• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

nmkgkrnのブログ一覧

2020年01月03日 イイね!

医師の目線から、名倉潤さんのうつ病について語ります。

医師の目線から、名倉潤さんのうつ病について語ります。.














私は今、医師という仕事をしています。

その立場から今回の名倉さんに関してコメントせずにはいられませんでした。


昔は、鬱病とは、『甘え』や『怠慢』や『根性無し』みたいな感じの精神論として捉えられていました。

しかし、現在は研究が進み、うつ病とは、脳内シナプス間のホルモン(ノルアドレナリン・セロトニン等)の乱れで起こることが分かって来ました。

その原因には、遺伝的なものであったり、ストレスであったりします。

うつ病には2種類あります。

精神病性うつ病と、神経症性うつ病です。

精神病性(遺伝性の素質のある)うつ病以外の、所謂、私たちが基本的にうつ病と呼ぶ神経症性(ストレス性)うつ病というのは、真面目で、優しくて、几帳面で、繊細な人ほどなりやすいです。


その前提において、手術の侵襲(ダメージ)が原因でうつ病になったっていうのは表面上の体裁でしょうね。

術後の患者さんなんてたくさん見てますけど、そういう事は見たことがありません。

名倉さんも正直に語って、楽になればいいのにとも思います。

宮迫みたいな強かな奴がのうのうと生き残る芸能界というグチャグチャな人間関係の世界に、名倉さんのような真面目な人がいたら、そらあうつ病にもなりますよ。

医師という世界も芸能界と同じような人間関係の世界です(母数が少ないため人間関係が煩わしい)。


かくいう私も、緊張型頭痛という持病があります。

それが慢性化してしまい、慢性緊張型頭痛になってしまいました。

慢性緊張型頭痛とは、朝起きてから寝るまで一日中頭が締め付けられる頭痛が続く病気です。

毎日毎日続く頭痛から、私も抑鬱症状が出てきて、二次的にうつ病になってしまいました。

これは、癌の末期の患者さんにも多いです。

一日中痛みが続くと人間は鬱になります。





かわいそうなマウスの鬱実験があります。

健康で餌を食べるマウスの回りに電気ショックを流れるようにするのです。

初めの内はマウスも電撃に耐えながら餌を食べますが、徐々に餌を食べなくなり、動かなくなり、衰弱していきます。

このマウスに抗うつ薬を投与すると脳内シナプスのホルモンの乱れが改善され、マウスは電撃に耐えながらまた餌を食べるようになります。





私は四年間慢性緊張型頭痛に苦しみました。
今も苦しんでいます。

医師になってから、自分で慢性緊張型頭痛とうつ病のガイドラインを読み、自分に適した薬を自分で考え、自分で自分を治療した結果、今は痛みも抑うつ感も8割程寛解しています。

こう軽々と書いていますが、初めて抗うつ薬を飲むときは、やっぱり怖かったですし、どうなってしまうんだろうと思いました。


うつ病に治るという表現はありせん。
寛解と表現します。


昔の抗うつ薬(アミトリプチリン等の三環系・四環系抗うつ薬)は、脳内シナプスの解明が進んでいなかったので、効果はあるのですが、副作用も多かったです。

ただし、現在は脳内シナプスの解明が進んでおり、鬱や痛みのシナプスのみに作用するSNRIや、SSRIという副作用の少ない抗うつ薬が出てきています。

名倉さんは、精神病性(遺伝的な素質)の鬱ではなく、神経症性(ストレス性)のうつ病なので、ガイドラインではこのSNRIに加えて長時間作用型のベンゾジアゼピン(メイラックス等)を投与すると寛解するのではと思います。

これは、自分がガイドラインを読み、自分で考えて今飲んでる薬です。
自分の体で効果を実感しています。


名倉さんも諦めず治療に専念して下さい。


ただし、抗うつ薬はあくまでも対症療法に過ぎません。
私もそうですが、漫然と飲み続けるものではありません。
私も今の環境をやめるにやめれない立場にいるので(環境調整ができない)、仕方なく漫然と飲んでいます。

名倉さんが、対症療法をしながら環境調整をしてうつ病が寛解することを心から、ファンの一人として願っております。

こんな末端の記事が名倉さんに届くとは思いませんが、みんからでも苦しんでいる人がいたら参考になればと思います。


この複雑化した現代社会、鬱は誰にでも起きます。

うつ病の生涯有病率は15%で、女性は男性よりもかかりやすいです。

女性は25%と言われています。

適当な開業医の精神科の先生だと治療も中々上手く進まないでしょうし、先生との相性もあります。

患者さん自身も難しいと思いますが、ガイドライン等を読んでみて医師に提案して下さい。
自分の体の事は自分がよくわかります。
医師任せにしているようではいけないと思います。
まあ、その提案をはね除ける医師は医師ではないと私は思っています(笑)


そして、日本は精神病に対する偏見がものすごいと感じます。
精神科受診は決して恥ずかしい事ではありません。
列記とした病理病態のある病気なのですから。

産休みたいな感じで、気軽に鬱で休める世間になってほしいものです。

名倉さんも堂々となった原因を公表すればいいとも思いますが、そこは圧力なのでしょうね。






自分は、この年で抑うつ感を感じたことを決して悔しいとは思っていません。

医師として生きていく上で、若い内から、こういう世界観があり、こういう痛みがある事を身をもって体験できたという事は、大変貴重な事だと思います。

実際、痛みを感じる患者さんにはなんとかして痛みを取ってあげたいと思うようになりました。





そして、鬱病になって気付いたことは、体がそこから逃げろと合図を送っているという事です。

そして、鬱を乗り越えた時の自分というのは、昆虫でいう『脱皮』のようなもので、過去の自分から新しい自分に生まれかわるのだと感じました。

実際、今の自分の性格と昔の自分の性格は変わってしまいました。

長々書こうと思えば書けますが、動物というのは本能的に『逃げる』か『戦う』しかありあません。

しかし、人間には理性があり、そこで葛藤が生まれ鬱が発生するのだと思います。

そして、理性の面から考えると、逃げながら戦う事もできるわけで、まあ、うつ病には色々な乗り越え方があると私は感じています。


また、うつ病になると自殺をしてしまう方がいますよね。
これも、元々は動物の本能に乗っ取った合理的な行動なのです。
例えば、象は自分が弱っていると感じると、群れから離れてひっそりと死にます。
これは、群れの中で死んでしまうと、そこに集るハイエナや他の肉食動物により自分の群れの子供の象などに被害が及ぶからです。

このように、人間も動物なので、本能が刷り込まれています。
しかし、現代社会にはいらない本能もあります。
この本能というプログラムをいかに理性でアップデートしていくかが、精神病と向き合う鍵なのではないかと思います。


長くなると、だれて何を伝えたいか意味不明になってしまうので、ここで終わろうと思います。

最後まで読んでくれた方は、お付き合いありがとうございました。





.
Posted at 2019/08/02 06:20:15 | コメント(52) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「唯一のdocomoショップでWi-Fiこ○き」
何シテル?   02/20 17:23
SNSなので、自分の思うように更新しています。 何処に何を投稿しようと俺の自由。 んで、誰にイイネをしようと俺の自由。 イイネの基準を己が勝手に決めとんけ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/1 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

漢の遊園地 ほ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/01/23 21:40:53
コロナウイルスとはっ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/01/21 23:04:18
ぶらり西成☆満喫旅 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/01/21 21:00:39

愛車一覧

ダイハツ パイザー パイちゃん (ダイハツ パイザー)
車のレビューになります。 ↓ https://minkara.carview.co.jp ...
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン 漢の小ベンツ (メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン)
車のレビューになります。 ↓ https://minkara.carview.co.jp ...
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン 赤坂のサニー (メルセデス・ベンツ Cクラス セダン)
車のレビューになります。 ↓ https://minkara.carview.co.jp ...
ボルボ XC70 漢の CROSS COUNTRY (ボルボ XC70)
【愛車撮影場所】 ①御堂筋 (大阪府大阪市中央区) ②平和記念公園・原爆ドーム前(広 ...

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.