• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Firefliesの愛車 [ルノー ルーテシア ルノー・スポール]

ナンバープレートフレームの製作と取り付け

カテゴリ : 外装 > グリル・エンブレム > 自作・加工
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★
作業時間3時間以内
 
1
完成状態です。ナンバープレートの縁には5mmの溝ゴムを被せてあります。
2
ナンバープレートを外した横からの写真です。
横方向からのぞいた時の美観向上の為、見える部分は極力黒色に塗装です。
カラースプレーでも良いのですがエッジ部はマスキング養生が大変なので筆でチマチマ塗りました。
3
まず、アルミを図の様にカットしてベンダー(折り曲げ)加工。
次にナンバープレートの取り付け用のナットを本来であればインサートナットが宜しいのですが、取り付け相手はナンバープレートなので大して強度も必要ないと判断し、自作フレームに緩み止め付きのフランジナットをエポキシ接着剤にて貼りつけ。
(インサートナットが手元になく、先にベンダー加工をしてしまったので打ち込みが面倒、または工程のミスとも言う)
次いでカラースプレーにて艶消し黒に塗装 + クリアを荒く吹き付け。
アルミの表面はサーフェイサーの替わりに足付けとしてサンドペーパーで軽くやすり掛けしました。
4
取り付け状態は解り難いので図に色分けしましたが、まだ伝わり難いかな?赤色が車両のナンバープレート用のフレームでこれにコの字型の自作フレームを被せ、M6ボルトでペットボトルキャップを挟んで車両のオリジナルフレームへ締結します。なお、図は下側からみた状態です。
5
M6ボルトは自作のフレームを被せて、オリジナルのナンバープレートフレームを車両から離すように引くと、車両との間にクリアランスが生まれ、作業がしやすくなります。オリジナルのナンバープレートフレームは樹脂バンパに取り付けられているのですこし強めに引くイメージです。このクリアランスを利用しM6ボルトを薄型の首振りラチェットメガネで運んで締め付けです。普通のスパナやメガネでもできますが、ねじの運びと締結に時間を要するかもしれません。
6
ナンバープレートを取り付けるねじは目立たない形状のステンレス製6角トラスねじを使用。ポリワッシャを挟んで傷の防止を期待しています。

その2に続く・・・

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

ナンバープレートフレームの製作と取り付け (その2)

難易度: ★★

リアエンブレム 塗装

難易度:

カーボンシートで…

難易度:

RSエンブレム交換

難易度:

リアエンブレム取り外し

難易度:

エンブレム剥がし

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

ワイパーゴムの交換で新発見! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/01/19 11:00:18
リアワイパー ゴム交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/01/19 10:51:58
ヘッドライトユニットのコネクタ外し方 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/09/16 14:32:19

愛車一覧

ルノー ルーテシア ルノー・スポール ルノー ルーテシア ルノー・スポール
ホットハッチ!
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
雪の上でも楽しいロドスタ!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.