• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

marjoのブログ一覧

2007年05月26日 イイね!

ダイブツさん

ダイブツさん 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東本昌平のコミック SS-エスエス が、映画化される
と言うことを、こやぶんさんのブログで知る。
Carviewのニュースでも紹介されていた。


主人公ダイブツを、哀川翔が演じるそーな。

えぇぇ・・・(--;
哀川翔は旬だけどねぇ、あんまりに原作とはイメージ
かけ離れているかな。

栗原役に遠藤憲一。って、この人知らない。
ダイブツの奥さんは酒井法子。いい感じだね。
ギラ子はMEGUMI。まんまって感じだ。


原作のダイブツは、渥美清似の、メタボ全開世代の
冴えないオッサンなのだ。

とまぁ、ルックス的にも哀川翔じゃ随分掛け離れて
いるけど、キャラ的にもあんな風じゃないよね。


世間じゃ、団塊の世代が今注目の的だ。
団塊世代を筆頭に、中高年の趣味返りが増えている。

ゲレンデに行っても、一時期ゲレンデを埋め尽くして
いた若いスノーボーダーの姿に代わり、遊びに戻って
きた中高年スキーヤーの姿が目立ってきている。

週末の観光道路を爆音立ててツーリングするグループ
にしたって、近頃はやけに中高年が多い。

「青春の時代、あの頃をもう一度!」
と言う中高年の思いを、現実のものにするのが、
今の時流なのだ。


朝のNHKドラマで「おはなはん」を放送していた時代。
その頃小学生だったダイブツ。
若かりし頃はラリーで活躍していた彼も、結婚して家庭を
持ち、町の自動車工場で真面目に働き、地味に生活を築く
普通のオヤジになる。

日々同じことの繰り返しの生活の中、メタボ全開のオヤジ
は、あるときふと色気付く。
昔の名車を譲り受けコツコツとレストアして、そのお宝を
持ち出すと、眠っていた熱い思いがフツフツと蘇ってくる。

年甲斐も無く、峠へと繰り出し、密かにコースレコードを
塗り替える日々。

そんな中ですれ違いながら、徐々にお互い認識していく、
今の若い世代と、そして昔のライバル。


この物語では、正直バトルシーンは二の次と思っている。

中年のノスタルジック、ロマン、現実の中でその気持ちを
どう整理していくか、そんな精神的なものを描いた中高年
のためのストーリーだと思えるからだ。

この中のラリーであるとかクルマであると言うのは、たま
たまのひとつのモチーフに過ぎないだろう。

その上でも、見るからに冴えないオヤジのダイブツである
ことが、もの凄く現実的に訴えて来るものがある。


映画がどのように描写されるのかは知らないけど、映画は
映画、コミックはコミックで楽しみたいと思う。

このコミックは、クルマに限らず、若い頃にうんと頑張った
中高年には、ぜひ読んでもらいたい作品だ。
また若い頃から現在に至るまで、ずっと突っ走ってる中高年
にも面白く、また複雑な心境になる作品と言ったところだ。

コミックレビュー発見
 
Posted at 2007/05/26 15:07:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | ChitChat | 音楽/映画/テレビ
2007年05月24日 イイね!

長野と群馬の境

長野と群馬の境 らんぷぽっど~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スノボ遠征の季節も終盤、渋峠へ行くのが例年のお約束。

志賀高原の群馬側、一番端にある渋峠と言うゲレンデは、
冬場閉鎖され雪に埋もれている志賀草津道路が4月20日に
開通して、ようやく車でも行けるようになる。
車で行けない季節は、スキーのみ滑走可の横手山ゲレンデを
スキーを使って経由しないと行けないので、当然面倒くさい
から行くこともない。

で、志賀高原の大半が営業を終えたゴールデンウィーク以降、
単独の渋峠へ行くとなると、ここはよもや長野と群馬の県境、
志賀高原への通常の入り口になる信州中野IC方面から行く
こともなくなり、万座方面から上がって行く。

そーそー、映画『私をスキーに連れてって』の話の中の、
志賀-万座間のルート選択話を思い出す。

勿論あの頃は上信越道など無いから、一般国道でぐるっと
行くから、さぞや遠かったことだろう。
だから主人公はスキーで無謀にも行っちゃうし、セリカは
ゲレンデを走っちゃうわけで・・・ん?(汗)


白樺湖の方から渋峠へ行くときは、菅平口経由鳥居峠越えか、
湯の丸峠越えか・・・先日湯の丸ルートで上がったら、道路
工事オンパレード、全面的に舗装を替えているんで、あっち
こっちで足止め食らってとんでもなかった。工事車両優先で
ぐずぐずやってる土木優先気質の長野じゃ、こーゆー所を
通るのは容易じゃない。
土建屋が強いから、田中康夫が追放されたようなもんだし。

関係ないけど、去年の夏に土砂崩れしたビーナスライン車山
付近の残り箇所の工事を、今頃はじめてる。
長野は道が悪い、工事が適当、しかも時間が掛かるの三拍子
揃って、東京もんには驚くことが多い。


渋峠スノボからの帰り道の楽しみは、ちょっと足を伸ばして
軽井沢なんてーのがある。

軽井沢のアウトレットモールは、わざわざ東京から来る人も
多いくらいに、便利で楽しいところなのだ。
なんたって、あっちこっち回る必要無く、膨大なブランドが
その一箇所で買い求められるんだからね。

ジューシー・クチュールが目下のところ私のお気に入り。
ハリウッドセレブ御用達のジャージ、みたいな。(笑)


でも昨日は、そのルンルン軽井沢じゃなくて、北軽井沢の上、
友人の工場へ寄り道する。(正確には群馬は長野原の応桑)

なんでこんな所で工場やってるんだろうと言う、超へんぴな
ところにある。
TV『ポチたま』に出てくる動物病院より、更にちょっと
田舎へ走ったところ。
浅間山の見える、高原の田園風景の中にポツンとある。

お客さんは、そこら辺の田舎のおっちゃんが多い。
だから入ってる車も、普通の車が殆ど。

そんな中に、本人のラリー車が異常に目立つ。


最近、ランプポッドを付けたんだね。(上の写真)
これ、すげーイイじゃん。

それで公道を走っていたら犯罪かと言いたくなる、以前
あった巨大なシロモノとは違い、さりげなく納まってる。

まじイイ!
欲しいなぁ~。(6 ̄  ̄)


彼の車、一見すると、どこにでもある(あるかって 爆)
普通のラリー車だけど、その中身はさすが全日本車だけ
あって、話を聞くともの凄い。

で、たまにはそんな話など聞いて楽しく過ごすわけだけど。

久しく現場を離れていると、いろんなものの進歩に、驚く
ことしきりである。


全く走ってない私の新しいEVOを(もう全然新しくない
ってば 爆)、未だ馴染めないところがあるから、これで
ラリーを走ることなど無理なんじゃないかと思う昨今なん
だけど・・・そんな話をしてみれば、そんなもん今は電脳
セッティングで幾らでも簡単に変えられると言われる。

昔は車に人が合わせていたけど、今は車を人に合わせる
時代だってね。
あぁ成る程ね・・・と言いつつ、逆にその昔とは逆転の
発想に、付いていけない気がして不安になる。

勿論昔も物理的に人に合わせていたんだけど、それを電脳
レベルで解決していくってのが、どーもね。(汗)

などとぐちゃぐちゃ悩んだら、「そんなもん簡単ですよ~」
と、一笑された。(--;


ちなみに、EVOを二駆にしてドリフト仕様にしたい
なんて話も世間じゃ聞くことがあるけど、それも物理的
解決法を取らず、簡単に電脳セッティングで出来るって。

「ハチロクみたいにだって出来ますよ」と言われる。
いくらなんでもハチロクは嫌だなぁ。。。(6 ̄  ̄)

速く走るためのバランスとの兼ね合いの上で、いかに自分
にとって運転しやすいところにするか、だからね。

電脳・・・深すぎる未知の世界。( ̄∇ ̄)。o○


話変わるけど、こっち方面と言えば、国際格式としての
復活アルペンラリーが最初に開催された地域だ。

全日本ラリー・モントレーでの事故以降、この数年は群馬県
での林道SSラリーの開催が困難な状況に陥っていたのだ
けど、競技開催規定の見直しによって、再び開催されるよう
になって行くらしい。
で、この地域が何れ群馬のラリーの中心になるだろうと、
友人は話していた。

こっちの道はイイ。
私も好きなところだ。
ってゆーか、地域的に言ったら一番好きなところ。

長野と群馬の境辺り、どこから行くにも不便に思うような、
忘れ去られそうな地域。
軽井沢や草津はあるけど、人の足はそこでおしまい。
嬬恋は昔は有名だったけど、今更行く気になることもない。
万座スキー場だって、西武は手放してしまった。

こういう地域でもあるから、ラリーによって何かしら活性化
されるといいかもしれない。

またアルペンラリーでも出来るといいけどね。
・・・北海道じゃ遠くて。(汗)
 
Posted at 2007/05/24 11:50:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | モータースポーツ | スポーツ
2007年05月23日 イイね!

Top Gear - The Best of WRC 2000

お口直しに。。。

<embed src="http://images.soapbox.msn.com/flash/soapbox1_1.swf" quality="high" width="432" height="364" wmode="transparent" type="application/x-shockwave-flash" pluginspage="http://macromedia.com/go/getflashplayer" flashvars="c=v&v=fd2732cf-d78d-4714-8dd8-e767ee90690d" >
Video: Top Gear - The Best of WRC 2000

トミマキEVOが一番カッコよかったなぁ。
Posted at 2007/05/23 00:29:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | EVO | スポーツ
2007年05月23日 イイね!

Ⅹこれ・・・

なにっ!?
 
 
 
 
 
 
 
トラクター?
 
 
 
「何人たりとも俺の前は走らせねぇ」by 赤木軍馬

みたいな?(ーー;)
 
Posted at 2007/05/23 00:11:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | EVO | ニュース
2007年05月22日 イイね!

レグナムに桜

レグナムに桜 
 山の春は遅い。
 
 レグナムの後に桜が咲いていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もうじき我がレグナムは、二台目に変わる。
そのレグナムに付けるカーナビを通販で購入した。
中古レグナムとカーナビの値段は同じくらいだ。
とは言え、車両代の何倍もするカーナビを買った
友達もいるし、それよりはマシなのだ。(笑)

そしてカーナビが今日届いた。
明日遊びに行くついでに、二代目レグナムが置か
れているところへ持って行こうと思い、ランサーの
トランクに積み込む。

と、邪魔臭いスペア用に積んでいるフルサイズの
タイヤが、その存在をアピールする。
・・・夏タイヤだ。

そう、まだ雪遊びへ行ってるから、タイヤは冬用。

まだこの山でも気温は一桁。遊びに行くところは
更に寒く、限りなく0度に近い気温の時がまだある。

が、さすがにスタッドレスでドライブしていくのは、
もうかなりウザい。

いくらなんでももう路面凍結はないだろーし・・・
と思いながら、急に思い立ってタイヤ交換をする。

外したタイヤを面倒だからそのままトランクに入れ
たものの、やっぱしかなり汚いから、意を決して
タイヤを洗うことにした。

のはいいけど、久々に出したホース。プラグが渋く
なっててきちんとハマってなくて急に外れて、水を
浴びてしまう。

スニーカーの中まで水タップンタップン。(--;

こうなると、よもや開き直り。
急に洗車まではじめる。

カーナビをトランクに入れようと思っただけなのに、
洗車までしてしまった。

ついでに、車庫の中の掃除までしてしまった。(爆)

ゴミを捨てにゴミ小屋へ行くと、脇に停めてある
一代目レグナムの背後で、桜が咲いていた。
低木の黄色い花と、桜の淡いピンクが、レグナムを
飾っていた。

スノーボードはもう10年以上やっている。
しかし数年前に VIRUS Snowboards(メーカー名)と
出会い、スノーボードとの付き合い方も変わった。
そのVIRUSと共にあったのが、このレグナムだった。

もう、このレグナムも終わりなんだなぁ。。。。

ちょっとばかり感傷的な気分になった。
じきにコイツは廃車になるんだから。

いろんなものが壊れてて、いろんな油脂類も漏れてる。
ふつーなら乗らないだろうちゅうくらいポンコツに
なってる。それでも走り続けるところが、やっぱし
三菱車なのだ。

ほんと、よく頑張ってきてくれたね。
お疲れ様。
Posted at 2007/05/22 22:16:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | レグナム | クルマ

プロフィール

「サボってる」
何シテル?   06/07 01:46
まあじょ様は舗装のSSが好きなのじゃ。ラリードラ復帰したいのじゃ。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2007/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

garage door 
カテゴリ:まあじょ様のサイト
2007/11/08 11:06:51
 
どうしてそんなに( ̄‥ ̄)嗅ぎまわる 
カテゴリ:まあじょ様のサイト
2007/10/21 12:51:10
 
あくせる・はうす☆チワーズ 
カテゴリ:まあじょ様のサイト
2007/10/21 12:50:21
 

お友達

競技好きさん 雪好きさん ポチッとな♪
25 人のお友達がいます
JI1VJI1V hideohideo
bestbest コドライバーコドライバー
anzuanzu ☆♪りょ~ちゃん♪☆☆♪りょ~ちゃん♪☆

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションVIII 三菱 ランサーエボリューションVIII
造りかけラリー仕様のまま今に至る 出番がぬぁぁぁい。(-_-;) 悲願現場復帰。 っ ...
三菱 レグナム 三菱 レグナム
二台目レグナムVR-4 やっぱし初期型、ボロッ…
三菱 レグナム 三菱 レグナム
日頃の足。 便利な奴。 はじめてのAT車。
三菱 ランサーエボリューション 三菱 ランサーエボリューション
エボ III ラリー仕様(青号) 自分の競技生活の中で、運転技術を最も熟成 させてく ...

過去のブログ

2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.