• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

PORTGAS・D・ACEのブログ一覧

2016年07月07日 イイね!

蛍紀行 最終章 姫蛍の乱舞






そろそろ1か月前の事となりますので

7回の撮影分を一気に掲載します(*^-^*)

と言っても ヒメボタルの撮影は1日1カットしか撮れませんので

ボツになった日もありますので7枚だけの掲載です(笑













ヒメボタルに完全にハマった僕は

時間をなんとかやりくりしてせっせと通いました(笑

1日1カットしか撮れないので

今回からは2台のカメラでチャレンジです♪

1台は、インターバルタイマーでセットしてほったらかし

もう1台はリモートスイッチで手動でシャッターを切りました♪





















1





















2





















3





















4





















5





















6





















7





今シーズンは 本当によく夜な夜な蛍撮影に出かけました(笑
どこに行っても、人や車が多くとても苦労しました(^^;)

ヒメボタルが撮れる所はとても少ないので
必然的にカメラマンも大勢押しかけますので撮影場所を確保するのが大変!(+o+)

でも 最後は新しい誰も来ない場所も見つけることができて
ゆっくり撮影できましたが 真っ暗な中で一人は怖かったです(笑


今年は風景と絡めた蛍の写真と
昨年撮れなかったヒメボタルの写真を撮る
と言うのが目標でしたが 何とかできたかな?(*^-^*)

本当は、最後にもう一度ゲンジボタルを撮りに行って
ある撮り方を試してみたのですが上手く撮れませんでした(^^;)
また 来年の課題かな?(笑






最後までご覧いただきまして誠に有難うございましたm(__)m
Posted at 2016/07/07 23:09:21 | トラックバック(0) | ホタル | 日記
2016年06月30日 イイね!

蛍紀行 其の3 幻想的な姫蛍




ゲンジボタルは
昨年より随分マシな写真が撮れたので
いよいよ 憧れのヒメボタルに挑戦です(*^。^*)

まずはヒメボタルがいる場所を探す所から始めます(^_^;)
なんせ ヒメボタルはゲンジボタルと違って
生息数が圧倒的に少ない(汗
皆さんが良く見かけるホタルは殆どがゲンジボタルです♪

昨年は、何処に行けば見る事が出来るのか分からず仕舞いで
シーズンを終わってしまいました(T_T)
今年は、何とか生息している場所も分かり
みん友のMuryaさんからもアドバイスをいただき
初めての ヒメボタルの撮影に行ってきました(*^。^*)


ゲンジボタルの幼虫は清流でしか生きられないので
必然的にゲンジボタルは清流に飛んでいます
しかし、ヒメボタルの幼虫は陸上で生活しているので
ヒメボタルは林や森の中に飛んでいます
ゲンジボタルの大きさは、オスが15mmでメスが20mm程度ですが
ヒメボタルの大きさは、オスが9mmメスが7.5mmとゲンジボタルよりはるかに小さいのです
光り方も違います、ゲンジボタルは発光が一番強くて1秒~6秒間隔で発光しますが
ヒメボタルは、ピカッピカッとフラッシュのような発光をします

写真を撮るには
小さなヒメボタルの方が光も弱くて難しさがあると思います





それでは
初めて撮影した 『姫蛍』 の写真です(*^。^*)






何とも言えない
とても幻想的な 光景ですね♪


真っ暗になって光り出した時は
なんとも言えない素晴らしい幻想的な光景にしばし呆然としていました(*^。^*)
インターバルタイマーで撮影してて良かったぁ~
多分シャッター押すの忘れるぐらいの感動でしたからね(笑


今回は 14枚の写真を比較明合成しています
ヒメボタルの光は小さくて弱いので
基本、最初から比較明合成するつもりで撮影します
比較明合成しないと寂しい写真になっちゃいますからね(^_^;)

撮り方はそんなに難しくはありません
三脚と明るいレンズとシャッタースピードを設定できるカメラがあれば撮れます

まずは
多分この辺りに飛んでくれるだろうと予測して
三脚をセットして、明るいうちにピントを合わせておきます
一度セットしたら、撮影が終わるまでアングルは変えません
真っ暗になる前に、ベースになる背景を撮影しておいて
後はひたすらホタルの光の撮影をするだけです(*^。^*)
そして、良さそうな写真をソフトで比較明合成して出来上がりです
SSや ISOは その場所の明るさやレンズやカメラで色々調整するようにして下さい

ちなみに今回の撮影は
Canon EOS 7D MarkⅡ レンズEF 50mm F1.8 Ⅱ
ISO 1600  絞りF1.8  シャッタースピード30秒のインターバル撮影
EF 50mm F1.8 ⅡはCanonのレンズの中でもとても安く15,000円前後のレンズです(笑

インターバル撮影だったのでセットすると後は何もする事ありません(笑
ひたすら団扇で扇いで蚊を追っ払ってました(爆



初めての姫蛍を見てとても感動して
完全に姫蛍にハマりました(笑






今回も最後までご覧いただきまして誠に有難うございましたm(__)m
また、アドバイスしてくれたMuryaさんに感謝です♪
Posted at 2016/06/30 19:43:19 | トラックバック(0) | ホタル | 日記
2016年06月28日 イイね!

蛍紀行 2016 其の2






梅雨に入って
休みの日は激雨や豪雨で2週連続撮影に行けなくて
悶々とした日を過ごしておりますACEです(-_-メ)





さて、相変わらず賞味期限切れのブログになっておりますが
今年の蛍撮影の第2弾です♪



昨年は、初めて蛍の撮影にハマり試行錯誤しながら撮りましたが
納得のいく写真が撮れないままシーズンが終わってしまいました(T_T)


今年は風景と絡めた蛍の写真と
昨年撮れなかったヒメボタルの写真を
なんとか撮るのが目標です(*^。^*)





今回、撮影に行った川は昨年訪れて感動した川です(*^。^*)
ここは本当に蛍が多いと思います♪

福岡県、佐賀県は結構行きましたが一番多いのではないでしょうか?
でも、蛍も多いけれど
人と車がとても多い(T_T)
車のライトや、懐中電灯や、スマホの光が入ると
撮影中の写真はボツになってしまいます(泣

ここではシャッタースピードを30秒で撮影すると
光が入らずに撮れる写真は10枚に1枚あるかないかぐらいです(笑


前回撮影して、どの辺りに蛍の飛翔が多いかだいたい分かりましたので
真っ暗になる前にカメラのセットをします

辺りが暗くなってきて
さあ~車のライトとの戦いです(爆





1

3枚比較明合成




雰囲気の良い小川の風景なのですが
残念ながら、狙った場所がイマイチで蛍が向こうの方にしか飛んでいない(T_T)

しかも蛍は上の方ばかりで寂しいので
仕方なく、3枚の写真を比較明合成




2

3枚比較明合成




先程より少しアングルを変えてみました

狙いは水面の上を飛ぶ蛍狙いなのですが
なかなか水面の上は飛んでくれません(T_T)

これも少し寂しいので仕方なく、3枚の写真を比較明合成


比較明合成をすると
景色と絡まった良い感じの蛍の写真になりました♪
1、2共に雰囲気はとても好きです(*^。^*)




3

4枚比較明合成




4枚も合成すると
さすがにちょっとやり過ぎ感がありますね(^_^;)




車も多くて、なかなかまともに撮れないので
色々と場所を移動してみました




4

3枚比較明合成




午後9時を過ぎると、人も車も少なくなってきました




今度は望遠を使って圧縮効果を狙ってみることに

ん?なんかいい感じ(*^。^*)
これだったら、もう少し長いSSにすれば1枚でも可能ではと思い
1枚撮りを前提に撮ってみました




5

比較明合成なし 200mm F2.8 ISO1600 SS44秒




車も少なくなってきましたので
SSも長く開けれるようになってきました(^O^)




6

比較明合成なし 200mm F2.8 ISO1600 SS58秒




時間も遅くなってきたので蛍の数も少なくなってきましたが
なるべく多く飛んでる小川の上を撮って
水面に蛍の光の反射したところが撮れないか
何枚も撮ってみました




7

比較明合成なし 200mm F2.8 ISO1600 SS58秒




比較明合成なしでも何とか雰囲気の良い写真が撮れてました♪




8

比較明合成なし 200mm F2.8 ISO1600 SS48秒




蛍撮影は本当にハマります(笑
蛍の光の光跡がどんな具合に写ってるか分かりませんので
帰ってPCで見るのがとても楽しみです♪
そして、1枚たりとも同じ写真が無いというのも面白いですね
蛍が飛んでくると
『こっち来い!こっちに来いよ!カメラの前を飛んで~』
と常に思っています、たまに口に出てる事も(爆

前回は、Lレンズを過信してF4を使ってしまい失敗したので
今回は持ってるレンズの中で明るいEF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMとEF 50mm F1.8 Ⅱを使って正解でした(*^。^*)
蛍撮影にはやっぱり明るいレンズが圧倒的に有利ですね♪

さて、今回はゲンジボタルでしたが
次回は憧れの あの幻想的なヒメボタルの撮影です(*^。^*)




今回も最後までご覧いただきまして誠に有難うございましたm(__)m
Posted at 2016/06/28 19:45:17 | トラックバック(0) | ホタル | 日記
2016年06月19日 イイね!

蛍紀行 2016 その1 と ちょこっとポピー



5月下旬から
夜な夜な蛍撮影に勤しんでいました(笑
あまりにも季節外れになってしまうとマズいので
中国地方ドライブはちょっとお休みして
蛍紀行をちょっと・・・(*^-^*)


5月下旬
今年は花も咲くのが例年より早いので
蛍もそろそろ出てるかなと
様子見も兼ねて1回目の蛍撮影に行って来ました♪

蛍は夜なので
その前に 皆さんに感化されたポピーをちょっと撮ってきました(笑

福岡県朝倉市にある
キリンビール福岡工場のキリン花園


1



ちょっと訪れるのが遅かったようです(^^;)
かなり終わってる感じでした(泣


2



それでも 沢山咲いてそうな場所を撮ってみました(*^-^*)


3



ここのキリン花園では
秋には秋桜が見事なんです♪


4



ポピーは初めて撮りにきましたが
なかなか難しい(^^;)


5



結構、広いので汗だくになりながら園内を歩きまわり
良さげな場所を撮ってみました


6



なかなか良い運動になりました(*^-^*)






で、本日の本命の蛍撮影に向かいます♪
1年振りの蛍、ワクワクしますね~

今年初めてなので
どの辺りに出るか分かりません
おおよそ見当をつけて三脚をセットして暗くなるのを待ちます

暗くなって蛍が光るまで
蛍がいるのか?飛んでくれるのか?
とても不安です(^^;)

辺りも暗くなってきましたが
ピーク時には蛍観賞をしにきた人が結構いるのですが
周りには だ~れもいません(汗

でも、暗くなるにつれて
少し光りだしました♪
でも少ない(泣
まだシーズン初めだからこんなもんかなぁ~
と、撮影を続けていると

蛍観賞に来たらしき人が
『ここはあまり光ってないね~』
と話してる
???
『ここは?』
もしかしてと思い聞いてみると
『向うの方は沢山飛んでましたよ♪』
と教えてくれた

三脚かかえてダッシュで移動~


そこにはなんとも言えない風景が・・・



7

比較明合成なし


やってしまいました(^^;)
場所の設定ミス!
シーズン初めなので場所的にはこの辺りだろうと思っていたのですが
既にピーク時の場所で大発生してました(^◇^)


8

比較明合成なし


蛍が一番飛ぶ時間は20時過ぎ~21時過ぎの約1時間
既に20時30分は過ぎている(汗


9

比較明合成なし


焦って撮ったもんだから
何もかも設定ミス(^^;)


10

比較明合成なし


昨年、蛍撮影にハマった学習が生かされていない
全く忘れてる~(T_T)


11

比較明合成なし


で、今年1回目の蛍撮影は大失敗に終わってしまいました(笑
せっかくの蛍の乱舞を上手く撮れなくてメチャクチャ悔しい~(T_T)

それから、悔しさを晴らすため夜な夜な蛍撮影に奔走する事になりました(爆

蛍紀行は まだまだ続きます(笑



次回は中国地方ドライブ最終編です♪




この度は最後までご覧いただきまして誠に有難うございましたm(__)m
Posted at 2016/06/19 23:36:14 | トラックバック(0) | ホタル | 日記

プロフィール

「阿蘇の桜 http://cvw.jp/b/2204884/40381318/
何シテル?   09/09 23:02
PORTGAS・D・ACEです エースと呼んでください♪ 宜しくお願い致しますm(__)m 機材 Canon EOS 5D MarkⅣ Canon...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/6 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

中国地方2,000kmドライブ~鳥取砂丘の夕陽~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/28 10:30:59
憧れの彼の地へ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/27 09:14:14
フォトクラブF11 pickup!!2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/16 10:37:49

愛車一覧

その他 その他 モビーデック号 (その他 その他)
モビーデック号 白ひげ海賊団二番隊隊長

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.