• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

WRX-S4のブログ一覧

2014年12月20日 イイね!

雪遊び

雪遊び本格的な雪の季節がやってきました。

雪道大好きな私は早速、特設コースで初滑りです。
除雪をしない公園の駐車場は、約15cmの積雪です。
3日前の雪なので、水分を含んで重くなっていました。
スキーと同じで、新雪ならもっと楽しく遊べるんですが・・・



まずは直進のトラクションの確認です。



S#モードのマニュアルで、もちろん横滑り防止を解除「トラクションモード」にします。
STIと違って前後のデフにLSDが無いので心配していましたが、普通に走るにはまったく問題ありません。



次に、コーナーの挙動と立ち上がりを試してみます。
3速から2速に落として、トルクバンドに乗せます。
2000~5000回転のトルクバンドですが、やはり4000回転代が一番美味しいようです。



軽いブレーキングとフェイントでアプローチを掛けます。



リアが若干振れたら、空かさずアクセル全開で、リアをブレイクさせます。
クリップまでは、ドリフト量をアクセルでコントロールします。



車が出口を向いたら、アクセルはほぼ全開です。



プッシュアンダーが出ますが、アクセルONで消えます。



楽しさと言う意味では、フロントに掛かるトルクがちょっと多めです。
しかしLSD無しで、ここまでトラクションが掛かるのには、驚きました。



WRX-S4は、雪煙を上げながら、次のコーナーに向かいます。



数週走ると、車は真っ白けです。



S4での初めての雪遊びで感じた事を書いてみます。

最初に感じた事は、スピードを上げていくとやはり車重が気になりだします。
低ミュー路では、やはり軽さは武器ですね。

リアを出す(滑らせる)きっかけ作りはコツが入ります。
十分なブレーキトラクションが掛かる路面では、荷重移動からステアリングを切るとリアが流れ出しますが、滑りやすい路面では厳しいです。
フェイントを掛けて、振ってやる事が必要になります。

良く使う手段として、パーキングブレーキを引いて、リアを滑らせる事が一番簡単ですが、S4は電動になってしまいました。
それでも、使えるかどうか試してみました。
適当にフットブレーキで減速後、ステアリングを若干切って、レバーを「チョイ!」・・・。
しかし、反応しません。
もう一度、今度は長めにレバーを引いてみました。
警告音と共に、「カツン!」とタイヤに負荷が掛かり、すぐにリリースされます。
走りながらも、ブレーキは作動するようです。
ただ、センターデフで前後がつながれている為、リアを流す決定的な武器としては、使えそうもありません。
EVO7の時のように、レバーを引くと前後がフリーになるシステムがあると最高なんですけどね。



マニュアル操作はパドルシフトで行いますが、できればシフトレバーにも「UP」「DOWN」が欲しかったです。
通常はステアリングを切りながらのシフトチェンジはあまりしないのですが、今回はカウンターステアを切りながらオーバーレブになり、咄嗟にはパドルに指が掛かりませんでした。
仕方ないのでS#モードから1速あたりの守備範囲が広くなるSモードに変えて続行しました。

普通タイヤの時は許せたATのタイムラグですが、雪道ではやはり怖いです。
飛ばさな時でもある程度の緊張感がある訳で、様々な挙動変化が起きた場合の対応が遅れる事への不安感です。
マニュアルモードであれば、その不安は大きく改善されますが、常にパドル操作するのも煩わしいのが本音です。
今まであまり使う事が無かったのですが、ATモードのままでパドル操作を行うと、一定期間はマニュアルモードが維持される機能はこんな時便利ですね。
下り坂でのエンジンブレーキをちょっと掛けたい時などは、大変重宝します。



WRX-S4は、雪道を安全に走ると言うことでは、かなりのレベルで仕上がっています。
トラクションも不満なく、雪道の遠出も苦にならない事でしょう。
ただ、この辺の性能はレヴォーグでも同等かと思います。
STIと同レベルとは言いませんが、もう少しだけ「やんちゃ」を許容するシステムが欲しいです。
具体的には、メカニカルパーキングブレーキ、フロント・リアのLSD、油圧パワーステアリングです。
そして、更なるレスポンスアップを図ったCVTとATの協調制御が加われば、STIへの未練は完全に断ち切れる素材であると言えます。
WRXの名に相応しい進化を期待したいところです。

注意:雪遊びをした後は、フェンダー内に溜まった雪を落としてから公道に出ましょう。
   特に、フロントフェンダーの内側に溜まりやすく、ステアリングが切れなくなります。
Posted at 2014/12/20 17:51:01 | コメント(7) | トラックバック(0) | WRX | クルマ

プロフィール

「2018春から夏にかけて http://cvw.jp/b/2239444/41731894/
何シテル?   07/16 23:23
WRX-S4です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/12 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

B4後継となるか、S4への期待 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/25 22:41:38
自分の車を設計する (番外編:スバルのデザイン) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/25 22:41:12

ファン

25 人のファンがいます

愛車一覧

スバル WRX S4 流星号 (スバル WRX S4)
名前は「流星号」です。 ハイパワーをインテリジェントに制御された事により、MTのリアリ ...
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
キビキビ走る通勤車が欲しくて購入しました。 新しいシャーシに軽量化ボディー、そしてターボ ...
トヨタ アクア トヨタ アクア
2017年11月18日に手放しました。 5年半、お世話になりました。
三菱 ランサーエボリューションVII 三菱 ランサーエボリューションVII
14年の付き合いでした。 沢山の想い出を、ありがとう。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.