• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

子持ち戦隊のブログ一覧

2017年06月26日 イイね!

燃費記録@6/25_100%街乗り

燃費記録@6/25_100%街乗り7月上旬にまたもやサッポコ泊決定。最近やたらと多いなぁ
今回はサッポコ衛星都市のやきもの市がメイン。プロアマ問わずかなりの数の作家が軒を連ね、駅前の300m四方の道路を封鎖!ぜーーーんぶイベント空間に仕立て上げるというのは、人口12万人程度の衛星都市としてはかなり頑張ってると思います。
直線距離で1.5km以上、食器や酒器、花器の店で埋めてみろ!!!!!!!!!ってふっかけて「上等じゃゴルァ」ってなるの、日本国内でそんな多くないと思うのです。

ほんで、夜は旧友と飲みに行く予定でございまして。サッポコ駅前にベルギー人がやってるベルギービール屋がありましてね。これがまぁ美味しいビールが多くて、我々酒好きの心をガッチリキャッチなんざます。
個人的にはマルール12っていうアルコール度数12%もあるビールをベルギーチョコレートと一緒にゆっくりいただくのが好きでした。

ちなみに7月は長距離移動頻発月間でして、サッポコ2発、里帰り1発で2000km加算確定。6000kmを超えたぷじろうさん、8月には8500~9000km到達が見込まれます
うあぁぁオイル交換とAdblue補充どうすっぺ。。。


脱線はこのくらいで。
6/25の燃費記録です。
前回は6/4に給油だったようで、3週間ほど街乗りオンリーでした(ちょっと悲しい)
実績は528.4km÷35.52L=14.9km/L
ディスプレイは15.3km/Lです。

使用環境:通勤と買い物など、悲しいまでに日常の足。20℃超えてきてちょくちょくエアコン入れてました。
”しつこく5回法”を敢行してから、満タン法の信頼性がだいぶ上がったと判断しています。今回はディスプレイより悪いけれども、むしろ満タン法で出した14.9という数字を採用したいところです。

で、今回から燃費帳簿の項目にディスプレイと満タン法との「乖離率」というものを追加することにしました
満タン法÷ディスプレイ値-100%で計算。満タン法の方が良い数字だと+表記、ディスプレイの方が良いと-表記です
一般的に、ディスプレイ値が満タン法で出した数字より燃費いいと何かがっかりするからこの算式にしましたw

今回のデータだと14.9÷15.3-100%=-2.8%

3%弱盛ってくれおったわぃ
よくもやってくれたな!!!!!!



的な感じで楽しめます♪
でもまぁ、数字として14.9と15.3って差がそれなりにあるようにも感じますが「3%未満の誤差です(`・ω・´)キリッ!!!」って言われると大した違いに思えなくもない。

結局、数字遊びでしかないのでしっかり遊んでみてる子持ちでした
ちなみに今回は99円/Lだったので、仮にディスプレイ値だったとしても97円の差額しかありません。「3500円くらいで満タンにして、誤差は100円」と言われたらまぁいっかと納得できますです。

数字って表現法によって表情が変わるので悪用のし甲斐があって大好きです(○゚∀゚)LOVE(゚∀゚○)













最後の顔文字、無理しすぎました。。。
Posted at 2017/06/26 22:53:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | プジョー | 日記
2017年06月24日 イイね!

買ってしまうと思う、きっと

絶対的に速いわけではない、経済性に抜きん出ているわけでもない、乗り心地が極上だとは言わない、唯一無二ってわけでもない(トゥインゴの血も入っている)。
でも、国産や輸入コンパクト勢や軽自動車とは何か違うとはっきり感じられる車でした。
数ヶ月~数年以内にセカンドカーが必要になる予定の我が家では、筆頭候補の一台になりました。
Posted at 2017/06/24 23:12:03 | コメント(1) | クルマレビュー
2017年06月24日 イイね!

【試算】車両価格差を燃費の良さで相殺

【試算】車両価格差を燃費の良さで相殺本日のタイトル画像は”金の亡者 萌え”で検索をかけてみました。ぬこかわええ


で、タイトルの通りです。車を買おうとした時に、イニシャルコスト=ほぼ車両価格、とランニングコスト=燃料代(タイヤ等消耗品は今回は除外)が念頭に浮かぶと思われます。

ハイブリッドやPHEV、クリーンディーゼルなどの新技術系を搭載すると車両価格が当然上がります。コンベンショナルなガソリン車との差額分で10万kmとか20万km走ってようやく回収できる、なんて話を自動車系の記事で目にするようになりましたよね。

というわけで(どういうわけだ?)試算するために数式を組んでみました。理系脳万歳w
もう何度も書いてきた通り、子持ち家の大蔵大臣は俺自身です。毎月の家計簿から始まり、年間の収支、翌年度の予算編成などかっちりこなしております。
必然的に支出額が大きくなりがちな車やバイクに関連する費用は目安になるような試算値がほしくなるのです。信頼できるデータがあれば家庭内で決裁も取りやすい。


それでは理系脳の自己満足にお付き合いをw

------------------------------------------------
ハイブリッド系の高額なのをモデルA、ガソリン車をモデルBとする

モデルA:車両価格 S、燃費 a、燃料単価 m
モデルB:車両価格 T、燃費 b、燃料単価 n
価格差を相殺完了する距離 X

算式
X=(S-T)÷(n/b-m/a)
------------------------------------------------

上記の式でX km走れば価格差を吸収できる、と試算可能です。

では実践を
今回はノートe-Powerとノート ガソリン車をモデルケースにしました。
グレードは適当に両者Xに指定。
燃費はJC08の70%と仮定してみました(だいたいそんなもんでしょ?)

e-Power:車両価格 195万円、燃費 23.8km/L、燃料単価 125円/L
ガソリン車:車両価格 149万円、燃費 18.3km/L、燃料単価 125円/L

X=(195万-149万)÷(125/18.3-125/23.8)=約29万km


う~~~む、こんなもんなんだ。。。
e-Powerはモーター特有の低速トルクのぶ厚さで、走行性能に定評があるようなので「退屈な経済車を長距離我慢して乗り続けないとイニシャルコストを回収できない」という論調にはならなさそうだけれども。。。

とりあえずこの式を使えば、ちっと燃費の悪い中古車を買った場合の維持費の試算とか色々できそうです。


Posted at 2017/06/24 11:26:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | プジョー | 日記
2017年06月21日 イイね!

リアワイパー、要らないの!?

リアワイパー、要らないの!?雨雲の女神に愛されて30年強、本日も本領発揮の子持ちですこんばんは。
なに?っていつものアレです”玄関開けたら女神様の愛情が俺に降り注ぐ”ってやつ。しかも家に着いたら止むのよね。
ちなみに2年前の冬だったかな、東京でけっこうな量の雪が降りました。あれは松岡修三が国外へ出ていたのが原因とされていましたが正確にはそれだけではなく、俺が出張で東京入りしていたという要素が加算された結果です。
この手の逸話はたくさんございまして、その前年の夏、サッポコ出張では集中豪雨で特急を何本止めたか分からない。。。

つまりは基本的に悪天候体質ですので、荒天で移動する機会に恵まれております。もはや自虐ネタですw
現有機のぷじろう(308SW 1.6Lディーゼル)は幸いなことに多少の荒天に動じることもなく、実直に使役馬としての役割を果たしてくれています(家族を乗せていない時にクネクネでグフェフェフェしていることはここだけの秘密だw)

で、ここ最近話題にしている二号機導入に関する考察です。
乗り物の好みはラーメンと同じくらい人それぞれだと思います。色々こだわりたいand/orどうでもいいところってあるよね
アタクシの場合ざっくり表現するとベスト3は乗り味、安全性、経済性の順かな。
乗り味と経済性はひとまず置いといて、安全性って第一に「(周囲を)見える」、第二に「(周囲に)認識される」だと思ってます。
「見える」ためには当然、視界の確保が大前提。そのための灯火照灯類、ワイパー、空調でしょうと。

ここで本日のタイトルのリアワイパーは要らないのかという話しです

国内国外を問わずセダン系にリアワイパーを備えていない車が多い気がします。
「駿馬の瞳(睫毛だったかな?)」とかって文言をつけて、走行時に雨粒がリアガラスを伝わないから後方視界が阻害されません、メルセデス万歳!って宣伝してた記憶がございます(たしかCクラスがW203の頃)。
当時はふ~~~んそうなんだ程度にしか考えてなかったけれども、今は疑問が沸々でござる
視認性の問題は走行時だけではない。一般道でも郊外は100キロ巡航が可能な欧州とは走行条件が違う。冬は乗車前に丁寧に全ての窓の雪や氷を除去しても、厳かに積もり続ける暴力的な降雪の時は電熱線だけでは全然間に合わない。ドイツって内陸だし冷えるから帯広みたいに雪少ないのか?

今回は自称・安全性魔人のメルちゃんを出しましたが、日本車も輸入車もリアワイパーを備えるセダン、クーペが本当に少なくなった気がしてならないし、自分自身がそれを受け入れられないのです。
それともトラックみたいにサイドミラーが見えてればバックミラーはイラネ!!ヾ(*・ω・*)ノ!!ってことなんだろうか?

ちょいと話題が逸れますが、世間様ではリスクを飲んでスピードを求めることを是とする作品を目にすることも少なくありません。
しかし私は、己が規定する安全性を超えてリスクを犯すことは絶対にありません。安全マージンの中で遊ぶことはあってもそれを大きく逸脱することを絶対に容認しません。
これ、自分が18の時には既に口にしていたくらい確固たるもので。
だから二輪も四輪も車体選びが大変なんだよなぁ。。。


と、いうわけでアリかもしれないと思っていたVWのThe Beetleがリアワイパーが無いことを知って愕然としました。ビートルさんは”ブルータスお前も課”に配属決定゜(゜´Д`゜)゜ウワーン


くそぅ真面目に考えれば考えるほど己の条件を満たすモデルが減っていく。。。
ぶっちゃけアレですよ、うちの職場が「バイクにスパイクタイヤ」で通勤を承認してくれたら全部解決なんだよね。今だってMTBにスパイクで冬場通ってるんだから、モーターサイコーだって容認してくれていいじゃないか!

という愚痴で本日はおしまい。

Posted at 2017/06/21 22:57:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | プジョー | 日記
2017年06月18日 イイね!

コペンはダメって営業さんに言われたった!?

コペンはダメって営業さんに言われたった!?みなさまおこんばんは、今宵はホッケの煮付けの子持ち戦隊です。
あわせて生カツオも用意しておりまして、泥娘@5歳に大根おろしをすってもらい、おろしポン酢でウマーダギャーいたしました。
どう考えても居酒屋メニューなのは初期仕様なので仕方ないことなのです。



セカンドカー導入に向け、市内のダイハツへ赴きました。コペンのカタログく~ださ~~~いな♪

んで、用途を告げると営業さんが一言
「冬は、乗らない方がいいです!」

アンギャー!!!ですよ
やっぱり下回りとアゴを打ってしまうんですと。



マンホールで10cm程度の段差ができることは雪国では周知の事実
この手のやつが曲者でして、ハッチバックやセダン系でも腹やアゴを打つことがままあるわけです。
いや、普通に走ってる分には(めったに)やらかしませんよ。路面状況が読めていれば”ガゴん!”なんてことにはなりません(めったに)
しかし厄介なことに、たま~~~~~にやらかしてしまうことがあるのですよ、にんげんだもの。
まだ学生の頃、親の初代Fitのアゴを打ってアンダースポイラー外してしまってヤベェヤベェっつって帰宅前に慌てて処置したり、そういえば前車6R Poloのときもやはりアゴ打ってアンダースポイラー(同じかよ!)へし折ったり。
時々やらかすヘマで頭を抱えた記憶が蘇ってきましたw ←いや笑い事じゃない


正直なところ、セカンドカーに求める行動圏を鑑みると、コペンを最右翼としたいところだったのですが、冬は乗るべからず!とディーラーから言われてしまうと。。。
でも、逆にいうと良心的な態度だと思います。ネガティブな側面を隠さずに伝えてくれる営業さんは信頼に値する。


さぁて、同様に歴代ロードスターはどうなんざましょ
仙台でNAに乗っていたときはラッセル車と化していたしなぁ。。。

近々フルモデルチェンジが噂されてるジムニーとか考えてみる?
でも、せっかく断腸の思いで進入(侵入?)を諦めた大好きなダート行きたくなってしまうだろうから、ジムニーを始めとするガチクロカンには手をつけるのをためらってしまうのです。

まだまだ切羽詰ってはいないので呑気に構えてますが、少しずつ現実的に絞り込んでいるところでございます。
う~~ぬ、コペンがちょうどいいサイズだったんだけどなぁ。この様子だとS660も冬はダメなのか?

Posted at 2017/06/18 21:33:57 | コメント(3) | トラックバック(0) | プジョー | 日記

プロフィール

「土曜の夜は車中泊♪ http://cvw.jp/b/2239271/42940414/
何シテル?   06/09 09:56
インドア系アウトドア中年、子持ち戦隊です。どこにでも行けるジムニーと、どこまでも行けるぷじろうの豪華二台体制、はじめました。 ジム兄さんはJB23の最終1...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

写真_静かな湖畔の森の陰 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/30 21:11:22

愛車一覧

プジョー 308SW (ワゴン) ぷじろう (プジョー 308SW (ワゴン))
2017年2月納車でPEUGEOT 308SW Allure BlueHDi 1.6Lデ ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
JB23最終モデルの10型ランドベンチャーです。 久々のMT車、楽しんで弄っていきます。 ...
BMW F650GS ダカール BMW F650GS ダカール
2004年のマイナーチェンジ後のモデル グリップヒーター標準装備、ABSはオプション設定 ...
フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
VW Polo 6R 2012年式 それまで経験したシビックEK9よりも、トルネオユーロ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.