• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

marjoのブログ一覧

2008年09月30日 イイね!

危険なシケイン

危険なシケイン 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

人の日記で聞きかじったことだけど。。。
某初級者ラリーでのこと、クローズドコースを使った場所で、
危険なシケイン設定がしてあったらしい。

そう言えば同じ週末、F1シンガポールのコースでのシケインも、
疑問を感じるものだった。

タイトだけど殆ど一つの弧で結べてしまうようなシケイン。
つまり、幅の狭いコーナーと同じような状態になっていて、
更に出口は狭いコースとアウト側に即効壁。
シケインの縁石でグリップを失いバランスを崩したマシーンは、
一瞬にして壁へとスライドオフ。
残り3周というところでの、ライコネンのクラッシュだった。





日記で見た初級ラリーの方は、ロングストレートの後のブライ
ンド高速コーナーの真ん中に、突然パイロン規制によってシケ
インが設定されていたらしい。

そう言う設定は、コースの端から端まで熟知して、かつ全体が
見渡せる、ジムカーナやダートラならあり得ると思う。
わざと難しくすると言う意味でね。

けど初級者への配慮として、速度を控えさせる意味でやるので
あれば、あまりにお門違いもいいところだ。

当然のごとく姿勢を乱す者多数で、パイロンは惹かれまくって
粉々になり、パイロンが足りなくなったらしい。(笑)

コース設定者に対して日記の主は、現役を離れるとドライバー
目線ができなくなってしまうようだと語っているけど、そうなの
かなぁ?
考えてやっているのであれば、そこまで盲目にはならないと思う
んだけど。

コース設定と言うのは、どういう目的か、またどんなレベルで
行うかによって変わってくる。

ジムカーナなんかは、その辺の見方が非常にシビアな世界だから、
よくよく考えて慣れた人がやるもんだけど、これが日頃は普通の
道を使っているラリーとなると、規制して新たにコースを作ると
言うことに対する意識が低いんじゃないかと思う。

いや、道だって疑問に思うことが時としてある。
初級イベントだからって、やたらとどこにでも危険看板が立って
いたり、頭使ってないだろうと思うことは少なくない。
ただ距離が長いから、いちいちじっくり考えている暇が無いと
言う都合もあるだろうから、ある程度はどんぶりも仕方ないけど。

だけども、限られた場所で新たにレイアウトするのであれば、
スラローム競技的な意識も必要になろうと思う。


この日記にはいろいろコメントが寄せられていて、その動向が
面白いんだけど、これを書いている間にも追加情報が加わる♪

と、コメントによりますと…
そのブラインド高速シケイン付きコーナーの手前に、危険看板が
立ててあったらしい。

『危険なシケイン』に、あたしゃウケた。

危険だって書いてあるんなら、そう心すれば良いとも言うわけで、
でもそれができないのが初級者でもある。
そもそもどこにでも危険看板のあるシリーズだから、オオカミが
来た~みたいな効果も相まったかも?

ちなみに自分が初級者だった頃、運悪くコースサイドで見学する
ことになったとき見ていて思ったのが、危険箇所の処理が、初級
者と上級者とでは、全然異なる点だった。
初級者は危険箇所までとりあえず行ってしまう、上級者は危険箇所
から加速する。判断をする場所が全然違うのだ。
つまりその違いは、コーナーへの取り組みと一緒で、上級者ほど
より手前から加速できるように判断のポイントを置いているのだ。


ペースノートなんて無い、ときとして危険箇所も読んでくれない
ナビと組むこともあり、そんなラリーをやっていた私からすれば、
過保護は人を育てないってことなんだけどねぇ。

仲良しラリーですか。
まぁそれはそれで楽しいとは思うけど。

主催は、気を使う点が多すぎて大変そうだよねぇ。。。

Posted at 2008/10/01 08:53:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ | スポーツ
2008年09月29日 イイね!

バブリーF1

F1

日曜日、テレビを見ていたら、ニュースの話題でF1のことが
報じられていた。

シンガポール・グランプリ…史上初のナイト・レース!

なんじゃそりゃぁと思えば、シンガポールの名所を巡る公道を
使っていて、夜景も美しい町中コースは煌々と照明に照らされ、
その中でF1レースが行われると言う。


シンガポールは、昔トランジットで通過したくらいしか無い。
けどそのときに目にしたシンガポールの夜景は非常に印象的で、
自分の中ではシンガポール=夜景の美しい所、となっていた。
それだけに、その夜景の中のレースというのには非常に興味が
沸いたので、公式サイトなども見てみた。

とにかく、美しい。

日頃F1の放送などまっとうに見ていない私だけど、今回は
マジに期待を持ってテレビ放送を心待ちにする。


想いは遙かバブル直前の1980年代前半。

BSのCMを見て惚れた(笑)一人の北欧人レーサーを追って、
当時は数々のレースを見に行っていた。

その頃は夫婦でコンサート命と、よくヨーロッパ行っていて、
だからはじめて生で見たレースと言ったら、モナコGPだった。
日本がバブルになる前だから、どこのサーキットへ行っても、
日本人客の姿など殆ど見なかった時代だ。

イギリスGPへ行っても、ル・マンへ行っても、日本の若者客は
周囲から珍しがられ、いろんな人に声を掛けられ、結構おもしろ
楽しく過ごせたものだ。

ヨーロッパのF1GPは、上流階級の社交場でもある。

その頃はと言うと、日本のバブルの一歩前に友達同士でバブリー
な遊びに興じていたから、F1に見られる上流な、日本では見た
こともない世界が、また憧れもしたものだ。

国内レースもあっちこっち見に行ったし、お目当てのレーサーが
マカオに出ると言えばマカオGPも見に行ったもので、マカオは
元ポルトガルの植民地だから、上流の世界も存在していた。
そう、シンガポールは元イギリスの植民地だから、やはりマカオ
と似たイメージがある。

シンガポールのナイト・レース。
ふと、モナコ、マカオ、ル・マンと重なってくる。

F1

このエコの時代に、照明に金かかるのにと言う異論がある。
それに対して、ヨーロッパの放送時間にあわせたレース時間だと
言うことになっているらしい。
けど私が思うに、本当の理由は、上流階級のイメージにあわせた
イベント形式にしたんじゃないかと、そんな風に思う。

まぁそもそもモータースポーツは非エコ・スポーツなんだから、
照明ごときでグダグダ言ってもはじまらんっての。
それより、夢を見させてくれるのがプロ・スポーツなんだから、
ケチケチ言ったら興醒めよ。

この明るい話題の少ない時代に、たまにはパァーッと豪勢に、
気分だけでもバブルでGo!もイイじゃないの。


久々に見るF1。
ランキング上位の名前は、なんとなく聞いたことはあるけど、
あまりピンと来ない。

それより、不思議と馴染みのある名前が出てくる出てくる。
ロズベルグ、ピケ、中嶋…って、バブル時代に馴染んだ名前!

って、それ、自分の知ってるそれじゃないことくらいはわかる。
と言うことは、みんなあの人たちの息子!?

なんとまぁ、そんなに時代は変わっていたのか。
がっかりだよ。

いやまぁ…近頃は遊びの場での知人から、「親がうるさくて」
なんて台詞を聞いたとしても、その親の方が自分と同世代だと
ふと気付いたりしちゃって、ちょっと切ない。

バブルの夢をもう一度なんか言っても、若いモンには意味不明
なんだろうね。


豪勢なF1ナイト・レース、波乱はあったし、CSじゃオタク
解説者がわけわからんことをブツブツ唱えていてテンション
低かったけど、あの煌びやかな世界観は楽しかった。


マイミク@元ラリーストからのコメントを頂いた。
『どうせなら補助灯つけたらカッコイイ…まてよ、ヘッドランプ
が無いから補助灯ではないのか』って。

と言うことで、シンガポールGPは、
(モナコ+マカオ+ル・マン)÷3-ヘッドランプ
みたいな感じ?
Posted at 2008/09/30 02:38:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | ChitChat | スポーツ
2008年09月26日 イイね!

Go Go Triton

Go Go Triton 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先日私の前を走っていたクルマ。
ピックアップトラックには興味は無いが、後ろには今どきの
三菱のエンブレムが光っている。

…なんじゃこりゃ。

車名と思われしものは、Tritonですと。

…すぅいぃせぇんの彼方には、おおお~

ふと気になってウェブで見たら、トライトンと言う車だった。
元々はタイでストラーダの後継車として登場したものらしい。
(と書かれていてもイマイチ理解薄いけど)

三菱のサイトには、アジアクロスカントリーラリーの動画が
置かれていた。

見ると、元GPライダーの青木…
私は二輪競技は無知だけど、その青木三兄弟の名は聞いた
ことがある。

事故で半身不随になった次男・青木拓磨選手による、四輪の
クロスカントリー競技への挑戦と言う内容だった。

足が不自由でありながら、モータースポーツに挑戦している
人は、四輪競技なら幾らかはいる。
けど、こんな有名人が参戦していたというのは知らなかった。

普通の運転なら何ら問題は無くとも、モータースポーツと
なると困難も多い。
運転も難しいだろうし、もし何かあったときのリスクは大きい。

しかし果敢にチャレンジし成績も残しているその姿は、なんとも
たくましく、さすが元GPライダーと言った感じがする。

同時にトライトンという車もカッコ良く見えてしまったり。(笑)


<embed src="http://www.motorsportmad.com/flvplayer.swf?file=http://www.motorsportmad.com/flvideo/5828.flv&showfsbutton=true" loop="false" width="320" height="260" allowScriptAccess="never" type="application/x-shockwave-flash" pluginspage="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer">

Posted at 2008/09/27 11:31:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | モータースポーツ | スポーツ
2008年09月23日 イイね!

練習の思い出


 
 
 
 
 
 
 
 
缶コーヒーネタでコメントくれた人。
どんな人なんだろう?なんてサイトを見に行ったら、
ちょっと懐かしい光景に出会ってしまった。


FISCOのジムカーナコース。

今でこそちゃんとしたコースがあるけど、昔は単に
駐車スペースで競技をやっていた。

FISCOはジムカーナで使える場所が3カ所あったけど、
どこも古くて荒い舗装で、路面はひどいもんだった。
けどそれがよく滑って、ハチロクに乗っていた自分的
には、すこぶる楽しかったものだ。

そう、そのガタガタ舗装のおかげで、ただ走ってる
だけで様々な意図せぬ挙動が起こり、その偶然の
中から沢山技術を得ることが出来たものだ。

はじめての○○…サイドターンにはじまり、滑りも
揺り返しも色々なそれらを、FISCOのジムカーナ場で
沢山経験させてもらった、思い出深い地だ。


東京のジムカーナ屋のフィールドがFISCOメインだった
その頃、茨城にジムカーナ専用のコースが出来て、
そして新たなジムカーナの時代がはじまったんだけど。

きれいなコースで育ったレディース選手と言うのが、
やはり基本的な挙動がわからないらしい。
自分の次の世代にシードを取った友人を見ていて、つい
余計な心配をしてしまったことがある。

丁度家に台車があったとき、それがAE92トレノのFF車
だったから、友人にも運転できると踏んで呼び出した。

行った場所は、こともあろうか箱根。
女の子でジムカーナ純粋培養の選手は、峠道を走るなんて
こともないんだけど。

勾配の無い狭くタイトな道。(俗に裏長尾と言っていた)
次々とコーナーが続くから、速度もあまり出ない。
初級者でも安心の2速ホールドで楽して走れる道。
つまり、攻めなくても挙動が簡単に感じられるのだ。

勿論ノーマル車だから、その効果は絶大だ。

アクセル、ブレーキ、ハンドル…と、そのタイミングを
声掛けて走らせる。
すると、車が自ら起こそうとする動きを、彼女にも感じ
させられることができた。

たった一晩、数時間のこと。
これだけで彼女の走りは見違えるほどに変わったのだ。

目論見が思った以上の成果を上げ、教えた自分もとても
嬉しかった素敵な思い出だ。


練習は回数じゃない。
いかに良い内容の練習をするか、それが重要なのだ。

そんなことを、ふと思い出した今日だった。



この記事は、AE92LEVIN(S/C)長尾峠編 について書いています。
Posted at 2008/09/23 21:12:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | モータースポーツ | スポーツ
2008年09月23日 イイね!

ワンダ飲んだ

夕方コンビニへ行って、ワンダ買った。
おまけのラリーカーは既に3種類しか無く、
店のオジサンに「出てるだけですか?」って
聞いたら、「まだ裏にあるから」って数個の
おまけを出してきてレジ袋に入れてくれた…
と思ったら、それはフォーミュラカーだった。
オジサンには、”コーヒーのおまけの自動車”
ってことで、ラリーカーもフォーミュラカーも
区別無かったんだろう。
なんだかなぁ。(^-^;

ちなみに缶コーヒーと言うものを日頃飲まない
私は、何年ぶりかわからんけど、久々に飲んだ。
意外や、随分まっとうなものになってるじゃ
ないかと、びっくりした。
缶コーヒーにお約束の胸やけが無かったし。
ってことで、ブログテーマ「グルメ/料理」だって。
( ̄w ̄) ぷっ
Posted at 2008/09/23 20:10:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | ChitChat | グルメ/料理

プロフィール

「サボってる」
何シテル?   06/07 01:46
まあじょ様は舗装のSSが好きなのじゃ。ラリードラ復帰したいのじゃ。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2008/9 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

garage door 
カテゴリ:まあじょ様のサイト
2007/11/08 11:06:51
 
どうしてそんなに( ̄‥ ̄)嗅ぎまわる 
カテゴリ:まあじょ様のサイト
2007/10/21 12:51:10
 
あくせる・はうす☆チワーズ 
カテゴリ:まあじょ様のサイト
2007/10/21 12:50:21
 

お友達

競技好きさん 雪好きさん ポチッとな♪
25 人のお友達がいます
JI1VJI1V hideohideo
bestbest コドライバーコドライバー
anzuanzu ☆♪りょ~ちゃん♪☆☆♪りょ~ちゃん♪☆

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションVIII 三菱 ランサーエボリューションVIII
造りかけラリー仕様のまま今に至る 出番がぬぁぁぁい。(-_-;) 悲願現場復帰。 っ ...
三菱 レグナム 三菱 レグナム
二台目レグナムVR-4 やっぱし初期型、ボロッ…
三菱 レグナム 三菱 レグナム
日頃の足。 便利な奴。 はじめてのAT車。
三菱 ランサーエボリューション 三菱 ランサーエボリューション
エボ III ラリー仕様(青号) 自分の競技生活の中で、運転技術を最も熟成 させてく ...

過去のブログ

2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.