これだけ現実的にクルマの絶対数が増えてきて、我々の眼は肥えてきている訳だから、悪いように言えばどっちかの見え方に妥協して販売しては、我々のハートは射れないと思うんですよね。
もう、普通のクルマなら目を惹けない、そういう事です。

IQなんて特にそうじゃないのかと思います。
確かにあのサイズで3+1人乗りというパッケージは素晴らしいと思いますし、質感も良いと思います。

でも、造形がダメ。
もう、どうしようなくダメだと思うんですよね。
だって異常にボンネットが短くて、幅が広くて、長さが短い。
パッケージだから仕方がないと言い訳するんだろうけど、それなら造形で誤魔化せる訳で・・・。
ボンネットの長さが短く見えるなら、ベッドライトの位置を下げて、横長にすれば誤魔化せるのに、反対の事をやってのけている。
だって端っこに追いやったライトは、ワイド感を強調しているし、上方向に伸びている形状はボンネットを短く見せている・・・なんだか、確信犯のように見えてきました。

まぁ、そんな面白い造形だからグットデザインでも取れたのかな、と皮肉に思ってしまう訳ですが・・・。

で、IQは「グットデザイン」に値するかと聞かれると、筆者はそうは思わない。
個人的に究極のグットデザインって機能性も、見た目も美しい、これだと思うんですよね。
だとしたら、ほらあてはまらないでしょう?
だから「品格」を疑う訳です。

ただ、だからIQがタダタダにカッコ悪い。
って言ってる訳じゃなくて、あくまでも個人的な価値観で見た訳で、IQのデザインテーマが「造形の破壊」なら間違いなく理にかなっている訳で、そう意味では究極の完成型なのかも知れない訳です。

もっと言うなら、途中の文中で・・・。
「現実的にクルマの絶対数が増えてきて、我々の眼は肥えてきている。・・・普通のクルマじゃ目を惹けない」って書いたけど、IQは見事に「普通」じゃない訳ですよ。

そう言うでは意味ではIQは偉大だと思う。
でも、造形がはダントツにZの方がカッコイイ(爆

やっぱりIQは「普通」じゃないという事か・・・。
Posted at 2009/01/18 00:46:28 | コメント(4) | トラックバック(0) | デザイン論 | 日記
2008年12月05日 イイね!

良い物は似てくる?

良い物は似てくる?良いモノ(マ・クベ調)は似てくるものなのか。

「空力」をテーマにした造形はシトロエンC4、プリウス、そしてこのインサイト。
この3車種のシルエットを似たようなモノにしてしまった。

まぁ、この結果に一番残念に思っているのは何よりもホンダだろう。
ハイブリット同士の真向勝負を挑んだはずなのに、この形である。
恐らく開発人はコレを見て苦笑したに違いない。

で、肝心のトヨタ、プリウスはインサイトに合わせるかたちでフルモデルチェンジを行う予定。

さて、この勝負、どっちが勝つのか非常に楽しみである。

ちなみに前戦の似た物対決、ストリームVSウィッシュは圧倒的な強さでウィッシュが勝っている。
Posted at 2008/12/05 19:04:12 | コメント(5) | トラックバック(0) | デザイン論 | 日記

プロフィール

「MSJの打ち合わせでフォーメーション悩み中」
何シテル?   03/16 17:01
内装はオーディオカスタム、外装はC4WRCレプリカマシンという変わった方向性のクルマに乗るZakumaniです。 目標は世界にたった一台のC4です。 ガンダムか...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

Rally Replica Special The Fifth 名古屋オートトレンド 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/28 19:15:26
CLUB C4 OWNERS  
カテゴリ:-C2-
2008/09/26 22:43:54
 
アクセスカウンター 
カテゴリ:SPECIAL THANKS
2006/10/10 02:40:04
 

愛車一覧

シトロエン C4 シトロエン C4
C4WRC2010年ラリージャパン仕様車です。 インテリアはオーディカスタムです。 ・ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.