• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月17日

本日は『恐竜の日』なう!(笑)

こんにちは!

本日の浦和は曇り空で涼しい昼を迎えております!…って自分は王手…では無くて大手町に居ますけど(笑)



さて、本日4月17日は1923(大正12)年の此の日、米國の動物學者「ローイ・チャップマン・アンドルーズ」がゴビ砂漠へ向けて北京を出発し、5年間に及ぶ旅行中に恐竜の卵の化石を世界で初めて発見され、後の本格的な恐竜研究の始りとなった事から、其の出発した日を記念して『恐竜の日』だそうです。

其の恐竜は何故に絶滅したのでしょうか?

6600萬年前、メキシコ東部に小惑星が衝突して恐竜を絶滅させた事が、新たな研究に因って当時の詳細な状況が明らかになって来ております。

6600萬年前の醍醐味当時は、光の束が現在のメキシコ・ユカタン半島の海岸沿いに広がる沼地や針葉樹の森に降り注ぎ、温かいメキシコ湾の水は生命で溢れて居る中、今では失われた世界の住民で在る恐竜や巨大昆虫が、鳴き声や羽音を響かせて生命を謳歌して居たのでしょうね?

そんな最中、山ほども在る小惑星が約64,000km/hのスピードで地球に向かって来て、太陽よりも遥かに大きくて眩しく見える火の玉が空を横切ると、其の小惑星は推定でTNT火薬100兆トン分を超える規模の爆発を起こして地球に激突したものと思われます。

衝突の衝撃は地下数kmに達し、直径185km以上のクレーターを作り出して大量の岩を蒸発させ、此の衝突に因って連鎖的に地球規模の大災害が引き起こされ、生物のおよそ80%が消滅し、恐竜も其の殆んどが姿を消しました。

斯様な黙示録的な描写は1980年に小惑星衝突説が提唱されて以来、数限り無い書籍や雑誌に登場し、1990年代にはユカタン半島沖のメキシコ湾に在るチクシュルーブ・クレーターが、其の小惑星衝突の痕跡で在る事が確認されております。

一方で、小惑星の衝突が具体的には如何にして地球上の生物を壊滅させたのかについては、長い間謎のまま残されて来ました。

其れが昨年の5月、メキシコ湾の掘削基地で活動して居る英国の研究者チームが、史上初めてチクシュルーブ・クレーターの「ピークリング(※クレーターの縁の内側に出来るもう1つの輪で、衝突の衝撃から数秒以内に起こる反動に因り形成される)」から「コアサンプル(※柱状採取した試料)」を採取し、此の調査に因って研究者らは、あの日に放たれた驚異的な力の謎を解明する事を目指して居ます。

米パデュー大學、英インペリアル・カレッジ・ロンドンの地球物理學者チームが開発したウェブツール「インパクト・カリキュレータ(衝撃計算機)」では、小惑星の大きさやスピード等のデータを入力する事に因って、衝突が起こった時の様子を詳細に知る事が出来、隕石の衝突地点からの距離を幾つか入力してみれば、衝撃の影響が距離に因ってどの様に変化するかが解るそうです。

例えば、仮に人が衝突地点から比較的近い1,000km以内に居た場合は、即死するか数秒以内に火球に因って死んでしまい、小惑星の衝突を目撃できる場所に居たならば、やはり死は免れなかっただろうと推察され、衝突の9秒後、其れを観察できる距離に居た者は熱放射に因って一瞬にして焼かれ、木や草は自然発火して周辺に居る全ての生物は全身に重篤な火傷を負います。

火の後には洪水がやって来て、衝突の衝撃は地形に因っては最大305mの巨大な津波を引き起こし、続いて起こったリヒタースケールで少なくともマグニチュード10.1と、人類が経験した事の無い巨大地震は「此れ程の規模の地震を例えて言うなら、過去160年間に世界で起きた全ての地震が同時に発生する様なものです」と米コロラド州立大學の地震学者で、元米國地震學会会長のリック・アスター氏は言っております。

衝撃から8分が過ぎると、地殻から噴出物が流れ出して焼けた大地を熱い砂と灰で覆い尽くして行き、衝突点に近い場所では地面が厚さ数百佰〜阡mを超える岩屑の下に埋まり、およそ45分後には一陣の風が965km/hのスピードで一帯を吹き抜け、岩屑を撒き散らして立って居るもの全てをなぎ倒すと同時に、低空飛行のジェット機が放つ轟音の様な105デシベルの爆発音が遣って来ます。

爆発の直接的な影響が及ばぬ遠い場所では、空は暗さを増して衝突に因って巻き上げられた岩屑が流星の様に地球へ降り注ぎ、此の世の終わりの様な光景が繰り広げられたのでしょうね?

地球を巡る灰と岩屑は陽の光を遮り、空は薄暗くなった事に因って植物の光合成が劇的に減少し、煤や灰が大気中から洗い流される迄には数ヶ月間を要する為、酸性の泥の様な雨が地球に降り注いで大規模な火事は大量の毒素を生み出し、地球の生態系を保護するオゾン層を一時的に破壊しました。

更には、衝撃自体に因る「カーボンフットプリント(炭素排出量)」の影響も在って米月惑星研究所の地質学力者「デヴィッド・クリング」氏に因れば、小惑星の衝突に因っておよそ10兆トンの二酸化炭素や1,000億トンの一酸化炭素・1,000億トンのメタンが一気に放出されたと言います。

其の結果、小惑星の衝突直後の地球は核の冬に続く激しい温暖化と言う、強烈なワンツーパンチに見舞われたと考えられ、そしてチクシュルーブ・クレーターから採取されたばかりのコアサンプルは、此の恐怖の物語に於ける未だ明らかにされて居ない部分を埋めるのに役立てられる事でしょう!

宇宙レベルの大自然に於ける本当の恐ろしさを知るのは恐竜や巨大昆虫だけですが、絶滅してしまいましたから語り継ぐ事も出来ませんし、生き残って居たとしても言葉が通じませんね!(笑)



兎にも角にも、自然の猛威は我々人類にとって想定外の事が起こり得る訳ですし、自然が相手だと北朝鮮に対するミサイル発射基地などを先制攻撃する様な戦術も通用しないので怖いですね!…って話はさておき…
自分は64,000km/hのスピードで帰りたいです😓(笑)

てな訳で、本日もボチボチと頑張ってみますかね~(^-^)/(笑)
ブログ一覧
Posted at 2018/04/17 12:25:54

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

広島原爆1000倍の破壊力ある小惑 ...
きゃのん@2008さん

恐竜は、 隕石衝突の 前に 死に体 ...
利根川の天然水さん

クリスマスイブに巨大な小惑星が衝突 ...
きゃのん@2008さん

はやぶさは成果を出したのに|ω・` ...
waiqueureさん

NASA、100京円の価値のある小 ...
きゃのん@2008さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「こんばんみ!

取り込んで居たので今の時間になっての投稿です。

家呑みなう♪😌

では、また~(^o^)/~~(笑)」
何シテル?   04/04 20:26
昔は峠の走り屋から始まり、ラリーやサーキットでレースに参戦してましたが、近年は峠の走り屋へ戻りました(笑) 元極真空手&キックボクシングも実践しておりまして、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

本日は『メートル法公布記念日』なう!(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/22 14:21:05
コドライバーとワインディングドライビング&混浴温泉旅行リポート! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/07 22:08:24
奥鬼怒スーパー林道と消滅した第貳の故郷! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/13 13:40:50

お友達

お友達募集メッセージのタイトルそのまんまだけど(笑)、お友達募集してま~す(^-^)/
27 人のお友達がいます
コロたんコロたん * 井尻薫井尻薫
M様M様 ソアレソアレ
TOSIHIROTOSIHIRO みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
スズキ スイフトスポーツ(ZC32S)に乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.