• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

koichifunのブログ一覧

2016年06月30日 イイね!

雨の夜に画像処理。

雨の夜に画像処理。月曜から4日連続雨が降っています。
28日が下弦の月で、それから新月を挟んだ10日間が星撮りに適した
月が暗いか昇る時刻が遅い日ですが、梅雨なので星が見えるはずもなく、
ここ1週間ほどは、パソコンのモニタの中の星を見ていました。

この春に焦点距離1600mmの反射鏡(RC鏡筒)の調整が終わって銀河や
銀河団を撮ったのですが、どれも空が霞んでいて、露出時間を長くすると
画像が白っぽくなり、満足できるものではありませんでした。
後で考えれば、さらに露出時間を延ばして光害カット・フィルタを使えば
良かったかなとも思います。
タイトル画像は、GWに撮った銀河の写真です。

GWから5月半ばにかけて撮った銀河を再処理したものをご紹介します。
できるだけ白っぽくなった背景を暗くしつつ、銀河の構造が分かるくらい
コントラストと彩度をあげることです。
やりすぎると不自然になるので、そこは加減します。

4月30日に撮った「ボーデの銀河」です。その時のブログはこちらです。
いつもの屈折鏡に1.5倍エクステンダーを付けて、焦点距離1320mm、F11にして撮ったものです。
右の葉巻銀河(M82)では、「スターバースト」(爆発的星形成)が起こっていて、銀河からスーパーウィンドと言われる高速な
ガスの噴出が見られます。
下の写真でも拡大すると中心部に赤いガスが少しだけ見られます。
M81_M82_2016.04.30-2


これ以降の写真はRC鏡筒の焦点距離1600mm、F8で撮ったものです。

まずは、定番となった子持ち銀河(M51)。
この時の様子は、こちらのブログにあります。
RC鏡筒の光軸を現場で明るい星を使って微調整して、3つの銀河の写真を撮った夜でした。
M51_2016.05.04-2

もっと銀河の構造や、中にある赤い散光星雲が写っていると良かったのですが。

次は、しし座のトリオ銀河です。今年初めて撮った天体で、この鏡筒で構図がちょうど良い感じになります。
LeoTriplet_2016.05.04-2

この夜の最後の銀河は、北の空でぐるぐる回る回転花火銀河のM101です。
前の処理(タイトル画像)よりも銀河の腕の中にある散光星雲の赤い光が出せたと思います。淡い部分がもっと写せると良かった
のですが、さらなる露出時間が必要で、やはりフィルタが必須でしょう。
M101_2016.05.05-2


5月最後は11日の夜でした。
この夜の目的はかみのけ座銀河団を撮ることでしたが、その前に撮ったひまわり銀河(M63)を彩度とコントラストを高めに
処理しました。
M63_2016.05.11-2


この春は系外銀河や銀河団を中心にいろいろな天体を撮りました。
今回ここに上げた銀河はどれも1000万光年以上離れていて、以前から長焦点の望遠鏡で撮ってみたいと思っていたものです。
画質はまだまだですので、来年はもっと良い写真を撮りたいと思います。


梅雨明けは、夏の天の川や、その中にある星雲がターゲットになります。
梅雨明け後に空がクリアな日があるので、晴れることを期待しています。
Posted at 2016/06/30 17:53:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | 星・月 | 趣味
2016年06月27日 イイね!

日曜午後は、湿原を散策。

日曜午後は、湿原を散策。昨日の日曜は、前のブログにあるように天山にサイクリングでした。
大雨の被害で通行止の箇所があって予定したコースを走れなくて、
午前中で帰ってきて、午後からの時間を使って樫原湿原へ出かけました。

平坦の短距離ですが、歩くのも5月の雲仙以来になります。
トンボ撮影用のD7100に105mmマクロ、300mmの単焦点レンズ、
1.4倍テレコンに予備のバッテリをバックパックに入れて出動。

午前中、ロードバイクで降ってきた国道323号を逆方向に登る時に、久しぶりの
晴れの日で、ツーリングをするバイクが多いと感じました。
自分もYZで出ようか、歩きにしようか迷っていたので気持ちはよくわかります。
大雨の被害がなければYZにしていたかも。

湿原の駐車場は、いつになく多くの車が停まっていました。
カメラをバッグから出して湿原に向かって歩きます。夏至に近く日差しが強い時期ですが、標高600mほどの場所で、
午前中から吹いている強い風のおかげで涼しく感じます。

まずは、105mmマクロに1.4倍テレコンを付けて焦点距離150mmにします。フルサイズ換算で225mmの画角です。
あちこちでスイレン(ここではヒツジグサと呼びます)が咲いていました。お目当は、ここ特有の植物とトンボです。

まずはモウセンゴケ。虫を捕らえていない個体を。
モウセンゴケ

その近くに群生していたカキランです。パッと見は黄色の小さな花が咲いていて、よく見るとランの花の特徴があります。
カキラン-1

湿原の奥に進み、この日最初のトンボを見つけました。キイトトンボです。
キイトトンボ

画像をクリックすると、PHOTOHITOのサイトでオリジナルのサイズの画像がご覧になれます。イトトンボの繊細な羽が見られます。

そして県内では(九州でも?)ここでしか見られない日本最小のトンボであるハッチョウトンボです。オスは成熟すると真っ赤に
なります。写真では大きさがわかりにくいのですが、実際には十円玉程度の大きさです。
この写真では右から風が吹いていて飛ばされないように葉っぱにしがみついています。被写体が風に揺られてAFではピントが
外れるので、MFです。この日はAFはほとんど使えませんでした。
ハッチョウトンボ♂-1

蝶も見かけました。ウツボグサの蜜を吸うウラギンヒョウモンです。
ウラギンヒョウモン

風を避けているセセリチョウ。
チャバネセセリ

根元から花が咲いていくトラノオの一種のヌマトラノオ。
ヌマトラノオ

こちらはハッチョウトンボのメスです。
ハッチョウトンボ♀

ユリの仲間のユウスゲは背が高く、風に揺られていました。この花はこれからが見頃になります。
ユウスゲ

湿原の奥のトンボが多い場所にきましたが、寄れないのでレンズを300mmに付け替えます。
私以外にもトンボ目当てのカメラを構えた方が3名ほどいましたが、うち二人はキヤノンのカメラにシグマの150-600mmでした。
接写リングを使っているかはチェックしませんでしたが、寄れるのかな?

この日最も多く見かけたのはクロイトトンボでした。
クロイトトンボ

その産卵の様子です。
クロイトトンボの産卵

クロイトトンボに似ていますが、ちょっと大型で胴体の節に色のついたモノサシトンボです。
モノサシトンボ

全身が赤いベニイトトンボです。緑の中で目立っています。
ベニイトトンボ

その産卵の様子。こちらもオスの方が派手ですね。メスの体が浮かないようにオスが協力しているように見えます。
ベニイトトンボの産卵

その近くにいたハッチョウトンボ。
ハッチョウトンボ♂-2

去年、ガイドさんから教えていただいたモートンイトトンボのオスです。
モートンイトトンボ♂

このトンボが見られる時期は短く、草の低いところにとまる習性があり、大変見つけにくいのですが、この日もガイドさんに見つけて
もらいました。
頭が水色で、お尻がオレンジというシャレた色をした小型のイトトンボです。去年も1度しか見られなかっtので、これが今年の最初で
最後になるでしょう。

最後は、ちょっと珍しい花を。今回のブログの最初に登場したモウセンゴケの花です。地面から細い茎が10〜20cm伸びて、
その先に小さな白い花をつけます。まだ開花した花は2、3個でした。
モウセンゴケの花


この湿原は夏の終わりまで色んな花やトンボを見せてくれますので、梅雨明けにでもまた訪れたいと思います。
Posted at 2016/06/27 17:34:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | 山歩き | 旅行/地域
2016年06月26日 イイね!

今朝のサイクリング。

今朝のサイクリング。本日は、貴重な梅雨の合間の晴れの日です。
その期待のせいか、目覚ましが鳴るより早く5時前に起きましたが、
外を見ると、どんよりとした曇り空。

テンション下がり気味でしたが、自転車の準備をして朝食を摂って
スタート。

予報では今日は1日晴れなので、雨は降らないだろうと山に向かいます。


市街地を出て田園地帯に入ると、これから登る天山山系が見えてきます。
雲が低いなぁと思いつつも、南西の風(下の写真では左から吹く風)に
暗い雲が押し流されることを期待します。



雲の下が降っているとしたら、登りに入ったところで路面がウェットなるかと思っていたところ、
ずっとドライでした。先週は短い平地基調のコースだったので、2週間ぶりの山で、咲いている花が
変わっていました。ちょっと登ったところで見かけたネムノキ。
ネムノキ

山間部の県道や林道ではあちこちに土砂が流れた跡がありました。
道が川のようになっている場所もあり、山がたっぷり含んだ先週の大雨の水を吐き出しているようです。

標高がほぼ中間の450mのところで綺麗なアジサイを見かけました。市内では終わりかけですが、ここでは今が見頃です。
アジサイ@天山-1

こちらはまだ咲いて間もないようなアジサイ。小ぶりですね。
アジサイ@天山-2

林道の入り口に着くと、「通行止」とありましたが、どうも車が入ったような。行けるとこまでと、中に入ります。


あちこちに、下の写真のような崩壊した法面の土砂を片付けた跡がありました。


ロードバイクでよく登っている道ですが、今日はいつもとは違う場所でせせらぎの音が聞こえました。目をやると杉林の中に
新しい川が出来ています。
路上には多くの落石と、それに引っかかった枝や木の葉が盛り上がっています。この道は星撮りに行くときにも使うので、
中央付近にある大きな石を退けながら登ります。(今夜も晴れの予報なので、雲がなければ、行く気満々です。)

林道では夏によく見る野草のウツボグサがたくさん咲いていました。
ウツボグサ

いつもより時間がかかって登山口に到着です。(タイトル画像)
その横ではアジサイが咲き始めたところでした。
アジサイ@天山-3

佐賀平野を見下ろすと、雲に隠れています。
佐賀平野は雲の下

結構強い南西の風が吹いていて、この時期にしてはとても涼しく感じました。その風に押し流された雲が山を駆け上がり、
その切れ目から青空が見えていました。
西から青空

上の場所は、星撮りで使っている場所で、ここに停めたA45を何度も撮っています。

ここで小休止をして北側に回る林道に入ると、あちこちで土砂崩れの跡がありました。さすがにここはまでは手が回らないのか、
まだ片付けられていません。


林道の道端に咲いていたガクアジサイです。小さなバッタが風に飛ばされないようしがみついています。
ミニバッタonアジサイ


この後は下りになりますが、そこも落石が多く、いつもよりスピードを落として慎重に下ります。
県道に出て、もう少し走る予定でしたが、その予定の道が通行止となっていて、早めに切り上げて帰宅しました。

今週も前半に大雨が降るそうなので、また土砂が流れないと良いのですが。
夏は暑いので、朝のうちに標高を稼いで涼しいところを走るのが定番なので。
Posted at 2016/06/26 17:17:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | サイクリング | 旅行/地域
2016年06月25日 イイね!

今朝のスナップ --- お堀の蓮。

今朝のスナップ --- お堀の蓮。この1週間、こちら九州はかなり強い雨が降りました。
幸い、トータルの降水量はそれほどではなく、一部で道路が一時的に
冠水する程度でした。


今日は午前中仕事があり出勤しましたが、家を出るときには雨が降って
いなかったので、久しぶりにA6300を持ち出して、途中で佐賀城の
お堀の蓮を見に寄り道しました。

まだシーズンが始まったばかりで、タイトル画像のような蕾が多く
見られました。


すでに開ききっている蓮の花。
お堀の蓮_2016.06.25-1

蕾が少し開いたところ。
お堀の蓮_2016.06.25-3

このお堀は白系の蓮が多いですね。
お堀の蓮_2016.06.25-4

蓮の葉には水玉が残っていました。これは少量の水滴が、葉っぱの筋に沿って並んでいます。
お堀の蓮_2016.06.25-6

蓮の花って、甘そうな感じがするのですが、味はレンコンなのかな?
お堀の蓮_2016.06.25-5

その甘そうな蜜を求めてミツバチも出勤してきました。
蓮とミツバチ_2016.06.25-1

蓮とミツバチ_2016.06.25-2

明日は貴重な梅雨の晴れ間が来るとの予報で、しかもそれが休日というラッキーな日なので、サイクリングに出かけようと思います。
今年はまだ炎天下の下で走っていないので、早くバテそうな予感がします。
Posted at 2016/06/25 13:41:24 | コメント(4) | トラックバック(0) | 雑感 | 日記
2016年06月19日 イイね!

今日のサイクリングは平地のポタリング。

今日のサイクリングは平地のポタリング。昨日の土曜日は朝から晴れていましたがフルに出勤の日で、空を恨めしく
眺めながら室内で仕事をしていました。
90分間立ちっぱなしで話すことを朝から3セットにその後のデスクワークで
肉体的に疲れていたものの、運動して汗をかいた訳ではないので、やはり
自転車に乗りたいなという淡い希望を、昨晩から今朝までの強い雨が打ち
砕いてくれました。

諦めて室内でローラーにでも乗ろうかと考えていると、お昼前から窓の外が
明るくなってくるではないですか!
ネットで天気予報を確認すると、晴れ後雨に変わっていて、16時頃から雨が
降るものの、午後は曇りに変わっています。

もっと早く気付けば良かったと思いましたが、昼食後に2時間くらいは天気が保ちそうだったので、支度をして出かけました。

まずはいつもの山に向かいます。強い南東の風に押されて、軽く回して40km/hを維持できるほど。
山の手前で撮った写真です。二毛作の麦刈りがすっかり終わって田植えの準備が始まっていました。
麦から米へ

2時間の制限時間のため奥に見える山の中でも低い峠を抜けて帰宅するコース(40kmほど)にしようかt思いましたが、
この雲の様子では途中から雨になりそうだったので、この先で別コースに切り替えて針路を南に取ります。
当然ですが、その途端に強烈な向かい風で25km/hを維持するのがやっと。
山がダメなら海に行こうと、嘉瀬川の堤防の上の道を南下します。
その途中で撮った写真です。本日、もっとも天気が良かった瞬間です。雲が右手前から左奥に流されています。
嘉瀬川堤防上

向かい風の中をペダルを踏みながら、堤防が海に面する場所まで来ました。
そこから北の方を振り返ります。ちょうど、田植えをされていました。
曇天に田植え

RX100M3の広角端(フルサイズ換算24mm)では収まりきれないので、Lightroomでパノラマ合成しました。
下の写真をクリックすると、PHOTOHITOのサイトで大きな画像がご覧いただけます。
干拓地パノラマ

上の風景は堤防から北を向いて撮ったもので、その反対側の海の方を向いて同じくパノラマで。
干潟パノラマ

この辺りで強い風に流された雨粒が落ちてきましたが、大雨にはなりそうではなかったので、堤防から海の方に降りてみます。
ちょうど潮が引いていて、ムツゴロウを探しましたが見つかりませんでした。
晴れていれば奥の方に雲仙が見えるはずですが、今日は無理ですね。
有明海

上の写真に「潟スキー」を使って漁をされている方が写っています。換算70mmでは苦しいか。


有明海特有の貝、ワラスボ、ムツゴロウなどを採っているのだと思います。
以前、戻ってきた所に出くわして、獲物を見せてもらった時にウナギがいたのに驚いたことがあります。

この写真の後、堤防を登ってしばらく走ってから佐賀市街まで追い風に乗って快適に戻ってきました。
ブログを書いている今現在は雨が降っていますが、何とか雨にも降られずに帰宅できました。

Posted at 2016/06/19 17:08:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | サイクリング | 旅行/地域

プロフィール

ここ数年、年間走行距離が、自転車>オートバイ>自動車(>>徒歩)、となっています。 高齢になって、少しずつ割合が変わりつつありますが、健康にバイクや車に乗れる...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/6 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

ヘッダーを2段にする方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/28 21:15:07
PIAA 【欧州車 車種専用設定】SILENCIO X TRM SILICONE 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/29 14:15:34
PIAA 輸入車対応超強力シリコート ワイパー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/29 14:15:19

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Aクラス メルセデス・ベンツ Aクラス
19年近く乗ったWRX-STIからの乗換えです。小型、高出力、AWDで気に入る車が出るの ...
ヤマハ YZ250FX ヤマハ YZ250FX
レーサーを認定登録です。保安部品を装着し、リヤサスのリンク変更でシート高をさげました。減 ...
ホンダ リード125 ホンダ リード125
山歩きや日帰りツーリングに使っています。燃費もよく積載量が多くて便利です。
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
初めて所有するSUVです。 主に通勤に使い、山歩きや写真撮影(風景・天体)に活用していま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.