• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

かわらのジョナのブログ一覧

2018年09月10日 イイね!

2018桃豚カップ 豪雨の中の大決戦

祝「新協和カートランド」復活
昨年7月の土砂災害により通行止めになっていた
アクセス道路の復旧作業が完了し、ようやく復活した新協和。
東北のジムカーナコースで最も好きなコースだった為、
待ちに待っていました…って感じ。
おまけに、今回は「桃豚カップ」ときた。

朝から万全の「雨」体制。
何故かここ新協和のジムカーナは高確率で「雨中決戦」となる気が。
アナウンスは全日本ジムカーナでお馴染みの阿久津氏。

午前の方が雨足弱く、徐々に強くなる予報。1本目勝負。
秋田県シリーズは、練習走行1本目⇒本番1本目、
練習走行2本目⇒本番2本目の計4本走行。
東北戦は本番2本のみ。
コースはこんな感じ。

一昨年の桃豚カップのコースに前半似ているなぁ…いやな予感が何となく。
その時は一瞬コース吹っ飛び停止しましたが…。

1本目、ビギナーの2台(マーチ・プリウス)に次いで走行。
雨は思いの外小降り。フルウェットの割にタイヤは効いていて、躊躇なく踏める感じ。
で、思った通りやらかした…フルブレーキ、バックギア、コース修正。
まぁ練習走行と言う事で。smv@7bさんの叫びで助かりました(笑)

本番1本目。雨は小雨な感じで。
この日の予報から考えると、もしかするとベストコンディション…かも。
練習で得た感触を活かし、まぁ大きなミスなく終えました。1分46秒644
試走車、全日本で優勝経験がある東北のお星さまになった
「うわのけんずろー」氏の1分31秒台の15秒落ちを目標にしていた為、先ずは〇。

長~いインターバルには、恒例の昼食「桃豚のケータリング」
桃豚の葱塩焼(だと思う)に味噌炒め(だと思う)と汁物にモツ煮。
リア駆動大好き野郎ご夫妻と共に昼食、
色々話を聞いて頂きながらヒト時を…有難うございました(笑)
ボリューム満点で睡魔が…

練習2本目。雨足が予定通り強くなり、タイムアップは望めない中、
練習なので走行時の仕様をイツモしない組み合わせで走行したら…
ザーザー振りの雨とも言える中なのに、タイヤは効いている。
片山右京氏のヨコハマCMの通り塩梅は悪くない。
ウェット性能「a」で走ろうが効いているのか。
タイムも落ちるどころか1分45秒488と1秒以上縮めてきた!
…って自分ですが。

それに気をよくして本番2本目。仕様は練習と同じ。
だが雨足は更に強く「完全大雨」なったものの、
イケる気がするという根拠のないジシンで踏んでみた…流石にスベッた。
だが、ミスらしいミスは1ヶ所。走行後ビデオで見ると、大してロスでは無い。
タイムは1分45秒736と練習走行には若干及ばずでしたが、
これはミスの部分の代償。でも目標の45秒台で終了。

全体のリザルト
http://jmrct-g.com/result/2018/2018_tgc_rd7/2018_tgc_rd7.pdf

まぁ車輌ハンデ考えたら、かなり良い結果だったかと。
まぁまぁ安定の走りも出来ましたし。

走行動画は小春日和様より


クラス1台の出走だった為、自動的に優勝でした…
優勝賞品『桃豚詰め合わせセット』
(ロース300g)(肩ロース300g)(バラ300g)(カタ切落し500g)計1.4kg

二人には多すぎるんじゃない?と、みっちマンが言われたらしいですが、
みっちマンは3人前食べないと暴れるから大丈夫です(笑)

※9周年記念の日に丁度良い頂き物となりました。
トヨシタ社長/MSCあきた一同様有難うございました。

※みんカラ9周年…では無く、入籍9周年ね。




 
Posted at 2018/09/10 21:18:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | N-ONEでモータースポーツ | 日記
2018年06月25日 イイね!

2018切谷内ジムカーナシリーズ 第2戦 (N-ONEでジムカーナ)

壮絶な戦い、切谷内ジムカーナシリーズその3クラス(愉快な仲間)
初戦同様、上は推定400psを超えていると言われるアリストや
300ps超えのインプレッサWRXSTIから
60psそこそこの軽自動車まで多種多様な「愉快な仲間たち」クラス。
新人のアルテッツア、新規参入のchilavert kさんの他はホボ前回同様の顔ぶれ。
11台出走。(全車では55台)


天候は当初危ぶまれたものの、風邪は強いが日差しも強い一日に。
イツモの事ながら、ユルく始まったフィットクルー戦。

谷。ちゃん家で取れたサクランボを大量に差入れして頂きました。

コース図


昨年程ではないが、楕円旋回が盛り込まれた比較的ハイスピードコース。
試走は全日本ケンジロー選手と、周マッハ選手の悪魔のFD。
ケンジ君は実車はエビスの地区戦に行ってる為、NAロドでの試走。
1分3秒台…この感じからすると、10秒落ちで走れれば、N-ONE的には◎と判断。

1クラス(FFフツーのタイヤ)
コペン青森Dのワタシと似た苗字のKさんが1分13秒338を出してきた。
ワタシの目標タイム…それである。
正直参ったなぁ…という感じ。

我が3クラスの出陣である。
chilavert kさんのラパン。AWD自然吸気5AGS 
本人と始まる前に話しましたが、結構キツイと。
アルト系なので、もしか上手くやると、
意外と速くなるかも…なんて気も。
18秒268…ターゲットタイム。
北里大の学生デルソル、三菱アイ、ノア、アルテッツアと続く。
推定400psのアリストの登場。
司会進行ツムラ氏の話だと、学習能力を付けて来た様で、
上手く纏めて走り、12秒059と一気に5秒以上詰めて来る技を。
そこに神様のシビッククーペが割り込もうとするも、
パイロンタッチで撃沈。
で、ワタシの番。
1本目はサイドを状況に応じ使用する作戦。
踏むところは踏み、押える所は押え、
玲師匠の言葉を活かし、イカに短く走るかに注意した走行を実行。
大きなミス(不満点)無くゴール。13秒654
ホボほぼ目標達成。良く行けたな…と、自身感心。
暫定2位。
最近のライバル、ガラガラ声さんはワタシにコンマ3秒届かず。
前回2位のNstyleフィット…来ました12秒676
1秒差…コレはかなり厳しい。
前回チャンピオンのインプ…パイタッチに泣く。


第二ヒート、小変更を施し、若干突っ込み気味に踏み、
サイドターンは封印する前提の走りに切り替える。

スタートからパイロン島回り入り口の加速は
N-ONE的には頑張ったと(笑)
その後、頑張り過ぎて、バウンドしたり。
リズムが微妙だった事を除けばマズマズの走行。
1分13秒…111コンマ5秒up。

百聞は一見に如かず

動画…はるさんイツも(人''▽`)ありがとう☆

その後心配していたガラガラ声さんはパイタッチ、
インプはMCに沈んだ。


結果ベスト6はイカの通り
1.アリスト
2.フィットRS
3.N-ONE ツアラー
4.フィット1.5S
5.デルソル
6.シビッククーペ

こうしてみると…N-ONEでよく頑張ってるな…自分(笑)

NAMR2 H後谷君は安定の優勝を決め、
我が家のカップ麺一箱とH後谷君のコーラ一箱を一部物々交換。
今回も神の燃費で帰り八戸で給油したら 22.2km/L
そして無事に…いや、ウサギ飛び出て来るは、ネズミの様な動物が目の前横断するは。
ウサギは動くパイロンの要領で間一髪ワタシが避けましたが、
みっちマンは轢きました。飛び出て来たアルミ缶を。

Posted at 2018/06/25 21:34:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | N-ONEでモータースポーツ | 日記
2018年06月11日 イイね!

東北ジムカーナ選手権第4戦 百沢 (N-ONEでジムカーナ)

ジムカーナ青森3連戦最終「百沢」。
今回は幾分か近い為日帰り。

前回同様?会場にはケーサツやショーボウの関係者が多数。
岩木山で遭難者が出た為、その捜索が…


さて、台風が来るとかいう中、こちらは天気良好。
風は冷たいながらも、日差しがありスゴし易い気候でした。

先週に引き続き1クラス不成立で2クラスへ。
従って「最下位」はホボ確定の中の出走。

順番も前回に引き続き「ゼッケン1」
全38台出走。うちAT車は2台。車高1.6m超えは1台。

コースはパイロンコースでリズムの取り易いモノでした。
コースはこんな感じ。


ただこの百沢、今回3回目なのですが、過去2回は全て最下位。
今回も…走っての感触は悪くないのですが、車輌的にハンデキャップが多過ぎで。


さて今回はトップと10秒以内なら◎という目標…クラスは7台エントリー。
1ヒート目特に大きなミスなくゴール。1分28秒524
続いてコペンが23秒2を出してきた。
1ヒート目が終わってみると暫定5/7位、全体では38台中下から13位。

昼食は…

重箱弁当と桃豚のケータリングの豚汁
殆どみっちマンの胃袋行き

そんでそんで2ヒート目。
小春日和様提供の動画にて…


はい、前半中盤最終にかけて大きなミスなく順調に進行…で、。
27秒台行ける?と思っていたのも束の間、最後の最後にサイドターンの失敗で失速。
勿論、1本目に失敗した方々も着々とタイムupし、予定通りの7/7位
我がクラスの優秀なドライバー達


全体は何とか下から5位。まぁ順当という事で(笑)
最後にみっちマンがじゃんけん大会でカップ麺1ケース、ブランケット、
ぬいぐるみを頂いた。
次は1週開けてマタマタ青森遠征。
我が家は貧乏な為、これで切谷内まで食い繋げる事が出来そうです(笑)

遠征距離が比較的長い為、ジムカーナ走行終了後でも良好な燃費です。

Posted at 2018/06/11 22:47:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | N-ONEでモータースポーツ | 日記
2018年06月04日 イイね!

東北ジムカーナ選手権第3戦 MSP (N-ONEでジムカーナ)

先週に続き青森県開催のジムカーナ。
土曜日は、全日本ダートラチャンピオンの店に寄り、
車輌の相談とお薦めの秘策を施す。
夜はコーエツ一家やミッツマン(みっちマンじゃないヨ)と同じ宿に泊まり…夜食でネタが勃発(笑)

7年ぶりのMSP。本州に渡って初めて走ったのがMSPでした。
小春日和夫妻やガラガラ声と知合ったのもその時でした。

さて、天候は快晴。日差しは強いが風があったのが未だ救い。
1(軽)クラスで申し込んだものの台数不足で不成立。
2(FF普通車)クラス出走になりました。
インテグラ、フィットRS、コペン…N-ONE
勝敗はネ…(笑)



先ずは練習走行…が、朝から事件に巻き込まれ、準備がままならぬまま出走。
VSCは切り忘れるは、ECOモード切り忘れるは…(-_-;)
でも、ボロボロの割には好感触。

コースはこんな感じ


町長を迎えての開会式終了後1ヒート目

全日本ドライバー「うわの」選手が町長を乗せて試走。
それ見てから準備して…何せ1番手走行なもので。
練習時に犯したミスは全て修正。
コースがコースだけに、ここ数年例に無い位のハイスピード(とワタシは感じた)
アクセル踏みマクリ、ブレーキちょん、アクセル抜き気味位の前半セクション。
タイヤ喰わない噂も聞いたが、特に問題無し。
後半のテクニカルセクションもアッサリ走り、
1ヶ所サイドターンを試みるも、難なく狙った通り成功。
そして無事ゴール。
1番ゼッケンから黒旗は回避。
1分44秒876…マズマズというか、限界でしょ(笑)
他の車輌とは10秒差が一つの目安…かな。

2ヒート目
部分修正するも、大幅な変化も無く、ガンガンアクセル踏み、
荷重載せる所は乗せ、N-ONEに向いた走り方に徹し、
本人的には申し分ない満足な走行でゴール。
1分44秒129…コンマ7秒タイム縮めて終了。


小春日和様早速使用させて頂きます…というか待っていた(笑)

自分でいうのもなんですが…N-ONEのくせに画面上早く感じる(^^;)

そして順位は当たり前の最下位。
トップはリョーコーさんのインテで11秒ちょい離されました。
2位の「ともっちフィットRS」9秒半、
3位のコペンと4位のインテには約8秒
当初の目標10秒差の見込み、
出走53台全体では下から3番目…これから考えると「大健闘」だろう。

何せこの日数少ないAT車で唯一車高1.6m超えの車輌ですから。
でも恐らく、走行後給油して21km/L以上走っている車輌も我が家の車位だろうと(^^;)

関選手曰く「かなり頑張っているよね」と。
そう、恐らく限界に近いと思われます。

ココまで2本共に満足行って、楽しめたコース設定は久しぶりでした。

神奈川から北海道に車持って行く途中に参加した小武選手もブッチギリのタイムで優勝。
コーエツ氏は走り満足行かなかった(であろう)中でも、流石の優勝。
小春日和ダンナも「こえ~けど滅茶苦茶楽しい~」と言いながらの優勝。
そんな1日でした。

ただ我が家にはトンデモナイハプニングが起こっておりましたが、
その話は気が向いたら別の機会に…会場にケーサツ来まして…
Posted at 2018/06/04 22:48:56 | コメント(3) | トラックバック(0) | N-ONEでモータースポーツ | 日記
2018年05月28日 イイね!

切谷内シリーズ第1戦 (N-ONEでジムカーナ)



前日入りした我々は予定通り八戸の蕎麦屋「悦中庵」へ


イツモの「1kg二八そば」を完食




開会式オーガナイザーの皆さん(全日本ドライバーうわの選手の姿も)
自ら試走を願い出たらしい。



壮絶な戦い、切谷内ジムカーナシリーズその3クラス(愉快な仲間)

上は推定400psを超えていると言われるアリストや
300ps超えのインプレッサWRXSTIから
60psそこそこの軽自動車まで。

車高に至っては2m近いワゴン車や
1.6mの三菱アイや我がN-ONEから
1.25m程度のコペンまで。

車重は1.7t近いアリストやノアから
800kgそこそこのコペンと

ジムカーナの1つのクラスでココまで差のある大会は
日本国内殆ど例を見ないだろう。

アリスト、インプレッサ、コペン、フィット、デルソル、シビッククーペ
これらが今回の上位陣と睨む…と、ワタシ良くても9番手(ToT)/~~~


コース図

天候は晴れ、若干肌寒さは有る中、第一ヒート。
そんな愉快な仲間は11台出走。(全車では52台)

愉快クラスは1分20秒台が続く中、
6番目に走ったインプレッサが20秒を切り
1分17秒805でトップに。想定した通りキタ!って感じ。

先に走ったFFクラスの結果的には、ワタシはイイとこ
20秒位と思っていた為、愕然とする(゚д゚)!

前走のフィットRSが痛恨の3本パイたっちに沈む。
ワタシの番。空気圧を甘めに設定していたのが災いし、
サイドターンがことごとく失敗気味に。
そんな状況でしたが、意外とタイムは悪くなく、
1分18秒441をマーク。

その後、昨年のシリーズ上位陣が走行するもタイムが伸びず、
結果ワタシが暫定2番手をキープ。

第二ヒート、空気圧をイツも以上の設定に変え納得行く走りを試みる。
注目の1台ATコペンが10秒以上詰めるも19秒台止まり。
400psアリストもあの大きさ重さがジムカーナには手こずったか22秒台止まり。
インプレッサはコンマ7秒以上詰めてきた。
そこにフィットRSが1本目の失敗を修正し、
一気に17秒908と2人目の17秒台に。
で、ワタシ…スタートから1つ目の180度迄は順調に推移…しかし、
その後のターンでアクシデント発生!
サイド踏んだらスッコヌケタ。というより、踏んだとことにサイドが無かった。
そんなわけで失速…そして終了。
勿論、そこからリズムが乱れるのはお決まりの事だが、
踏んだとこにサイドが無いのは想定外。
約コンマ8秒タイムダウンにて終了。
もう少し行けそうな感触だっただけに、非常に楽しくない。


動画…はるさんイツも(人''▽`)ありがとう☆

今回ようやく分って来たが、N-ONEと切谷内、
サイドターンの相性が良くない様だ…と。

その後、昨年の覇者「はづきのフィット」1本目の失敗を胸に
無難な方法に切り替えたのが◎で2秒近いタイムアップで3位に浮上。
ここでスパッと切り替えたのが流石。

結果ベスト6はイカの通り
1.WRX STI
2.フィットRS
3.フィット1.5S
4.N-ONE
5.シビッククーペ
6.コペン

N-ONEがこの中に混じったのは、確かに奇跡的ですが、
順位というより、気持ち良く走れなかったのが久しぶりにクヤシイ。

4位入賞という事で青森の美食米を景品に頂きました。


という訳で、これを機にサイドターンは少し考えようと…。




Posted at 2018/05/28 23:04:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | N-ONEでモータースポーツ | 日記

プロフィール

「切谷内 暫定エントリーリスト http://cs-hinata.com/msc-h/calender/data/2018/Gym18-10-14Fes.pdf
何シテル?   10/11 20:57
文化系だったワタシが、モータースポーツに縁を頂き15年が経過。 ジムカーナから始まり、スノートライアル、サーキット走行会を経てレースへ。 04年 JMR...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

モータースポーツ、旧道探索、映画トラック野郎…等々で仲間となってくれる方、来る者拒まずですので、よろしくメカドック!
77 人のお友達がいます
さがすけさがすけ * いぃいぃ *
@tossy@tossy ねこばす@神奈川ねこばす@神奈川
スポルテ660スポルテ660 smv@7bsmv@7b

ファン

41 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビックタイプR KMSあらいぐまディライトEK9 (ホンダ シビックタイプR)
2代目の相車。正式発表前にオーダー。当初は普段乗り兼用でしたが、03年秋に「全日本ジム ...
ホンダ N-ONE 前輪☆駆動ホンダN-ONEコ (ホンダ N-ONE)
トゥデイに代わる車輌、4代目相車として購入。セカンド扱いの、事実上メイン車。 ターボ/A ...
ホンダ トゥデイ ディライトゥデイ (ホンダ トゥデイ)
3代目相車、03年冬にセカンドカーとして購入。 Kチャレ・Kフェス等ジムカーナで常勝歴 ...
ホンダ シティ GA2盤尻のジョナサン号 (ホンダ シティ)
初代車。GA2シティ CZi。カルタスGT-iが欲しかったのだが、中古のタマが殆ど無く、 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.