• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

koichifunのブログ一覧

2018年11月23日 イイね!

今朝のサイクリング。

今朝のサイクリング。雨の後、ここ2日で急に寒くなってきました。
いつもは土曜か日曜にサイクリングをしていますが、今週は
祝日の本日の朝、いつもの山に向かいました。

今シーズン初めて薄手のシューズカバーを装着しましたが、
それでも足の裏が冷たく感じるほど。

三連休の初日とあって、いつもよりも交通量の少ない国道を
西に向かいます。嘉瀬川が近づくて例によってバルーンが
見えてきました。
大会があっていた先週とは違い、数が少ないので練習を
していたのでしょう。
今朝のバルーン-1

下のほうに駐機しているバルーンが見えていて、これから離陸するのか着陸したところなのか。
北上するとバルーンの数が増えたので、先ほどのは離陸しようとしていたのでしょう。
今朝のバルーン-2

明日か明後日には大会があるのかもしれません。

山に入って登る道端では野草の花はほとんど見られなくなりました。
紅葉は終わっているかと思いきや、日当たりの良い場所で赤くなったモミジを見つけました。
この木1本だけでしたが。
林道の紅葉

さらに高度を稼いで最後の集落を抜けたところ、小さな滝のある公園の入り口でも少しだけ紅葉が
残っていました。
不動の滝の紅葉

狭い急坂の道を登って峠に着くと、数台の登山客の車が停まっていました。
遠くが霞んでいて、眺望は今一つです。
峠から

最近は晴れてもこんな霞んだ天気が多いですね。
アップダウンのある林道を抜けるとスキー場の前に出ます。
人工雪ですが、早くも営業が始まっていました。
県内唯一のスキー場オープン

北側は雲が多めですが、福岡との県境にある脊振山系はよく見えていました。
脊振方面

ここから下り基調ですが、頬に当たる冷たい風がヒリヒリと感じます。
もう少し走ろうと、久しぶりに樫原湿原に寄りました。
冬を迎える湿原

1月前にはあれほどたくさんの花が咲いていた湿原が枯草だけでひっそりとしています。
これからは周りに林があって、その落ち葉を撤去する作業をするそうです。
落ち葉が積もると栄養過多になり、現在の湿原の姿が保てなくなるとのことでした。

この後は市内まで追い風の助けもあって快調に走りましたが、薄手のジャケットとグローブでは
寒くて体が温まりません。次回からは冬らしい装備が必要ですね。
Posted at 2018/11/23 20:28:19 | コメント(3) | トラックバック(0) | サイクリング | 旅行/地域
2018年11月19日 イイね!

11月の上弦の月 --- 月面に文字を見る。

11月の上弦の月 --- 月面に文字を見る。先週15日(木)の夜のお話です。

帰宅する時、半月がやたらと綺麗だったので、帰宅後出動するかと
予報を調べると、月が沈む夜半頃から曇って来て、翌金曜日は雨との
ことでした。
出動は取りやめて、自宅のベランダから焦点距離450mmの屈折鏡に
4倍拡大レンズを付けて、D850で月を撮影しました。

ただの半月ならば敢えて撮ることも無いのですが、この夜の上弦の月は
クレーターの陰影がアルファベットの文字を浮かばせる「月面X」が見られ
るというので、車に積む予定だった望遠鏡をベランダに持って来て、
小型赤道儀に載せて月を撮ることにしました。

ライブビューで拡大すると月面のクレーターがかなり揺らいでいます。
山の上だと多少はマシだったかもしれませんが、シーイングは悪い状況でした。

月の左上に火星が近づいていたので、まずは70-200mmのズームレンズで撮ってみました。
200mmで火星と月が入る構図がとれたのでパシャり。
見た目の火星は明るいのですが、月の明るさを抑えると火星は暗い点になったため、円で囲んでいます。


さて、本命の月です。
大気の揺らぎを抑えるために60枚ばかり撮って合成しました。
Moon_2018.11.15

どこに「X」があるか分かりますか?
上弦の月でも毎度見られるわけではなく、今年は1、3、5、7、9、11月にチャンスがあり、11月以外は太陽が沈む前で観測に不適、
今月は18:30頃というので今年唯一の撮影のチャンスだったのです。

ベストな時間帯より1時間半ほど遅くなりましたが、この時は晴れていて撮影ができました。
処理をした後の画像を眺めていると、他の文字も見えて来て、この撮影時間帯がよかったのかとも思えました。
分かりやすいように文字を円で囲みました。
月面X

それぞれ、
赤丸 = X
青丸 = V
黄丸 = L (右に傾いています)
ですが、そう見えますでしょうか? 「L」はちょっと苦しいかな?

地球外で月は最も近い天体ということもあり、古くから「ウサギが見える」とか「女性が見える」などと、世界各国で言われて
来ました。
一方「月面X」はかなり新しく十数年前から言われ始めたようです。確かに若い時には聞かなかったような。

来年は、1月と偶数月の上弦の月に月面Xができるのですが、1月以外は日中で、1月13日の22時頃だけが唯一のチャンス
だそうです。
望遠レンズでクレーターが写せるくらいだと見られるかもしれません。
Posted at 2018/11/19 21:31:23 | コメント(1) | トラックバック(1) | 星・月 | 趣味
2018年11月18日 イイね!

週末のサイクリング --- 山の紅葉は終了しました。

週末のサイクリング --- 山の紅葉は終了しました。前日の雨で路面がウェットだった土曜の朝、少し乾くのを待って8時頃に
スタートしました。

気温はこの時期としては高い方で、湿気を含んだ弱い風が吹いていました。
先週、先々週と山間部の紅葉を巡るコースでしたが、今回は3週ぶりに天山に
登るコースにしました。ここは雪が降ると、気温が上がらない限りはしばらくは
通行できなくなるので、今のうちのと。
タイトル画像はいつもの天山の登山口で撮ったものです。
上空に飛行機雲が見えたので縦構図にしました。


嘉瀬川が近づくと前方にバルーンが見えてきました。
バルーンフェスタは終わりましたが、これから2月までは小さな
大会が毎週末のように開催されます。

嘉瀬川にかかる橋の手前にその大会の看板が出ていました。
それによるとスタートは7:30だったようで、気球の集団は既に南西の低い空に集まっていて着陸地点を探している様子です。
今朝のバルーン-1

堤防の上の道を北上すると、ローンチサイトを飛び立つ一機がバーナーを炊いているところをパシャり。
今朝のバルーン-2

このバルーン、離陸してしばらくは東に流れていたのですが、50mほど上昇すると他の気球と同じく南西の方角に
飛んでいきました。気球は上下動しかできないのに、うまいこと風を捉えて狙った方向に飛んでいきます。

さらに北上すると係留したバルーンがいました。
今朝のバルーン-3

登りに入ると、すぐに暑くなってジャケットを脱ぎます。
紅葉は殆ど見られませんでしたが、所々で単独で赤い葉を付けている木がありました。落ち葉の形から柿の木かも。


その先では咲き始めたサザンカの赤い花が。
林道のサザンカ

まだまだ周りは蕾が優勢です。
こちらはモミジの木。
残っていた林道の紅葉

狭い林道区間では青い杉の木を横目で見ながら高度を稼いで登山口へ。
先客は1台だけの静かな駐車場でした。
北風に押し出されたような分厚い雲が佐賀市を覆っています。
曇の下の佐賀平野

汗が引くまで小休止をしますが、さすがにこの場所では北風が冷たく、ジャケットを着込んで帰路につきます。
北に回る林道沿いの南斜面でススキの穂が揺れていました。
ススキの斜面

いつもの展望所からの眺望です。上空は秋から冬にかけて見られる雲です。
天山から八幡岳

この日は午後から用事があったので、寄り道をせずにお昼前には戻ってきました。
市内に戻るとジャケットが必要がないほど気温が高くなっていました。今の時期、日較差が多いので、みなさんも
体調にはお気をつけてください。
Posted at 2018/11/18 19:37:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | サイクリング | 旅行/地域
2018年11月14日 イイね!

西渓公園の紅葉。

西渓公園の紅葉。11/11日曜の午前中、佐賀市から25kmほど西に行った所にある
多久市の西渓公園へ紅葉を見に行ってきました。

山間部の紅葉が終わり、平野部で見られるようになる前に、
内陸で側に低い山のあるこの公園の近くで紅葉が見頃を迎えます。
他にも用事で寄る場所があったのでLEADで朝8時過ぎに出ました。
バイクだと朝は寒い時期になってきましたが、まだハンドルカバーや
オーバーパンツのお世話になるほどではありません。

最初に、公園の東隣にある八幡神社に入ってすぐの駐車スペースに
バイクを停めて撮影を始めます。
裏手に山があり、境内にも高い杉の木があるので、朝の時間帯は十分に光が差し込まないのですが、
それはそれで独特の景色が楽しめます。

タイトル画像は帰る前に撮った神社の鳥居で、この頃は陽射しが十分になっていました。

こちらは朝の1枚目です。朝日が紅葉を照らすのを下から。
多久八幡神社-1

奥の社殿の前の鳥居。
多久八幡神社-2

境内には樹齢700年の高い杉の木があり、その間にモミジも生えています。
ここはお気に入りの場所で、赤・黄・緑と艶やかな色彩が楽しめます。
多久八幡神社-3

社殿にお参りして、その裏から西隣の公園へ向かいます。
西渓公園を見下ろす

江戸時代の家老の屋敷を、その後、大正時代に地元出身の実業家が私費を投じて庭園に改造し多久村に寄贈したそうです。

まず東の奥の方から見ていきます。
西渓公園-1

奥にある大きめの池の前です。この辺りは陰になっていて、薄暗い背景と朝日が当たる紅葉を。
西渓公園-2

日本庭園らしく、東屋や小さな滝、池、石造りの橋などが点在しています。
西渓公園-3

かなりの数のカメラを持った人がいましたが、西の奥の小さな池の周りには誰もいなくて、風も当たらず静かな水面の
紅葉をゆっくり撮影できました。
西渓公園-4

次第に広がってきた青空と。
西渓公園-5

苔むした石橋の上の落葉です。前日雨は降っていませんが、夜露で濡れていますね。
橋の上の落葉

いろんな形をしたモミジの木が見られます。
西渓公園-6

よく見ると葉っぱも様々な大きさがあり、違う品種のようです。
西渓公園-7

こちらは小さめの葉っぱのモミジ。
西渓公園-8

日が高くなり、10時を過ぎたところで八幡神社に戻ります。
多久八幡神社-4

3枚目の杉とモミジの写真の場所を下から見上げた構図です。
多久八幡神社-5

最後に、逆光気味だった1枚目とは別の方向から鳥居と紅葉を。
多久八幡神社-6

1時間強でしたが、狭いエリアに紅葉が集まっていて十分堪能できました。
Posted at 2018/11/14 20:35:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 紅葉狩り | 旅行/地域
2018年11月11日 イイね!

今週末のサインクリング --- 山間部の紅葉は終わり。

今週末のサインクリング --- 山間部の紅葉は終わり。先週は、近場の山の紅葉スポットを周りましたが、まだ赤い成分が
少なめでしたので、土曜日も再度訪れるコースにしました。
全く同じではなく、前半は先週登った峠ではなく毎年、竹灯りを見に
行っている清水の滝によるコースです。

実は、今年になって開催団体の責任者の資金不正流用が発覚し
残念ながら、開催を見合わせています。
入場料ではなく500円の「協力金」を入口で集めていましたが、
イベントとして成功して多数の入場者によって、小城市からの
補助金の10倍近い額が集まったそうで、それに気を良くしたのか
責任者の個人的な流用をしたと報道されていました。
あれだけの竹灯篭をよういするのだからと、こちらも協力金を
払い続けてきましたが、気持ちの悪いものですね。
早く、再開されることを祈ります。

ここ数日気温が高めだったで、朝の冷え込みも緩く、風も弱いために今の時期としては暖かく感じる気候でした。
いつものように嘉瀬川堤防を走っていると、北の方にバルーンが上がっているのが見えました。
今朝のバルーン-1

春のような霞んだ空です。
先に進んで川を渡ったところで紅白の気球が近くにいたのでツーショットを。
今朝のバルーン-2

北に進んで田園地帯に入る前に振り返ると、南に飛び去る一団が。
今朝のバルーン-3

バルーンを見送って田園地帯を抜け、清水の滝へと登ります。
朝の滝への狭い山道の周りにはモミジが生えていますが、まだ青い葉の木が多い状態でした。
清水の滝への参道

滝の近くでも、一部の紅葉を除いて緑が優勢です。
参道の紅葉

例年の竹灯りの時期は1週間先なので、こんなものなのでしょう。
滝を拝んで折り返します。
清水の滝

先週とは別の峠を登って林道を通り、先週登った峠へ別方向からアプローチします。
その峠からの風景。かなり霞んでいますね。スッキリ晴れたら星撮りにいく予定だったのですが。


この後は先週と同じコースを辿ります。
林道の大モミジは、先週は上の方だけ赤かったのですが、1週間ですっかり葉っぱが落ちてしまいました。
落葉した林道の大モミジ

週半ばの気温の高さとその雨の影響でしょうか。
林道を出た後は、白石神社へ。
杉山白石神社-1

かなり葉っぱが落ちていますが、まだ何とか見られる程度には残っています。
杉山白石神社-2

境内の中は、先週より良い感じでした。
杉山白石神社-3

古湯方面に下ってから、雄渕雌渕に寄りました。
こちらはちょうど見頃でした。
雄渕雌渕の紅葉-1

モミジの向こうに見えている川は、下流でバルーン会場の横を通ります。
旧道の頭上は、見事な紅葉でした。
雄渕雌渕の紅葉-2

これだけ綺麗なのに、見物客は私を入れて3人ほど。
雄渕雌渕の紅葉-3

これからは平野部の紅葉が見頃を迎えます。
また、いくつかスポットを見て周ります。
Posted at 2018/11/11 21:03:56 | コメント(4) | トラックバック(0) | サイクリング | 旅行/地域

プロフィール

「[整備] #ジムニー フロントスピーカー交換とリアスピーカー取り付け https://minkara.carview.co.jp/userid/2220369/car/2871557/5590442/note.aspx
何シテル?   12/10 22:15
ここ数年、年間走行距離が、自転車>オートバイ>自動車(>>徒歩)、となっています。 高齢になって、少しずつ割合が変わりつつありますが、健康にバイクや車に乗れる...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

ヘッダーを2段にする方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/28 21:15:07
PIAA 【欧州車 車種専用設定】SILENCIO X TRM SILICONE 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/29 14:15:34
PIAA 輸入車対応超強力シリコート ワイパー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/29 14:15:19

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Aクラス メルセデス・ベンツ Aクラス
19年近く乗ったWRX-STIからの乗換えです。小型、高出力、AWDで気に入る車が出るの ...
ヤマハ YZ250FX ヤマハ YZ250FX
レーサーを認定登録です。保安部品を装着し、リヤサスのリンク変更でシート高をさげました。減 ...
ホンダ リード125 ホンダ リード125
山歩きや日帰りツーリングに使っています。燃費もよく積載量が多くて便利です。
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
初めて所有するSUVです。 主に通勤に使い、山歩きや写真撮影(風景・天体)に活用していま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.