• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2021年03月29日

3月後半の星撮り --- 月と銀河。

3月後半の星撮り --- 月と銀河。 今月の残りの天体撮影の成果です。
3月13日の新月以降の月の後半は次第に月が明るくなるので、天体撮影には
向きませんが、いくつか春の銀河を撮影しました。

タイトル画像は28日の夜の満月をドームから撮影しているところです。
(厳密には翌日の明け方近くが真の満月です。)

3月の満月は春になって虫が活動し始めることから「ワーム・ムーン」
(Worm Moon)と呼ばれています。二十四節気の啓蟄を思い起こす命名ですね。

月の話をしたので、まずは月の画像から。
今月後半は短い周期で雨が降る天気が続き、夜もすっきり晴れない日が多く、
朧月ばかりで、なんとか晴れたのは
23日でした。その夜の月(月齢9.7日)です。上弦の月の2日後になります。
Moon_2021.03.23

そしてWorm Moonになります。
Moon_2021.03.28

本題の銀河の方ですが、まず14日に、前回の星撮りブログで紹介した「子持ち銀河」(M51)と同じりょうけん座にある
「ひまわり銀河」(M64)を撮りました。M51と同じく焦点距離2000mmの反射鏡です。
M63_2021.03.14

そして1週間後の21日に、同じくりょうけん座にある「くじら銀河」(NGC4631)とHockey Stick Galaxyと呼ばれる
NGC4656のツーショット。どちらも3000万光年の距離にある棒渦巻銀河を横から見ている様子です。
くじら銀河の中央部の赤みがかっている部分では星が爆発的に生成されるスターバーストが起こっています。
上のひまわり銀河と同じ機材で撮影しました。
NGC4631_NGC4656_2021.03.17

そして2日後の23日、上の月を撮った後、りょうけん座にあるM94銀河を初めて撮影しました。
月が明るいので、上の2つの銀河と同じ機材によるテストを兼ねて。
この銀河は割と近く、1500万光年の距離にあり、明るい中央部と外側の淡い部分の二重リング構造をした渦巻銀河です。
M94_2021.03.23

その2日後の25日はますます月が明るくなり、空も少し霞んでいて23日よりコンディションが悪かったので、
銀河の撮影は諦めて、比較的明るい天体を対象にしました。
M94と同じりょうけん座にある球状星団 M3です。
これまで球状星団といえば、単独では北天最大のヘルクルス座のM13しか撮ったことがないのですが、
メシエカタログの3番と割とメジャーな天体であるにも関わらず撮っていなかったので、大きさ・明るさの感じを
掴むためにも、この天体を選びました。
機材は上の銀河を撮ったものと同じですが、ガイドが安定せず、途中で曇って合成したのは50枚ほど。
M3_2021.03.25

太陽系から34,000光年の距離にあります。M13は22,000光年くらいなので、実際にはM3の方が大きいのです。
私の星撮りブログをご覧の方はお気づきかもしれませんが、銀河面付近にある星雲は、だいたい数千光年程度までの距離、
系外銀河は最も近いアンドロメダ銀河でも250万光年くらいで、球状星団は天の川銀河のメンバーでは遠い部類になります。
しかも含まれる数十万個の星はどれも古く、銀河面から離れて銀河を回るような軌道を運動しています。
このような球状星団が生まれたメカニズムの有力な説としては、天の川銀河より小さな銀河がその重力圏に捉えられて
周りの星々を剥がされながら今の形になったというものです。
星の数や年齢を考えると、これは尤もらしい説明かと思います。

昨日、今日と晴れているはずなのですが、黄砂のために全天に一様な雲がかかった空で次の天体撮影は4月になりそうです。
そろそろ薄明前に夏の天の川が見える時期になりましたが、もうしばらくは春の銀河を中心に撮影しようと思います。
ブログ一覧 | 星・月 | 趣味
Posted at 2021/03/30 21:00:44

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

3月前半までの星撮り。
koichifunさん

6月前半の星撮り。
koichifunさん

2月の星撮り後編 --- 春の銀河 ...
koichifunさん

4月後半の星撮り --- 銀河と月。
koichifunさん

11月後半の星撮り --- 星団・ ...
koichifunさん

5月の星撮りのまとめ --- 今年 ...
koichifunさん

この記事へのコメント

2021年4月4日 6:07
おはようございます。

あざやかなお月様とはっきりと渦が分かる銀河の姿、お見事ですね!!

このあと…おっしゃるとおりにひどい黄砂で空が大変なことになりましたが、今週いっぱいはまた良い天気に恵まれそうな予報…なのに、またまた次の週末は雨予報だったりするんですねぇ。><;

コロナが再爆発する前に、佐賀の野山を駆け回りたいのですが、なかなかうまくいきそうにありません。(汗
コメントへの返答
2021年4月4日 19:32
しげ爺太さん、こんばんは!

今年は冬は寒くなると言われながら、寒い日数は少なめで暖冬だった印象で、3月からも気温が高い日が続いて桜があっと言う間に過ぎ去った感じですね。
3週連続日曜が雨で、嫌になりますね〜。

人が少ないところを選んで、是非、こちらにもいらしてください。
2021年4月4日 13:32
M64,見事です。
NGC4631は、先月中旬の同じ時期に撮りました。
そのうちUpします。
くじら銀河とか言われているのは知りませんでした。

これらもオフアキで撮られているのでしょうか?
こちらはオフアキのプリズム位置の調整、デジタルカメラとガイドカメラのフォカース合わせ調整など下準備も終わり、初挑戦に向けて天気待ちの状態です。
コメントへの返答
2021年4月4日 19:41
こんばんは!
春の銀河で、焦点距離2000mmくらいで狙うとしたら、大体の限られてきますね。
すみません、ひまわり銀河の"M64"は"M63"のtypoでした。
以前はくじら銀河単体で撮っていたのですが、昨年初めてNGC4656と撮ってみて、今回はフルサイズで。

フルサイズCMOSカメラ(ASI6200MC Pro)をRC鏡筒で使う際にOAGを使うようになって以降、このカメラの時は焦点距離が短い屈折鏡でもOAGを使っています。
OAGはPHD2で使われると思いますが、事前にbad pixel mapを撮られると良いと思います。またガイドカメラのピクセルピッチによってはbinningを1から2にすることで感度が上がり、星が少ないところでもガイド星が見つけやすくなります。
後は実戦投入ですね!

おすすめアイテム

プロフィール

ここ数年、年間走行距離が、自転車>オートバイ>自動車(>>徒歩)、となっています。 高齢になって、少しずつ割合が変わりつつありますが、健康にバイクや車に乗れる...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/5 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

ヘッダーを2段にする方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/28 21:15:07
PIAA 【欧州車 車種専用設定】SILENCIO X TRM SILICONE 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/29 14:15:34
PIAA 輸入車対応超強力シリコート ワイパー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/29 14:15:19

愛車一覧

ヤマハ YZ250FX ヤマハ YZ250FX
レーサーを認定登録です。保安部品を装着し、リヤサスのリンク変更でシート高をさげました。減 ...
メルセデス・ベンツ Aクラス メルセデス・ベンツ Aクラス
19年近く乗ったWRX-STIからの乗換えです。小型、高出力、AWDで気に入る車が出るの ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
初めて所有するSUVです。 主に通勤に使い、山歩きや写真撮影(風景・天体)に活用していま ...
ホンダ リード125 ホンダ リード125
山歩きや日帰りツーリングに使っています。燃費もよく積載量が多くて便利です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.