• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

青春指南役のブログ一覧

2021年12月26日 イイね!

フレーム以外はDAHONになっていました

2021年もあと1週間を切りましたね。
しかし、相変わらずクルマ関係のトピックが全くありません。
今回も自転車のモデファイのネタです。
夏に手に入れた自転車(DEFACTO DZ-20)が基本的にDAHONに準じている仕様だった事からヤフオクで流通している各種のDAHON用パーツを組み込んでアップグレードを図ってみました。

【1】Vブレーキ

車種不明の純正ブレーキ1式(前後のレバー&シュー)に交換しました。効きも申し分ありません。


【2】ホイール&スプロケット

DAHON Veloce用の11-30Tスプロケット付きホイール&タイヤセットに交換しました。
スプロケットはカセットタイプでした。


7速目が14→11Tになったのでスピードアップです。
タイヤは元のに入れ戻しました。


【3】クランク&チェーンリング

DAHON DASH-P8用のクランク+Litepro製チェーンリング(53T)です。


こちらは元々付いていたクランク&チェーンリング(52T)です。DASH-P8用の方が30g軽いです。


チェーンリングが変わると何かカスタマイズされたように見えますね!


フロントのチェーリングの歯数アップ(+1)+リアスプロケットの歯数ダウン(7速で-3)の相乗効果で各段にスピードがアップしました。
先にサドルもDAHON製のものに交換済みですので、殆ど「フレーム以外DAHON」仕様の自転車になってしまいました。
もはやDAHONいらずです。(笑)

★みんカラ会員でない方はコチラにコメント下さい。


Posted at 2021/12/26 21:20:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2021年11月14日 イイね!

DEFACTO DZ20の子孫を調べてみました

今回もクルマのネタが無いので自転車の話題が続きます。
前記のブログの通り、自分が手に入れた折り畳み自転車はKCD車が販売した「DEFACTO DZ20」でありルーツは台湾のOYAMA社製のA168であると推定しております。
先にお断りしないといけないのは、あくまで状況証拠に基づく推測でありKCD社もOYAMA社もDZ20=A168とは公認している訳ではありません。あくまで推定の限りです。(実際はOYAMA社は製造に無関係で更にOEM製造元が存在する可能性も捨てきれません)
どちらかと言うとDZ20=A168であって欲しいという私の希望と言うかファンタジーであったりします。
今回はその夢の続きとさせて頂きます。

ネットでOYAMA社のA168の事を色々と調べてみました。
(1)現在も販売されている。
(2)仕様が変わっている。
(3)充実装備版が有る。

順に紹介します。

(1)現在も販売されている。
OYAMAは日本国内には支店や正規代理店はありません。ロードバイクのみ並行輸入しているショップがあるのみです。通販を見てもamazon・楽天・Yahooでの出品はありません。
台湾最大の通販サイトのShopee(蝦皮購物)を確認してみたところ、有りました。ほとんど$7980で売られています。金額の表示は米ドルでなく台湾ドルなので日本円での換算レートで計算とすると約32,000円くらいになります。なお、公式には日本の向け販売は行ってないそうです。



(2)仕様が変わっている。
OYAMA社サイトの画像を確認する限り2010年代のモデルと現在販売されているA168は各部の詳細が異なります。

ルーツと推定する OYAMA A168(2010年代モデル)

amazonにて一時期 OYAMAブランドで販売された DZ-1

現在販売されている OYAMA A168


初期モデル→DZ-1→現行モデルへの変化で変更が確認できた部分は次の通りです。
・サスペンションが密封タイプでなくなった。
・サスペンションのレバーが省略された。
・ハンドルバーがポストと一体化されて交換不可になった。
・フレーム折り畳み部の固定方法がDAHONタイプのレバー式になった。
・サドルの形状が変わった。
・リフレクタの位置が変わった。
・泥除けの有無。

以上の通りです。
ちなみに DEFACTO DZ20が OYAMA製だと推測したのは DZ-1の存在が有ったからです。類似点が多いというより殆どDZ-1=DZ20に他なりません。

(3)充実装備版が有る。
上記の通り、現行モデルは軽量化なのかコストダウンなのか不明ですが、仕様が簡略化されている事から自分が所有するDZ20の方に高グレード感を感じてしまいます。
しかし、その点は抜かりなく充実装備の高級バージョンも存在していました。

OYAMA M990HD


充実装備の内容
・前後ディスクブレーキ化。
・7段変速→27段変速(前3/後9段)化。
・省略されていたサスペンションのレバーが復活した。
・密封式サスペンションが復活した。
・ハンドルバーの固定がクイックリリース化された。
・前後ホイールがクイックリリースで取り外し可能になった。
・泥除けが装備された。

20インチの折り畳み自転車にしてはかなり豪華な装備です。動画で紹介もされていますので、ココを参照下さい。出回っているパーツを流用すれば DZ20もここまでグレードアップできるとはビックリです。ぜひカスタマイズの目標としたいです。
他にもA168をディスクブレーキ化したモデルなどのラインナップも有るようです。

前回のルーツに続いて子孫を紹介させて頂きました。
自転車は足腰への負担が少なく優しい有酸素運動として大変有効です。
ちょっとの距離なら乗ってみる習慣を付けましょう。

★みんカラ会員でない方はコチラにコメント下さい。


Posted at 2021/11/14 17:58:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2021年11月02日 イイね!

自転車にトランシーバー用の送信スイッチ付けてみました

自転車のネタが続きます。
アマチュア無線や特定小電力トランシーバーは、複数で出かけた際のコミュニケーションには便利です。 しかし、自転車で走行中に使用すると片手運転になってしまい大変危険です。
電子部品店で売っているパーツを使ってハンドルから手を放さずに送信スイッチを押す方法を考えましたので、紹介します。

市販のスピーカーマイクを改造しました。



電子部品店で 3.5Pプラグ付きケーブル、3.5Pジャック、プッシュスイッチ、解放可能なタイラップを調達しました。(計600円)



マイクを分解してマイクのPTT回路の電極を確認します。テスターを当てれば判ります。



裏蓋に穴を空けてケーブルを通して電極にハンダ付けします。ケーブルの反対側に3.5Pプラグを取り付けます。ケーブルの抜け防止のため、穴の手前にタイラップを取り付けます。



作業が終わるとこんな感じになります。



次に3.5Pプラグ付きケーブルにプッシュスイッチを取り付けます。



解放可能なタイラップの上にスイッチを固定すれば完成です。



スイッチを固定したタイラップをハンドルのグリップに取り付けます。



あとは、3.5Pプラグをスピーカーマイクに取り付けた3.5Pジャックと結合させます。スピーカーマイクをリュックのショルダーベルトの口元の近くに固定すれば、ハンドルから手を放さずにPTTを押して声を交信相手へ送る事が可能になります。
外に出て実際に使ってみましたが、結果は上々です。自転車でのトランシーバー利用もこれで安全です。

★みんカラ会員でない方はコチラにコメント下さい。

Posted at 2021/11/02 23:59:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2021年10月10日 イイね!

ハンドルが折れる方向の変更

今の自転車に乗り換えて2か月近くなりますが、構造上の不満が有ります。
それはフレームを折りたたむ際にハンドルが内側に折れてフレームに挟み込まれてしまうため、毎回前輪を180度逆方向に向けないといけない事です。
さらに折り畳んだ状態で自立が不安定で倒れやすいという問題も有ります。
そのためケーブルを不自然に引っ張る事となってしまう非常によろしくありません。

内側に折れます。


フレームに挟まれます。


前輪を180度逆方向にします。


本家のDAHONも同様に内側に折れますが、ハンドルバーの根元のロックがフリーにできる構造なので回転させてハンドルバーが干渉する事なく収納できる構造になっています。
そこで外側に折れるハンドルポストを調べる事にしました。条件は次の通りです。
・フォーククランプ直径が25.4mm。
・外側(右側)折れ。
・上下伸縮
調べてみたところ amazonに1点のみステムライザーと言うパーツが有りました。


注文して10日後に中国から到着しました。早速交換作業してみます。
先にハンドルバーをハンドルポストから外します。 次にフォーククランプを緩めるため、画像の六角ボルトを緩めてハンドルポストを引き抜きます。(緩めて出てきた六角ボルトの頭をプラハンマーで叩けばスコっと抜けます)


ハンドルポストが抜けたら逆の手順で取り付けます。(構造上の関係でハンドルバーの位置がさらに前方にオフセットされました)


この通り、ハンドルが外に折れてくれたため、フレームがきっちり畳めるようになりました。


上から見てもこの通りです。


これで満足!
と言いたいところですが、改造でハンドルをオフセットした分、折り畳み後にハンドルバーが外側に張り出してしまうのです。(改造したのですから当然なのですが)
本家DAHONのようにハンドルバーの根元のロックをフリーにできる機構が欲しいです。
次回の改修テーマにします。

★みんカラ会員でない方はコチラにコメント下さい。

Posted at 2021/10/10 22:52:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2021年09月26日 イイね!

モノタロウの自転車パーツ

皆さんモノタロウはご存じですよね?
自転車を買ったばかりの頃に戻りますが、自転車に付いているハンドルグリップが劣化していたので新品に交換しようとネットで探していたら、モノタロウのサイトにエルゴグリップなる良さげなのを見つけました。

エルゴグリップ 一般車用 ロング&ハーフ 販売価格(税別)¥459- (取付方法動画


早速、注文して取り付けてみたのですが、なかなか良いです。


前傾姿勢になっても手の甲がグリップの上に乗せられるデザインになっていますので標準的な筒形のグリップに比べて疲れにくいです。握った感じも悪くありません。類似のデザインのグリップはブランド製品だと2,000円以上しますからコストパフォーマンスは十分です。
これで終わりではありませんでした。数日後にモノタロウから自転車用品カタログが届いたのです。


500円そこそこの買い物だったのに、大変恐縮です。 (モノタロウ自転車パーツHP
さすがモノタロウだけに自転車パーツ以外に整備や携行に必要な工具のラインナップも多く、もはや下手に街の自転車屋さんに行く必要が見当たりません。
今となっては自転車関係で必要なものはモノタロウとamazonで全て揃ってしまいそうな勢いですね。

★みんカラ会員でない方はコチラにコメント下さい。

Posted at 2021/09/26 09:38:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記

プロフィール

「フレーム以外はDAHONになっていました http://cvw.jp/b/219908/45737627/
何シテル?   12/26 21:20
インプレッサを主体にDIYネタを扱ってます。本家HPにDIYのデータベースが有りますので、下記のURLまで、お気軽にどうぞ。 https://impreza-...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/6 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

浜名湖オフ2015 参加表明板 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/30 03:09:34
キャニスターパージバルブと言うみたい 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/10/13 06:08:27
怪奇大作戦って知ってますか? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/08/13 02:14:20

愛車一覧

スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
安全に安く楽しくチューニング&メンテナンスしてあります。整備手帳を覗いて見て下さい。
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
平成7年3月から16年8月まで乗っていました。 良い相棒でした。

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.