• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

WRX-S4のブログ一覧

2014年11月30日 イイね!

スタットレスタイヤに交換

スタットレスタイヤに交換明日から12月。
週間天気予報では、雪マークがズラリ!!
と言う事で、スタットレスにタイヤ交換を行いました。
最初に、車を綺麗に洗って、いざ交換開始です。



天気が良いので、自宅の庭で作業しました。



ホイールのナットを少し緩めた後、ジャッキアップです。
この指定のポジションで、片側前後のタイヤ2本が同時に上がります。



交換後のお掃除は欠かせません。
中性洗剤をお湯に薄め、ブラシでゴシゴシ!
まだ2ケ月なので、あまり汚れていません。



裏側もゴシゴシ!
この時、スポーク部がリムより出ている為に、急遽浴室マットを購入して敷きました。
これで安心して、ゴシゴシできます。



ここで注目。
さっとなでただけで、綺麗になりました。
実は、ボディーのガラスコーティングを行う時に、ホイールにも塗ってもらったのです。
組み込み前だったので、裏側にも塗ってもらった効果がバッチり出てました。



とうぜん表はピカピカで水をはじきます。
ガラスコーティング恐るべしです。

肝心のタイヤ交換後の写真は、暗くなったので撮りませんでした。
雪が降ったら、雪道のインプレッション時にアップします♪
Posted at 2014/11/30 23:25:31 | コメント(4) | トラックバック(0) | WRX | クルマ
2014年11月09日 イイね!

一線を越えたが、寸止めを食らう

一線を越えたが、寸止めを食らう納車から1カ月が過ぎ、オイル交換も済んで、レブリミットの解禁と言う事で
感じる事をまとめてみました。


写真は、蔵王山のドライブ(積雪の2日前でした)時に撮ったもので、内容と直接は関係ありません。


【刺激が無い】
エンジンのトルク特性の話になります。
常用回転数である2000~5000回転まで、ほぼフラットに40kのトルクを発生するFA20はとても扱いやすく、どこからでも踏み込めます。
トルクバンドが広いので、パドルシフトを使っていても、あまり神経質にならずギアを選択できます。
そう、とても優等生なのですが、つかみ所がないというか、個性がないというか!
じゃじゃ馬の方が調教し甲斐があるとか、ドッカンターボの方が官能的とか、欠点を個性として捉える事で、ポジな感覚に置き換えてるだけなのですが。
ツンデレやコケテッシュ(小悪魔)的な異性に魅力を感じるのと同じかもです。
これって、贅沢な悩みですかね!?



【寸止めを食らう】
男としては辛い・・・と言う話ではなく、ATの制御の話。
MT車で走っていると、エンジンのトルク曲線が手に取るようにわかりますよね!?
アクセルペダルを通して、「美味しいのはここまで」とリアルに感じる為、躊躇なく次のギアにシフトチェンジする訳です。
自分で感じ、自分で行動に移す訳です。
私はATの車が初めて(購入は)ですので、比較の基準がMTになってしまうのですが、
試乗時も慣らし運転中も、想像以上の出来に満足していました。
今まで最後の一線(レブリミットやS#モード)は「だめよ~駄目駄目!」と言われて、ベールに包まれていた訳です。
その未知の部分は、魅力に溢れていて、妄想が膨らんでいくわけですが、最後の一線を越えた私は、ブースト圧1.5で鞭を打ち始めました。
シフトアップは素早く、タイム的にも十分早いものでした。
でも、エクスタシーを感じる事はできませんでした。
「もう少し」と言う時に、「フッ」と抜けてギア(CVTなので正確にはプーリー比)が変わるのです。
自分で操作する時の「回転数の限界」の直前に変わる為、確かに無駄が無く、タイムも早いのですが、「寸止め」されたような「もんもん」が残るのです。
「もう少し行けたのに!」って、この感覚、分りますよね!?(男性の方は特に・・・笑)
ただし、このAT(CVT)を乗りこなしているとはお世辞にも言えません。
もしかすると、調教次第では、もっともっと美味しい所があるのかも知れませんし、
自分を調教するしか無い(諦める)のかも知れませんが、結論はまだ先送りです。



【やはり油圧制御には届かないのか?】
ステアリングのアシストに絡むお話です。
感覚的なところから入ると、全体的な重さは問題ありません。(個人的には、もう少し重くてもいい)
長距離運転の疲労度や女性の運転も考慮すると、こんな感じでしょうね。
舵角を与えて、荷重が左右のどちらかに移動を始めると、適度な反発力で応えてくれます。
インフォメーションは多くはありませんが、駆っている感覚は十分あります。
問題は、直進時です。
「カート」のような・・・までは望みませんが、もう少しだけ遊びを無くして欲しい。
このセンター付近の曖昧さを調べる為に、最初に行ったのは、トーイン調整値の確認でした。
ディーラーに頼んで、サイドスリップ量を測定してもらいました。
測定結果は、+1.7度(メーカー許容値は±3度)で、トーアウトしてるのではないかという憶測は、外れてしまいました。
あとは、ラックア&ピニオンの設計値に依存するものなので、この車の方向性(素性)として受け入れるしかありません。
ハードが駄目なら、ソフトでと考える訳ですが、御存じの通り、S4は電動(サーボモータ)によるアシストになります。実はこれが一番難しい。
私も、仕事柄サーボモータの制御をプログラミングする事がありますが、微妙な入力に対するアシスト量(力加減)のチューニングは、その人の感覚になると思います。
ハードかソフトかの断定は難しいのですが、もしかすると「S4は目指すところが違う」のかもしれません。



今回はネガな話題(感想)がほとんどになってしまいましたが、それはWRXだからこその意見です。
一般大衆車であれば、「お前はクレーマーか!?」と言われるぐらいのレベルであり、人によってはまったく気にならないでしょう。
まだまだ奥の深いS4です。次は低ミュー路(雪道)を攻略する楽しみが待っています。
Posted at 2014/11/09 15:44:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | WRX | クルマ

プロフィール

「秋の名所回り http://cvw.jp/b/2239444/42050168/
何シテル?   10/10 21:51
WRX-S4です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/11 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

B4後継となるか、S4への期待 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/25 22:41:38
自分の車を設計する (番外編:スバルのデザイン) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/25 22:41:12

ファン

25 人のファンがいます

愛車一覧

スバル WRX S4 流星号 (スバル WRX S4)
名前は「流星号」です。 ハイパワーをインテリジェントに制御された事により、MTのリアリ ...
スズキ スイフトスポーツ ピカチュー (スズキ スイフトスポーツ)
キビキビ走る通勤車が欲しくて購入しました。 新しいシャーシに軽量化ボディー、そしてターボ ...
トヨタ アクア トヨタ アクア
2017年11月18日に手放しました。 5年半、お世話になりました。
三菱 ランサーエボリューションVII 三菱 ランサーエボリューションVII
14年の付き合いでした。 沢山の想い出を、ありがとう。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.