• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
みん友になれば、激安商品も手に入りますよ~☆

ウルトラキャパシタや電解コンデンサーもお買い得! alt alt ホーム&カーオーディオパーツのフルテック社家の便利アイテム~カーパーツまで豊富 ホーム&カーオーディオ 「ステレオサウンド」や「Audio Accessory」誌で有名なナノテック・システムズ社 DIYパーツが豊富だよ~♪alt alt ハイエンド商品 alt
カーオーディオ&ロードノイズ対策は当店にお任せください☆


・お問い合わせは必ずこちらからお願い致します。
・ロードノイズ対策の適正料金表

CS.ARROWSのブログ一覧

2016年08月27日 イイね!

コペンL880のロードノイズ対策&スピーカー交換篇!CS.ARROWS

コペンL880のロードノイズ対策&スピーカー交換篇!CS.ARROWSコペンL880のロードノイズ対策&スピーカー交換篇


車室内のロードノイズ対策篇から・








「メニュー」
・ルーフ(天井)
・ダッシュパネル
・フロア
・トランクフロア
・フロントホイールハウス(タイヤハウス)
・リアホイールハウス
・フード(ボンネット)
・カウルトップ
・マフラーのバンテージ巻き
・ドア(他店施工の手直し)

・スピーカー交換



内装バラしはステアリングから・
ステアリングはシャフトナットを緩めた状態(外さない)で左右上下に揺さぶりながら外します。
注意:シャフトナットを外した状態で作業しないようにしてください。




クラッチの踏み込み量が大きいので調整で・と、おもいながら機構を探ってみるとゴムブッシュがボロボロでした。。
念のためオーナーさんに報告しておきました。





ついでにサービス(無料)でペダルを踏み易いタイプに交換しようとおもったのだが、取り付けが面倒だったので納車時にオーナーさんへ手渡しました(^^
ちなみにこの商品はウン千円もしますが、まぁオーナーさんのためというより「僕の自己満足」のためだから・・(笑




フロア廻りでは、ダッシュパネルからフロアトンネルの前方にかけて共振が大きいです。




まずは、制振作業から・
ダッシュパネル廻りは、カウルトップ下部あたりからフロアにかけてSTP Gold Aero制振シートを貼り詰めます。




フロアトンネル上部まで完璧にSTP Gold Aero制振シートを貼り詰めます。




フロアは共振元ではないのでポイントだけにレアルシルトを貼れば十分です。
その他サイドシルを始め、走行中に共振して不快感を与える原因になり得る個所を抑えていきます。
無闇にベタベタ制振材を貼るのではなく、重量増しを抑えつつ効果を上げる方法をとらないと、ただ車が重くなるだけで一つもいいことがないです。。



トランクとの境部分には非売品の防音シートCSDB-105RTを貼ってトランク内から響いてくる騒音を抑えます。





コペンの場合、ダッシュパネル上部からフロアにかけてCSDB-5Mをキッチリ貼り詰めないと 外回りからの騒音を抑えられません。
このCSDB-5Mを貼ることによって、フロア下からの底冷えや夏場の路面からの照り返し等を防ぐことは無論のこと、マフラー音も抑えられる 遮音特性に優れた商品です。しかも伸びるので貼り易い!





カーペットは掃除機をかけた後に殺菌スプレーを吹いてリフレッシュ!





後部両サイドのパネルには、CSDB-5Rを貼って吸音対策を行います。
装着してみてシートベルトの当たりが強い部分があればその部分を剥がせばいいです。
CSDB-5Rは、切り売り(30cm×30cm以上)もおこなっております。





キックパネルのガーニッシュにも吸音CSDB-5Rシートを貼り、フロントボディーピラー側からの騒音を抑えます。




電動ルーフですが、遮音材のフェルトを密着性の良い両面粘着シートで張り付けてあります。
この剥がし残った粘着シートを綺麗に落とすのに苦労しました。




ルーフパネルの制振はレアルシルト3/6枚程度とシリコンシーラント少々で十分です。




ルーフトリムはカーボンウールを貼って(載せる)戻すだけで完璧な遮熱&遮音対策ができます。




つづく




作業依頼をお待ちしております(^^

Posted at 2016/08/27 12:06:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードノイズ対策その2 | イベント・キャンペーン
2016年08月20日 イイね!

ボルボ V40 D4のロードノイズ対策カウルトップ他篇! CS.ARROWS

ボルボ V40 D4のロードノイズ対策カウルトップ他篇! CS.ARROWSボルボ V40 D4のロードノイズ対策のつづき










カウルトップの対策から・








制振には、ブチル系のSTP Gold Aero制振シートとアクリル系のレアルシルトを使います。





下記は86&BRZのデッドニングの参考例




次に、独立気泡構造ゴムスポンジのCSDB-5Mを貼って防音・遮音対策をおこないます。






※ブレーキブースターの上側には連続発砲構造のCSDB-5Rを貼っています。




あとはワイパーのモーターアッシーを組み付けて完了です。





フード編!




フードのデッドニング調整について
・アウター&インナーパネルの制振調整。
カーボンウールを使い、アウター&インナーパネル間内(空洞)の吸音/遮熱/遮音の対策。





フードライナー裏にカーボンウールを載せるだけで、遮熱/吸音/遮音対策ができます。





最後にラゲッジスペースフロアのデッドニング調整をして全ての作業が完了となります。
「使用商材」
・レアルシルト少し
Gold Aero制振シート少し
CSDB-5R







「V40 D4の全てのメニュー」
・前後のホイールハウス
・マフラー遮熱板
・腹下フロアパネル
・フード(ボンネット)
・カウルトップ
・ラゲッジスペースフロア


今回は当店の都合で作業時間に制約があったので、ロードノイズ対策は外回りの作業だけになりましたが、エンジン音、並びにコモリ音は納得いく低減効果が得られたと思います。
しかしタイヤの騒音は想像していたほど減ったようには感じられなかった。。
通常ならエンジン音が下がればタイヤ騒音も比例して下がるように対策をしていますが、V40 D4は手強いと言うか何と言うか・でした。。

マツダのSKYACTIV-D仕様の車なら上記の対策だけでもかなり低減効果が得られるだが、このV40 D4の場合にはダッシュパンネルの遮音対策も必要なのかもしれませんね。
それと純正タイヤが気になったのでオーナーさんにD様に連絡をし、他のタイヤが2本だけでも用意してもらえるのなら騒音の違いを試してみては如何でしょうかと助言したのだが、無視・・・まぁそれでもいいけどね(笑


はい、おしまい。



次記事はコペンL880-Kのスピーカー交換&ロードノイズ対策です。

Posted at 2016/08/20 14:00:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードノイズ対策その2 | イベント・キャンペーン
2016年08月07日 イイね!

ボルボ V40 D4のロードノイズ対策 CS.ARROWS

ボルボ V40 D4のロードノイズ対策 CS.ARROWSVOLVO V40 D4のロードノイズ対策









「メニュー」
・前後のホイールハウス
・マフラー遮熱板
・腹下フロアパネル
・ラゲッジスペースフロア
・フード(ボンネット)
・カウルトップ


ジャッキアップポイントがかなり奥なので当店のような狭いピットだと上げ辛いです。。






アンダーカバーと触媒後方の遮熱板を外しておきます。





フロアトンネルと、フロアパネルにレアルシルトを貼り付けて制振調整をするだけでもコモリ音が緩和されます。




触媒のある前方の遮熱板は手前のネジを外すだけで十分な隙間ができるので、そこからカーボンウールを詰めていきます。
番線などを使ってカーボンウールをエキマニ方向へ押し込むと綺麗に覆うことができます。





燃料タンク脇の遮熱板も、ネジを外すだけでカーボンウールを詰め込むことができます。




太鼓(サイレンサー)上部の遮熱板はリベットで固定されていますが、後部のリベットを外すだけで、ご覧のとおりカーボンウールを詰め込めるだけの十分な隙間ができます







遮熱板を戻すのにリベットが無くてもクリップナットで十分です





フロントホイールハウス廻り編!




今回はダッシュパネルを含め、車内側のフロアの対策をやらない代わりにホイールハウス内の制振調整を念入りにおこないます。
特にサスタワーを制振調整すると若干ですが、ハンドリングが良くないり長距離運転でも疲労が緩和されます。





このV40 D4はディーゼルのせいなのか、フェンダーとアッパーメンバー間に高級?な遮音材が装着されているので追加の遮音材は少しだけプラスして完了としました。




リアホイールハウス廻り編!
フロント同様に室内側のホイールハウスインナーのデッドニング調整をやらないので、その分を補うために外側から通常以上に制振調整をおこないます。





フェンダーライナー編!
前後とも不織布で形成されたフェンダーライナーです。




制振スプレーのノイズレデューサーを裏表へ染み込ませるように塗布します。




ノイズレデューサーを重ね塗りする場合には塗膜面がある程度乾いてから二度目を塗布するようにすれば完璧な重ね塗りができます。



ノイズレデューサーが完璧に乾いたら遮音材のCSDB-5Mを貼ります。





これでゴミや汚れが付着しても水道ホースの水洗いだけでも落ち易くなります。






つづく



違う車種(特に国産車)でも概ね似た作業でコモリ音やタイヤの騒音レベルが下がるとおもいます。



Posted at 2016/08/07 11:57:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードノイズ対策その2 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「2019年末までの作業予約は残り2台程度?で終了となります。急かすようで申し訳ありませんが2020年1月以降の作業予約は早めにお済ませてください。作業予約はこちらからどうぞ⇒https://e-arrow.ocnk.net/contact
何シテル?   11/19 19:47
言わずと知れたCS.ARROWSの和智です! DIYの皆様は何でもお気軽にご相談ください、無駄のない商品選びや施工方法等をお教えします。 主力のカーオーディ...

ユーザー内検索

<< 2016/8 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

☆当店近隣の宿泊施設 
カテゴリ:おすすめの・
2011/08/31 12:07:15
 
■弊社ネットショップARROW 
カテゴリ:当店
2009/10/15 21:09:15
 
■オフィシャルサイト CS.ARROWS 
カテゴリ:当店
2009/02/05 02:30:21
 

愛車一覧

ホンダ オデッセイ ホンダ オデッセイ
■カーオーディオシステム 純正ナビを使いFull Digital Soundシステムを組 ...
スズキ マイティボーイ スズキ マイティボーイ
CS電装チューニングは凄いです。 自画自賛。。。
トヨタ 86 トヨタ 86
この86"は熟年のステキなご夫婦が所有するクルマです オーナー曰く、走行性能に関しては ...
スバル WRX STI スバル WRX STI
[作業メニュー] ■カーオーディオ ・スピーカー交換 ・スピーカーケーブル引き直し ・ナ ...

みんカラ+リンク

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.