• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

いじりゐのブログ一覧

2018年09月15日 イイね!

Happy birthday?

昨日は生憎のお天気でしたが、京都で開催中の「東山魁夷展」を観に行ってきました。

『道』、『残照』、『緑響く』など代表作を網羅した、京都では30年ぶりの大回顧展です。




東山魁夷の作品には強い自己主張や個性がみられないので「物足りない」と思われる方もいます。
しかし、「国民的画家」となっても奢ることなく真摯に描き続け、その人柄が作品となっているのではないでしょうか。
故にその作品の前に立つと不思議と自然に安らぎや清澄や癒しが伝わってくるように思います。
使い古された言葉ではありますが、作品はその作家そのものですね。

ゆったりと魁夷の心象風景ともとれる風景画を堪能して、美術館を出ると相変わらずの曇天。
しかしながらがワタシの気分は快晴。
眼前の現実と、自身の内面とのコントラストが印象的でした。
「東山ブルー」にザブザブと心を洗われちゃったな~。

今一度”自分”を洗濯致したい方は是非。


その後は、1度訪れてみたかった祇園にある「山地陽介」にお邪魔しました。

3年前にオープンして以来、今ではなかなか予約の取れないお店の1つです。



お料理の一部です。
クルマでしたのでワインはいただけず、ノンアルコールスパークリングで乾杯。









誕生日のお祝いをしていただきました♪



フランスでの様々な経験を主軸としながらも、山地シェフ独自の世界観をあらゆるお皿で感じさせてくれる創作コース料理。
フレンチなのですがときには和の技法を組み合わせたり、サプライズを随所に忍ばせていたり。
ジャンルに囚われない山地シェフならではのおもてなしを愉しませて頂きました。

ごちそうさまでした。


誕生日

冥土の旅の一里塚

めでたくもあり

めでたくもなし


遅ればせながら、今から「ミッション:インポッシブル6」を観てきます。

デン デン デンデン デン デン デンデン~♪
Posted at 2018/09/15 16:33:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年09月07日 イイね!

Typhoon No.21



25年ぶりに「非常に強い」勢力のまま上陸しそうだという台風21号の動向を気にしながら、3・4・5日と初秋の山梨、長野に涼を求めて行って参りました。

先月計画していたものなので、まさかこんなにも大きな台風にピンポイントでバッティングするとは思っていませんでしたがこの運の悪さもワタシらしいですw

出発時点での山梨・長野の天気予報は、3日晴れ、4日雨、5日雨と非常に残念な予報ですが気分だけは晴れやかに出発しました。

4時間程で山梨県にある台ヶ原宿に到着。




山梨銘醸さんでお酒の仕入れをして、

腹ごしらえにお蕎麦を。



ワタシは鴨せいろをいただきました。



つけ汁の山椒がなかなかに強烈でワタシにはピリピリと刺激的過ぎました。
蕎麦自体はやはりとても美味しかったです。
定番の十割蕎麦の方にすればよかったかな~。

ごちそうさまでした。

予定では清里テラスで、「八ヶ岳ブルー」の空や 富士山や南アルプスの絶景を堪能と考えていたのですが標高が上がるにつれてガスがかかってきて景色の眺望は無理そうでしたので断念。

清里開拓のシンボルへ





初清泉寮でしたのでソフトクリームを食べてみましたが・・・
確かに「昭和の味」がしました(笑)

木々に囲まれて、信号も少なく、車も殆ど走っていない(平日の昼間だからかも)八ヶ岳周辺はやはりドライブしていても気持ちいいですね。
翌日からは雨の予報なので、助手席からの苦情は無視してオープンエアを楽しみました。



以前から訪れてみたかった「中村キース・ヘリング美術館」















平日の昼間効果で2人の貸し切り状態でゆっくりと鑑賞することができ、展示作品は勿論のこと北川原温氏の設計の建物を含め大満足の美術館でした。

1日目の宿はリゾナーレ八ヶ岳。





レンタルサイクルで夕食まで散策しました。

2日目はやはり朝から雨。
近畿地方に直撃ルート・・・三重県は台風の東側なので被害が出ることが非常に心配ですが今更心配してどうにかなることではないので雨なりの旅行を楽しみましょう。

昼頃までゆっくりとホテルで過ごして向かうはシャトレーゼ白州工場



工場見学をしてアイス食べ放題。
とはいえ、2種類も食べれば口の中は甘くて甘くて・・・欲張っても全然食べられませんね。


サントリー白州蒸溜所へ











蒸留所内、特に保管庫は樽が呼吸しているので物凄くウイスキーの香りがします。
お酒に弱い方だと匂いだけで酔うと思います。

急速なウイスキーの需要拡大で、「白州12年」「響17年」の出荷を休止するというニュースは新聞やテレビ、インターネットのニュースで大きく取り上げられました。
この休止の原因となった原酒不足ですが、昔つくった原酒を熟成させて出荷するというウイスキーの性質上、対策を取っても効果が出るのは10年以上先となるため、原酒不足は当面続きそうですね。
現在の高まった需要に迅速に対応できるほどに供給(量産)が可能な訳ではないことを体感しました。
特に現在高級価格帯ウイスキーに使われる原酒はウイスキーの生産量が絞られた「冬の時代(90年代〜00年代)」に生産されたものが中心でただでさえ絶対量が少ないんですね。
今や酒齢の高いものは大切に飲まないと。

最後に「白州」や希少なモルトウイスキー原酒などのテイスティングが楽しめたのですがドライバーはソフトドリンクで我慢。
逆に香りだけは嗅げることからオアズケ感が半端ではなかったです。

「私が運転するから飲めば?」
と言われたものの、台風の雨風の中を宿泊先の松本市までハンドルを握らせる訳にもいかず、(まだ死にたくない)この時のワタシは「忍」の一文字でした。

遠回りになりますが、長坂ICから中央道に乗り八ヶ岳PA下りで信玄ソフトをいただきます。



中央道から長野道に入った辺りから台風の接近に伴い雨が激しくなりワイパーが追い付かないくらいの激しい雨に見舞われました。
(やはりハンドルを任さないで正解・・・)

1時間ほどで松本市にある浅間温泉に到着。

2日目の宿は 界 松本



ここは露天風呂が部屋にもついているのがいいんです。
少しでも長く部屋でウダウダ出来るので(笑)

テレビをつけると関西が凄いことに。
関西在住の友人からのメールを見てみると昼過ぎから停電に断水で大変だという内容。
ちょっとドキドキしながら地元の友人に様子を聞くと一部地域では停電しているようだが現状住まう地域は大丈夫とのこと。
台風本体は遠ざかってはいるものの、吹き返しの風と降り続く激しい雨が今更ながらに心配になりました。

と、言いつつも楽観的なワタシは朝までグッスリ眠れましたが(笑)

翌日は朝から台風一過の快晴!!



松本市美術館へ



現在、浮世絵展が開催されていますが平日&台風後ということでここも貸し切り状態でした。


地元出身である草間彌生の常設展も楽しめました。





館内、館外共にドットに溢れています。



松本には何故来たか?
それは「まつ嘉」の鰻を食べる為に。

鰻好きのワタシはそれほど楽しみにしていました。
前回、松本を訪れた際にお昼ごろお店を訪問したところ既に売り切れの看板が・・・
そのリベンジもあり今回の訪問です。

予約不可なので前回の失敗から開店1時間前の10時30分にお店を訪問。
すると既に先客が・・・なかなかやるな。
その後も続々とお客さんが並び始め15分くらいすると早々にお店が開き入店。
鰻のメニューはシンプルに2種類
鰻が2切れの丼と、4切れの重。
お腹と相談して丼にしました。
鰻は捌きたてを出すためそこから40分待ちようやくありつけました。



どーんと2切れ1尾の鰻のおでまし。
切り方がなんともやんちゃです(笑)

関東風で身はふわっとして、タレも甘すぎず辛すぎず丁度よく本当に美味しい。
ハードルを上げまくって、美味しいと感じるのだから予備知識なく食べたら感動ものだと思います。
鰻好きの皆さんは是非。


因みにではありますが量が多いので丼でも女性には少しハードかも・・・
(満腹でお腹を押さえるの図)

松本に来る際はまた必ず寄ります。

その後は松本城に行く予定でしたが、想定外の日差しの強さ、気温の高さ、名古屋周辺の通勤時間帯の高速道路の渋滞、何よりも台風の被害状況を確認したい・・・等々の言い訳をして帰路につきました。

そのおかげで日焼けせず済み、渋滞にも巻き込まれず、明るいうちに帰宅して家の周りの確認が出来て良かったです。

長々と、写真の垂れ流しにお付き合いいただきましてありがとうございました。

Posted at 2018/09/07 20:12:10 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

Buon Giorno! 近年は、 『走るロマンス』 こと、Alfa Romeoを愛しておりますが、近頃はAbarthが中心になりつつあります。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ファン

13 人のファンがいます

愛車一覧

ミニ MINI ミニ MINI
3 Door 6 MT 9 per BMWミニではなく、Punk風味のミニBMW。
フィアット アバルト・595 (ハッチバック) フィアット アバルト・595 (ハッチバック)
595 COMPETIZIONE Little Dynamite !
フィアット アバルト・124スパイダー フィアット アバルト・124スパイダー
日伊混血ライトウエイト・オープン。 産地直送!!
ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
2.9 PDKのスーパーサブ。 足し算、引き算が不要なクルマ。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.