• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

koichifunのブログ一覧

2020年02月12日 イイね!

休日に山歩きと林道ドライブ。

休日に山歩きと林道ドライブ。2月は何かと忙しいのですが、カレンダー通りに11日は休みが取れました。
前日の予報で気温が高くなると聞いていたのと、朝から霧がかかった天気
でしたので、遠出をせずに近場で遊ぶことにしました。

霧の隙間から青空が見えたので、もしかしたら山の上は晴れているかもと
ジムニーで天山に行きました。
前回登った時は東側の峠から尾根伝いに縦走するルートでしたので、今回は
いつもロードバイクで通る林道脇にある雨山への直登ルートの入口から
登ることにしました。雨山山頂は草に覆われていてこのルートがよく見えません
が、今の時期なら草が少ないので確認するには良いかと。
いつもの駐車場に来た時は私の車だけでした。(タイトル画像)
そこから少し歩いて目的の登り口へ。
入り口は狭い階段ですが、そこを登るとほぼ一直線の細い道です。

途中から熊笹の間を歩きます。


山頂付近で一旦勾配が急になり、緩くなると間も無く山頂でした。
そこから天山の山頂を。雪はすっかり消えていますね。
雨山から天山山頂

西側の眺望です。低空は霞んでいますね。
雨山から八幡岳

流石に1000m近いので風が冷たく、じっとしていると冷えてしまうので、早々に下って天山を目指します。
途中で草や岩がない土の部分は凍っていて滑るので慎重に歩きます。

天山の山頂も独占状態でした。
左は阿蘇惟直のお墓、右手奥が山頂の石碑です。
阿蘇惟直の墓碑と山頂の石碑

南の小城市の辺りはまだ霧が残っていて、それはそれで良い雰囲気です。
下界は靄

少し物足りないので、前回登ったルートを辿って1kmほど東に歩きました。
その途中で北のほうを見渡すと、スキー場の駐車場が見えます。今年は来客が少ないようで、ドリフトコースはそのままです。


山頂へと戻ってくる道すがらで1枚。
東側登山道から

日陰に僅かだけ雪が残っていて土は凍っていますが昼前には融けてぬかるみそうです。

下山の途中で先ほどまでいた雨山とその向こうの八幡岳を。
天山から雨山

この後は駐車場のある登山口へと下りました。
帰宅したのは11時頃で、物足りないので午後から近場のドライブへと。
ジムニーが来てから林道をチェックしていますが、今回はロードバイクで八幡岳に登った時に、棚田の間を通って
出た林道の先を見に行くことにしました。

いつも通っている棚田の間を通るルートではなく1つ西の谷の間の棚田横の狭い道を登って見つけた林道で、それを出て
すぐの所に展望所があります。今回はジムニーで、まずメインのルートを展望所まで登り、その様子を動画にしました。


上の動画の最後の方で右後方に目的の林道の入口が見えています。
展望所からいつもの眺望を。霞んでいるので唐津の方まで見えませんね。


展望所で折り返して目的の林道へと入ります。
結構長い全線舗装の林道で、途中で伊万里方面から八幡岳に登る県道と交差し、さらに続いています。
その途中で視線の入口があり、入ってみました。
これがジムニーで経験する初めてのガレ場になりました。細い道の先でUターンできないと大変なので、広いところで
切り返して引き換えました。その引き返した場所は下の写真です。
やはりジムニーにはこんな風景が似合いますね。


支線に入るところから元の林道に戻って少し走ったところを動画で。


オフロードバイクだと何てことは無い路面ですが、車だと気を使いますね。
ここで初めて4Lを使ったのですが、2度抜けてしまいました。完全に静止してからレバーを押してしっかり入れた
つもりでしたが、ちゃんと入った時と抜けた時と何が違うのか良く分かっていません。時々使わないと入りが悪くなるのか?

このような路面は頑丈なタイヤにしてから気を使わなく良い状態で来たいと思います。
舗装した林道に戻って先に進むと出口の手前で土砂崩れが起こっていて行止り。
少し引き返して狭い道を下り国道498号に出ました。

後は土曜にロードバイクで走ったコースの逆を辿って帰宅しました。
ジムニーだと気軽に狭い道に入っていけるのでいいですね。これまで林道探索はオフロードバイクばかりでしたが、
路面が荒れた所に入らなければ航続距離が長いジムニーが楽でいいですね。
Posted at 2020/02/12 20:59:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | JB64 | 旅行/地域
2020年01月07日 イイね!

ジムニーの燃費とマフラーについて。

ジムニーの燃費とマフラーについて。タイトル画像は、今晩帰宅した時に撮った画像です。
今の時期の夜8時に気温が15度というトチ狂った天気です。明日は暴風雨に
なるとかで、一体どうなっているのやら?という気候ですね。

そこには「平均燃費は16.2km/l」と表示されています。
これは、前のブログで報告した林道ドライブに行く前にガスを満タンにした際に
リセットして、昨日と本日、通勤で往復40kmを2回走った後の平均値です。
林道を走るときは流石に悪くて、平地に降りた時に14km/lを割っていましたが、
帰路で国道を流して帰ると15km/l台に乗り、この2日の通勤でこの値になり
ました。

テッチン・ホイールの時は、通勤と週末の山歩きなどで平均がこれより1km/l
低い値で、まぁそんなもんかと思っていましたが、ホイール交換後は、通勤+
週末ドライブで16km/l台が続いています。

通勤ルートがフラットで混む時間帯を避けていることもありますが、予想以上の燃費の良さです。
雲仙に行くときに広域農道を飛ばした時の感じだと、高速の方が燃費が悪くなりそうです。
後、タイヤをサイズの大きいATタイヤにする予定なので、テッチン・ホイールの
時と同程度にはなるでしょう。


そしてマフラーの話題。
パーツレビューには、全速度域を試してから書こうと思っていますが、4日に届いてすぐにマフラーを装着して以降、
低中速を使ってきたので、それについてのインプレを少々。

センターパイプから純正より直径で10mmほど太いので低速が落ちるのではないかと心配しましたが、それは杞憂に
終わりました。フロントパイプはそのままなので、低速でも排気の流速は落ちずに、センター以降が太いことが排気効率の
向上に寄与しているようです。
マフラーを変えた日の夜に、何度か登っている自宅裏の林道を登りましたが、3000rpm前後で、2速か3速かと迷う場所を
3速で行けたり、通勤時の2速発進が楽になったりと、低速でもトルクが増えて
いると思います。
劇的ではなく、同じ条件だと少しトルクが増えたと分かるレベルです。
3000〜5000rpmでもグイグイ押し出すほどのトルク増加はありませんが、レスポンスは良くなっています。

音はあまり大きくならないと評判のマフラーで、外でアイドリングを聞いている時は純正とほとんど変わりませんが、
室内でアクセルを踏み込んだ時に低音が響きます。まぁ、許容範囲です。

WRXでエキパイとフロントパイプを変えた時ほどの激変ぶりではありませんが、コストに見合った効果を得られたと思います。
これから先はECUとは行かないまでも(まだ解析が進んでいなさそう)、ブーストコントローラでも使うしかなさそうです。
市販の軽のエンジンなので耐久性が心配ですから、あまり過激なチューンは控えとこうと思いますし、ブースト計を付けて
チェックできるようにはしておきたいですね。

納車前に発注したパーツ類と年末に追加した分は全て付け終わったので、しばらくは現状のまま様子を見ます。
春先にリフトアップとタイヤ交換をと考えています。
Posted at 2020/01/07 22:27:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | JB64 | クルマ
2020年01月06日 イイね!

近場の林道ドライブ。

近場の林道ドライブ。今年最初の車ネタは、ブログではなく整備手帳でした。
マフラーのレビューはもう少し使ってから書くことにして、今回は近場の
林道散策へ行ってきたので、その様子を。
マフラーは静かさも重視して選び、実際に外で聴くと純正より少し音が大きい
程度ですが、室内では低音が響きます。
以下に動画を掲載していますので、車内の音の参考になるかと思います。

その前日、4日土曜の夜は「しぶんぎ座流星群」の極大日でしたし、夕方は
晴れていたので、マフラー交換した当日の夜に天山に登ってきました。
いつも使う道ですし、ロードバイクで何度も登っているため微妙な勾配も
頭に入っているので、マフラーのテストにはちょど良いルートでした。
詳しくは後日書きますが、思ったほど低速がスポイルされずに中速域での
レスポンスは向上しています。狭い林道コースなので高速域の伸びをテスト
できませんでしたが、機会があれば別のルートを通った時にでも。

その夜の星撮りの話は、また後日(こればっかりですね)ということで。
翌日の5日は寝不足気味でしたが、お昼前から晴れてきて暖かくなり、家の中にいるのも勿体ないと、午後から
ジムニーで出かけました。先月、林道チェックに行って行き止まりだった林道を逆に南側から入るついでに
幾つかのまだチェックしていなかった林道を見に行くことにしました。

厳木町(唐津市)から北上し1本目の林道に向かいます。入り口に通行止のガードがありましたが、左半分が開いていたので
入っていくと、すぐに法面崩壊で行き止まり。そこから少し北上したところに1本目と山中で合流する2本目があります。
そちらは通行止の看板も無く、期待して進みます。途中、土砂を片付けた跡がありましたが、何とか中間地点の
峠まで行けました。今回は、写真より動画を撮ろうとGoProをフロントウィンドウに取り付けていました。
運転の下手さがわかってしまうのでどうしようかと思いましたが、室内でマフラーの音と、どんな場所を走っているか
を伝えるには動画が最適かと思い、恥を忍んでご披露します。
ただ、2本目の前半がバッテリ切れでほとんど録画されていなかったので、後半の下り、バッテリを交換した所から。
今回の林道は全てロードバイクやオフロードバイクで何度も走っている熟知した道ですが、落石などの路面状況に
注意して走行しています。(←トロいことの言い訳です。)


大規模な落石はありませんでしたが、この時期は落ち葉が積もっていて、結構滑ります。途中でABSが作動しました。
上の動画の最後に、右側に林道の入口が見えていて、そこが3本目の予定でしたが、通行止になっていました。
仕方ないので一旦下って県道で迂回します。この「県道」が曲者で、途中から林道より狭く険しくなります。
動画は一旦下って合流した県道を登っている途中からです。


始まって3:40のところが目的の林道への分岐でしたが、通行止のガードが置いてあり、断念して県道を直進します。

目的の林道に入られたら、そこから分岐した別の道を調べたかったのですが、目的を変えて、一部が未舗装の林道へ入ります。
ここはオフロードバイクで何度も通った道で、舗装化が進んで最近はご無沙汰でした。
グラベル区間が始まる少し前からの道の様子を。


0:25で一時停止してトランスファーを4Hに切り替えています。
前にオフロードバイクの動画でも感じましたが、GoPro Hero7のブレ補正の効きが良くて、実際の振動が伝わりませんね。

上の動画の後、サイクリングでよく使う舗装された林道(唐津市七山村)をチェックに行ったのですが、
そこもまた工事中で通行止でした。引き返して別の県道に戻り、唐津市街へ降りて帰宅しました。
狭い道でのUターンは、小さなジムニーだと楽です。
その林道の途中で唐津湾方面の眺望を撮りました。(カメラはミラーレスのA6300に16-70mmのレンズ)


武雄や多久よりは大雨の被害が少なかったとは言え、あちこちで土砂崩れが起こっていましたが、工事期間が明示した
看板のある林道は、どれも春までには開通するとのことでした。


タイヤには気を使いますが、ジムニーだとオフロードを安心して走れます。
ガレ場や大きなギャップのある所だと、頑丈なタイヤ、車高とサスのストロークが欲しいですね。
初心者なので、オフ向けの弄りはボチボチと進めていきます。
Posted at 2020/01/06 19:17:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | JB64 | 旅行/地域
2019年12月29日 イイね!

納車後ほぼ1月。

納車後ほぼ1月。ジムニーがやってきて、ほぼ1月経ちました。

年末年始休業になる前に、ディーラーで1ヶ月点検とオイル交換を済ませて
きました。走行距離は965kmでした。
サービスの方にお願いして、抜いたエンジンオイル見せてもらうと、金属粉が
全く無く、まだ褐色が残っています。
バイクのオイル交換は自分でやりますが、車はディーラー任せでしたので、
実際に見るのも久しぶりです。(A45の初回以来か?)
4サイクルのバイクはクラッチやギヤもエンジンオイルに浸かっているため、
初回は結構汚れるものなので、ちょっと意外でした。

新居ではイジるスペースがあるので、今後は出来るだけ自分で交換をしたいと
思っています。

ここ1月は週末にサイクリングをする時間以外は、ジムニーをイジったり、パーツを探したりで潰してきました。
ほとんどは「パーツレビュー」や「整備手帳」に載せています。
まだ、やりたいことが残っていますが、キリが良いので、この1ヶ月で感じたこと
と今後の計画を、忘備録を兼ねて書き残しておこうと思います。

1) 思ったより燃費が良い。
メインは平地ばかりの通勤ですし、混む時間を避けているので燃費は伸びますが、当初は13km/lくらいかと思っていたら、
テッチン・ホイールの時でさえ15km/lを超えていて、ホイールを交換してからは16.5km/l程度です。
これは週末の山歩きや星撮りも含んでいるので、平地だけだともっと良いかもしれません。
下に書くように、重くて動きが鈍いので速度を出す気になれないのが良い方に効いている気もします。


2) やはり、【重い】。
試乗の時は平地だけだったので、出足が鈍いくらいにしか感じませんでしたが、山を登ると重さを感じます。
星撮りに行く天山の登山口への林道区間で表示される瞬間燃費は5km/l台と、A45より悪い値になります。
馴らしの時で回転を抑え気味に乗ってもこの値なので、ペースを上げるともっと悪いでしょう。
それと、車重に対してブレーキが弱いと感じます。将来、リフトアップして重いタイヤを付けると、余計にそう感じるでしょう。
純正ホイールに対応した大径ローターキットもあるようですが、開発元が公開している型紙を当てると、僅かに
キャリパー外側がホイール内側に当たります。


純正サイズのローターとパッドで対処するしかなさそうです。
こちらは重いタイヤを履かせる前後に実行に移そうと思います。


3) 今時のターボエンジン。
試乗の時にわかっていたことですが、660ccの割には低速からトルクが出ています。
ただ、馴らしが終わって7000rpmまで回しても、パワーの盛り上がりがありません。
狭い山道でレーダーのOBDII出力に表示されるブースト圧は最大0.7barで、これは5000rpmまでで発生して、上ではタレ気味です。
純正のECUの設定がそうなっているのだと思います。
サブコンかブーストコントローラーでも付けようかと思いましたが、3年間のエンジン保証が無効になるとのこと。
吸気・排気系は変えても保証は有効とのことなので、取り敢えずは色々出ている排気系から手を入れようと考えています。
音と見た目は地味なのが好みなので、センターパイプ以降の内径が純正より太くて、1本出しのマフラーを検討中です。
一部、ヨシムラのチタンマフラーなど200,000円超えの製品もありますが、センターパイプ込みで100,000円を切っている
ものが多いのは助かります。(WRXの時の印象が残っていますね。)


4) 意外と広い室内。
車体が前後に詰まっているのと、今時のワゴン主流の軽としては珍しくボンネットが長いので、室内長は短いものの、
室内幅(カタログ値1300mm)は広く感じます。
普段乗っているAクラス(こちらは1420mm)より当然狭いのですが、ウィンドウが立っているために、同じくらいの広さに思えます。
長い物を横に置くと違いが明らかですが、シートに座っている時はそれほど狭く感じません。


通勤と近場の山(舗装路のみ)に行くのにはちょうど良い車だと感じました。
馴らしが終わって、YZで走るフラットな砂利道に入ってみましたが、タイヤが全くグリップせず曲がりません(笑
車重があるので、もう少しグリップするかと思ったのですが、HTタイヤだとこんなものでしょうか。

パーツ類も(1つを除いて)一通り着け終わったので、しばらくはこの状態で。

1年後、どんな姿になっているのか楽しみです。
Posted at 2019/12/29 17:45:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | JB64 | 日記
2019年12月08日 イイね!

ジムニーで林道チェック。

ジムニーで林道チェック。いつもなら、晴れた週末のブログはサイクリングと決まっているのですが、
木曜くらいから風邪をひいたようで、金曜は何時間か喋ったこともあって、
喉が痛く熱っぽくなり土曜は大人しく過ごしました。
若い時なら一汗かいて風呂で温まって寝ていれば風邪なんか治っていたの
ですが、そんな歳でもないですし。

休養したために今朝は喉の痛みも治り、体調が良くなってきたので、朝から
ジムニーを弄っていました。
灯火類は、サイドのウィンカーを除いて全てLEDに換装が済んで、今朝は
前のスピーカーを16cmの物に入れ替え、リヤには新規に同じスピーカーを
設置しました。
その他に、簡単な外装の取り付けと、フットレスト&ペダルカバーを付けました。
これらは、追い追いパーツレビューと整備手帳に書くことにします。

肝心のホイールは納車前に届いているのですが、テッチン・ホイールの重さを確認したので、年内には履き替えます。

午後から晴れて気温も上がってきたので、取り付けたパーツの様子見を兼ねて、近場をドライブすることにしました。
佐賀市、小城市、多久市の自転車で通る林道はほぼチェックしていたので、まだ見ていなかった唐津市方面へ。

厳木町から入った林道も、入り口には通行止の看板がありましたが、ガードが開いていたので直進すると、土砂を撤去した
跡があるものの、終点まで行けました。アスファルトはあちこちで流れていましたが、ここもしばらくは放置なのでしょう。
終点近くで、紅葉が残っていたので1枚。



次の2本目も同じく看板があるものの入られたので、そのまま直進。
唐津方面が見渡せる場所から。
林道から鏡山

この林道はアスファルトは酷くないものの、木の枝や流れた土砂で路面が覆われています。
林道の最高地点を越えて下りに入ったところで、...
ここでUターン

オフロードバイクなら、止まらずに行ったでしょう。降りて見ると四輪が越えた跡がありました。
リフトアップしていてオフロードタイヤを履いていれば行くところですが、土が水分を含んでいて、
交通量の無いところでスタックすると悲惨ですので、ここで引き返します。

来た道とは別に唐津方面に下る林道があったので左折してそちらへ。
初めて通る道で、途中から鏡山の裏側が見えていました。


他にも見に行きたい林道があったのですが、そのまま下ってしまいました。
唐津の市街地に降りると、後は勝手知ったる道を自宅まで。

納車後の1週間は通勤と近所の林道だけでしたので距離が伸びませんね。
これから月が明るくなって星撮りに適さないので、夜景でも撮りに足を伸ばしますかね。
Posted at 2019/12/08 19:45:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | JB64 | 日記

プロフィール

ここ数年、年間走行距離が、自転車>オートバイ>自動車(>>徒歩)、となっています。 高齢になって、少しずつ割合が変わりつつありますが、健康にバイクや車に乗れる...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/2 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

リンク・クリップ

ヘッダーを2段にする方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/28 21:15:07
PIAA 【欧州車 車種専用設定】SILENCIO X TRM SILICONE 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/29 14:15:34
PIAA 輸入車対応超強力シリコート ワイパー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/29 14:15:19

愛車一覧

ヤマハ YZ250FX ヤマハ YZ250FX
レーサーを認定登録です。保安部品を装着し、リヤサスのリンク変更でシート高をさげました。減 ...
メルセデス・ベンツ Aクラス メルセデス・ベンツ Aクラス
19年近く乗ったWRX-STIからの乗換えです。小型、高出力、AWDで気に入る車が出るの ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
初めて所有するSUVです。 主に通勤に使い、山歩きや写真撮影(風景・天体)に活用していま ...
ホンダ リード125 ホンダ リード125
山歩きや日帰りツーリングに使っています。燃費もよく積載量が多くて便利です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.