• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

moonSPLのブログ一覧

2017年01月04日 イイね!

アルミテープチューン 追記(雨の日について) と簡易まとめ

アルミテープチューン 追記(雨の日について) と簡易まとめコレもまぁ、今更なんですが・・・


アルミテープチューンの雨の日についてです。









前回の末に、フロントガラスの雨飛沫の動きが変わると書きましたが・・・






正直、その他は変わりませんw





あくまで、SW20についての話ですが、

変わらないどころか、むしろドライとの差が激しくなって、

とんでもなくリスキーに感じます。

逆に悪くなってる気すらしますが、

元からウェットのSW20はフロントが飛ばされまくって危険きわまり無く
(普通の車が常時ハイドロ食ってるような状態)

路面のうねりや水の溜まり方で激しく挙動変化を起こすので正直なんともいえません。

軽く湿った程度の路面ならまぁ問題ないカンジですね~






<簡易まとめ>

①施工箇所

フロントバンパー内正面裏
フロントバンパー内左右
リップスポイラー同上
フロントウィンドウ内 上下
ドアウィンドウ内 左右下部
クウォーターウィンドウ内 左右下部
ドアミラー稼動部 左右
フロントボンネット内側
フロントボンネット内ラジエーター隔壁裏
フロントナンバープレート裏
フロントフェンダー内 前・中・後
フロントカウルトップ左右
ストラットタワーマウント部 前後
サイドステップ内 前・中・後
リアフェンダー内 前・中・後
リアバンパー内 左右 
リアナンバープレート裏
リアガーニッシュ 「MR2」上下
リアアンダースポイラー内 左右
アルミホーイール センターキャップ内 4輪
エンジンフード排気口まわり
リアトランクフード裏

ドアヒンジ部まわり
ステアリングコラム裏
小物入れ内部
助手席グローブボックス内 下
ダッシュボード左右
座席後部小物入れ上 左右
センター後部小物入れ内 裏

コラム付近ダッシュ隠しビス部にワッシャ2箇所
後部オイルクーラーステーにワッシャ2箇所

※各部とも場所によっては同一箇所に複数貼りつけ

使用したアルミテープはダイソー1本使い切り+α
3Mの導電性アルミテープ25mm 1本使い切り


<②効果>


※感じた順

直進安定性(特に高速域)が増した。(フロントの接地感が増した)
路面の凹凸を拾うようになった。(路面からのインフォーメーションが増加)
ステアリング切りはじめのフィールが良くなった。
一定蛇角でのコーナーが安定。
低速域でもフロントの接地感が増した。
ある程度切り足しててもついてくる様になった。(面圧が掛かってるカンジ)

まとめて言うと、
強烈なトラクション性能はそのままで、
SW20が86/BRZのフィールに近づくカンジ(言いすぎかな?w)





対費用効果は相当凄まじいと思います。

ドアスタビライザーも凄いと思ったけど、

SW20はアルミテープの方が更に効果ありですね~

しかも、単純にお金を掛けても実現できるか怪しい部分。

もし、別の手法で同様の効果を実現しようとすると、

最低50万円以上掛けて試行錯誤しながらやらないとダメなんじゃないかな~


因みに、どの部位がドコに作用してるかは判りませんw
(複数個所同時に施工している為)

ひょっとしたらマイナス効果がでてる箇所もあるかもしれませんが、

施工箇所を増やせば増やすほど良くなっていきました。
Posted at 2017/01/05 01:36:48 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月02日 イイね!

非導電性糊アルミテープの真偽

非導電性糊アルミテープの真偽










あけましておめでとうございます!

皆さん今年もよろしくお願いします~





新年早々、またアルミテープの話しですw

今回は、安価なアルミテープの導電性検証になります~

「散々やったトコで今更ソレかよ!!」

と、思うかもしれませんがw


自分のアルミテープ関連ブログを見た人の中には、

「糊に導電性がなきゃ意味ねぇよ!このプラシーボ野郎がッ!!!」

等と思っている方もいるかと思いますが、

そんな人に向けた内容になってます。
(サンプルはダイソーのアルミテープです)







普通は、テスターを使って一発検証! 即終了!!

・・・なんですが、

15年は使わずに放置された安物テスターは、電池が腐れてヤラレてました・・・。


なので、自分が試した方法は、

タイトル画像にもあるLEDライトのボディアースでの点等確認です。
(画像はハサミを使用してます)


①では、早速結果をドン!

普通に導電してます。



②さらにドン!

導電してない?


③またさらにドン!

やっぱり導電してる!?



<解説>
果たして①~③で何が違うのか?

結果から言うと、やはり糊に導電性は無いんです。

なら、何故導電しているのか?


答えはエッジ(フチ)です。

糊に導電性が無くても、エッジ部が対象物に接触することで導電します。

②はエッジが触れないように丸めているので導電してません。

なら③は? 同じように丸めてるのに導電してる?

実は③は、ほんの僅かにフレームに擦らせてます。
(ごく局部的に糊が剥がれた状態)


つまり、

「フチを密着させる」

か、

「クシャっとやってから貼る」

(結果、局所的に糊が剥がれる)

事で、導電させることが可能です。
(見栄えと耐久性の点から、フチを密着させた方がイイかと思います)





ついでに、10円玉を経由させての導電実験



(エッジが直接ふれてアースしているように見えますが、実際は触れてません)


因みに、糊導電性アルミテープも使用してみましたが、

流石に細かいコトに気をつかわなくてもバンバンですね~


もし使い分けるなら、

エッジの密着性が確保しにくい凹凸のあるFRPの裏や、

外的要因で剥がれやすい外部へは糊導電性のものを使った方が遥かにイージーです。

逆に室内なら、安価なアルミテープでも簡単に施工できます。


室内に特化すれば、

割と安価に買える糊導電性銅テープのほうがより効果的なのかもしれません。

表面が酸化しても張替えが楽ですしね~


まぁ、コストを考えればダイソーのアルミテープで十分ですw



ちなみに個人的に効率的と思う形状が

コレですw

歯車状に切ることで、エッジ面積を多く取る事が出来る上に、

貼り付けの際、山を1,2箇所内に折り込めば、

全体の粘着力を維持したまま、折りこみ面が直接対象に触れるので、糊云々が関係無くなります。



さらにはコレ!


0.5mmのアルミ板を、

菊座を細かくしたような形状でカットしてワッシャ化してます。

室内の内装を止める隠しボルトに噛ませたり、

室外でも見えない箇所のステー等に噛ませて使用できます!

(バイクのハーレーショップが同目的でこういうの作ってるのをみて真似しましたw)






また、あらためて効果の検証ですが、

R2はソコまで劇的な変化を感じませんが、

MR2の方はホントに強烈に変わります。

両車輌に共通して言えるのは、


「路面からのインフォメーションが良くなりタイヤのグリップ状況が判り易い」

という所。


そしてMR2は、

兎に角フロントに接地感が出る!


自分の感覚としては、

ダウンフォースが効いているというより、

「リフトが抑えられている」
感じ。


押さえつけるんじゃなくて浮かなくなって結果接地感が増す、

実際に「感」じゃなくてフロントのグリップは上がってると思います。

つけた事無いからわからないけど、カナード付けたらこんなカンジなのかなぁ?


まぁ爽快、快適ですよw

MR2に乗ってて、フロント接地を稼ぐ極端なモディファイ
(極太タイヤ投入やカナード等取付)

をやってないなら、是非やってみて欲しいですね~

ちょっと貼ったダケじゃ効果あんまりなかったんで、

効果でるまで色々やりまくってみて欲しいです。


具体的に表現すると、

アラゴスタで1~2段締めて、新品に近いタイヤを入れた位の体感があります。

ソレが低速から高速まで速度域による変化が穏やかで持続するカンジです。



マジでコレ、

タイムにバラつきが出ないトッププロドライバーに、MR2を使って、

サーキットでタイムに変化があるかやってみて欲しいw


プロレベルで真の限界域だと変わらないのかなぁ~?




※因みに、フロントウィンドウに、特に糊導電性アルミテープを貼ると、
雨飛沫の流れ方が変わりますよ~
Posted at 2017/01/02 13:24:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「メンズデー割引でミッションインポッシブル観にきたけど地味に早かった…」
何シテル?   08/13 16:12
単純記憶が苦手です。 特に、地理関係は無関心なこともあり酷く、 道や場所を覚えるのが辛く、ナビなしでは生きていけません。 車好きですが、乗るセンス...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/1 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

スバル(純正) TENSR CP SPCHGR 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/18 08:15:00
日産 スカイライン GT-R BCNR33  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/29 00:04:05
久々に動かしてみた&ジャッキ購入 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/19 00:17:25

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ MR2 トヨタ MR2
街のりからサーキットまで、なんでも活躍のフルチューン車両。 BNR32が、スピンの末 ...
スバル R2 スバル R2
エボⅥが事実上の廃車状態となり、 しばらく走りから離れて、親の車を借りて漠然と暮らしてい ...
トヨタ 86 トヨタ 86
通勤快速SPLのR2がボディ腐食により車検を通せそうな状況ではなく、 それまでに代わりと ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
ニュルエンジンにT78-29Dの600ps仕様。 RB26の回る感覚と音、ウェストゲート ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.