• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
みん友になれば、激安商品も手に入りますよ~☆

ウルトラキャパシタや電解コンデンサーもお買い得! alt alt ホーム&カーオーディオパーツのフルテック社家の便利アイテム~カーパーツまで豊富 ホーム&カーオーディオ 「ステレオサウンド」や「Audio Accessory」誌で有名なナノテック・システムズ社 DIYパーツが豊富だよ~♪alt alt ハイエンド商品 alt
カーオーディオ&ロードノイズ対策は当店にお任せください☆


・お問い合わせは必ずこちらからお願い致します。
・ロードノイズ対策の適正料金表

CS.ARROWSのブログ一覧

2017年08月31日 イイね!

エクシーガEのロードノイズ対策&キャパシタ取り付け CS.ARROWS

エクシーガEのロードノイズ対策&キャパシタ取り付け CS.ARROWSエクシーガEのロードノイズ対策&キャパシタ取り付け



既にオーディオとルーフ&フロアのデッドニングは守谷氏のお店で施工済みです。






【施工済み箇所】
・ルーフ
・フロア
・ラゲッジフロア
・フロントドア

施工中の画像をゼロビッドから送っていただきましたが、その一部を参考までにアップします。





ひじょうにサウンドチューニングが上手く、ステージングも音のメリハリも申し分ない仕上がりとなっていました。








今回当店に依頼された対策個所
・リアドア
・ホイールハウス
・カウルトップ
・ボンネット
・EDLCキャパシタ―/CS-HYPER20FEP装着



リアドアのデッドニング調整から・
リアスピーカーは必要ないので外し、穴凹を塞いでリアタイヤの騒音侵入を減らします。
アウターパネルはレアルシルト3/6枚とブチル系制振材を少量使って調整します。




次にプロファイル吸音ウレタンフォームを全面に貼り、リアタイヤの騒音がドア内で反響するのを抑えます。




インナーパネルはブチル系制振材のみで調整しております。




トリム側の調整





吸音マットCSDB5Rを全面へ貼れば、もう別世界!素晴らしい吸音効果が得られます。





フロントホイールハウス周りの対策










エンジンルーム側からCSDB-30SFの粘着面が見えてしまうのでCSDB-3を貼って見栄えを良くします。
この時、雨水などの排水路を必ず確保してください。






最後にノイズレデューサーを重ね塗りして完了。




前後のライナーの調整はブチル系制振材を貼ってからCSDB-5Mを貼れば完璧!
マイナーチェンジ後のCSDB-5M及びCSDB-3にはキズやブチルダマが付いて見た目が悪いのですが遮音効果は他製品には絶対負けません!







リアホイールハウス内の対策




今回は車室内側の対策をしていないのでブチル系制振材を多めに使って調整します。



対策済みのライナーを戻せば完了。





カウルトップの対策




対策に使うのはブチル系とアクリル系制振材の二種類です。





遮音対策にはCSDB-20SFを使いましたが、CSDB-5Mでも同等の効果を得られます。




CSDB-20SFを上手く貼るコツは裏紙(剥離紙) を少しずつ剥がしながら表面を押し付けていけば綺麗に貼れます。






ボンネットの対策。
先にダクトを外して制振調整をしておきます。





次にインナーとアウターパネル間へカーボンウールを詰め込んで外周の遮熱&遮音対策をします。





制振調整はご覧のとおり制振材とシリコンシーラントを使っています。



次にエーモンさんのエンジンルーム静音シートをご覧の位置へ貼ります。




清掃時に付属のアルミクロステープに引っかかって四隅がめくれないように必ず角を落としてください。




ライナー裏にカーボンウールを乗せて戻します。



仕上がりは こんな感じ~ エンジンの遮熱&遮音対策はこれで完璧!







最後にEDLCキャパシタ―/CS-HYPER20FEPを装着して全ての作業が完了。




-----------------オーナーさんのインプレ----------------------

和智様
エクシーガの作業ありがとうございました。

さてあれから自宅に戻る際に、次男が寝てしまったことを良いこととして、
色々と試してみました。まず第一印象のご報告です。

1):ロードノイズ対策について
・結論は、和智様がブログで書いているように、ロードノイズ対策は、まずホイールハウス周りとカウルトップ内の対策を行った後、車室内の対策を行うかどうかを検討した方が費用対効果が高いということが良くわかったということになります。

・どうしても天井とかフロアとか先に目が行ってしまいますが、前述したことがロードノイズ対策として有効の比率は大きいと感じました。

・具体的にどんな感じかと言えば、運転席より前に壁が一枚できた感じで、そこがまるでステージのようになって、そのステージからオーディオの音が聞こえてくるという感じになりました。

・特に顕著なのが、道路の段差を越えた時です。「ドスッ」という音が、以前は音のシグナルが尖った波形だったのが、緩やかな山のようになった感じを受けます。故に音圧レベルが下がった感じです。

・次にタイヤの音についても、全多的に音圧レベルは下がり、不快な周波数帯の音が少なくなった感じがします。まだ多少の音は聞こえますが、なんか気持ち良い音です。

・カウルトップから音が結構入っていたことがわかりました。ボンネットも防音処理を行ったこととあいまって、エンジンを吹かした時の音が小さく、しかも心地良くなりました。

・結果、オーディオの音に関して、特に今までロードノイズに隠れていたと思われる低音が聞こえてくるようになりました。これがオーディオ的には一番効果あったと思います。

・これからロードノイズ対策をと考えている方には、まずホイールハウス周りとカウルトップ内の対策から始めることを実体験に基づいてお奨めします。


2):電源強化対策について
 (1)オーディオ
   これはロードノイズ対策の結果もあると思いますが、以下を感じました。
   ①ステレオ定位の明確化
    ・左右どこに楽器があるのか、今まで以上に明確になってきました。
   ②音の粒
    ・以前より粒がはっきりとした感じがします。もわっとした感じが無い
     です。
   ③奥行?
    ・なんだか音が3Dみたいに聞こえます。今まで平面的に聞いていた感
     じがしました。
   ④高音
    ・音が伸びる(伸びすぎる?)感じがしました。調整しようと思います。
 (2)走りについて
   ・アクセルを踏んだ時の反応が早くなった感じを受けますが・・・・
   ・もう少し走ってみてレポートします。


-------------------その後1のインプレ---------------------

この土日でキャパを外して音の違い、走りの違いを再確認してみました。
家内が子供達を連れてポケモンの映画を見に行ったりと私一人の時間が多かった
ので、時間を気にせず色々とやってみました。
結論は「大いに違いがある」です。
キャパシタのマイナス端子を外した場合と付けた場合で何回かアクセルを一気にレッドゾーン付近まで吹け上げてみてみました。
結論は全く違いました!
キャパシタ有の方が、「えっ!」って感じる位軽々とレッドゾーン付近まで吹け上がります。
無しの場合は、軽々とは吹け上がりません。
有りの場合と同様に吹け上げさせようと思って相当乱暴にアクセルを踏んでも有りの場合ほどスムーズに吹き上げません。

この吹け上がる状況を知った後の加速は楽しくなりました。
高速道路で追い越しをかける時も、以前よりスーッと追い越しをすることができます。楽しいです。


-------------------その後2のインプレ---------------------

①音について
 ・キャパシタを外すと一言「つまらない音」になります。この状態でしばらく我慢して音を聞き、再度繋ぐと感動します。

・具体的には、音にハリ(艶?)が出て一音一音がはっきりと聞こえ、それまで聴こえなかった音が聴こえるようになる。

・さらにはステレオ感が増すというのか、楽器一つ一つの位置が明確化する。

・特に低音に関しては、外すとたまに「モワ」っとした音になるが、安定的にキレのある低音になります。

・上記は音量を上げれば上げるほど、外した時と付けた時の差は顕著です。

・キャパが足りない電力を一生懸命補っているんだなぁ~と感じました。



②走りについて
 ・キャパシタを外したところ、アクセルの反応が鈍くなった感じを受けたことと、アクセルを踏み込んでも車が重くなった感じがしていました。

・再度付けたところ、約2週間経ちましたが知らず知らずのうちに変わってきていることに気が付きました。

・前述したアクセルの反応ですが、アクセルの踏込にエンジンが素直に反応していることがわかります。

・さらに4,000回転以上では、アクセルレスポンスが悪かったものが、非常に良くなり、さらにはスルスルっと気持ち良く加速していることがわかりました。

・少し山道を走ると「どっこいしょ」と登っていた車が「スー」っと登っていく感じです。(若返った感じ?)逆にアクセル踏みすぎないように注意しなければならないと感じました。

・気が付かないうちに変化していたことがわかりました。エンジン音も少し変わったかも?

音はどんどん良くなっていく感じがしますし、ロードノイズも格段に減ったので、その分良く聴こえることはもちろんなのですが、アンプ類のポテンシャルを全て引き出しているように感じます。

キャパっていいですね!電源強化がこんなに効くとは思いませんでした。ありが
とうございました。
外してみたら、効果が良くわかりました!


また色々と報告させていただきます。

それとゼロビットの守谷様とも仲が良いとのこと・・・・素晴らしい方と出会えて幸せだと感じております。





DIYで何かお困り事がある方は遠慮なくご相談ください。


Posted at 2017/08/31 11:04:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードノイズ対策その3 | イベント・キャンペーン
2017年08月22日 イイね!

デッドニング&ロードノイズ対策の適正料金その2! CS.ARROWS

デッドニング&ロードノイズ対策の適正料金その2! CS.ARROWSデッドニング&ロードノイズ対策の適正料金その1のつづき



その2は車外周りの対策費について

下記はAプラン仕様の標準施工費となり、Sプランを含んでおりません。
Sプランとは部分的に吸音&遮音対策を強化したプランとなりA+Sプラン仕様が最上級のロードノイズ対策となっております。
この最上級プランは1~2割増しの料金となります。(紛らわしいので近日、フルSプラン仕様の料金をupします)





①:フロントホイール周りの対策
ホイールハウス内のアーチ部(ダッシュパネル側)の制振調整と遮音対策を確りおこなわないと車室内側へ タイヤの騒音が回り込んでしまいます。
アッパーメンバー周りについてはBRZ/86のように大き目の制振材をサイドにはるだけでも車室内に回り込むタイヤ騒音が減ります。

上記の作業にはフロントピラー及びフェンダーエンクロージャーの対策も含まれます。

サスタワー周りについては制振調整をするだけでも若干ですがハンドリングも良くなります。

車室内側のダッシュパネルの制振調整をしてあっても大概の車両の場合、助手席側にエアコンブロアなどの機器があるためダッシュパネル上部まで制振材、及び遮音材を施工することが難しくなり、ホイールハウス内側からの調整が不可欠となります。

仮にインパネ(ダッシュボード)ごと外して車室内側からデッドニング調整をするとなれば脱着工賃の方が高くつくので費用対効果が下がります。
助手席側の対策としては車室内側のダッシュパネル+ホイールハウス内の両側から調整するのが最も効果的という事になります。

それとタイヤの騒音も遮熱板の騒音もフロア周りから聞こえるからと言ってフロアパネルに制振材をたくさん貼りがちですが、実際には車外へ発せられた騒音が,こんどはガラス、ピラー周りなどを通り抜けて車室内へ入り込むので、その騒音の比率もそれなりに高いことを覚えておいた方がいいです。
つまり、車室内のデッドニング調整を完璧にしたからといってもタイヤ自体の問題もあり、騒音だけは遠くに感じられるようになっても聞こえなくなることは無いということ。フルデッドニング(ロードノイズ対策)をするのであれば制振/遮音/吸音などのバランスを取りながら重量増しを出来るだけ抑えることが大事ってことです。

「スバル/エクシーガの参考例」
alt
alt
alt
alt
alt
alt
alt
alt


「アウディA6の例」
alt

不織布で形成されたフェンダーライナーの場合にはノイズレデューサーを両面へ染み込ませるように塗布した上からゴム系発泡シートで遮音すれば完璧!
alt
alt
alt

①:ホイールハウス周りの対策費
[国産車] WRX/マークX/クラウン/アクセラ オデッセイRC/セレナ/アルファード/デリカD5/ヴォクシー 等
・デッドニング調整費:62,500円

[欧州車] アウディ/ボルボ/ルノー等
・デッドニング調整費:57,400円~61,600円

■施工期間:概ね2日間

上記と同等の施工内容なら高くても65,000円以内が妥当だが、この作業以下のカッコだけの作業内容なら30,000円以下が妥当と言うか、むしろショップに依頼しないで、お友達にでも手伝ってもらいながらDIYで施工した方がよっぽど賢明だとおもう。









②:リアホイールハウス内の対策
ホイールハウス内の対策をおろそかにするとタイヤ騒音がクォーターピラー内へ拡散し、それがルーフ(天井)へも回り込みます。
※最近の車の中にはクォーターピラー内に遮音材が詰め込まれている場合があるが、これは気休め程度の物なので追加のデッドニング調整をした方がいいです。
ハードトップやセダン等の車両の場合にはリアトレーまで共振するため、後方からの耳障りな雑音”として感じることが多々あります。
できれば車室内側+ホイールハウス内の両側から対策をするのが最良ですが、基本は車外周りの対策から・なのでご予算に余裕がある場合には二度手間にならないようにショップとよく相談してから施工内容を決めた方がいいとおもいます。

「フェンダーライナーが装着してある車両の例」
画像は車室内側の対策が済んでいる車両の場合です。
alt

下記は車室内側の対策をしていないのでブチル系制振材を多めに貼って調整しています。
alt
alt
alt

純正ライナーの設定が無い車両の場合には制振スプレーのノイズレデューサーを厚塗りすれば、ブチル系制振材には劣りますが施工前と比べれば雲泥の差が出ます。
当店の場合には、できるだけこの作業を2日間掛けて凹部分でも2mm厚程度になるように重ね塗りをしています。
alt
alt

②:ホイールハウス周りの対策費
[軽自動車などのフェンダーライナー無し車両」
・デッドニング調整費:25,200円

[その他の車両] 樹脂製ライナー/不織布製ライナー付き車
・デッドニング調整費:36,600円~40,200円

■施工期間:概ね1~2日間

上記と同等の施工内容なら高くても一割高以内が妥当でしょう。











③:マフラーの遮熱板対策
アクセルを開けると純正マフラーでも甲高い音が響く車がありますが、これは遮熱板が響くのが原因であり、特に後部座席へ乗られる方が不快に感じます。

また、マフラーはゴムハンガーで吊り下げられており、経年劣化で硬化すると低周波振動を増幅させてフロアパネルを振動させると共にコモリ音の原因にもつながります。

よくフロアに制振材を鬼”のようにたくさん貼っているショップを見かけますが、上記の理屈を理解すれば制振材の使用量も減り 重量増しも抑えられるという事です。

※軽自動車の場合には遮熱板が装着されていないことが多いので、車室内側フロアの遮熱&遮音対策が必要となります。

対策としてはノイズレデューサーが一番効果的であり、DIYでも容易に施工できるとおもいます。

「ハイエースの例」
このハイエースの場合には、施工した僕も驚いたぐらい遮熱板の対策をする前とを比べると雲泥の差が出ました。
alt
alt

「スバル車の例」
alt

BRZ/86の例
alt

③:マフラーの遮熱板対策費
[サイレンサー上部のみ」BRZ/86等
・デッドニング調整費:11,600円

[サイレンサー/センター/触媒上部などの3ピース] ハイエース/フィット/スバル車等
・デッドニング調整費:21,200円~28,500円

■施工期間:概ね半日~1日間

上記と同等の施工内容なら高くても一割高以内が妥当でしょう。













④:カウルトップ内の対策
タイヤの騒音がフェンダー内、及びエンジンルーム内へ拡散したものがカウルトップ内を経て車室内へ入り込みます。。
無論、エンジン音もカウルトップ内へ回り込んで反響するので、この騒音が車室内側のダッシュボード奥、特にフロントガラスの下部あたりから騒音として感じられます。
カーオーディオの音質を気にされる方は対策をした方がいいです。
対策としては、制振調整した上から遮音材を貼ります。

「エルグランドの例」
alt
alt
alt
alt

「オデッセイの例」
alt
alt
alt

④:カウルトップの対策費
[普通乗用車]国産/欧州車(対策できない車あり)
・デッドニング調整費:27,200円

■施工期間:概ね半日

上記と同等の施工内容なら高くても一割高以内が妥当でしょう。












⑤:ボンネットの対策
インナーとアウターパネルの制振調整をしてから周りにカーボンウールを詰め込んで遮熱と吸音調整をおこないます。
純正ライナーがハーフタイプ、若しくは装着されていない場合には下記画像の方法で施工します。詳しくは過去記事を参照ください。
あくまでも軽量にこだわる!

[ライナー無しの場合]
alt
alt
alt

[純正フードライナーがハーフタイプの例]
alt
alt
alt

[純正フルライナーの場合]
alt
alt
alt

⑤:ボンネットの対策費
[ライナー無し]
・デッドニング調整費:17,600円~21,500円
[ハーフライナー仕様車]
・デッドニング調整費:19,100円~22,200円
[フルライナー仕様車]
・デッドニング調整費:23,600円~25,700円

■施工期間:概ね2時間

上記と同等の施工内容なら高くても一割高以内が妥当でしょう。




【車外周りの対策個所】
・フロントホイールハウス周り(タイヤハウス)
・カウルトップ内 ・ボンネット(フード)
・リアホイールハウス内
・マフラー遮熱板
・その他

ロードノイズはタイヤが路面と接地して起こる摩擦騒音が主な原因です。
その大元とも言えるホイールハウス周りの対策を先にやらなければ何も改善しません!
つまり車外周りの対策をしてから車室内側の対策をした方が費用対効果が高くなるというものです。
まぁ遮熱などの暑さ,寒さ対策を先にやりたいのなら別ですが、ロードノイズ対策と言いながらフロアのデッドニングを先に勧めるショップは詐欺と思え!です。




ルーフ~カウルトップまで全てのロードノイズ対策をおこなった場合のプランAの施工料金(税抜き)
・クラウンアスリート/マークXクラス 375,000円
・CX5/ヴェゼル クラス 375,000円
・オデッセイ クラス 385,000円
・フィット3(fit3)/プリウス クラス 360,000円
・ハイエース/キャラバン標準 クラス 420,000円

※プランA+Sの場合には7~10%高になります


当店と同等の施工内容なら高くても一割高以内が妥当でしょう。






暇な方は「適正料金その1」との合計金額を出してみれば納得するでしょう。

この記事は2017年08月のものです。



次記事はエクシーガの作業記事を書きます。
alt
alt
alt
Posted at 2017/08/22 16:22:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 適正施工料金 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「2019年末までの作業予約は残り2台程度?で終了となります。急かすようで申し訳ありませんが2020年1月以降の作業予約は早めにお済ませてください。作業予約はこちらからどうぞ⇒https://e-arrow.ocnk.net/contact
何シテル?   11/19 19:47
言わずと知れたCS.ARROWSの和智です! DIYの皆様は何でもお気軽にご相談ください、無駄のない商品選びや施工方法等をお教えします。 主力のカーオーディ...

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

☆当店近隣の宿泊施設 
カテゴリ:おすすめの・
2011/08/31 12:07:15
 
■弊社ネットショップARROW 
カテゴリ:当店
2009/10/15 21:09:15
 
■オフィシャルサイト CS.ARROWS 
カテゴリ:当店
2009/02/05 02:30:21
 

愛車一覧

ホンダ オデッセイ ホンダ オデッセイ
■カーオーディオシステム 純正ナビを使いFull Digital Soundシステムを組 ...
スズキ マイティボーイ スズキ マイティボーイ
CS電装チューニングは凄いです。 自画自賛。。。
トヨタ 86 トヨタ 86
この86"は熟年のステキなご夫婦が所有するクルマです オーナー曰く、走行性能に関しては ...
スバル WRX STI スバル WRX STI
[作業メニュー] ■カーオーディオ ・スピーカー交換 ・スピーカーケーブル引き直し ・ナ ...

みんカラ+リンク

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.