• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

moonSPLのブログ一覧

2017年10月09日 イイね!

新型スイスポ試乗

新型スイスポ試乗1tを切る車重量、1.4リッターターボで車輌価格180万

維持費も走行性能も素晴らしい予感がする、久々に欲しいと思う車、新型スイスポ!

メチャメチャ気になったので、10年以上ぶりに試乗しに行きました!




最初、公式HPからの試乗車ディーラーリンクで向かった所、
まさかの未入庫!! (来週入るとの事)

HP管理どうなってんのや!!と思いつつ、
ソコで近くに試乗車があるトコがないか聞いたところ、
市内に置いてある所を見たとの事で、そちらに向かいました。

確かにある!

早速免許証を提示して試乗開始!
横乗りもナシで、コースも自由との事。

本当はワインディングを走ってみたいトコロだけれど、
流石に遠いので、
R2で通勤していて比較できる場所で、
直線全開にできて、且つタイト目な単体のコーナーがある場所をチョイス。

【内・外装】
外見は、元々小さい車とハッチバックが好きなので、
結構好みの部類。
純正アルミも個人的にはデザインに不満なし。
車内の質感も、
値段にしたら凄くいい。

シートのホールド性は、レカロと比べたらしょぼいけど十分。
ポジションは一番下まで下げてもチョット高いかな~

【パワー・駆動関係】
エンジン特性は、カナリ下振りの様子で、
最初SW20と余りのギャップに戸惑う。
1速半クラでアクセル開けなくても車が進むなんて事、忘れてたなぁ~

余り回さずにポンポン次に入れていく感じで、
レブは6250rpm?くらいに表示されているにもかかわらず、
パッと見5900rpmくらいで制御が入ってもう回らない。
うぇ~7000rpm位までは使わせてくれ~と思ってしまった。
下のトルクがある分、上は回してもパワー感は感じない。
ギア比も6速のくせに想像以上にロングで、
そのせいもあるだろうな~
自分のSW20と180度逆の特性なんで、
新型スイスポユーザーがウチの車に乗ったら、
確実に駐車場からも出られずに発狂する事間違いなし!w

正直、ブーストUPのR2の方がパワー感を感じるけれど、
速度の伸びを見ると、
R2が●20k程度の所で●40kを超えてたんで、
穏やかな割りに速度は乗っている=安心して速く走れるとは思う。
兎に角下のトルクはカナリある。
後、これが電スロの特性なのか判らないけれど(地味に初電スロ)
妙にレスポンスが悪く感じるし、ダイレクト感が無い。
そのせいか、パワー面で車重の軽さを感じられない。

タービンは、写真で見るより実物は小さかった・・・。
ブーストupで180馬力は厳しいか?
(因みに、ダメ元でECUメーカーを聞いてみたけど解らないとの事)

シフトフィールは非常にいい。
どうなってるのか知らないけれど、異常にカチっと収まる。
タイプRとかのスコン!とも違う、「カチッ!」
SW20のグニャグニャとはえらい違いだな~


【ブレーキ・操舵・足回り関係】
ブレーキは超効く!!
正直、他は軽さの恩恵を殆ど感じなかったけど、
ブレーキは軽さを体感出来、びっくりする位効く。
パッドとフルード交換だけで十分だな~

脚は、スポーツカー!という感じはしない。
スポーツカー基準で見れば、
硬くも、柔らかくもなく、タイプRの様なしなやかさもない。
街乗りを主体にみれば、乗り心地は良く優秀。
(軽量スポーツ=EK9タイプRをイメージするのがダメなんだろうな~)
ちょっと車の動きを見たら、即社外品へ交換でイイと思う。
オンザレールで曲がっていくというより、曲げにいって曲がる感じ。
結構ロールする。
コーナーでは思ったほど軽さを感じなかった。
まぁチョットしかコーナーは走れてないんであまり正確には判らないけれど・・・
とりあえず、横滑り制御は恐ろしいからマジでいらない。


トルクが強いせいもあって、トルクステアはかなりキツ目。
一般道での追い越しの時とか、トルクステアに慣れてない人は危ないかも。

【総評】
素材としてはイイけれど、
ノーマルだとちょっと物足り無いな~
ブレーキはイイしボディはしっかりしてるんで、
脚を変えて、正直もう50馬力、できれば実測200馬力位欲しい。
通勤メインだとしても、追い越し用に
もうちょっと馬が欲しいかな。
(追い越し加速はブーストアップのR2と正直大差ない)

あと、横滑り制御だの、車線維持警告だの、
走ってたら制御がはいったりピーピーうるさかったり、
兎に角うっとおしい!
新しい車は大変だなぁ~
古い車ばかり乗ってる身には違和感しかない!
世代のギャップを感じてしまった・・・w




因みに、
一通りチェックを終えて、
自分の車に乗って思った事。

なんじゃこのレスポンスとトルクは!!!
そして室内超絶うるせぇ!!!

でしたw
Posted at 2017/10/09 12:07:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月09日 イイね!

Newエンジン

Newエンジンまだフルブースト全開にはしてないものの、カナリいいです。
慣らしの時に感じた「キてる」感覚は間違ってなかったみたい!




Newエンジンの以前からの変更点は、

 ・ブロックがノーマル(どうせ割れるという事でスリーブ無し)
 
 ・ピストン溶解の為コスワース製へ(重量が以前より軽いとの事 特注で30マソエン・・・)

 ・ヘッドガスケット1.6mm⇒1.2mmになり高圧縮化

 ・メタルを24Uへ変更
 (アペックス2.2ℓKitはGT-R用メタル仕様になっており、N1メタルに変更)


結果、

タイトルこの様なカンジになりました。

ちょくちょく、オフ会などで話すことがある際に、
「4000rpmから下はアイドリング」と表現することがありますが、
実際このグラフを見てもらえれば理解してもらえると思います。

しかし!

ソレでも以前と比べれば全くのベツ物。
圧縮比が上がった影響なのか?
兎に角トルク感があって、NA域でも前に出ようとしてくれます。
タービンは変わってないどころか、そろそろ寿命なのに、
以前と比べて、確実に500rpmは下から使えるようになってます。

ほぼ同仕様の方のグラフと比較しても、
立ち上がりが早く、ピークが長く使えるようになってます。

まだ7000rpmまでしか使ってないけれど、
社長によれば「上も前より伸びる」との事。

計測方法はローラーとダイナで違えど、
実測馬力で60馬力以上落ちてるのに、実際は前より速い!
(SW20はダイノだと超辛口に数字がでるのかな?)
850ccインジェクター全噴射なので、
コレをぶち抜きのサージタンクに交換して、
インジェクターをトップフィードの1000ccに交換すれば、
普通に700ps以上出るとの事だけれど、
トップフィード化だけですごい諭吉が掛かるので
(インタークーラーから全部作り直しになる・・・)
ストリート仕様としては今がベスト!だと思います。
(ゼロヨン9秒台とかさえ狙わなければ・・・w)


多分このエンジン、

乗ってるカンジからすると、
ピークが500~550psのタービンに付け替えたら、
街乗り~周回用エンジンとしてビビる程速くなる雰囲気がある!
多分、3500rpm~8500rpm位まで、
相当ワイドでビンビンにまわる仕様に出来そう。

恐らくその仕様でも、ゼロヨンは11秒前半は狙えそうだし、
ちょっと試しにやってみたいけれど・・・
先立つ物がないのと、
500ps~程度のタービン使用実例が無いため、
人柱になる覚悟が必要というのがツライ!

なので、皆さんのタービン交換の情報、待ってます!w


因みに今、
同じ市に住んでいるSW20 5型NA改ボルトオンターボの方が、
オーバーヒート~燃料漏れを期にエンジンを作ってますが、

VVT-iを残したまま、
エンジン内部は2.2リッター化(フェニックスパワーオリジナルkit)
で、ピストンは私と同様に特注製作、
タービンはT517Z
という仕様で製作が進んでます。


コレ、超珍しい仕様なんで、自分もすごく気になるし、
SW20に乗ってる方は凄く気になる仕様ですよね?
仕上がりどうなるんかなぁ~




【備忘録】
エンジンにおける経験と判断基準

SW20の3Sは、ボアの拡大をしていると?オーバーヒートに弱い。
Ⅱ型エンジン、Ⅲ型エンジン共に、
オーバーヒートによるシリンダブロックのクラックによりブロー。

ヘッドが歪んでガスケットが抜ける前に、ブロックが先に割れる。
(Ⅲ型ブロー時はヘッドに歪み無く、面研せずに使用)

症状は、軽度のガスケット抜けとほぼ同様で非常に判り辛い。

 ・リザーバーからクーラントが戻らない
 ・クーラントにオイル混じりは無い
 ・オイルにクーラント混じりは無い
 ・始動時にマフラーから水が出る(クーラントであるという判断が難しい)
 ・始動性悪化
 ・アイドル領域の不安定化
 ・普通に走る程度では問題ないが、全開にするとリザーバーから溢れる。
 ・上で伸びない。

上記の様な症状が出た場合、
ヒート状態を経験しているなら、ほぼ確実にエンジンブロックにクラック有り。


(応急処置)
 リスローンのヘッドガスケットフィックスなる物を使用すると、
 なんと、ブロックのクラックまで一時的に補修してしまう。
 ラジエーター液が噴水状態レベルまでいかなければ補修可能で、
 競技クラスの全開にさえしなければ普通に乗れてしまう。
 OHする資金が無く、どうにか車も使わなければならない状況であれば、
 使用するのは悪くはないと思う。(ただし、1マソくらいする・・・)

 ちなみに漏れを止める理論は、銅粉と特殊な溶剤で、
 エンジンの熱により銅がクラックに入り溶けて固まり塞ぐというモノらしい。
 コレがダメになったという判断は、
 ラジエーターキャップをあけた際、
 FRP繊維のような塊が浮いてきたりキャップに付着していたなら、
 おそらくソレは塞いでいたものが剥離したもので、
 その時点で効果はなくなっている(もしくは薄くなっている)
 

Posted at 2017/10/09 10:54:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月08日 イイね!

備忘録は役に立つ!(まとめ有り)

備忘録は役に立つ!(まとめ有り)



   




かなり久々のブログです。

が、

その間には様々なことがありましたw

ザックリ言うとエンジンブローですw



【2017年 8月 20日】

ツイにNewエンジンが組みあがり、慣らし運転開始!




約1200kの慣らし走行。

0ブーストで3000rpm縛り、
走行距離500kあたりから500rpm程度ずつ、
体感で軽く感じるようになったら回転上限を上げていく。

約800k~900k走行でなんとなく滑らかになった様に感じた為、
ブースト0.2kだけ解禁、上限6000rpmへ

ダイノ合わせの為、京都へ向かう際は、
ブン回す前に回しておいた方がいいかなと思い、
油温・水温をみながらブーストは掛からないように7000rpm程度までは使用。
(根本的な仕様に劇的変化はない為、以前のデータでも無茶しなければOK)


まぁ~

慣らし運転、実際の所やり方がサッパリ判らないw
「基本は極力負荷を掛けずに1000km」

人によっては慣らしは不要だと言う人もいたり、
5000k以上に及ぶ慣らしをする人もいたり千差万別・・・。

とりあえず自分は、走行距離に応じて変化を感じられたので、
己の感覚を信じてやってみました。


3基目になる今回のエンジン、
ちょっと乗ったダケで、これは「キてる」感覚、
とりわけ、トルクの出方がメチャ良く感じていたので、
実際のセッティングでどういう結果がでるのか、
自分の感覚が合っているのか、間違っているのか、
非常に楽しみでした。



【2017年 9月 17日】

いよいよ、フェニックスパワー京都にて、
ダイノパックを使ってのセッティング!

ローラー式より緻密なセッティングが出来るとの事で、
ブローしない様にビッチリ合わせるという社長のご配慮です。



いよいよセッティング!


しかし・・・


燃料が薄い!!

850ccインジェクター全噴射しても500ps程しか出ない・・・。

更には、オカシイ為、何度も回していた所・・・

なんと、ダイノパックの振動でエアブリーダータンクのキャップが緩み、
ヒートしてクーラントがドバーーッと噴出!!!


前の2基がどちらもオーバーヒート起因によるブロッククラックで終わっている為、
もう完全にトラウマで、
その瞬間に色々なことが、まさに走馬灯のように頭の中を駆け巡る・・・

真剣に、もしコレでエンジンがやられたなら、
もう車の世界から降りようと決意したが・・・結果は無事!
むしろこの時に緩んでくれていなかったら、
ガチで攻めてるときに緩んで吹いていたら確実に終わっていた・・・

対策として、キャップの端に穴を開けてワイヤリング。


しかし、燃料が薄い原因が、
燃料ポンプか燃圧レギュレーターの故障だと思われるが特定しきれない・・・

ソコで役に立ったのが備忘録!

燃ポンは2年前にバッ直にした際に交換していると判った為、
間違いなく燃圧レギュレーターだという事で交換する事に。

部品取り寄せの為、その日は自宅まで送ってもらい、
翌週は仕事で無理だった為、
翌々週の週末に無事納車!!

【2107年 9月 30日】

車を引き取りに行き、京都から福井へ戻る際・・・

車の状態を知るために、
回転数や掛けたブーストに対する油温・水温の変化の仕方を見ながら走っていた所・・・

まさかの覆面に御用!!

80k制限のトコロを114kで34kオーバーの青切符。
正直、●60k程出てたけれど(SBCのログで●71k)、気付いてブレーキを踏んで一番落ちたトコ
(ギリギリ34キロにしてくれた?)で計測したとの事。
ピーク速度は~等さんざん御叱りを受けましたが、
あと1キロ違えば罰金1万上乗せ、6キロで免停だったのでヤバかった・・・。
でも、ゴールド免許間近だったのに、また遙か彼方に消えてしまったw


そして、とりとめがなくなったところで、
突然の備忘録まとめにて〆!



【備忘録まとめ】


・15年3月 運転席側シートベルト巻取り装置固定ボルト緩み ビビリ音で気付く

・15年8月 燃料ポンプ交換 バッ直化 燃料ホース交換(劣化)

・15年8月 クラッチ交換(反り・磨耗) クラッチマスターOH 

・15年8月 燃圧計異常

・15年8月 燃圧0でエンスト 原因はバッ直リレーヒューズ接触不良

・15年12月 失火の為プラグコード デスビ(中古)交換 レブ8200⇒8800rpm

・15年12月 タコメーターずれ有り(全開時上で700~800rpm遅れる)

・15年12月 追加オイルクーラーフィッティング割れ オイルクーラー交換(中古)

・15年12月 右ドライブシャフト破損 リビルドへ TRDデフ不良(機能していなかった)

・15年12月 ヒーターホース破裂によるオーバーヒート(この際ブロックにクラックが入った)

・15年12月 ブレーキマスター交換(80ランクル用流用)

・15年12月 フロントブレーキ油圧ロックバルブ取付 ブレーキバランサー取付


・16年4月 LSD交換 クスコRS1.5WAY

・16年4月 デスビ交換 (新品) 部品が出るうちにという判断

・16年4月 点火時期調整(遅角気味から進角させる)

・16年5月 フロントブレーキ固着過熱によりホーイルが歪む(恐らくローター等も歪み有り)

・16年5月 左フロントハブベアリング交換

・16年5月 ブレーキ油圧ロックバルブ・バランサー共に解除 パッドよりシム取外し

・16年5月 追加オイルクーラーへウォータースプレー取付

・16年6月 ブレーキマスターOH(ロッド詰め過ぎによるシール不良)

・16年6月 水温センサー交換 ファン制御不良の為

・16年6月 オルタネーター交換 (リビルド) ヘタリによる発電不足の為

・16年8月 追加オイルクーラーフィッティング付近クラック 新品交換(トラ16段)

・16年8月 圧力センサーホース抜け 8~10φホース全シリコン化

・16年10月 アルミテープチューン開始

・16年10月 全開時失火の様な症状 (恐らくブロック割れによる影響)

・16年10月 歪んだアルミの位置決め (シミー低減優先 ブレーキング時ジャダー現象)

・16年11月 ミッションの入りが悪化(原因はクラッチの反り)

・16年11月 マフラーY字接合部分のクラックによる排気漏れ


・17年2月 アイドル時にクーラント漏れ (キャップ不良 真の原因はエンジンクラック)

・17年2月 ミッションマウント取付ボルト穴(ミッション側)が振動で緩みグズグズ

・17年2月 車検の為入庫 各種不具合修正着手

・17年4月 マフラーY字部分排気漏れ 溶接修理

・17年4月 エキマニ交換(新品) 補強ステーでガチガチに固定する

・17年4月 Exハウジング スタッドボルト打ち直し

・17年4月 ウェストゲートOH

・17年4月 クラッチ交換(OH) ディスクはあるが反りの為切れ不良

・17年4月 ミッションケース各取付穴ヘリサート加工

・17年4月 クーラントホースをサムコへ変更 (劣化による破裂防止)

・17年4月 タイミングベルト交換 (エンジンを降ろすついでの予防保全)

・17年4月 ファン・エアコンベルト交換 (予防保全)

・17年4月 オイルパン交換 (新品) オイルパン錆の為 合わせてストレーナーも交換

・17年4月 エアブリーザータンク取付 (キャビテーション防止の為)

・17年4月 FCコマンダーEL化 延長コードも交換 (画面不良 コード接触不良の為)

・17年4月 リアトーコントロールロッド交換 (固着で調整不良の為新品へ)

・17年4月 ECUリセッティング時にエンジンブロー(ブロックのクラックが重篤化)


<17年 8月 エンジン関係まとめ>

・ブロック交換 ノーマルブロックを使用
・コンロッド、クランクは継続使用 (アペックス製)
・ピストンは87φ JUNにてコスワース特注製作 (交換パーツが無い為)
・メタルはGT-R用N1メタル24U使用 (アペックスのキットはGT-Rメタル仕様の為)
・ヘッドOH バルブ擦り合わせ
・ヘッドガスケット HKS 1.2mm (1.6→1.2mm) 圧縮比UP
・ウォーターポンプ交換
・オイルポンプ交換
・テンショナーベアリング関係交換
・フューエルストレーナー・ホース関係交換
・油温度センサーはブロック出口へ位置変更(オイルパンより)

・17年8月 上記エンジンへ換装

・17年8月 初期アイドル安定の為、スロットルへエアバイパス加工

・17年8月 フロントパイプフランジ部(タービン側)が熱害により変形排気漏れの為修正

・17年8月 アライメント調整 強烈なFトーイン Rトーアウトをメインに修正

(2月~8月は走行不可状態の為、実質ひとまとまりの作業)

・17年9月 慣らし運転開始

・17年9月 燃圧レギュレーター交換 (固着の為新品へ)

・17年9月 エアブリーザータンクキャップ緩み ワイヤリングで対応

以降、現在へと続く!


Posted at 2017/10/09 09:00:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「話題のヤツがついに来た!
SSTでも作ってどうにか車載で交換出来るようにするんじゃないか?
等と話していたけれど、
8時間40分〜10時間30分って事は、
確実に降ろし!

こりゃ買った方も売った方も大変だわ…」
何シテル?   11/16 23:43
単純記憶が苦手です。 特に、地理関係は無関心なこともあり酷く、 道や場所を覚えるのが辛く、ナビなしでは生きていけません。 車好きですが、乗るセンス...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

スバル(純正) TENSR CP SPCHGR 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/18 08:15:00
日産 スカイライン GT-R BCNR33  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/29 00:04:05
久々に動かしてみた&ジャッキ購入 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/19 00:17:25

ファン

20 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ MR2 トヨタ MR2
街のりからサーキットまで、なんでも活躍のフルチューン車両。 BNR32が、スピンの末 ...
スバル R2 スバル R2
エボⅥが事実上の廃車状態となり、 しばらく走りから離れて、親の車を借りて漠然と暮らしてい ...
トヨタ 86 トヨタ 86
通勤快速SPLのR2がボディ腐食により車検を通せそうな状況ではなく、 それまでに代わりと ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
ニュルエンジンにT78-29Dの600ps仕様。 RB26の回る感覚と音、ウェストゲート ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.