• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

べるぐそんのブログ一覧

2017年03月31日 イイね!

べるぐそん検索

ある日、母が言った。

あることで従兄弟のことを検索したら、写真入りで沢山検索に引っかかった。

でも私のことは全く出てこない。

そう言って嘆いていた。



その従兄弟は某大学病院のお偉い先生である。

外来での診察や手術だけでなく、教壇に立ち医師の卵達に、立派な医師になるよう教授している。

その従兄弟だけではなく、私の親族にはお偉い医師や会社社長が沢山おり、ネットで検索すると次々に出てくる。

個人だけではなく、親族の経営する会社(といっても一応大企業ですが)等もウィキペディアで紹介されたりしている。

それに引き換え、私の同姓同名はネットで出てきても、私自身のことは全く出てこないということである。



私には特別な能力や技術もなく、一芸に秀でたところもなく、なんの変哲もないどこにでもいるような普通の?人間です。

ネットで紹介されたり、ウィキペディアに載るようなことは何一つありません。

だからといって、有名になりたいとか名を残したいとかいう気持ちもないので、この先もずっと今のままのような形で過ごしていくと思います。



ただ本名ではなく、私のみんカラのハンドルネームである「べるぐそん」についてよく聞かれることがあります。

だいたい言われることはその名前、フランスの哲学者「アンリ・ベルグソン」からとったものですか?ということです。

うちには以前、るる というヨークシャーテリアがいました。

その るる の本名(血統書)の名前が「べるぐそん おぶ るる ・・・」でした。

私の「べるぐそん」はそこからとったものであり、「アンリ・ベルグソン」とは直接関係はないのですが、もしかしたら名付け親はそれに因んだのかもしれません。



というわけで、本名では全く検索に引っかからない私も、もしかしたら「べるぐそん」では引っかかったりするのかなと検索してみました。

やはり最初に出てくるのは「アンリ・ベルグソン」ですが、スクロールしていくと恐れ多くも私「べるぐそん」が次から次に出てきました。

いやぁ~なんとも複雑な気持ちになりますね。

車のSNSであるみんカラに投稿していただけのつもりだったのが、こうやって検索に引っかかり、みんカラをやっているかどうかにかかわらず、沢山の方の目に触れる状態になっているんですね。

勿論、実際にどれくらいの方が見てくださるのかというのは別問題ですが・・・



しかしこうやって簡単に見られる状態にあるということは、私の拙い文章がどこでも誰の目にもさらされる状態だということでもあり、下手なことを綴ったり間違ったことを綴ったりはできないですね。

これからも投稿する時は十分に気をつけなければならないと再認識しました。



それにしてもどうやら私は、実在の人物である個人より、ネット上の「べるぐそん」のほうが皆さんに知られるところとなったようです(笑)

これからも実物の私は、ひっそりこっそり?と過ごしていきたいと思います(爆)



以上、実物は全く無名の「べるぐそん」の独り言でした(^_^)
Posted at 2017/03/31 12:01:05 | トラックバック(0) | 日記
2017年03月21日 イイね!

オトシモノ

オトシモノタイトルだけを見ると、どんな内容なのか判断するのは難しいと思います。



本日アメリカのfuseTV世界の女性アーティスト人気投票で、並み居る強敵に打ち勝ちBABYMETALが優勝してしまいました。

またBABYMETALネタかと思われる方も多いかもしれませんが、応援していたとはいえまさか本当に優勝してしまうとは正直思っていませんでした。

投票された殆どは欧米の方だったそうです。



そんなBABYMETALのボーカルがSU-METALです。

彼女達をよくご存知ない方はパッと出で苦労を知らないとか、成り上がりだと仰ったりします。

どうせ一発屋ですぐに消えると仰る方もいます。

ただ、BABYMETALの結成から今年ですでに7年目なので、すぐには消えていません(笑)



話が少しズレましたが、今回はちょっと変わった形でSU-METALにスポットを当ててみたいと思います。







彼女は3歳の頃から芸能活動をしていたようですが、広島にあるASHにも通っていました。

その時の発表会の映像をご紹介したいと思います。

(できればヘッドホンかイヤホンをして聴いてみてください)







2011年の映像のようなので、13歳くらいでしょうか。

BABYMETALのSU-METALではなく、「世を忍ぶ仮の姿」の中元すず香としての映像ですね。



世の中には彼女より歌の上手いプロの方はいらっしゃるでしょうし、TV番組等でも歌うま素人さんのカラオケ番組などがやっていたりします。

ヴィブラートやファルセットなどテクニックを多用し、確かに上手いなと思ったりするのですが、なかなか心まで響くような方はお見受け致しません。

そんな中彼女のテクニックを多用しない、素朴で綺麗で透明な歌声に、とても心が惹かれます。

勿論彼女がそういったテクニックを持ち合わせていないのではなく、敢えて使わない歌唱法をしています。

プロの歌い手さんがよく仰るのは、そういった歌い方はちゃんと歌うのがとても難しく、ごまかしが効かないそうです。

音程を外さずにそういった歌い方ができる方は本当に歌が上手く、普段から下積みをされている方だそうです。







映像は13歳の頃のものなので、今から比べるとたどたどしいですし歌唱力も劣ります。

でもなにか素朴さというか純粋さというか、彼女の歌を聴くと心が洗われるような気がします。



この歌はmiwaさんの歌ですが、全くmiwaさんが歌うものとは別物になっています。

普通coverをすると、その人に似せようとしたり似てしまったりするものですが、彼女にはこの頃から自分の世界観があり自分のものにして歌っているように思えます。







現在はBABYMETALのSU-METALとしてステージに立つ以外は、完全に彼女は表舞台に出てくることはありません。

「世を忍ぶ仮の姿」の中元すず香は、完全にベールに包まれています。

日本にいるのかどうかさえわかりません。

もし日本にいたとしても彼女のステルス性は相当のものなので、街を歩いていても誰も気づかないそうですが・・・



そんな彼女、元々はバラードが好きだったそうで、シンガーソングライターとしてそちらの方向に進みたかったようです。







今はBABYMETALのSU-METALとして、これからも世界を席巻していってほしいですが、いつの日か中元すず香としてもバラードを聴かせてほしいと、個人的には願っています。
Posted at 2017/03/21 20:20:06 | トラックバック(0) | 日記
2017年03月09日 イイね!

ギミチョコ!!- Gimme chocolate!!

ギミチョコ!!- Gimme chocolate!!久々のBABYMETALネタですが、一気にブログをご覧になって下さる方が減るかもしれません(笑)

つまらないと思われるかもしれませんが、お付き合い頂ければ幸いです。



以前にも少し綴った事がありますが、「ギミチョコ!!」は私が初めて最初から最後までちゃんと聴いた曲です。

それまでBABYMETALの名前は知ってはいましたが、なぜかどうせ若い(幼い)女の子がやっているヘビーメタルなんて大したことないだろうと、変な先入観と拒否反応で、ずっと聴くことがありませんでした。

(この時点ではまだゴリゴリの純粋なヘビーメタルをやっているんだと勝手に思っていました。)



その後かなりの時間が経ってから、観もせず聴きもせずに判断するのは良くない。

今までいろんなジャンルのいろんなアーティストをみんなちゃんと聴いてから判断してきたのに、なぜBABYMETALだけ聴きもせずに避けてきたんだろうと思い直し、一度ちゃんと聴いてみることにしました。

そして意を決し、聴いたのが、「ギミチョコ!!」でした。



まずは聴いてみて下さい。

https://youtu.be/WIKqgE4BwAY



最初イントロが始まると、ゴリゴリのヘビーメタルではないが、うん なかなかいいかも!って思いました。

ヘビーメタルに若い女の子の組み合わせ、そしてダンスパフォーマンスの融合、新しくて面白い!!



でも・・・・・でも、でも、でも・・・・・

YUIMETALとMOAMETALのスクリームが始まった瞬間、

な、な、な、なんじゃこれ~~~~~?????

いったいこれは何なんだ???

いやいやいやいや、これはアカンやろ~~~

ムリムリムリムリ

これは無いわ~~~って、すぐに観るのを止めました。



暫く頭の整理がつかず、何が起こったのか理解できませんでした。

元々HR/HMをよく聴いていた私は、完全にメタラーの脳みそになっていて、とてもではないですが受け付けることも受け入れることもできませんでした。



それからまた完全にBABYMETALを拒絶する日々が始まりました。

あんなのメタルじゃない、あんなのメタルじゃない。

絶対に許されない、メタルをバカにしている、あんなの存在してはいけない。



完全にアンチ、ヘイター状態でした。



それからまた暫く月日が過ぎた時、私はいったい何をムキになっていたのだろう。

たかが子供の遊びじゃないか。

目くじら立てて大人気ない。

それにちゃんと最後まで聴いていないじゃないか。

お前はそれで判断してしまっていいのか。

お前はそんな程度の人間なのか。

と、大げさですが自問自答が続きました。



それから思い直し、再び聴いてみたのですが、やっぱり無理最後まで我慢できないと、途中で止めることを何度か繰り返しました。

このままではいけない、やっぱり最後までちゃんと聴こう。

一度最後まで聴いて、どうしてもダメだったら二度と聴かなければいい。

そう思って意を決して最後まで聴いてみました。



何度か繰り返し聴いていたので、いつの間にか少しずつ免疫ができていたようで、最初に感じたほどの嫌悪感はない。

少しずつ余裕が出来てきて、いろんなところに目がいくようになりました。

ボーカルの子、けっこう歌がウマいな。

両横の子のダンスすごいな。

もしかしてこの子達はすごいことをしているのかもしれない。

そう感じるようになりました。



この子達のことをもっと知る必要がある。

そう感じてYouTubeを漁りまくり、その後は見事に泥沼に転落です。

彼女達に並々ならない才能と将来性を感じ、是非応援したいと思うようになりました。



その後は皆さんよくご存知の通りです。



そして彼女達の才能は本物でした。

今まで日本人では誰も到達できなかった域で、ワールドツアーを行なっています。

それもボーカルのSU-METALは高校生、YUIMETALとMOAMETALはまだ中学生だった2014年からです。



そして2016年、ワールドツアーも3度目となったこの時、アメリカ各地のかなり場所でライブを行ないました。

規模的にはまだ数千人規模の会場ですが、それでも日本人がワンマンライブで、それも全てソールドアウトというのは、とんでもない偉業です。

この時彼女達はTV番組にも出演しています。

アメリカの超人気番組、コルベアのザ レイトショーです。

日本人が出演するのは、これが初めてでした。



その時の映像がこちらです。

https://youtu.be/o0ERg64grnY



彼女達の凄いところはとても強心臓で、どんな時でもどんな場所でも、けっして臆することないところです。

実は彼女達とても茶目っ気があり、ライブの最中でもよくメンバーやバックの神バンド相手に、変顔対決したりして遊んでいます。

そしてこのTV出演も例外ではなく、よく観るとSU-METALとMOAMETALが変顔しているところがあります。

興味がある方は探してみてください。

それにしても、数百万人が観ているこんな大舞台のTV出演の本番で、よくやるものです(笑)

それぐらいでないと、世界を相手に闘っていけないのでしょうが。



彼女達、日本人としては過去有り得ないぐらい世界で人気を博していますが、それでもまだ世界の一流アーティストと肩を並べるまでには至っていません。

昨年末から、レッチリやメタリカ・ガンズなどのゲストとしてツアーに参加し、今年4月もレッチリと、6月はコーンとアメリカ各地を周ります。

将来更に大きくなる為、切磋琢磨していただきたいと思います。

でも、YUIMETALとMOAMETALはまだ高校生。

学業が大丈夫なのかちょっと心配です。



私の力はとても微力ですが、これからも彼女達を応援していきたいと思います。





P.S BABYMETALとは直接関係ないのですが、一つ紹介させて頂きます。

https://youtu.be/S_gui5P3Qvo



私はこんなに楽しそうにドラムを叩く方を見たことがありません(^_^)
Posted at 2017/03/09 22:50:05 | トラックバック(1) | 日記
2017年03月07日 イイね!

混沌の街

混沌の街過去と現在が錯綜する、そんな混沌とした街を撮影しました。

所用で久しぶりに訪れたこの街、実は私が幼少の頃よく遊んだ街です。

実際は住んでいるところから電車で数駅離れていたのですが、親にもよく遊びに連れてきてもらい、小学生になると友達同士でもよく来ていた、いわばホームグラウンドのような街です。

そんな街も年々様変わりし、昔の面影を残すところも数少なくなってきていたので、所用の合間を割いて記録に残しておきたいと思いました。

いつものように大した写真ではありませんが、興味を持って観ていただける方がいらっしゃいましたら幸いです。

なお、人物の顔や車のナンバーの修正を簡素化する為、わざとブレさせた画像を掲載しているものがありますがご容赦下さい。















レトロなこの街並み、よくある昭和の街並みを再現したものではなく、昔からの面影を残したままの本物の昭和の街並みです。

ここの歴史は終戦直後の闇市にまで遡ります。

賑やかな表通りとは一線を画し、昼間でも薄暗いこの中は、よそから来た人は中に入るのを一瞬躊躇うかもしれません。

私にとっては昔の面影を残す大好きな場所であり、撮影の題材にも事欠かない、宝の山のようなところです。




























古い商店街を通り抜け外に出ました。

外の雰囲気も、いい味を醸し出しています。






駅のコンコースを通り抜け、反対側に行きます。






反対側に出ました。








先日バスコレでブログにアップした、子供の頃よくお世話になったバス。




こちら側は区画整理が行われ、古い街並みや商店街は一掃され、高層ビルやショッピングモールが立ち並んでいます。

道路の拡幅工事も行われていました。




この街に残った路面電車の線路も、道路の拡幅工事に合わせ、移設が進んでいます。




子供の頃とは随分変わりました。




移設された線路。

全面舗装ではなく一部芝生になっています。




下町からすっかり都会的な雰囲気に。




走ってきた路面電車、私が子供の頃から走り続けている車両でした。




路面電車の停留所の横には、日本一の高さを誇るビル。




多くの人が訪れます。




こちら側は随分おしゃれな街になりました。






















日本一のビルからの眺め。

ただ、無料で登れるところまでなので、かなり低い位置の展望台です。

ここからの眺めでも見晴らしがいいので、有料の高い位置の展望台まで上がれば、さぞかし絶景が広がることだと思います。

あいにくこの日は靄がかかっていました。




























あまり時間がない中、駆け足で訪れたこの街。

まだまだ行きたい場所が沢山あるので、機会があればゆっくり訪れてみたいと思います。

もし許されるのであれば、早朝や夜間の撮影も行なってみたいです。







最後までご覧くださり、ありがとうございました。
Posted at 2017/03/07 12:39:18 | トラックバック(0) | 日記
2017年03月03日 イイね!

「えっ? あっ! そっちですか!!」

たまには笑い話を一つ。



昔々ある日のこと、いつものように営業に出かけた日の出来事です。

当時私が営業に行く際に主に乗っていたのは、ブルーのBMWでした。

他の車で行くこともありましたが、大抵はこの車で、今から思えば随分贅沢なことです。



そして営業に行く際、大体ある若い女性が一緒でした。

彼女はとても美人さんで、愛嬌もあり、ちょっと天然なところもあり、ポワ~ンとしていて場を和ませてくれました。

彼女を連れて行くと相手先でも和ませてくれ、お客様との話もスムーズにいきました。



いつものように商談を和やかなうちに済ませ、話が盛り上がったせいでお昼を随分過ぎていたので、帰る途中で昼食をとることに。

車を走らせながら店を探していたのですが、こういう時に限ってなかなか店がない。

お腹の減り具合も限界に達していたので、何か店が見つかればなんでもいいからそこに入ろうと思っていました。

お腹と背中がくっつきそうになった頃、遠くにうどん屋さんの大きな看板が見えました。

「よし、あそこに入ろう!!」



そして彼女に言いました。

「ねえ、あそこに入ろう。」

彼女はちょっと驚いた様子でドギマギしながら、

「えっ? あそこに入るんですか?」

私、

「ダメ?」

彼女、

「え~~~ どうしよっかなぁ~~~」



ここで私はふと思いました。

なんでこんなに悩んでるんだろう。

もしかして、彼女はうどんが嫌いなんだろうか?



そこで彼女に言いました。

「嫌だったら無理にとは言わない。 やめとく?」

彼女は、

「う~~~ん 分かりました いいですよ!」



嫌だと言えず無理に付き合ってくれるのかなと思い

「嫌だったら、本当にいいよ!」

彼女、

「うん 大丈夫です いいですよ!」

私、

「ほんとに?」

彼女、

「はい。」



そうこうしているうちにうどん屋さんの前に来ました。

車を停めようと駐車場に入ろうとしたら彼女が、

「えっ? あっ! そっちですか!!」

そして、

「あっちかと思った!!」

と、少し先に視線を向け、それからうつむきました。



彼女のやった視線のほうを見ると・・・・・

そこには数件の煌びやかなホテルが・・・・・

私、食べ物屋さんを探すのに必死で、そっちの方を全く見ていませんでした。



「えっ? えっっ? えぇぇぇっっっっっ~~~~~!!!!!」

今度は私が驚きました。



そしてそれから二人でしばらく大笑い。



その後、美味しくうどんをいただきました。






それからも、彼女とは何もありませんでした。

私は当時既に結婚しており、子供もいたので当たり前ですが・・・・・

でも、ちょっと勿体ないようなことをしたような気がします・・・・・←冗談です(笑)





(この話は実話です   笑)
Posted at 2017/03/03 21:17:06 | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「幕引き http://cvw.jp/b/2226261/42067195/
何シテル?   10/22 16:27
べるぐそんです。 N-ONEに乗っています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/3 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

京の都の物語 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/29 13:35:29
上京物語 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/14 13:05:03
ヒストリーガレージ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/08 16:39:27

お友達

ご無沙汰しております。
1019 人のお友達がいます
☆らったく☆☆らったく☆ * tirrolltirroll *
トヨタ大好きAトヨタ大好きA * recomrecom *
☆時間よ止まれ☆☆時間よ止まれ☆ * K2@遠州K2@遠州 *

ファン

564 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
N-ONEに乗っています。
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
ホンダ N-ONEに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.