• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

super_HRDのブログ一覧

2018年05月06日 イイね!

2018GW名古屋3日目は豊田の産業

2018GW名古屋3日目は豊田の産業ようやくGW名古屋遠征
最終日の3日目となります^^;A

←こちらへ行きました。







小さい字で書かれてますが、
トヨタ産業技術記念館です。

館内マップ
alt
そして、流石のトヨタグループですね~

エントランスすぐ、
トヨタ・パートナー・ロボットというのがいました。
alt
同じような形ですが、アウェーなのでもちろんアシモではありませんw

豊田といえば、クルマ…でもありますが、原点は織機。
その大型展示がある場所はひとまず横目に…
alt


子連れでの訪問だったので、まずはここでの最初の目的
「テクノランド」という繊維機械と自動車を動かす仕組みを学びながら遊べるエリアに向かいました。
(時間ごとに区切られた整理券が決められた時刻から配布され、それをゲットする必要があります
初回分が使用時間が他より長めでお得になっていました。)

織機関係では、こんなのや…

モルモットのように走ってぐるぐる織機を回す。

こんなの…
ウォータージェットシュート
alt
ウォータージェット織機というのがあり、水鉄砲のように噴出された水の力で横糸を運ぶそうです。
これはその原理を使い、水で飛ばした糸を的に当てるゲーム(…と書いてありましたあが、実際飛ばしていたのは水だけだったような…)で、水の力を体験できるようになってました。

エアジェットリレー
alt
エアジェットポンプでためられた空気の力で横糸を運ぶゲーム。
タイミングよくボタンを押して圧縮された空気を噴射し、糸に送る空気の力を体験します。

クルマ関係では…
ミッションでミッション
alt

ミッション(変速機)の必要性を実感するゲーム。
途中坂道があり、光る床板に合わせてついて行くため、低速用と高速用のギアをタイミングよく
選ばなければといけません。
alt

リズムピストン


燃料と交じり合った空気をタイミングよく爆発させてスムーズに回す必要のあるエンジン。
ここではボタン操作でエンジンの点火タイミングが決まり、内燃機関の仕組みを学びます。


ぴったっとブレーキ

内側から押さえて止めるドラムブレーキ、外側からはさんで止めるディスクブレーキを学びます。
最近、このブログを書いている近いタイミングで訪れた、また別のトヨタ施設で
昔はタイヤそのもののしかも接地面を摩擦で止めていた超原始的なブレーキシステムが
あったことを知り、驚愕しました^^;A

テクノサーキット


…という、いかにも近代的なネーミングで、確かにプロジェクターマッピングみたいに
床に映し出されるコース変化するサーキットを走りながらターゲットをロックオンするように
一定近距離で捕捉しながら進みますが…


学ぶことは、「走る」「曲がる」「止まる」という運転するにあたっての3つの基本動作、仕組みです^^


あとは、風速15m/sを体験してTMRしてみたりw…


織機やクルマと関係あるのか分かりませんが、自転車こいで…

樹氷を作ってみたり…

上手く出来てるのか??w


ここでひとしきり遊んだ後は、真面目に学習?
まず「繊維機械館」へ。


織機は比較的大きいのがありますが、いろいろ触って機械の動きを体験できます。


…と思えば、キーカラカラ、キークルクル♪
Jr.が少し前に学校の宿題で本読みしてた
たぬきの糸車みたいな小型の手動式もあり、実演してくれます。


とにかくいろんな織機がありましたね。



そして、楽器隊ロボ?を横目に…


個人的に楽しみにしていた本丸「自動車館」へ。
最初にあったのが、これぞ元祖と言える原動機付自転車。


原動機付乗り物産業で後れをとっていた日本は、やはり他国車の分解から学ぶわけですね。
ここではシボレー。




父佐吉の自動織機開発に協力、さらに紡績機械も開発。
その繊維機械事業を基盤に自動車の大量生産を目指して国産技術の開発に努め、
自動車産業の基盤を築いた、豊田喜一郎のエリア


よくある名言集?






昔はトヨ“ダ”ですね。


この画が自動車館で一番壮観かな^^


ここでもいろいろ触れます。
5速マニュアルトランスアクスル

“アクスル”というのは、自動車走行装置の中の車軸のことなんですね。
正直知りませんでした^^>"

先ほど上からのビューがありましたが、これは降りてきて撮った写真です。


昔は個性的なのがいろいろあったようですが、この立体エンブレム…トビウオ??

そして、横から見て“豊田”の文字になっています。

実験安全車トヨタESVというのがありましたが、このでっぱり具合が面白いですね~


1970年にアメリカ運輸省の“高度な安全機能を持つ実験車を開発しよう”という呼びかけに
日米欧の自動車メーカーが参加し、このESVがトヨタが出したものだそうです。

ちなみに、この説明ボードに他のメーカーのESVデータも載ってまして
いくつか並べると…(単位はkg)
トヨタ 1160
日産 1250
GM 2225
フォード 2380
AMG 2630
フェアチャイルド 2450
VW 1464
ベンツ 2025
オペル 965
ボルボ 1450
フィアット 780、1170、1290
BL 641、1080、1126、1171
ルノー 1200
ホンダはかなり軽い方の870kg(単規格の重量の中では最軽量)というのが興味深いですね。

子供向けのテクノライブショーというのもやってました。


ザウバー?!



トヨタ施設の中でも、小さい子供がいても楽しみやすいスポットですね。
訪れた場所は、こちら
Posted at 2018/10/13 23:10:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | その他・体験 | 日記
2018年05月05日 イイね!

2018GW名古屋2日目は放電、竜巻、極寒体験

2018GW名古屋2日目は放電、竜巻、極寒体験例によってのオソオソブログ。
2018 GW in 名古屋DAY 2です^^>"


冒頭画は今回の目的地前の公園の
1ショット。





そこを抜けて、こちらへ行ってきました。
alt
って、いきなり見せられてもなんのことか分からないと思いますが、
建物に大きい丸い物体が出てますね。

実はこれは、ギネス記録に認定された世界最大のプラネタリウム「Brother Earth」の部分です。
間近のショップの壁面からは一部を切り取っても、その迫力は伝わるかと思います。
alt

でーーーん!!
alt

…と、ここまで書いておきながら、今回そこへは行けてませんw(オイッ;;
Brother Earthはかなり人気であり、しかもGWのゲキ込み時期でありながら
抽選の予約をしてなかったり(←システム勉強不足)、ここへの到着が遅く
9:30からの当日券の獲得もできてなかったからです。


この建物の中で、その他体験したこと。
ここは科学館なんで、よくある小物・中物を含めた体験展示物もあるのですが、
特に目玉であるいくつかあるサイエンスショーの中から
自分らが体験したものを書いていきます^^>"



『放電』ラボ
土日祝、長期休みは整理券が必要。他の必要なラボでもそうですが、整理券の獲得には
割と早く並んでおかなくてはならず、地味に大変です^^;)。
alt

最初は、手前下に見えているバンデグラフ(静電気発生装置)を使った静電気の実験。
alt

目玉の2基の巨大テスラコイル(奥の左右に見えている)を使った稲妻放電ショー。
alt
この画像では十分伝わらないかと思いますが、実際は結構な迫力で
慣れると耳をふさがないと我慢できないまでではありませんが、それなりに大きい音がします。
その電気、なんと120万ボルト!!
ピカチュウ換算で12匹
です(笑


『竜巻』ラボ
(サイエンスショーラボでもこれとか、整理券不要のものはあります。)
魔女に扮したスタッフとお手伝いのお客さんで、ショーを盛り上げてくれます。
alt

…といっても、スイッチで竜巻が発生するのですが^^>"
alt

その高さ、なんと約9m!
alt
2フロア分の高さです。

風船を入れると…
alt

この通り、天井まで上がって全て貼り付いていきます。
alt


『極寒』ラボ
alt
マイナス30℃の極低温空間を体験します。

ここでの滞在で整理券を必要とする最後のラボでしたが、これまでのように
家族4人一緒に取れたら良かったんですけど、列に並べたのがギリギリのタイミングだったんで
最後に残ってた整理券で3枚しかなく、しかも時間がバラバラ。
滅多に来れないところだからと仕方なく、これで整理券を受け取りました。
あとの並びの方、m(_ _)m
(この画像では時間の並びがおかしいですが、30分ごとのズレ)
alt

まず、ガイダンスルームで説明を受け、防寒着に着替えます。
alt
ここはまだラボ外と同じ室温だったと思いますが、防寒着を切るため
少し温度を下げていたかもしれません。
他に希望者には防寒長靴を履けますが、私は先発の家族からの情報を聞いていたので
長靴を履きました。
‐30℃では結構足先が結構冷たくなるようです。

極寒ラボの中は、4つの部屋で区画されており…
alt
(注:画像は3つ目まで進んだものです)

‐30℃の世界へは、いきなりそこへ入るのではなく、
ガイダンスルーム→極地情報室(‐10℃)→極地体験室(‐30℃)→極地研究室(‐10℃)
→ガイダンスルーム

と体を慣らします。(出る時も)
alt

そして、極地体験室(‐30℃)へ来ました!
冷えぇぇーーーー!!(>-<:)
alt
…というか、-32℃越えてますね!!

白夜やオーロラの全天周映像を見ながら…
alt

極地の氷を見て触れます。
alt

氷筍ですが、極地モノではありませんけど
せっかくなんで触っておきました^^>"
alt

写真ですが、南極点^^
alt


これら貴重な面白い体験ができるスポットはこちら
alt
Posted at 2018/09/30 20:42:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他・体験 | 日記
2018年03月21日 イイね!

そうだ 京都(漢字ミュージアム)、行こう。 &トレエン@ツルツル超会議

そうだ 京都(漢字ミュージアム)、行こう。 &トレエン@ツルツル超会議先にこちらに行ってからの
ハシゴですが、
続いては同じく京都でももっと街中、
八坂神社前のこちらへやってきました。







ふんだんに格子が使われたようなデザインのこの建物。
おしゃれでありますな。

最初はホントにこれかな?と思いながら入り口に向かって歩いていましたが、
見えている1階部分は(ミュージアム)ショップでした。

さぁ、建物内に入りました。
ここか?!


近寄って見て、間違いなかったようです^^


…と思っていたら、視点をずらしていきなり見覚えのある文字がその背後に現れる。


昨年2017年の“今年の漢字”である「北」ですね!!

いつも清水寺で発表され、書かれている“今年の漢字”。
ここでお目にかかれるとは!

中に入れば自由にあちこち見て回れるのですが、パンフレットに書かれてある順路に沿っていくと
ミニシアターもあったりするのですが、写真を撮っているものでピックアップすると…

踊る甲骨文字テーブル

動く甲骨に手をかざし、漢字のルーツを見つけます。

甲骨文字占い


受付でもらったパンフレットを文鎮でこすると文字が現れ、占いになっていました。

「友」が出てきました^^

金印スタンプ

日本から中国の皇帝に贈り物をささげた時に、お返しとして与えられた金印。
「漢委奴国王」の金印ってのがありましたね。
まさにこの5文字が入っていました。

万葉仮名で名前をつくろう

万葉仮名とは、漢字の音読みや訓読みだけを使って日本語を書いたときの仮名のこと。
これもパンフレットに押せるようになっていますが、1平仮名に1(←2かな?
裏側に違う文字が対応したスタンプセットがあったから)万葉仮名対応しており、
自分の氏名など作って学べます。

漢字で国名 この国、どう書く?

よくある国名の漢字表記ですね。
世界地図上にスタンプがセットされています。



で、ここからは2階に上がってからのものです。

部首組み合わせタッチパネルかるた

お題の部首が出され、それに組み合わせて漢字が作れるものをタッチパネルのかるた形式で
早取りします。

これは…


漢字回転すし

画面中、回ってくるお皿をとって漢字クイズに挑戦!

…からのー、魚偏の漢字が並ぶ巨大な湯のみ

実際こーゆー湯のみ、よくありますよね^^

漢字の読みと音


こんな感じで、今風に画面を使ったものだけでなく
いろんなやり方で漢字を楽しく学べるものがたくさんありました。
これから漢字を学んでいく子供とかも、興味をもって好きになってくれるとイイですね。

あと、漢字といえば漢字検定、略して『漢検』。
あくまで“触り”程度ですが、漢字ミュージアムだけに漢検問題を体験することができました。

…というか、ここ漢字ミュージアムこそが漢検を統括する
「公益財団法人 日本漢字能力検定協会 本部」なんだそうです。
それもあって、近くの日本を代表し世界に向けてもインパクトのある清水寺で
“今年の漢字”のパフォーマンスをやってるのかな?!

Jr.兄(小5)、弟(小1)ともチャレンジしましたが、スタッフに採点してもらってJr.弟は
10問中10問正解の満点!
合格をいただきましたっ♪

まぁ、本番の漢検はもっと問題数が多いでしょうし、Jr.弟がやったのは小1問題で学年終わった
タイミングだったのも良かったんでしょう^^>"
Jr.兄も学年相当の問題だったはずですが、同様にやるにしても小1と小5で
漢字の絶体難易度が違ってやはり難しかったんだろうと思います。そういうことにしておきます^^>"

頭を使って消費した糖分は、漢検ミュージアム1階のカフェで補給w

入館者は何%かオフになりました(^^♪

訪れた、漢字ミュージアムはこちら


終わって外に出て、駐車場に向かいました。
ここは施設の駐車場は無いので、利用していたのは八坂神社すぐ横の市営🅿。
その途中でポケGO絡みでたまたま寄ったジムがここ、

吉本新喜劇が観れる「よしもと祇園花月」

んっ!? よく見たら…
トレンディエンジェル! しかも、↑時間的には少し前に始まったばかり!!

んーー、分かっていたら少し早めに切り上げて観に来たかったなぁ~♪♪^^;


…とういうような、
そうだ 京都、行こう。(後半)
でした。

(冒頭でリンク貼ってましたが、)前半は下のリンクからも遡れます^^
Posted at 2018/06/30 20:53:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他・体験 | 日記
2017年10月08日 イイね!

そうだ 忍者、なろう。 & ハイウェイスタンプ活動vol.6

そうだ 忍者、なろう。 & ハイウェイスタンプ活動vol.6(※一度アップしていたんですが
なぜか消えてしまっていたため、
再アップ致しましたm(_ _)m)


…というわけで、
この格好。












といっても、平民からいきなり忍者になれるわけではなく
忍者修行“体験”をしに、三重県へ行ってきたんです。


ニンニン。
向かって右側の“はじめての山ガール”は違いますww

忍者の衣装の色は結構バリエーションありましたが、うちはJr.兄(11歳)が定番とも言える黒、
Jr.弟(7歳)が最近好きだという黄色を選びました。
自前で頭巾まで用意して身に着けている、勝手分かった好きな人もいました^^


体験者はコスプレして、修行の山へ向かいます^ω^
うちはやってません^^>"が、よそは割と大人のコスプレイヤーもいました。


修業は効率よくするために、いくつかのグループに分かれて被らないようにやっていきます。
うちのグループはまずこちらの建物へ。


最初の修行と言いますか、保身の術を唱えます。
“九字護身法”


本当は一語一語、もっと複雑に手を組み合わせていくらしいんですが、難しいんで

ここではこの組手のまま、“臨(リン)”の横切りから始まって
臨→ 兵↓ 闘→ 者↓ 皆→ 陣↓ 列→ 在↓ 前→
の順で、横、縦、横、縦、…と順に唱えながら切っていきました。

続いて、どんでん返しの修行


写真で撮ってしまうとこんなふうに見えてしまいますが^^>"
コツを掴んで上手くやれば、瞬時に姿を消すことができます。


掛け軸が掛かっているだけに見えるところが…


めくれば抜け道が^^


壁づたい

修行なんで、先に進むほど足元が狭くなっていました。
やはり黒忍者が闇に溶け込んでイイですね^^

忍者の刀

お侍さんの刀と違うところが3つあるそうです。
1)反り上がっていない。
2)柄が四角い。
3)やや短い。
4)鞘に付いている紐が長い。


1)については、突いて使うことも多いため。
2)については、1)とセットのこともあるが、塀に上がる時に立てかけて足場にするため。
3)は、↑のような狭い所でも引っかからず振り切れるため。“やや”というのもミソで、2)でも触れた
足場にするのに短過ぎても不便だから。
4)は、その足場にして上がった時に引っ張り上げれるように。
いろいろ考えられてるんですね。


で、その“突く”の修行。
見敵術(座さぐり修行)
忍者は敵近く暗い中活動するので、
もし敵に触れたらすぐ刺せるようにしておかなくてはいけません。

この鞘からほとんど抜いた状態で刀を左右に振りながら動き、
当たったら刀を引き抜いてズバッと刺すというわけです。

ゆらゆら左右に振って当たったら…


ズバッ!

バッチリです☆


続いては、修行の山へ。


ここでは、吹き矢の修行から。


うちはまずJr.弟から。


3本吹いてコレ。

緑の矢です。
もちろん初めてなんですが、ど真ん中の100点、100点と50点の境、あとは50点という
いきなりの高得点を見せました!
意外な素質?!
東京オリンピックの正式種目に入れてほしいくらい^ω^

Jr.兄が…


これだったんで、いかにすごかったか。

フォローしておくと、Jr.兄もあとから別の修行で見せてくれます^^


次は、手裏剣術の修行


手裏剣はいろんな種類があります。


はずせば死ぬだけ。恐ろしいとです。

“打つ”と書いてありますが、その字の通りで
忍者ハットリくん(古ッw)忍たま乱太郎みたいに
遠く手のひらから何枚も手裏剣をシュシュシュと滑り出すことはしないんです。
手裏剣は結構重くて何枚も持っているわけではなく、実際は1-2枚持ってるだけ。
しかも、生きるか死ぬかの最後の防衛手段やここぞの接近戦で使ったみたいです。

投げ方にもいろいろあるようですが、ここでは
手裏剣をこう挟んで持って構えて…


打つ!(投げる!)


上手くいくと…


こんな感じで木の板なら重い音を立てて、グサッと刺さってます。

うちも含めて、子供には的に当てて刺すのは難しかったみたいです*^^*


それから、登り術の修行

板の壁を乗り越えます。

最初は苦労していましたが…


足の掛場など、コツを掴むとナントカ^^>"



続いては、侵入術の修行

渡したロープの左端に見えていましたが、筒が通してあります。

そこにこのように乗っかって力を抜き…


バランスを取りながらロープを手繰り寄せると、このように進めます。

しかし、力んでしまったり、バランスを崩すと、すぐに体がクルッと下に回り落ちてしまいます。

見た目より難しかったようですが、
Jr.兄は結構進めてここは優秀でした^^


時間の都合上、先生が付いての忍者修行体験(約90分)はここまで。
免許皆伝されました(^_-)-☆



でも、まだやっていない忍者修行体験はあり(暖かい時期は水蜘蛛の術もあるようです)、
…といっても普通にあるようなアスレチックぽいものにはなりますが
夕方頃のレンタル衣装返却時間までは自由にこの忍者の森で遊ぶことはできます。
なんなら、ここ赤目の滝周辺エリアで飲食店など、忍者の格好のまま過ごすこともOKみたいです^^


というわけで、もうしばらく忍者の森で遊びました。

飛び猿の術

ぶらぶらぶら下がって遠くに飛び移る。

侵入術(スラッグライン)


“南蛮渡来”修行道具と書いてありました(笑


歩法術(丸太渡り修行)


穏形術・狸隠れの術修行

狸が木に登って隠れることに習い木の上に登って身を隠す術だそうです。

登り術(城壁越え)修行

これも南蛮?渡来でボルダリングですね^^;
訪れたスポットは、こちらでした♪


さてさて。
忍者修行体験はこれくらいで終わったわけですが、この日は忍者“尽くし”。
同じく三重県ですが、場所移動しましてもう1ヶ所行ってきました。


で、こちらへ。
…って、これだけで分かる人は少ないですよね^^;


ここです。
いよいよの本場、伊賀ですね^^
1つ前の画像はこの博物館がある、伊賀市の上野公園(入口)でした。


ここでも…


定番のどんでん返しや


その他、


様々な仕掛けを見せてもらいました^^
どこが下りたか分かります?!

…というか、上から覗かれてるでしょ!?

こんな所にも隠し場所が!


萌え~

もう当たり前のようにありますね。

屋敷の仕掛けを拝見させてもらった後は、地下や離れで
武器、道具など博物館資料を見て回りました。
手裏剣


水蜘蛛


それから、忍者ショー!


真剣を含めた本物の武器、道具を使っていて
物凄い迫力でした??
笑いもしっかりあり、楽しかった♪

当然ですが、ショーは撮影禁止。
訪れたスポットは、こちらでした♪


もうこの日は忍者でお腹いっぱいでした(^O^)


遠出は家族4人での遠出は基本TS05号ワクワクさんなんですが、
今回は珍しくTS03号EuroRでした♪
というか、久しぶり登場な感じ??f^_^;


そして、行きでハイウェイスタンプ活動。
まずは、香芝SA下り(西名阪自動車道)

ここは大き目の建物が少し離れていたんですが、
スタンプはこちら(SA入って奥)側にありましたね。

9/192!

それと、天理PA下り(西名阪自動車道)


ここは、高速道路に戻ったらすぐ料金所(ゲート)
というのが珍しいなと思いました(^^)

10/192!


と、なんだかとりとめもなく超長くなってしまいました。
途中で切ればよかったかな。
最後までご覧になって下さった方、ありがとうございましたm(._.)m
Posted at 2017/10/28 19:19:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | その他・体験 | 日記
2017年07月27日 イイね!

そうだ カップヌードル&チキンラーメン、作ろう。

そうだ カップヌードル&チキンラーメン、作ろう。7月のことですが、
カップヌードルとチキンラーメンを
作ってきました♪











まずは、カップヌードルを作りに
「マイカップヌードルファクトリー」へ!

お馴染みのロゴですね♪

ちなみに、ここは麺を作るのではなく、
カップヌードルのパッケージを基本ロゴをベースにその他を自分で手書きデザインし、
スープと具の組み合わせを選んで世界でひとつだけのマイカップヌードルを作る
というものです。
これは予約不要で、空いていれば随時、体験に入れます。
手順です。

…って、小さいですね^^;A

早速ですが、まず1個300円でカップを買います。
これが材料込みの製作体験料ですね。


続いて、手をアルコールできれいにする。


…って、次のカップデザインで、ペンをいろいろ触るんですけどね^^;
まぁ、それでもするに越したことはありませんね。


カップヌードルのロゴに色を付ける以外にも何か書いていましたが…


Jr.弟(7歳)画伯はパックマンとカービィだそうです^w^


パッケージの完成♪


あとは、こちらの奥の方に行き…


麺を容器にセットします。

普通に考えられるのは容器に(台形の)麺を入れるというやり方ですが
大量生産ではそれが難しいらしく、逆転の発想で
麺に容器のカップを被せる方法をとっているそうです。

これらのアイデアは、この建物に入ってすぐに胸像が置かれていましたが、
インスタントラーメンを発明した安藤百福 (あんどう ももふく)さんによるものです。


大方はやってもらうのをこちらは説明を聞きながら眺めているんですが、
ハンドルを回すなど自分でする作業もあります。


続いて、好きな具材を4つと粉末スープを選びます。


これだけ選択肢があります。

具材も多いですが、粉末スープもノーマルのカップヌードル、シーフードヌードル、
カレー、チリトマトの4種類と豊富です♪
あなたはどれが好き?!

Jr.兄(10歳)のチョイスは、

シーフードのスープに、エビ、コロ・チャー、タマゴ、ひよこちゃんナルト、

Jr.弟のチョイスは、

シーフードのスープに、カニ、チーズ、ひよこちゃんナルト、
本日の特選具材と書かれてあった旨みチャーシュー
でした。
ひよこちゃんナルトは外せませんよね!^^??

これはフタのシール…だったかな?!^^>"


それから、熱収縮性プラスチックフィルムで包み…


熱で密着させ、シュリンク包装します。

その瞬間が見れます。一瞬なんで、瞬きしてられません^^;

コロンっ!と出てきて、包装まで出来たマイカップヌードルを受け取ります。


あとは、エアパッケージの中に先ほどのカップヌードルを入れ空気で膨らませ、
耐ショック機能付きの持ち帰りやすいバッグの形にしたら本当の完成♪


「マイカップヌードルファクトリー」の詳細はこちら



それと、この日のメインイベント。
「チキンラーメンファクトリー」に行きました♪
今度は麺を作ります。
麺は麺でも、タイトル通り
ラーメンの伝家の宝刀チキンラーメンです。
こちらは事前予約が必要で、何日も前から押さえていました!
うちが取っていたのは、1日4回あるうちの最終回:14:30スタートでした。


そこへ向かっていると、会場前にトップ画にあった
ひよこちゃんがいました。

手持ちのコンデジで入りきらず…^^;

そして、ここがチキンラーメンファクトリーの会場♪
なんだかテンション???ますね!^^


自分らの時間になり、中に入ってテーブルに向かうと
これがセットされてました。


三角巾とエプロンでした。
こんな格好になりました^^


最初のうちは写真撮れていませんが
小麦粉を手こねした後、麺棒で生地を延ばします。


続いて、製麺機で生地を延ばします。


何回も通すうちに…


こんなになりました~


ビニール袋に入れて、生地を寝かします。


しばらくしたら、製麺機に刃を入れて麺を切り出します。


1食100gを量り分けます。


ザルに入れて蒸している間、パッケージのデザインを描きます。


麺をほぐして味を付け型に詰めた後は、瞬間湯熱油乾燥装置を使って揚げます。
(ここはやってもらうところをガラス越しに見せてもらいます)




こんなキツネ色に、こんがり色付きました。

これでは分かりませんが、この裏面にはチキンラーメン特有のたまごポケットができてます^^

揚げた麺が冷める間は、パッケージの仕上げ。

ちなみに、私は右上。
ペンが少なかったというのもありますが、変化球で緑色にしたら違和感が…
やはりひよこちゃんは黄色に限りますww

そして、ついにチキンラーメンの完成!!

今回作ったのは賞味期限1ヶ月。
工場で作られた通常版(賞味期限も通常)もお土産にいただきました♪
ちなみに、今回使ったひよこちゃん三角巾もお土産でした(^^♪

チキンラーメンファクトリーが終わったら
建物1回のこちらのミュージアムに行くつもりだったんですが、お土産を買う時間しかなく
閉館時間になりましたorz
入口すぐのこちらだけ見させてもらいました。

チキンラーメンファクトリーを最終回でやるなら早めに来て、
ミュージアム見学を先に済ませておいた方が良いですね^^;A


今回、訪れたスポットはこちら
Posted at 2017/09/12 01:50:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | その他・体験 | 日記

プロフィール

「2018 SGT Rd3 SUZUKA 300km Fan Festival ~DAY2(vol.2)~ http://cvw.jp/b/224902/42200774/
何シテル?   11/19 23:22
丸目4灯インテグラ以降、ホンダ車ばかり乗っています。 ちなみに、ホンダ関係者ではありませんww マジネタからチョイネタまで幅広く投稿します。 F1、...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[HRTD2017]INDY500 チャンピオン 佐藤琢磨 凱旋ラン(ディレクターズカット) 
カテゴリ:インディカー
2018/01/21 23:35:12
 
こちら GAORA INDYCAR 実況室 
カテゴリ:インディカー
2017/08/09 20:13:16
 
You Tube 動画 [Me and Honda] 佐藤琢磨&Honda【Long Version】 
カテゴリ:インディカー
2017/06/29 23:49:42
 

お友達

琢磨、IRL、F1、スロットカー、ペンギン好きの方、
その他の方も大歓迎です!

単にお友達の数を増やすことが目的の一見様、マナー・良識の無い方はお断りしております。また、オフ会等で会った方以外、いきなりのお友達申し出は受けません。
まずはブログコメントからお願いします m(_ _)m
59 人のお友達がいます
元チャリ屋元チャリ屋 * 白のECR33白のECR33 *
★こうめてるぞう★★こうめてるぞう★ * こるまろこるまろ *
KKPAPAKKPAPA JIM KANOHJIM KANOH

ファン

35 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビック (ハッチバック) TS06号(TAKUMA号) (ホンダ シビック (ハッチバック))
TS06号として迎え入れました。 愛称はTAKUMA号。(私のブログを見てもらってい ...
ホンダ ステップワゴンスパーダ TS05号 (通称 ワクワクさん) (ホンダ ステップワゴンスパーダ)
RG1ステップワゴンからの乗り換えです。 人生初の黒のクルマ。 Honda SENSI ...
ホンダ アコード TS03号 (ホンダ アコード)
Euro R (型式CL7)です。 TS03号と呼んでいました。 走りよし!の6速MT。 ...
ホンダ インテグラ TS01号 (ホンダ インテグラ)
最初に自分のお金で買った記念すべき車(中古、MT車)です。 TS01号です。(型式DB7 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.